2017年02月20日

インド旅行2017(カルナータカ州)

2/4〜2/11の6泊8日でインド南部、カルナータカ州のハンピ付近に行ってきた。
今回は遺跡が点在していることから個人での移動が大変そうということで、ちょうどいいツアーがあったのでそちらを利用した。これは今回大正解だった。

まず何と言ってもチャーターしたバスで周るため時間のロスがない。
インドは公共交通機関が非常にあやふやなため、1〜2都市滞在ならともかく、時間に制約のある者にとってはこのリスクはできるだけ避けたい。そして今回見学した遺跡は世界的にもとても価値があるものばかり。もちろん単に眺めているだけでも素晴らしさはわかるが、その歴史的背景やそれぞれの建築、彫刻が意味するものを現地インド人ガイドさんと日本人ガイドさんから詳しい解説を受けたのがとても有益だった。

また、インド人ガイドさんがいたおかげで、地元の村、マーケット、学校など、観光客だけではなかなか行きづらい場所にも行くことができ、現地の人たちとささやかな触れ合いをすることができた。生活習慣の違いなどの質問などもしやすくて、これまでになくインドにもう1歩踏み込んだ旅行をすることができた。

ツアーに参加した人なら経験あるかもしれないが、日程が山盛りで嬉しい反面、スケジュール的にはややハード。私は個人でインドに行くと、大体お昼近くにならないとお店が閉まっているので、ゆっくり起きて観光をして、午後から買い物したり映画を観たりして、夜は友人と会ったり徒歩圏内にモールがない限りはそれほど遅くなくホテルに戻ってくる。今回は平均6:30起床で夜の6時頃までバスでの移動と観光ががっつり入っている。30度をゆうに超える足場のそれほどよくない遺跡を最高で1日2万歩近く歩いた。

今回ツアーは7名が参加。私は若い方から2番目で、ほとんどの方がリタイア組かと思われたが、皆さんツアー慣れしていて本当に元気!日本との温度差と疲れでヘロヘロになっている先を、最高齢の77歳の女性は坂道などでこそ杖を使われていたが、シャキシャキと歩いていた。この方はミールスを手食で食べてみたり好奇心も旺盛。あのお年になって時間とお金と好奇心と何よりも体力があるのがうらやましい。

今回は映画も観なかったしDVDも買えなかったが、とても中身の濃い楽しい旅行だった。手探りで自由な個人旅行もそれなりに楽しいが、社会科見学のように生の遺跡に触れながらその時代に思いを馳せるのもなかなかいいものだ。

最後に今回利用した西遊旅行さんについて。
申込の時、本当は「ちょっと値段が高いかな」と思っていたが、結果的にはお金で買えない経験をたくさんすることができた。値段と日程のせいか年齢層は高めで、ほとんどが個人参加の方々らしい。(今回は7名全員)。ツアー中はもちろん、その前後のフォローもきめ細やかだった。通常添乗員さんはホテルなどのチェックインなどのみで、ガイドをすることは私の経験上少なかったのだが、個人でも勉強されているらしいノートを見ながら大変詳しくガイドや通訳をされたりとても良かった。どうやらここの旅行会社の添乗員のみなさんはバックパッカーの経験がある人が多いらしく、サバイバル能力に長けている気がした。次回のインド旅行はいつになるかわからないが、是非ラダックに行きたい。条件が合えばその時も西遊旅行さんにお願いしたいと思っている。  

Posted by indoeigatushin at 20:21 |この記事のコメント(3)