ランエボ

2008年03月27日

ランサーエボリューションXを体験しての感想 5

ランサーエボリューションXのスポーツ走行を体験しての感想ですが、一番感じたのは「やっぱメーカー純正ってバランスいいな」というものです。

もちろん、エボ6と比べるとツインクラッチSSTやS-AWC(スーパーオールホイールコントロール)といった最新の機能は本当にすばらしいものでしたが、それにもましてメーカー純正のバランスの良さというのを改めて思い知らされた気がしました。

エボ6購入時は、周りの車好き達と競争するかのように車を改造しまくりました。
確かに加速性能やコーナーリング性能は良くなったように感じましたが、今から考えれば純正状態で腕が上がれば同様のタイムは出せたように思います。
(中谷プロ達の走行を見れば分かりますw)

また、パーツを交換するほどに乗り心地は悪くなり、日常の仕様においては不快感が増すなど、改造の弊害も多数ありました。
若い時は車をいじりたくなるのはしょうがないですし、それもランエボの大きな楽しみでもあります。

でもまずは純正状態でしっかり走りこんで、それでも満足できない部分を改造していくというのがおすすめです。(ブレーキパッドの強化はおすすめです)
特にこのランエボ10の全性能を使いこなすのは、本当に難しいと思います。それほどすばらしい性能のスポーツカーなのですから。


infinity_hpb at 10:00 この記事をクリップ!

2008年03月20日

ランエボ昌郛茱譽檗璽函S-AWCってなんだ?

本日はコーナリング時に感じたS-AWC(スーパーオールホイールコントロール)の魅力、感想をどどーんとご紹介します!

まずS-AWC(スーパーオールホイールコントロール)とは、普通の街乗りは勿論、緊急時やハードな走行をしてもACD・AYC・ASC・ABSを様々な局面に応じて統合制御し、常に破綻のない安全な走行を補助してくれる三菱の誇るすばらしい車両制御システムのことです。
※詳細は三菱のサイトで^^

特に、実際の走行時にASCのオンオフを試してみたのですが、ASCオンだとはっきりいって車の挙動が超安定します!
中谷プロがお話の中で、「このASCをオンにしてさえいれば、誰に車を貸しても安全です!」と言っていましたが、これはあながち嘘じゃないと実感しました。わざとオーバースピードでコーナーリングに持っていってもランエボが全くスピン状態にならないのですから本当に驚きです(>_<)

ただし、実際にサーキットを走行するにあたっては、ちょっとタイヤを滑らせたいとか、思ったとおりに動かしたいということもあります。
そんな時はこのASCをオフにすれば、AYC・ACDの恩恵は受けつつ、より思ったとおりの挙動になってくれます。
サーキット走行においてはこのASCオフのほうが個人的には気持ちよく運転できました。

前回お伝えしたツインクラッチSSTももちろんすばらしいのですが、このS-AWCの進化というのもランエボ召瞭檀すべき特徴の一つでしょう!
誰が乗っても安全・快適に運転でき、しかもそれ以上を求めれば即座に反応してくれる。本当にすばらしい技術だと思います!

最新のGTRももちろんすごいけど(ちょっと試乗した経験あります)、ランエボ召蓮△海硫然覆任海寮能というのもやっぱり素晴らしいことだと思いますよ(*´∀`)ノ

infinity_hpb at 10:00 この記事をクリップ!

2008年03月13日

ランサーエボリューションX ツインクラッチSSTの感想

先日ランサーエボリューションX体感ミーティングに参加してきたのですが、今回はその時のツインクラッチSSTの感想をまとめます!

※ツインクラッチSSTはオート限定免許でも運転できます(ノ゚▽゚)ノ

まずツインクラッチSSTとは?ですが、簡単にいえばオートマ感覚で操作できるクラッチ操作のいらないマニュアル車といえば分かりますかね。

オートマの欠点は大パワーに対応できない、ミッションの繋がりがダイレクトでないなどがありますが、それを克服したのがこのツインクラッチSSTです。

詳細な仕組みは三菱のホームページを参考にして欲しいと思いますが、実際に操作してみての感想をお伝えしたいと思います。

まず、このツインクラッチSSTにはモードが3つあります。

1、ノーマルモード
市街地などの通常走行に。滑らかな変速と低燃費を実現。オートシフト時は低回転域で変速する。
いわゆる省燃費のオートマチックモードです。

2、スポーツモード
山道での走行に。素早い変速と敏感なアクセルレスポンスを実現。オートシフト時は中高回転域で変速する。
ちょっと峠を攻めたりするには最適なモードでしょう。

3、S-スポーツモード
サーキット走行に。非常に速い変速と鋭いアクセルレスポンスを重視。オートシフト時は高回転域を維持。
常に5000〜を維持し、はっきりいって素人が操作するよりも確実に素早く、最適な回転域を維持してくれます。

今回は2、3を使用しましたが、なかでも3のS-スポーツモードはすばらしかったです!
オートマ感覚なのに常に高回転域を維持してくれるため、純粋にハンドリングに集中することが可能です。
もちろん、自分でパドルシフトを操作してマニュアルシフト操作することも可能です。
とにかく、今回のランエボ召涼罎任皸貳嵬楸未竜’修世隼廚い泙后

また、ツインクラッチSSTはオートマ免許で操作できるのも大きなポイントだと思います。
これなら奥さんと共用することも可能ですしね。
とにかく、この価格でこの性能が実現されているのは本当に素晴らしいことだと思います!


infinity_hpb at 10:00 この記事をクリップ!

2008年02月13日

ランサーエボリューション沼隆競漾璽謄ングレポート パート2(2008/02/11 泉大津フェニックス) 5

それでは前回の続きで、ランサーエボリューション沼隆競漾璽謄ングレポート パート2です!

ジムカーナコースを体験後、自分達はランエボ廠発者の方とのトークショーへ。
色々と開発秘話や苦労話などが聞けてこれまた有意義な時間が過ごせました。
なんでも新しいメカニズムなど常に開発・研究が続いているそうです。
特に一人の方は、冬場は北海道で雪道走行の研究にいそしんでおられるそうです。
こういった方々のお陰で常にランサーは進化しているんだなと、改めて実感しました(>_<)
もっいろいろ聞きたかったけど、次の予定があるのでトークショーは終了。
続いて低速コースの2巡目です。

今度は好きなように走ってくださいとの指示で、1回目よりもリラックスして走行できました。
ショートアドバイス






また、走行後は三菱のスタッフさんからアドバイスなどもあり、充実した時間が過ごせました。

そしていよいよ最後の試乗!高速走行です!
ここでは、3周を1セットで2セット走行しました。
高速






2グループに別れ、それぞれ4台が1グループ。
先頭に中谷プロと奴田原プロがそれぞれつき、その後ろを私たちが3台連なって走行するというスタイルでした。(車内に無線機があり、中谷プロのアドバイスを直に聞きながらの走行です)

1周目はまずはコースを覚えるためのスロー走行。無線機からここは3速でとかここはしっかりインに付くなどアドバイスが聞こえてきます。
ふむふむ。なるほどとか思ってたらだんだんとスピードアップ!

最後の3周目は、え!こんなに速いんすか!!というほどのスピードに!
もうついて行くだけで精一杯ヽ(;´Д`)ノ
正直無線の声を聞いている暇がありませんでした(ノ_<。)
しかも中谷プロ達は片手で無線を使いながら片手走行とのこと。
本当にプロとの違いを実感させられた気がしました。(自分に才能が無いことがよ〜〜く分かりましたw)

そして5分インターバルをとり、再び高速走行!
この時はASCをオフで走ったのですが、よりこのモードのほうが自分的には走行しやすいと思いました。
なお、この2周目の最後でトラブル発生!!
なんとDレンジ(S-Sport)で走行していたらギヤが入らなくなるというトラブルが!
自分の運転がへたくそだったせいかもしれませんが、三菱の人の話ではクールダウンすれば直ると言ってました。

とうことで車をチェンジしてもう2周走行。
今度はトラブルも無く完走できました。

最後にテントにみんな集合して挨拶をして解散。今後もこういった機会をぜひ作って行きたいとおっしゃってました。

我々はそのままビュッフェ形式の昼食会に。弁当と思っていたので新鮮な感じで楽しく食事できました。


参加してみての感想は、とにかくすばらしい経験がたくさんでき、遠路はるばるやってきただけの価値は十分あったと思います。
普段なら一生お目にかかることのないプロレーサーに直々にお話やドライブテクニックを教えていただき、またランエボ開発者の方にもお会いして話を聞くことが出来ました。欲をいえばもっと時間が欲しかったと思いますが、それほど中身の濃い充実した時間を過ごせたということだと思います。
参加費5000円でしたが(私はライブドアが負担してくれたけど)、最新のランエボにこれだけ思う存分乗ることができ、そのガソリン代、タイヤ代、また昼食付き、さらにはお土産も!!ということを考えれば全然高くないと思います(むしろバーゲンプライスでは!?)
おみやげ宝物






こういった企画は、いろいろな面で難しいとは思いますが、やはりスポーツカーは実際に運転してみないとその本当のよさは分からないと思います。
今後も機会があれば、ぜひこのようなイベントを行っていって欲しいと思います。
中谷プロの言葉を胸に、自分もますますドライブテクニックに磨きをかけ、そして車好きな仲間にもその意志を伝えていこうと思います。

最後にエボ困肇┘椨召鮠茲衄罎戮討隆響曚髻

加速:エボ召枠鷯錣乏蠅蕕な吹け上がり。レブまで廻してもパワーは落ちません。
ただし、速いけどエボ困鉾罎戮襪肇┘鵐献鵑縫僖鵐僧呂少し足りない気もしました。

コーナーリングとか:はっきりいってエボ召離魁璽福璽螢鵐粟能はすばらしかったです!これはS-AWCやASCによるところが大きいと思います。

見た目とか:カタログとかだとちょっとどうなん?と思ってた外見ですが、実際に見てみると予想以上にいい感じ!見た目おとなしい分、ちょっと高級感もあり、嫁さんも気に入ってました。

結論:お金ためて新型エボ買いたいです!
(今日の試乗車安く売ってくれないかなww)

infinity_hpb at 21:17 この記事をクリップ!

2008年02月12日

ランサーエボリューション沼隆競漾璽謄ングレポート パート1(2008/02/11 泉大津フェニックス) 5

さああ!いよいよ遠路はるばるやってきました!
会場の泉大津フェニックスに到着です!(ランエボ沼隆競漾璽謄ングに至るまでの経緯はこちら
受付開始は8時。ちょうど8時に到着。
まだ早かったかな〜と思ってたら、すでにほとんど全員来られてました(・ω・;)

会場は大きな駐車場を区切ってカラーコーンでコースが二つ作られていました。
一つはジムカーナコース。もう一つは高速コースです。

受付






まずは初めにテントの中に集められ、一日の流れの説明と、当日のスタッフさんの紹介。
テント







そして引き続き「グランドエボマイスター、中谷明彦大先生」のドライブテクニック講義がありました。
教科書教科書中身






講義内容は本当に勉強になりました(*`・ω・)ゞ
正しいステアリングポジションやドライビングポジションといった基礎から、タイヤの特性・摩擦円の考え方(クーロンの法則)、荷重移動についてなどなど。
本当にためになることばかりであっという間に講義の時間が過ぎていきました。
(送りハンドルがスポーツ走行にはおすすめでそうですよ!日本の教習所とは逆ですね^^;)

今回の中谷プロの講義の中で特に印象に残っているのが、この講義の内容を周りの車好きの人にも教えていってくださいということと、あくまでもこのような運転はサーキットで。公道では決して行わないでという言葉でした。確かに速い車に乗っていればスピードは出したくなるものです。でも他人に迷惑を掛けては駄目ですよね。あくまでもモータースポーツだということを改めて考えさせてもらった気がしました。

また、今回のランサーエボリューション沼隆競漾璽謄ングは中谷プロの発案で行われたそうです。よりランエボの魅力を知ってもらいたいということと、日本のモータースポーツのレベルを高めたいという考えから実現したそうです。これを実現してくださった三菱の方々にも感謝ですが、今後もぜひこのような企画を行っていって欲しいと思います!

さて、講義が終わったらAからEグループ(各6人ずつ、計30名)に別れ時間割に従って実際のランエボ試乗に移りました。

まずはジムカーナコースの体験走行です!

一人ずつランエボ召望茲辰徳りました。
ショート2






一人3周がワンセットでこれを間隔を開けて2セット行いました。
1週目:TC-SST Sport Dレンジ
2週目:TC-SST Sport マニュアルシフト
3周目:TC-SST S-Sport Dレンジ

感想としては、特にS-Sportが感動ものでした!
常に5000回転以上をキープし、エンジンの美味しいところを勝手に使用してくれます。ギヤチェンジやエンジンの回転数を気にしなくて良いから、運転により集中できますしね!またS-AWCもすばらしい!自分の乗ってるエボ困世叛簑亞蠅辰討襪アンダーが出るような状況でも狙ったラインをよりスムーズに走行することができました。
やっぱり車の進化ってすごいんだな〜と改めて実感しましたねヽ(´ー`)ノ
そうそう、2週目のパドルシフトは逆に超使いきれませんでした!
慣れの問題だとは思うのですが、ハンドルのところにパドルがあって、まさしくゲーセン間隔で操作するわけですが、すぐ下にワイパーの操作部分があり、手が当たってワイパー動きましたww
自分だけかと思ったら他の参加者も同じようなこといってたので、ちょっと安心w

そしてあっという間に一回目の走行体験は終了。
続いて開発者とのトークショーへ。

長くなったので続きはパート2で!!

infinity_hpb at 23:29 この記事をクリップ!

ランエボ沼隆競漾璽謄ングへの道

いつもはあまり気にしていないライブドアのお知らせメール。
何気に見ていると「ランエボ」の文字が。

なんじゃろこれ?(´・ω・`)と読んでみると、なんと!最新のランエボ召了郛莢顱並隆競漾璽謄ング)にライブドアブログ読者の中から抽選でご招待!!との内容でした!

しかも参加費がブログでレポート書けば無料!とのこと!

こりゃだめもとで応募してみるか〜と軽い気持ちで応募してみました。
ランサーエボリューション掌式ページを見てみると、すでに好評で応募は締め切られたとの文字が。。。

ん〜、やっぱ無理だろうなと思ってたら、なんと!!

当選してしまいました!!(*´∀`)ノワーィ

しかし!ここで大問題発生です。

なにが問題かって?

ワタシスンデルトコロシコクデス

つまりはるばる海を渡って大阪まで行かないといけないんです!
片道約5時間。時間も掛かるがお金も掛かる(*´・∀・)(・∀・`)ヨー

しかもどうせ行くならランエボで行きたい!
そうするとまたガソリン代が。。。

でもプロのレーサーに指導してもらえる機会なんてもう一生無いはずです!
渋る嫁を強引に説得し、前日の夜に出発することに決めました!

ということで前日の夜9時に出発。
極めて安全運転で無事大阪に到着。
しばらくPAで仮眠を取り、会場に到着した次第です。

ちなみに↓は当日の車両通行証です(´・ω・`)
通行証

ということで、続きは「ランエボ沼隆競漾璽謄ングレポート」で!!

infinity_hpb at 22:16 この記事をクリップ!

2006年04月27日

ランエボのページを更新しました(HP) 3

今日は仕事が昼までだったので、久々に気合入れてホームページの更新しました(=゚ω゚)ノ
今回は、自分のためでもあるのですが、ランエボに関する本と、おもちゃ関係wをまとめてみました。

更新ページはこちら

今後はパソコン関連のページを充実させていく予定です。
たまにはホームページものぞいてやってくださいませヽ(´ー`)ノ

関係ないですが、今日は夜にちまたでうわさの「豆腐屋ジョニー」を食べました!
なかなかマイルドな味わいでおいしかったですよ。
でもネーミングのほうがインパクトあるよねヽ( ^ω^)ノ

ただいま「ファンタシースターユニバース」にはまっている管理人でした(・∀・)

infinity_hpb at 22:00 この記事をクリップ!

2005年12月09日

これから車をいじる人へ

これから車を改造しようと思っている人、特に初心者の方へ私は言いたい!
まずはパワーよりも、車を止めること、つまりストッピングパワーを強化する方がより効率的であると!

と、いつもと違う出だしで始めてみました(=゚ω゚)ノ
自分も車改造しまくってますが、最初に先輩から、「パワー上げるよりも、まずブレーキ強化したほうが、安全だし、速くなるよ」と言われました。
けれど、そこはやはり若気の至り。。。
「速くになるにはパワーアップじゃーヽ(`□´)ノ」とハイカム入れてCPUチューンを行いました。
確かに速くはなったし、十分な効果がありましたが、いざサーキットに行くと、ブレーキパッドがノーマルでは全然持たず、最後にはフェードして危うく事故るところでした(-_-;)

実際経験してみて初めて、先輩から言われたことの意味が分かりました。
「先人に従え」とはよく言ったものです。
これからチューニングしようと思っている方や、まだブレーキ関係を強化していない方には、是非まずはブレーキパッドを良い物に換えることをオススメします!
そうすればサーキットのタイムも縮まるし、より安全に走れます。

「パワーよりもまずはブレーキ」
これが私のアドバイスですヾ(`・ω・`)ノ

infinity_hpb at 20:19 この記事をクリップ!

2005年12月01日

頭文字D 最新刊(32)発売!

「頭文字D」の最新刊(32)が発売されましたよ!
自分も車にはまったのは、間違いなくこの漫画によるところが大きいです。
でもランエボは悪者役が多いのがちょっと残念です(^_^;)

そういえば、映画にも結構ランエボ出てきますよね。
海外では600〜700万位するらしく、中流階級以上のおぼっちゃまんじゃないと買えないらしいです。嘘だったらごめんなさい。聞いた話なので。。

それを考えれば、日本には、ランエボ・インプレッサ・スカイラインGTR・シルビア・ロードスター・RX-7・インテグラなどなど。スポーツカー天国ですよね。
銃が無いのとスポーツカーが充実してるので、個人的には日本人に生まれてよかったと思います。ヾ(`・ω・`)ノ

あと、車好きなら「頭文字D」と同様、「湾岸ミッドナイト」も楽しめると思います。
特に、どちらかというと「湾岸ミッドナイト」の方が現実感があります。
気になる方は是非一度チェックしてみてくださいね!

infinity_hpb at 22:40 この記事をクリップ!

2005年11月29日

ランエボ! 3

「ランエボ」と聞いてすぐに車だと分かる人はなかなかの車好きでしょう。
特に女性には認知度が低いですね(-_-;)
ちなみに自分は「ランサーエボリューション此廚望茲辰討い泙后
親ローンで買って、こつこつ改造してきました。

結婚するし、売ろうかとも考えましたが、家族で乗れて(一応元はファミリーセダン)4WDだから雨や雪にも強く、しかも世界でもトップクラスの運動性能・・
こう考えると、なかなか代わりになる車がみつからず、結局改造するほど愛着も増し、現在はよほどのことがない限りこのまま乗っていこうと考えています。

改造内容等は、後日HP作って詳しく紹介していきたいと考えています(=゚ω゚)ノ
自分の周りにも「ランエボ」や同じ位の性能の「インプレッサ」に乗っている人間がいますが、不思議なことにどちらにするか悩んだ人は一人もいません。
知らない人が見たら区別が付かないような車なのに、好き嫌いははっきりしているようです。
自分も最初から「ランエボ」しか考えませんでした。
でも漫画の「湾岸ミッドナイト」読むと「スカイラインGTR」がちょこっと欲しくなりますw

ということで、車好きな人、特にランエボ好きなあなた!たまにはこのブログ見に来てくださいね^ー^
知らない人は、好きになってくれるといいなー




infinity_hpb at 21:33 この記事をクリップ!
スポンサー ドリンク
EnjoyPCLife
パソコン初心者応援サイト「EnjoyPCLife」
パソコン初心者応援サイト「EnjoyPCLife」
管理人の運営するパソコン初心者向けホームページです。
ウィンドウズの高速化や、セキュリティ、おすすめフリーソフトなどを紹介しています。興味のある方はぜひご覧ください。
(( へ(へ´∀`)へ
  • ライブドアブログ