益子の居合歓里Ta2O ‐堀水達雄‐

栃木県の益子町で陶芸している堀水達雄のブログです。春と秋の益子陶器市に出店。その他、会津美里町せと市、世田谷ボロ市に出店。日常つらつら考えた事や、益子の話題を掲載したいと思います。時々市で居眠りしているいます。 :*horimizu.comを取得しました、HPも宜しく。http://www.horimizu.com

堀水達雄・小夜のサイト http://www.horimizu.com Twitter https://twitter.com/oribe7

長岡クラフトフェアに出店。

image
image
5月14日、15日の長岡クラフトフェアに出店します。
昨年は不参加でしたが今年は行きますので、宜しくお願い致します。
今年は雪が少ないようなので、既に通行解除されている、田子倉湖経由で6時間かけて行きます。

  追記 長岡に着きました。 千秋の森にて開催です。image
image
山の写真は益子から只見経由の途中の道です。

2016年春の益子陶器市終了。

春の陶器市が終了しました。今年も多くのお客さんにお越し戴きました。
有難うございました。
後半疲れが出たのか、私は風邪を引いてしまい熱が出てしまいました。
やっとここに来て直りつつあります。
気が早いですが、秋の陶器市は
11月3日〜7日です。
宜しくお願い致します。
写真は九日の益子。
日常が戻った感じ、、。 
image

 

菜の花の写真

写真を撮った。
I took pictures, nano-hana flowers.
P1050757_prcd_synd_sgn
P1050758_prcd_sgn
P1050761_prcd_synd_sgn
春らしい写真にしてみた。
Spring here comes ! 

2016年春の益子陶器市 夢ヒロバ場所決め

2016年春の益子陶器市、夢HIROBAの場所決めの抽選が有りました。
堀水窯は前回と同じく南側の金網沿いの一番東側に成りました。
ここ三回連続でこの場所です。
宜しくお願い致します。
(2016年春の益子陶器市は4/29〜5/8です)

*配置図は植山さんの作図の物を使わせて戴いております(多謝)。

BlogPaint


 

益子町共販センター 「花陶狸」にて展示会

CIMG7037CIMG7039

益子町共販センター 「花陶狸」にて堀水達雄展示会 4月1日〜4月30日まで。
29日、30日は益子の陶器市と重なって居ますが、どうぞ宜しくお願い致します。 
ちなみに2016年春の益子陶器市は4/29〜5/8 です。

神楽坂タイヨウ時計店にて陶器展

神楽坂タイヨウ時計店にて陶器展行います。
こちらで行うのは奇しくも震災の年の2011年以来です。
時計屋さんなので電池交換、時計の修理もあれば致します。
ご用命下さい。
どうぞ宜しくお願い致します。

日時 3/23(水)〜26(土)
    午前11時から午後7時まで達雄が居ります。

場所 神楽坂タイヨウビル5階 タイヨウ時計店
    〒162-0825   新宿区神楽坂5-24
    TEL  03(3266)0011 

aiai
 

スマホ、お釈迦様。

2016-03-09-00-22-44
スマホを踏んづけてしまい、液晶が割れて、お釈迦になった。
動かなくなったスマホの事を文鎮化と謂うらしいが、これもそう?

中古で買ってOCNのsimを入れて 、050plusにも入って(050〜の電話番号をもらい、SMS付き)で使って居たのだが、。(電話代が特に安く父が亡くなった際に電話を掛け捲っていたにもかかわらず2000円弱であった)
液晶が割れて居るけれど、サイドのスイッチで起動はするのが、タッチパネルの機能が利かないので、色々なアプリを開くことが出来なくなってしまった。以前に使っていたipodはガラスの液晶で落として割ってしまったのに動いて居るのだが、はタッチパネルの種類が異なるようだ。netで調べると、USBマウスを繋げばアプリを動かすことの出来る機種もあるとの事でやってみたが動作しない。
(またまたネットで調べてみるとこの機種はマウスで操作出来ないことが判明)
PCとUSBで繋ぐ手もあるのでやって見たが、メニュー画面まで進んで居無いと本体の中にアクセスすることは出来ないか、中に入る事が出来ない。

かくなる上はもう一台同機種を購入してcpuなどの主な部位を液晶の割れて居無いスマホと取り替えるって手があるのみか。それには液晶の割れて居無い格安の同機種を手に入れ無くてはならいので長期戦になるなぁ〜。 

代々木公園アースデイマーケットに出店します。

間近で恐縮ですが2月21日(日)の
代々木公園アースデイマーケット
出店致しますので宜しくお願い致します。

場所は 東京 渋谷区 代々木公園けや木並木(渋谷公会堂の信号から直ぐ)
時間は午前10時ごろ〜午後4時まで 
です。
 http://www.earthdaymarket.com/


ミラーレス デジイチカメラ

所謂デジイチ(ミラーレス デジタル一眼レフカメラ)を買った。
APSサイズも考えたが、値段(格安であった)とスナップ写真の撮りやすさ、外での持ち歩きを考えてm3/4(マイクロフォーサーズと読む様だ)(マイクロ四分の三、とは何故か言わない)にした。
lumix GX-1 と謂う機種である。レンズはm.zuiko 12〜50 f3.5〜f6.3macro (35mmフィルム換算で24〜100mm)
image
この写真はスマホ(eluga p-2e)で撮った。スマホでも良く映るものだ。
レンズは子供の写真を撮るためと作品の物撮りがほぼ目的だ。物取りのため、接写が出来るマクロ昨日付きのレンズにした。まだカメラを意地って色々な設定を試して居る所。
P1050092P1050090

P1050082P1050082_cut

lumix GX-1 m.zuiko 12〜50 macro 
下段の右の格子の模様はマクロで撮影したコーヒーのビンのGOLDのOの字の方の部分を拡大したところ。
接写で撮るとこんな肉眼では微かに解るかどうかの映像まで写せて仕舞えて居るのに驚いた。
右上はインスタントコーヒーの粒


初めて自分のカメラで写真を撮ったのは5歳の時だ。
今思うと自分でカメラを買いに行った覚えは無いので誰かが買って与えて呉れたのだと思う。
そのときは何と謂うカメラか知らなかったが今調べた所ではミゼット判と謂うフィルムサイズを使用して居たのではないかと思う。子供の手にも収まる小さなおもちゃの様な小さなカメラだった。そして確か550円であったと思う。何年か後にデパートで売って居るのを見て幾らか知ったのだ。ピントの調節が無かったと思うし、露出も晴れ曇り雨と言った3段階位だったように思う。雨は無くて2段階かも知れない。そんな具合なので映りはシャープとは決して言えないものであった。

そして家にまともなカメラが無かったせいもあるのか、小学校1年生の時にヤシカエレクトロ35を買った。手動のフィルム巻上げの横に蛍の光りぐらいの赤と緑の光る矢印型の明かりがあって、適正露出を矢印が光って示して呉れるのが特徴であった。
当時はまだ量販店という安売りの店は無く、家の近所のカメラ屋さん(個人経営の)で買った。その頃はカメラを扱う大きなお店無かったのか誰かに聞いてみたい。

量販店で連想して話はそれるが、我が家に始めてのテレビが来たのは私が幾つの時かはっきり覚えて居無いが、小学校に入る前であった。もしかしたら東京オリンピックを見るためにテレビを買ったのかも知れない。秋葉原の電気街におじさんと買いに行ったのは覚えている。もちろんテレビの方は私が買いに行ったのではなくおじさんが一緒に連れて行って呉れたのだが。冬だったろうか、もしかすると年の瀬だったのかも知れない。駅を降りて直ぐの細い通路の両側にブラウン管のテレビが三段ぐらいに置かれていていて、細い狭い通路はテレビを買いに来たお客で溢れかえって居た。お店のオレンジ色の裸電球の光の中に白黒の映像をテレビが写し出して居た。

カメラの話に戻るが次に買ったのは大学の時に買ったNikonFEである。高校生の時は写真部で写真を撮って自分で現像して居たのだが、一眼レフカメラは持って居なかった。義理の兄がカメラを相当にやって居たのでNikonF(露出計なし)を貸して貰いレンズは高校のクラスの友達がニコマートを持って居たので広角を借りて写していた。現像も自分でしたので主に白黒で良く撮った。フィルムはコダックのTry Xで増感をしたりした。Try Xは増感しても比較的粒子が粗くなりづらいと言われていたので使って居たが、普通に撮るのだったら ILFORDのフィルムの方が好きであった。今では粒状性と謂う言葉は言わなくなってしまったが、フィルムの時代にはフィルムの粒子の並び方で写真を焼いた時の絵が決まるので、フィルムの並び方を評する言い方だ。今にして思うとヤシカエレクトロ35でももっと写真を撮っておけば良かったかと思う。フィルムサイズも35mmで一眼レフカメラと変わるものでは無く、レンズも明るく( 45mm F1.7)映る写真は一眼レフだからと言って上とは言い切れないからだ。中判カメラのコーワ66も義兄が持って居たので貸して貰って居た。66判のミラーが上がるときバフッと大きな音がするのでバッフンカメラと呼んで居た。高校の時に一年だけ山岳部にも入って居たので良く山に66判と大きな交換レンズを担いで行って写真も撮った。写真好きが高じて益子で陶芸を始める際に平行してブライダルカメラマンの仕事も何年かやらせてもらってた。
今までのデジカメは
sonyのDSC-W1、panasonic のtz-10、 casio のexilim EX-H20G
を使用していた。全部センサーはCCDである。今回のGX−1は初めてCMOSのセンサーだ。

最近ではカメラと山と両方供に女性に人気があるのを思うと時代は変わるものだと、爺(じじ)くさい事を言ってみたくなってしまう。
P1050293_prcdP1050288_prcd

P1050374P1040314prcd

上の2枚
2016 2/22 飯田橋駅前 
lumix GX-1 m.zuiko 12〜50 macroで撮影  picasaで編集
梅の花も同じ機材でマクロにして
日時は2/25 場所は益子 やっと我が家の梅も咲き始めた。

下の1枚
lumix GX-1  nikon lens series E 35mm f2.5 adaptor 使用





 

父の年金の引継ぎ 〜戸籍について〜

先日東京に出た際、亡くなった父の年金を母に引き継ぐ手続きをした。
父の年金は既に電話で止めてあったので、そんなに急がなくても良かっただが、東京に出た際に行なった。
先日奥さんを亡くされた知人から中々手間がかかると聞いては居ので、電話で必要書類を確認して置いたにも拘らず、区役所に2度行き、年金事務所に3度出向くはめになった。
折りたたみ自転車を購入して実家に置いてあったので助かった。これが無ければ次の日に持ち越しと成るところだった。社会年金事務所の方に一日で終わって良かったですね。と最後にはねぎらわれた。

区役所で戸籍をとる際に直径の子孫であれば父と住所が異なって居ても取れるのだが、住民票の方は(母の住民票と父の除票)は住所が異なるものは直系子孫であっても母の委任状が必要との事であった。手元に白紙の紙が無かったので区役所でコピー用紙を空コピーしてA4の用紙を入手して、その場で書いて提出した。

漠然としか知らなかった戸籍に付いて初めて知る事が多かった。
戸籍には年代によって種類があり、また戸籍を移管した場合にはその所轄の役場に請求しないと取れない、と謂う事である。これくらいは知っていたのだが、、、。重要なのは戸籍を移すと前の情報の全ては引き継がれないと謂うことだ。前の情報を知るためには前の本(つまりは前の戸籍のある役所から郵送なり実際に行って取り寄せる見ないと解らない、と謂うこと。戸籍は本の様になって堀水達雄と謂う人が生まれてから戸籍の登記してある場所を3回変えれば、3ヶ所の役所のそれぞれ本は納まっていて、娘が結婚等で戸籍から抜けた場合はその事は全く次の戸籍(本)には記載されない。その上行政上の都合から戸籍の書式が変わって居る時期がある。するとその書式の戸籍(本)にも記載されている。大正生まれの父の場合、生まれてからの全ての戸籍を取るとと成ると何冊の本(戸籍)に載って居るのか、つまりは幾通の戸籍があるか、実際に役所に出向かないと解らないとの事だ。このコンピューターの世の中であってもボタン一つ押して、全ての戸籍を貫いて取り寄せる訳には行かないのだ。

故人の金融機関の口座のお金を引き出す為には父の生まれ後通しで全ての戸籍が必要となる。
次に東京に出向いた時には金融機関の手続きをしようと思う。
こちらから亡くなったと言わない限り口座は凍結されない様なのだがいつかはしなくては成らないのだから、、、。

*蛇足ながら年金事務所に提出した戸籍は現在の夫婦関係が証明できる内容であればいいとの事で一通で済みました。

戸籍の種類古い順に

大正4年式戸籍(大正4年〜昭和22年)

改正原戸籍(戦後の憲法改正による昭和32年の法務省令による改製戸籍)

平成改製原戸籍(平成6年の法務省令による改製(戸籍のコンピュータ化、改製作業は自治体ごとに行われるので、まだコンピュータ化していない自治体もあるとの事 


 
2016年             最新情報            HORIMIZU窯         堀水達雄・堀水小夜     
2016年春の益子陶器市は
4/29(金)〜5/8(日)です。
益子観光協会
http://blog.mashiko-kankou.org/ceramics_bazaar/

5/14,15長岡クラフトフェアに出店します。
5月21日(土)・22日(日)10:00〜16:00

2016ふくしま手づくりマルシェ(福島市)
会場 あづま総合運動公園(民家園前 中央園路周辺)
に出店します。

12/15・16
1/15・16
世田谷ボロ市
に出展予定
場所は例年通り
地番98番の予定


livedoor プロフィール
ネットショップを開業致しました。 まだ、品数等少ないですが徐々に増して行きたいです。 http://store.shopping.yahoo.co.jp/hollymuse/ 宜しくお願い致します。
ギャラリー
  • 長岡クラフトフェアに出店。
  • 長岡クラフトフェアに出店。
  • 長岡クラフトフェアに出店。
  • 2016年春の益子陶器市終了。
  • 菜の花の写真
  • 菜の花の写真
  • 菜の花の写真
  • 2016年春の益子陶器市 夢ヒロバ場所決め
  • 益子町共販センター 「花陶狸」にて展示会
  • 益子町共販センター 「花陶狸」にて展示会
  • 神楽坂タイヨウ時計店にて陶器展
  • 神楽坂タイヨウ時計店にて陶器展
  • スマホ、お釈迦様。
  • ミラーレス デジイチカメラ
  • ミラーレス デジイチカメラ
  • ミラーレス デジイチカメラ
  • ミラーレス デジイチカメラ
  • ミラーレス デジイチカメラ
  • ミラーレス デジイチカメラ
  • ミラーレス デジイチカメラ
  • ミラーレス デジイチカメラ
  • ミラーレス デジイチカメラ
  • 今年2度目の雪。
  • 今年2度目の雪。
  • 今年2度目の雪。
  • 世田谷ボロ市終了。
  • 世田谷ボロ市終了。
  • 世田谷ボロ市終了。
  • 世田谷ボロ市終了。
  • 世田谷ボロ市終了。
  • 2015年秋の益子陶器市終了
  • 2015年秋の益子陶器市終了
  • 2015年秋の益子陶器市終了
  • 2015年益子秋の陶器市 夢ヒロバテント配置図
  • 岡部嶺男展
  • 岡部嶺男展
Tatsuo works
  • 益子焼き 皿
  • 益子焼き 皿
  • 2012年 ギャラリー匣 雛祭り 作陶展
  • 織部茶碗
  • 「2011年益子秋の陶器市」 雑感
  • 「2011年益子秋の陶器市」 雑感
  • 「2011年益子秋の陶器市」 雑感
  • 「2011年益子秋の陶器市」 雑感
  • 「2011年益子秋の陶器市」 雑感
  • 神楽坂での個展終了しました。有難うございました。
  • 神楽坂での個展終了しました。有難うございました。
  • 神楽坂での個展終了しました。有難うございました。
  • 神楽坂での個展終了しました。有難うございました。
  • 神楽坂での個展終了しました。有難うございました。
  • 神楽坂での個展終了しました。有難うございました。
  • 神楽坂での個展終了しました。有難うございました。
  • 神楽坂での個展終了しました。有難うございました。
  • 焼き上がりました。
  • 焼き上がりました。
  • 焼き上がりました。
  • Love Bowl 展、搬入して来ました。
  • Love Bowl 展、搬入して来ました。
  • 桑名行き パート2 Lennon(レノン)
  • 桑名行き パート2 Lennon(レノン)
  • 2011年 益子春の陶器市 御礼。
  • 2011年 益子春の陶器市 御礼。
  • 益子、春の陶器市三日目。
  • 織部の兜
  • ギャラリー匣(さや)二人展
  • ギャラリー匣(さや)二人展
  • 県道 益子ー笠間線
  • 賀正 その2
  • 賀正 その2
  • 宣伝です。きらら館にて 達雄 ・小夜 展示販売中。
  • 宣伝です。きらら館にて 達雄 ・小夜 展示販売中。
  • 2010 益子 秋の陶器市 堀水のテント、作品集 ー達雄ー。
Sayo works
  • 2012年 ギャラリー匣 雛祭り 作陶展
  • さくら市、「ギャラリー匣」の雛めぐり
  • さくら市、「ギャラリー匣」の雛めぐり
  • さくら市、「ギャラリー匣」の雛めぐり
  • 堀水小夜、グループ展、伊勢丹新宿店
  • 堀水小夜、グループ展、伊勢丹新宿店
  • 「2011年益子秋の陶器市」 雑感
  • 「2011年益子秋の陶器市」 雑感
  • 「2011年益子秋の陶器市」 雑感
  • 「2011年益子秋の陶器市」 雑感
  • 「2011年益子秋の陶器市」 雑感
  • 「2011年益子秋の陶器市」 雑感
  • 「2011年益子秋の陶器市」 雑感
  • 小夜、モエギ城内坂店 個展
  • 小夜、モエギ城内坂店 個展
  • 小夜、モエギ城内坂店 個展
  • 小夜、モエギ城内坂店 個展
  • 小夜、モエギ城内坂店 個展
  • 益子、「森のレストラン」にて「七月の森へ」と題して市が行われました。
  • 益子、「森のレストラン」にて「七月の森へ」と題して市が行われました。
  • 益子、「森のレストラン」にて「七月の森へ」と題して市が行われました。
  • Love Bowl 展、搬入して来ました。
  • Love Bowl 展、搬入して来ました。
  • 桑名行き パート2 Lennon(レノン)
  • 2011年 益子春の陶器市 御礼。
  • ギャラリー匣(さや)二人展
  • 神楽坂にて「陶雛まつり」展、写真。
  • 鍋冠な雲
  • 窯出し。
  • 窯出し。
  • 賀正
  • 宣伝です。きらら館にて 達雄 ・小夜 展示販売中。
  • 宣伝です。きらら館にて 達雄 ・小夜 展示販売中。
  • 2010 益子 秋の陶器市 堀水のテント、作品集 ー小夜ー。
  • 2010 益子 秋の陶器市 堀水のテント、作品集 ー小夜ー。
  • 2010 益子 秋の陶器市 堀水のテント、作品集 ー小夜ー。
http://www.facebook.com/horimizu