2012年07月29日

ロンドンオリンピック開幕

ロンドンオリンピックが開幕した。
開会式の総合演出はダニー・ボイル氏。『スラムドッグ$ミリオネア』の監督として、インド映画ファンにもお馴染みだ。イギリスの歴史をたどりながら、ファンタジックな演出は1つのショーとしてとても見ごたえがあるものだった。クリケット、産業革命、ハリーポッターというキーワード、そしてビートルズナンバーに極めつけはエリザベス女王。その威厳と存在感に圧倒されてしまった。

私がオリンピックで実は一番好きなのが入場行進だ。
世界中の国と地域がそれぞれの民族衣装や国旗のカラーなどをあしらったユニフォームを身にまとい、さっそうと登場してくる。

インドの登場にももちろん注目した。黄色いサリーの女性たちの先頭にパンツ姿の女性。
何かのスタッフかと思いきや
インド人もビックリ!開会式入場行進に謎の女性

さすがインドである。話題には事欠かない。
遠くない将来にインドでのオリンピック開催・・・という夢を見たが、今世紀中は無理かもしれない。

しかしスポーツの実力は少しずつだが確実に上がっているようだ。
日本人選手が出ていない競技はなかなか注目されないが、世界トップクラスのアスリートの戦いは国籍を超えて面白い。

India at the 2012 Summer Olympics  

Posted by indoeigatushin at 22:29 |この記事のコメント(0)