2012年06月17日

『ラ・ワン』

金曜日に『ラ・ワン』の1円試写会に行ってきた。
会場は30人ほど。しかし日本ではマイナーなインド映画の試写会初日ということならまずまずではなかろうか。
以下、ネタバレ要素満載なのでこれからご覧になる方はご注意下さい。
RA.One

□■□■□■□■□ネタバレあり□■□■□■□■□

バーチャルヒーローが現実世界に現れて、生身の人間とふれあい悪と戦う。
非常に単純明快だがなかなか面白いコンセプトを軸に、そこからストーリーをふくらましていったであろう作り方をしている。しかし脚本がいまいち雑なためにどこにフォーカスを当てたいのかよくわからない印象を持った。

『ロボット』で衝撃を受けた観客が同様の奇想天外なバカバカしさを期待していると、そういうジャンルではない。
昔ながらのインド映画のような泣いて笑って心がほっこりとするというにはストーリーが弱い。
かといってハリウッド的なクールでスマートな展開を狙っても、本家にはかなわない。
ただし、今後のインド映画の方向性としては間違っていない。CGを駆使しつつもインド映画らしさを残していくような融合作品は増えていくだろう。インド映画をあまり観ていない人なら「新しいジャンル」として目新しく映るかもしれない。カーアクションを始めとしたアクションシーンはスピード感があり見ごたえがあった。CGもなかなか良かった。ムンバイの象徴たるCST駅崩壊のシーンは圧巻。

だからこそもっと丁寧な脚本であったら面白さは倍増していたと思う。良質なインド映画にはきれいな伏線が隠されていることがある。今回のラストに向かっての謎解きは、今時のゲーム好きな小学生でもわかるレベル。ものすごく高度な技術を駆使しているのに、やってることは二次元戦闘ゲームとなんら変わりない。さっきまであれほど自由自在に飛び回っていたキャラクターが、なぜか最後だけ手動になってしまったり、これを含めて理由後付けでつじつま合わせをしている。ゲームというのが重要なファクターになるはずなのに、バーチャルヒーローありきで話を進めていきたいがために、なんとなくないがしろにしてしまっている気がする。ゲームのコンセプトを精密に描いたうえで、インド映画が最も得意とする人と人とのつながりにフォーカスを当てれば、最強のインドSFが完成するだろう。父、もしくはG.Oneと息子の心のふれあいは決して悪くはなかったのだから。

<シャールクの迷走>
これは本人というより起用する方の問題かもしれない。ボリウッドでは他の俳優に比べて頭2つも3つも抜け出して一人勝ちしてきたシャールクだが、どうも最近彼は演技の方向性に迷いがあるように思われる。サルマン・カーンがちょっとおバカでマッチョな善人キャラで再び生き生き演技しているのと対照的だ。インド映画ならアラ還暦のラジニだってスーパーヒーローになれるし、初めてシャールクを見た人であれば特に何も感じないかもしれない。だが昔から見てきた者にとって、もうすぐ50を迎えるシャールクが着ぐるみをまといカラーコンタクトで頑張っている姿を見た時、キムタクが宇宙戦艦ヤマトの実写版を演じた時のような何とも言えぬもの悲しさを感じてしまったのだ。まあかっこいいんだけどね。彼は軽い役柄は得意なのだが、コメディなストーリーラインにはあまり向かないと思う。そもそもこの脚本にここまで下ネタをたくさん含んだギャグ的要素が必要だったのか?もっと無機質な感じにしてもよかったのでは。ということであれば、いい意味で人間の泥臭さが少ないリティック・ローシャンの方がハマるような気もする。

<インド映画ファンならではのお楽しみ>
『ロボット』の1シーンをパロってラジニ・カーントの登場を始め、冒頭プリヤンカ・チョープラーで「Desi Girl」、サンジャイ・ダットで「Khal Nayak」、Kuch Kuch Hota Hai の歌のワンフレーズなど、知る人ぞ知るネタが密かに散りばめられている。ついでにいつまでたってもインド映画は日本と中国の区別がつかない。アルジュンはますますかっこよくなってきた。

冒頭シーンでは思わず口があんぐり・・でびっくりしたが、勢いと力技で最後まで引っ張ってきた。
基本的に冗長さも含めてインド映画だと思っているが、完全版の方が断然面白かった『ロボット』と対照的に、この作品に関してはカットした方がよりスピード感が出たような気がする。

最後に細かいところと今回の宣伝の仕方について。
こういう作品で撮影の裏をばらすようなメイキングはなんとなく余韻を壊すような気がした。さらにエンディングで歌が終わってもテロップが流れ続けたため、観客は無音のままでじーっとスクリーンを眺めていた。DVDで確認しても同様だったのでどうしようもないことかもしれないしインド人はラストまでいないから問題ないだろうが、間を持て余してしまう。それから字幕担当者の名前がなかった。

1円試写会というアイデアは面白いと思ったが、上映回数が多いのはうれしいものの都内近郊のインド映画ファンなら皆見てしまうレベル。Facebookで「いいね」を押すと、前売りがもらえるというシステムは、今見た人にもう一度見ろということ?誰かにプレゼント?私はFacebookに登録だけはしているのだが、使い方がいまいちよくわかっておらず、結局もらえなかった。同じように戸惑っている人が何人かいたし、何となく差別的な感じとともに無理に「いいね」を押させるというのはヤラセっぽくてあまり好きになれない。キャッチコピー、ポスター、予告編決定まで観客にやらせるというのはアイデアというよりは観客に丸投げの他力本願な気が・・・。とは言え本国で公開されたばかりのシャールク作品を公開にこぎつけた努力は心から賞賛したい。

さんざん厳しいことを書いたが、愛あるがゆえのこと。全力で応援していくことに変わりはない。結論は「まず観てみよう。話はそれからだ。」明日のインド映画公開のためにも、まずは観ていただきたい。

『ラ・ワン』公式サイト  

Posted by indoeigatushin at 20:20 |この記事のコメント(11)