2011年11月19日

iphoneにFILMFAREのアプリ登場

先日私はipod touch持ちだという記事を書いたが、ついに今話題のiphone 4Sを購入した。
iphoneにしたい気持ちは前々からあったのだが、これまではキャリアがソフトバンクしかなかった。私は西武ライオンズのファンなので、私の毎月の使用料がソフトバンクに入り、親会社の収益が増え、さらなる選手増強につながってしまったら・・・などという大変いうくだらなくも真剣な考えがあっての買い控えだった。なのでAUから出て飛びついて買ったのだった。

先日の記事でのコメントで、インドで最も有名な映画雑誌であり毎年権威ある映画賞を主催することでも有名な「FILMFARE」がPCで購読できるというコメントを頂いたが、ついにiphoneでも読むことができるようになった。1号わずか85円。年間購読だと千数百円だが、とりあえず最新号をダウンロードしてみることにした。

FILMFAREの雑誌をそのままiphoneサイズにしたような感じ。画像自体は結構きれいだが、雑誌をあのサイズで読むというのは写真の迫力も出ないし、なんといっても記事が読みづらい。若干の拡大ができるので見出し程度なら問題はないが、記事本文だとちょっとつらいかも。もっとも英語が苦手な私は雑誌を買っても写真を眺める程度なので、別にいいか、という感じ。時々落ちることもあるが、動作は軽い。オフラインでも読める。なんといっても日本では専門の書店以外ではまず手に入れることができない最新のFILMFAREが手軽に読めるのが魅力だ。1年程度インドから取り寄せたこともあったのだが、毎回届くかどうか冷や冷やものだった。ということで値段の安さもあり、今後も購入していこうと思う。いい時代になったものだ。ちなみにipadサイズであればほとんど問題ないのではないかと思われる。

FILMFARE以外にも英語、ヒンディー、タミル他言語でのINDIA TOAY、インドの女性ファッション雑誌などもダウンロードできる。アップルストアより雑誌名で検索するか、Newsstandのカテゴリで探してほしい。数ページなら無料でダウンロードできるので、試し読みしてみるのもいいだろう。

他にiphone でしたことは、着信音を2つ設定した。1つは「Rab Ne Bana〜」の音楽。もうひとつはノキア・トーンにしたこと。インド映画を観ているとよく携帯がなるシーンがあるが、かなりの確率で♪ちゃらら〜ら、ちゃらら〜ら、ちゃらら〜ら らん♪という着信音で、前々からあれは何だ!と気になっていたので調べたらノキア・トーンと呼ばれるノキアの着信音なのであった。自分の携帯でも設定できてとてもうれしい。ノキアじゃないんだけど。

もうひとつ。今回のiphoneのバージョンからヒンディー語でのキーボード入力が可能になったことによって、グーグルの翻訳機能でヒンディー語から日本語への訳ができるようになった。アバウトなところはあるようだが、辞書を持っていない人やちょっと調べたい時などは便利だと思う。(設定→一般→キーボード→各国のキーボード→新しいキーボードを追加→ヒンディー語)