2017年11月04日

『Mersal』

image

ヴィジャイ最高かよって映画だった。

まずこの作品が上映された川口SKIPシティの映像ホールは映像、音響共に最高レベル。音楽はラフマーンだったが、一音一音がとてもクリアで彼の音楽と共にとても良い状態で楽しむことができた。

ヒーロー映画はこうあるべき、という見本のような作品だった。
冒頭から主役のヴィジャイ登場までためるためる。群衆の中、警察の護送車に乗せられる彼の後ろ姿が映る。じらしにじらし、そして満を持して手錠をかけられた手を上に掲げてようやくヴィジャイの正面からの顔がスローモーションで映る。はい、ここ指笛ポイントですと言わんばかりだ。

ルンギ姿で身軽に動き周り、アクションシーンではピンチをマジックで切り抜ける。おいおい、いつもマジックネタ仕込んでるのかよ・・というツッコミは不要だ。なぜならヴィジャイだからだ。飛び道具がピストルでなく手裏剣というのも素晴らしい。

いちいち挙げればキリがないが、監督はヒーローを格好良く映す術をよくわかっている。キメ顔、ウインク、ヒゲをくぃっと直す。これがカッコよくないんだったら何がかっこいいのかと小一時間問い詰めたい。

ストーリーの本筋はインドの医療制度について。
悲しみと怒りの事件が続き、観客は否が応でもヴィジャイの気持ちに同化する。そして最後には熱いメッセージをカメラ目線で訴える。インドの医療制度も英語字幕もよくはわからないが、とりあえずヴィジャイの言うことが正しい!と思わざるを得ない展開。それに問題が生じた・・という記事を読んだが、この強力なメッセージに関係者が怖がるのも止むを得ない気がする。

ダンスシーンも良かった。
インドのダンスシーンはこうあるべき、という人海戦術大量人数投入で画像に迫力を持たせる。赤い粉を全身に塗った人々の中で踊る白いシャツ姿のヴィジャイは幻想的な雰囲気ですらあった。

それにしてもタミルは血のり多めだ。ボリはやられても倒れてるだけだったりするが、やられて倒れて血を吐くところまでが勝負だ。傷口もリアルなら白目をむくシーンもリアル。

今回ビジャイ役の奥さんがパンジャーブ人という設定なのでシクに囲まれるヴィジャイが新鮮だった。今回は1人3役だったが、もうこうなったら全員ヴィジャイでもいいのでは・・と思うくらいヴィジャイ映画だった。

指笛を本気で鳴らせるようにしよう・・と決意して帰路についたのだった。  

Posted by indoeigatushin at 21:24 |この記事のコメント(0)