10年後にお金がなくなるとしたら?

http://ripple.investure.link/
*パスワード問い合わせ紹介者=ARC358


これから現金の流通はどんどんなくなり、
カード決済やアプリ決済が主流になってきます。


VISAカードの月間売上は70兆円
Masterカードの月間売上は35兆円と言われています。


今後、新興国が成長するにつれ、
電子決済の売上は右肩上がりです。


仮に月間100兆円の売上があったとすると、
カード会社には5%の手数料収益があります。


月間5兆円です!


私たちが使ったカードから
毎月5兆円の手数料が支払われている訳です。


払う側がいればもらう側がいる。



よくデパートや空港で

クレジットカードを作りませんか?

と誘われます。


今、入会すれば5000円分のキャッシュバックがあるとか言って。


CMでは楽天がやっています。


楽天ポイントがもらえるといって。



どういう仕組みになっているかご存じですか?



カード会社とカード発行会社。



仮に楽天でVISAカードを発行したとします。



カード手数料5%がカード会社に上納されますが、カード発行会社に1%戻るとしたら、


自分のところで発行したカードで買い物をしてもらうのが得策だということがわかりますか?


なので、百貨店などの大きなお店ではカードを作らせ、そのカードで買い物をさせるのです。



初回に5000円の商品券をつけても、あっという間に回収できてしまうのです。



使われるだけで収入になるカードビジネスって良くないですか?



ETCにしても交通系ICカードにしても、カードを使うだけで儲かる人がいるのです。



あなたもカード発行して手数料をもらいたくありませんか?



「そんなの出来るわけないよ~」


とお思いですか?


それができるからビジネスチャンスになるのです。


しかも、暗号通貨をスマホのアプリでチャージできるカードは世界初。


ライバル不在のブルーオーシャンです。


http://ripple.investure.link/
*パスワード問い合わせ紹介者=ARC358


そして、暗号通貨は世界中で使用されるので、
世界中から手数料が入ってきます。


5兆円の手数料の1%バックだとすると、
500億円/月。


世界シェアの1%をとっただけでも毎月5億円が入ります。


それをカード発行した人が分配すると・・・


毎月いくらの手数料収益になるか想像がつきますか?


暗号通貨が値上がりして、まずは一時収益。


その後はカード手数料で20~30年の権利収入。


そして、利子の付く暗号通貨に両替して、
年利1~8%の安定収益。


http://ripple.investure.link/
*パスワード問い合わせ紹介者=ARC358


◎△☆コインという一時的な値上がり益をもらおうとする案件がありますが、


お金に換金するか、お金と同様に使えないと意味がありません。


1粒で3度美味しい。


聞くだけでも
あなたがかけた時間以上の価値がありますので、是非足をお運び下さい。


http://ripple.investure.link/
*パスワード問い合わせ紹介者=ARC358