今回は、インドネシアニュース

インドネシア  高速鉄道事業 関連のニュースです。

鉄道事業のニュースはこれまでも紹介してきました。
まず、一昨年からの大きな流れについて、

こちらがきっかけになっています。
→  高速鉄道事業、反テロ法違反など

前回、直近のニュースは、こちら

→ インドネシア 高速鉄道事業(18年6月3日)
→ インドネシア 高速鉄道事業(11月17日)
→ インドネシア 高速鉄道事業(12月2日)

国営企業社長の、
高速鉄道事業の事業進捗は、7.6%であるものの
2021年の開業には自信をもつ等の記事を紹介しました。

インドネシア高速鉄道事業(19年1月13日)
高速鉄道事業で中国案を選択した事について考察している
ニュースを紹介しました。

インドネシア 地下鉄開業 MRT(3月25日)
インドネシア初の地下鉄開業について紹介しました。

地下鉄の課題など紹介しました。

インドネシア ジャカルタ 地下鉄(4月3日)
駅周りの環境やチケット購入について紹介しました。
インドネシア ジャカルタ 地下鉄(4月17日)
地下鉄開業についてのニュースを紹介しました。
ジャカルタ地下鉄への日本、日本企業の関りを紹介しました。

インドネシア 高速鉄道事業(5月10日)
高速鉄道事業の進展に関するニュースを紹介しました。
インドネシア 高速鉄道事業(7月24日)
カラワンまでの工事状況など紹介しました。
インドネシア 高速鉄道事業(9月18日)
ジャワ島横断鉄道について紹介しました。
ジャカルタースラバヤ間の鉄道事業について紹介しました。
インドネシア 高速鉄道事業(10月25日)
鉄道建設現場で出火があり作業員の方が亡くなられたニュースを紹介しました。
インドネシア 高速鉄道事業(12月17日)
工事は順調であるという主張の、中国メディアのニュースを紹介しました。
インドネシア 高速鉄道事業(2020年6月3日)
ジャカルタ・バンドン高速鉄道事業の開業がさらに遅れること、
また、高速鉄道事業をスラバヤまで延伸して、
日本の参画も共同事業体に入れる事を考えている事など紹介しました。
インドネシア 高速鉄道事業(6月5日)

インドネシア 高速鉄道事業(6月7日)
インドネシア、日本に高速鉄道参加打診へ 、というニュースを紹介しました。
インドネシア 高速鉄道事業(6月16日)
インドネシア、日本に高速鉄道参加打診のベトナムへの影響について紹介しました。
インドネシア 高速鉄道事業(7月1日)
茂木外務大臣の会見の模様など紹介しました。
インドネシア 高速鉄道事業(7月10日)
高速鉄道について、インドネシアから突然の再参画案に日本が
困惑しているニュースを紹介しました。 
インドネシア 高速鉄道事業(9月27日)
中国メディアの「日本に勝ったことで成功がもたらされた」
記事を紹介しました。
インドネシア 高速鉄道事業(12月22日)
中国による高速鉄道建設64%完了の記事を紹介しました。
インドネシア 高速鉄道事業(2021年1月24日)
インドネシア高速鉄道、開業遅れに3つの誤算の記事を紹介しました。
インドネシアの外交官が中国高速鉄道を「どう称賛した」かの
ニュースを紹介しました。
新幹線3
今回は、インドネシア 高速鉄道事業 ニュースを紹介します。

◆ 中国受注の「インドネシア高速鉄道計画」ここへきて問題噴出の自業自得
https://news.yahoo.co.jp/articles/9b9be9f1ff79c2833ed1ef7d7efc2dd969b7a6fa?page=1
(「Yahoo」より)

記事の一部紹介です。

「インドネシアで中国が受注した高速鉄道計画が、ここへきて
新たな問題を抱えていることが明らかになった。」

「鉄道建設工事が周辺住民の住宅に影響を与えたり、水質汚染、大気汚染、
洪水などが生じる環境問題を起こしており、路線周辺の住民が
「国家人権委員会(コムナスハム)」に訴える事態になっていることを、
米政府系放送局「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」が報道したのだ。」

コムナスハム関係者によると、7月22日までに審問を開くとしている。
ともありますので、続報があるものと思われます。

これまでにも工期の遅れや予算の増加は報じれらてきましたが、
更に、工期の遅れ等が報じられています。

「現時点では2022年12月の完工を目指しているという。
2021年の段階では土地の収用は100%済んでいるとされ、
工事の進捗率は74%としている。」

「建設費用も年を経るごとに増加しており、当初80兆ルピア(約55億ドル)
とされた費用は約79億ドルにまでに膨れ上がっているという。」

工期は更に遅れ、予算は増加しています。

いつ完成するのか・・・。
今後も注視していきましょう。

今回は、このあたりで。

ここまでお読みいただき

Terima kasih