2022年08月02日

こんにちは
夏真っ盛りで暑い日々が続いていますが、皆様お元気にお過ごしですか?
とは言ってももう8月ちゃんと日は短くなっていて季節は着々と秋へ進んでいますね。ならば今のうちに夏を存分に楽しむとしますか

さて、田植えを終えた田んぼの学校は、この猛暑の時期はしばらくお休みとし、スタッフが順番に田んぼの水管理をして稲の成長を見守っていましたが、先日稲穂が鳥に食べられるのを防ぐため久々にスタッフが揃い防鳥ネットを張ってきましたので、活動内容と田んぼの様子をご紹介します

かく言う私も、田んぼには前回の学校第5回目(6/12)の自然観察以来の訪問です
約1か月半経った夏の田んぼの様子と言えば…
0731-1
ブキャ稲がふさふさめっちゃ育ってるすごく青々としてて元気良さそう〜
ここで皆さん、6月12日の田んぼの様子覚えていますか?
ちょっと写真で見比べてみましょう↓
0731-2
ナント!稲の成長って早くてほんとびっくり
それもそのはず。基準苗を計ったら、高さは平均110僉茎数は24本でした!
ちなみに里芋だけが残っている畑はと言うと…
0731-3
んギャッ里芋の葉も大きく育ってるけど、まわりの草もぼうぼう
ふむふむ。これこそ久々に来た甲斐があるってもんです
スタッフで手分けして、草むしりと防鳥網の設置にとりかかります!
0731-4
支柱となる杭を打っていると、田んぼの稲の花が見えました
0731-5
去年の出穂は8/9日だったので、今年は成長が早いのかしらそれって豊作ってこと?
と、色々思いを巡らせながらせっせと柱を組み立てます。
畑では、美味しい里芋が立派に育つよう、小昼顔やヤブガラシ他様々な草を取り除きつつ、時々訪れる生き物が楽しませてくれました。
0731-6
写真には収められませんでしたが、他にもトンボやバッタ、蝉にカエルも、皆元気に過ごしていましたよ
そうこうしているうちに、杭打ちも終わり、いざ鳥除けの網掛けです。
0731-7
これで成長してくれた稲穂も襲われる心配なし
という事で、今年の田んぼの学校も春から夏を迎え、次回夏から秋へと突入していきます
梅雨が短かったり、夏が暑すぎたり、それからこの先の台風や日照時間など、美味しいお米作りにはどれもとても影響します。太古の昔からの、人が自然と上手に共存していきたいという願いや姿勢が、稲作を通してより強く感じられる気がします。
皆さんが植えた苗から、11月には美味しいお米がたくさん取れますように
今回の最終形はこちら↓
IMG_6996
畑もこんなにすっきりしました↓
IMG_6997

次回は8月21日かかしづくりです。どんなかかしをつくるか考えはまとまりましたか?
それまでみなさま良い夏をお過ごしください

ブログ担当 H

この記事へのコメント

1. Posted by Kita   2022年08月03日 12:08
🐦雀さん達ごめんなさい!

美味しいランチは、秋の🌾稲刈り後の、落ち穂拾いに参加して下さい。

2. Posted by すずめのチュン子   2022年08月03日 20:25
>>1
秋のおいしいお米を楽しみにしてます!🐦

コメントする

名前
 
  絵文字