2016年09月15日

今後のスケジュール

現在、インフィールドのウェブサイトのトップページの表示が正常に出来ない事がある為、お知らせはこちらの方に記載していきます。
尚、その他のページについては問題なく表示されておりますので、メニューからご覧いただけます。
それぞれのページのリンクをこちらにも張っておきます。
しばらくご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

■今後のスケジュール
 イベント スケジュール  は随時更新しています。
 ご不明な点、記載のない日程についての講習やツアーの実施については、
 お気軽にお問い合わせください。


●10/1(土)〜2(日) 登山・トレッキング Mountain Hardwear × In Field 火打山
※実施決定しています。引き続き募集中です。

●10/4(火)〜6(木) 登山・トレッキング 朝日連峰縦走
※若干名募集中、詳細はお問い合わせください。

●10/8(土)〜10(祝・月) 登山・トレッキング 火打山ライチョウ調査ツアー(主催 新潟アウトドア企画)

●10/15(土) 登山・トレッキング 飯縄山(主催 ふるさとづくり妙高)
 
●10/22(土)〜23(日) カヤック 紅葉の 奥只見湖

■イベント予定 → スケジュール
■登山・トレッキングについて → 登山・トレッキング
■シーカヤックについて → シーカヤック

2016年09月14日

日本海北上 2016

昨年はお休みしてしまいましたが、のんびりと継続中の日本海北上ツアー。

前回の続きで野潟海水浴場よりスタート。
新潟県での最後の夜は、笹川流れの笹川の浜にて。
















笹川流れに入ると岩場の連続。夕日と粟島を正面に見ながらのキャンプ。







2日目は海のロックガーデン巡りから。
















青空が戻り、爽やかな海の景色。







地層がとっても特徴的。
















夏に逆戻りしたような雲。新潟県を脱出、県境の鼠ヶ関にて終了。







いよいよ山形県へ入りました。新潟、山形の県境ラインがある鼠ヶ関。
車の回収は、海沿いを走る羽越本線を利用。







今回は1泊2日の短いトリップでした。次回からの山形県の旅が楽しみです。

infield2006 at 21:28|PermalinkComments(0)clip!シーカヤック 

2016年09月11日

キノコシーズン

海の波が収まらずシーカヤックは翌週へ延期。ということで山へ散策。

今日のメインキノコ、ハナイグチ。
















子供から大人へと。







いろいろ出ています。







散策中、一番目を引いたキノコ(左)。名前は不明、まだ調べていません。
本日はハナイグチのみを収穫。ナメコに勝るとも劣らないおいしいキノコだと思います。


2016年09月09日

草紅葉

高谷池はすっかり秋の雰囲気。
















イワイチョウも黄色くなり、ナナカマドとミネカエデも色が変わり始めています。







9月から高谷池ヒュッテの内装工事が始まりました。
小屋がきれいになるのは悪いことではないですが、今まで通りで特別な不具合はなかったわけで、もっと先に使うべき場所があるような気もします。妙高市はこの工事にいくら使うつもりなのか…、最終的には、自然も使う人も働く人も、みんながハッピーになれる改装であってほしいと願うばかりです。


2016年09月04日

日除けがほしい日

福浦八景での1dayツアー、残暑厳しく暑い1日でした。

ダルマ岩周辺も透明度は高め。
















ダルマ岩を通過し、少し長めのツーリング。海水浴シーズンも終わっているので砂浜は貸切。本日は日除けにタープが必要でした。







暑さのせいか、怪しい雲が発生。
米山の向こう側では雷ゴロゴロ、海側には影響なく良かった良かった。


infield2006 at 23:56|PermalinkComments(0)clip!シーカヤック 

2016年09月01日

霊仙寺山

久しぶりに登る霊仙寺山へ、登山道調査。

登山口から霊仙寺跡へと続く杉林。




















手書きの看板は味があります。登山道からは善光寺平を一望。







西風強すぎ…なコメツガ。
飯縄山への縦走路は、草刈してあれば良いコースです。







紫色の花は秋を感じさせます。
















山頂付近は花も多く開放的で良い場所です。


2016年08月31日

沼の原湿原

8月最終日、地図調査で沼の原湿原へ。

湿原からの斑尾山。
















この夏はお盆を過ぎてもあまり涼しくなりませんが、少しずつ秋らしくなっています。







キノコの季節ももうすぐ。


infield2006 at 23:18|PermalinkComments(0)clip!登山道情報 

2016年08月28日

ウネリを楽しむ

北東の風が吹き始めると秋を感じます。
8月末は粟島へ行くのが定番となっていますが、初日は風が強い予報で残念ながら粟島ツアーは中止。日曜日のみ福浦八景での1dayツアーを楽しみました。

















赤の橋脚が特徴の米山大橋。
写真では伝わりにくいですが、そこそこのウネリの中を漕いでいます。直接台風10号の影響ではないものの、前日のウネリが残っていました。この日は風が弱く、ウネリだけ楽しめる経験者にはたまらないコンディション。







いつものダルマ岩で昼食。
前日荒れていたわりに透明度も高く、気持ち良い1日でした。
















海水浴シーズンも終わり海も静かになっています。
次回は9月4日(日)に実施します。詳しくはお問い合わせください。

infield2006 at 23:53|PermalinkComments(0)clip!シーカヤック 

2016年08月22日

台風前の晴天

台風9号の接近で中止かなと思っていましたが、進路が少し東に寄ったので予定通り黒姫山へ。本日は大橋からコスモス園への縦走。

台風前の晴天で北アルプスまで見渡せました。
黒姫山は景色の良い外輪山の上をぐるっと歩けるのがいいですね。
















野尻湖方面も視界良好。リンドウも盛り。







山頂からの北側を覗くと妙高山。
















外輪山の中にある峰ノ大池は、雪が少なかった影響なのか水不足ぎみでした。
黒姫山といえばコメツガ林、夏も独特の雰囲気です。


2016年08月19日

能登半島 ワンウェイキャンプツアー 2016

予定は未定の6泊7日のワンウェイキャンプツアー。
昨年は実施できませんでしたが、今年は能登半島へ。輪島手前の上大沢から録剛岬を越えて九十九湾までの旅となりました。

台風が能登半島をかすめて通過後の晴天。
















準備にちょうど良かった上大沢の小さな漁港から旅のスタート。
朝ドラ「まれ」で有名になった間垣の里。撮影に使われた「おけさく」。







海上の鳥居。カヤックから参拝。
















立派な洞門と能登ブルーの海。








2日目のキャンプ地。
















3日目のキャンプ地。
















偶然すぐにバス来る時間だったので、キャンプ地からバスで買い物へ。









4日目、半島先端を回り込み、能登双見の岩。
















翌日の台風接近を考えて、この日は鉢ヶ崎のキャンプ場へ。
鉢ヶ崎にある、味がありすぎるスーパー鉢ヶ崎。
蛸町で開催されていた、イベント「太鼓と踊りの夕べ」の会場で夕食。








5日目は台風で漕げないかと思っていましたが、進路が東寄りになったこともあり、先を目指します。間近で見る見附島は迫力ありです。
















半島の東側らしい風景。黒い瓦屋根は能登の特徴です。
おしゃれな建物は、奥能登ビールが飲めるレストラン「日本海倶楽部」。おいしい地ビールが楽しめます。







5日目のキャンプサイト。海を見下ろす最高のロケーション。
















6日目は九十九湾のキャンプ場へ。
キャンプ場からの買い物はカヤックを使って湾を横断。小木のお店で買い物後、港の素敵な休憩所でひと休み。
最後の夜は満月、漕ぎ出せるくらい明るい夜でした。







最終日7日目はバスで車の回収の旅。能登半島は意外とバスが充実しています。
今回は台風が接近したものの、風が見方してくれたこともあり、比較的順調な日々を過ごせた気がします。キャンプ地やお店にも恵まれ、いろいろな出会いもあり、充実の7日間となりました。

infield2006 at 22:37|PermalinkComments(0)clip!シーカヤック 

2016年08月12日

はんぎり

佐渡での新しい発見。
小木のローカルは、「たらい舟」ではなく「はんぎり」と呼ぶらしい。大きな樽を半分に切ったもの、という意味でそう呼ばれているようです。実際に樽を半分に切ったものを使っていたことがあるのかまでは聞くことができませんでしたが、現在は半分に切るのではなく、初めからこの形で作るようです。
この「はんぎり」は全て職人さんの手作り。FRP加工されていない「はんぎり」はとても美しい舟です。世界一遅い乗り物だと、職人さんは笑って言っていました。
小木半島の南側だけで使われている「はんぎり」。静かな海で岩の隙間に入りながらサザエを獲るには、スピードよりも小回りが利くこれが一番使いやすいのでしょう。
はんぎり(たらい舟)体験するなら、小木港の端っこでやっているのではなく、宿根木がお勧めです。

















宿根木の田んぼ。すでに稲が黄色くなり始めていました。


infield2006 at 21:52|PermalinkComments(0)clip!事務所日記 

2016年08月11日

山の日は海で 2016 佐渡キャンプ

この時期恒例の子供達との佐渡キャンプ。
過ごしやすいキャンプ場をベースに、4日間海を楽しみます。

初日からきれいな夕焼け。
子供達が使ったティピー形のファミリーテント、天井が高くて快適そう。
















いつもならがきれいな海。
今年の飛び込みは少し高い場所からチャレンジ。









働くハイエース。同じ形のカヤック(特にシットオン)ならかなりイケます。
















今年から8月11日は「山の日」で休日。
海の日は山で、山の日は海で過ごしてしまった2016年でした。

infield2006 at 20:59|PermalinkComments(0)clip!シーカヤック 

2016年08月08日

エコジン

環境省の広報誌、エコジン の2016年8・9月号、特集 「GUIDE BOOK FOR 国立公園 日本の自然を楽しもう!」 で火打山を紹介して頂いています。表紙も天狗の庭からの火打山です。取材は6月末 で、例年ならまだ残雪がある時期ですが、今年は花盛りでした。

私は残念ながら今まで、環境省の広報誌があることを知りませんでした。2ヶ月に一度発行されるウェブマガジンで、すでに54号も発行されているようです。皆さまぜひご覧ください。バックナンバーも閲覧できるようになっています。





2016年08月07日

近そうで遠い

少々暑いですが、晴天続きで助かります。
本日も燕温泉より妙高山へ。

燕温泉から見る妙高山、近く見えますがなかなか大変なのです。





















山頂付近のトリカブトとキオン。紫色と黄色がとても鮮やか。
















下山は新赤倉のスカイケーブルへ。
帰りはこちらへのコースが歩きやすく、安心感があって良いですね。


2016年08月06日

日の出とともに

梅雨明け後もすっきりしない天気が続いていましたが、ようやく安定感が出てきた感じです。

今日も日の出とともに妙高山へ出発。
















朝日を浴びるブナ林。







蕾だったツルリンドウが開花。
例年なら残雪があってもおかしくない北地獄谷の上部。








妙高山のクサリ場トラバース。
















賑わう妙高山頂。久々に良い展望。
トウヤクリンドウも満開、山頂周辺には咲いています。