スティーブ・ジョブスのプレゼン

あがり症は、場数を踏んでも治りません。何かで失敗して笑われた経験がトラウマとなり、また同じ結果になるのでは・・という不安で緊張してしまうわけです。



表情筋の図解
まず、「自分はうまく話せる」と実感するのが先決。最初にやっていただきたいのは、表情筋の鍛錬です。次は声帯を開きましょう。腹から声を出す練習です。


マネをするのも大事です。アナウンサーやコメンテーターの発言を、そのまま言ってみるのは良い練習になります。英語の時間に例文を暗記した要領で頑張ってください。


そして、もし自分の容姿に自信が持てないのなら・・特に顔のニキビが気になって話に集中できないのなら、オススメしたいのがコチラです。