NewsPaper情報局トップ >  ゲーム

スポンサードリンク

ゲーム

2009年05月28日

ジェンガの楽しみ方


吉本芸人のギャグを披露しなきゃいけないジェンガ

雨後のタケノコのように、日々現れては消えるお笑い芸人たち。今や10年続けても、まだ若手と言われる世界である。ハンパない競争率。
そんな芸人たちの強力な武器のひとつである“ギャグ”。一世を風靡した芸人が開発したギャグには、やはり秀逸なものが多い。
古くは、私が敬愛するビートたけしの「コマネチ!」。最近(?)は、「そんなの関係ねえ〜」や、「ルネッサ〜ンス!」などが思いつくだろうか。

そして、“ギャグのデパート”とも言える吉本芸人たちのギャグをしながら進めなければいけないジェンガが発売されている。それは、株式会社トミーダイレクトから登場した『よしもとギャグジェンガ』。


http://www.excite.co.jp/News/bit/E1243240652064.html

EXCITEニュース 速報・コネタ・総合サイトより




まだ持っていません。ジェンガ。
吉本ギャグと一緒に楽しむのはいいですね。
中にはいまいちなギャグもあったりして^^





こんなジェンガいかがですか?









info__news at 13:28|Permalinkclip!

2009年04月01日

いろんなトランプがありますね


大阪弁を教えてくれたり、大喜利を試してきたりするトランプたち

以前、『大人の品格トランプ』という商品を紹介したが、製造メーカーであるP&A(ピーアンドエー)株式会社では、他にもタマらないトランプを数多く製作していた。前回の取材時にそれらを見せていただき、強烈なインパクトを受けたので、今回はそれらのトランプをご紹介させていただく。

まず、『大阪弁トランプ』。トランプの真ん中に大阪弁が書かれており、これを標準語では何と言うでしょうか? と出題してくれるのだ。要するにトランプで遊びながら、大阪弁を学ぶことができるという、変り種トランプ。



http://www.excite.co.jp/News/bit/E1237955798591.html


EXCITEニュース 速報・コネタ・総合サイトより




カード自体に遊び心があっていいですね。
どんなときにこのようなことが浮かぶのでしょうか?
ひょんなときだと思うのですが^^


これが大阪弁トランプです。








info__news at 15:27|Permalinkclip!

2009年03月11日

インベーダーゲーム、30年前かあ


インベーダーゲームが1/6サイズ貯金箱で帰ってきた

1978年に登場し、喫茶店やゲームセンターで誰もが夢中でプレイしたシューティングゲーム「スペースインベーダー」。

誕生から30年以上が経過した現在、貯金箱『スペースインベーダーゲーム 筐体型バンク』(タカラトミー製)としてよみがえった。サイズは約1/6、アーケード用テーブル台として忠実に再現されている。そのリアル感はどんなものか、インベーダーゲーム世代の一人として実際に触ってきた。

まず、驚かされるのは外観のディテールのこだわり。当時のゲーム機と同様にゲーム説明書きがテーブルに貼られていたり、コントロールパネルのデザインもそっくり真似ている。モニターはモノクロだが、付属のカラーフィルターを貼るとカラー画面になる。

操作系は1レバー、1ボタンで、100円を入れるとプレイできる。貯金箱の役割をするため、100円を入れるごとに画面にいまどのくらい貯まっているか表示される。80枚まで貯金可能。3月末発売予定で価格は5775円。単3形アルカリ乾電池3本で動く。


http://www.excite.co.jp/News/bit/E1236569391354.html

EXCITEニュース 速報・コネタ・総合サイトより



懐かしいなあ。
インベーダーゲーム。
よくやりましたよ。名古屋打ちなんていうのもありましたね^^


インベーダーゲーム関連情報









info__news at 15:15|Permalinkclip!

2009年03月10日

一番くじプレミアム マクロスF(フロンティア)800円!


ハズレなしのキャラクターくじ 『マクロスF(フロンティア)』篇

私の知人で、ハタから見ると気の毒なくらいにクジ運がない男がいる。街で実施しているくじではティッシュしか当たらない。宝くじは数十枚買っても数百円しか当たらない。道を歩いているとやたらとガムを踏む。笑うしかないほどの運のなさ……。

しかし、そんな人種にも堂々とオススメできるくじが存在する。それは、株式会社バンプレストが全国のコンビニエンスストア(一部店舗を除く)で1回800円(税込み)で発売する“ハズレなしのキャラクターくじ”、『一番くじプレミアム マクロスF(フロンティア)』のこと。

この「一番くじプレミアム」は、“真のファンなら欲しいもの!”をコンセプトに立ち上げたキャラクターくじ。“作品の持つ世界観を熱狂的に支持するファン”が満足する商品が取り揃えられており、オリジナルの要素を加えたフィギュアなど、全等級揃えたくなるアイテムがラインアップされている。

毎回、様々な作品が取り上げられている一番くじシリーズは、発売する毎に専用モバイルサイト「一番くじ倶楽部」(http://kuji-club.jp/)の登録会員61万人(2009年3月1日現在)からアンケートを実施しており、一番くじのアイテムは会員の意見を反映して商品化される。


http://www.excite.co.jp/News/bit/E1236564534021.html

EXCITEニュース 速報・コネタ・総合サイトより



マクロスって、映画やりますよね?
そのマクロスとは違うのかな。
すみません全然わかりません^^


マクロスF(フロンティア)最新情報です。









info__news at 14:50|Permalinkclip!

2009年02月10日

晴雨予報グラス、楽しそうですね


ワタシの小さな気象予報士 「晴雨予報グラス」

外は微妙な曇り空。傘を持って出ようかどうしようか……そんな時にお天気を予想してくれる便利なグッズがある。この小さなガラスの地球儀、「晴雨予報グラス」だ。

原理は極めてシンプルで、半分水で満たされたガラスの球体から細い管が伸びており、気圧が下がれば水が吸い上げられて細い管内の水面が上昇、逆に気圧が高くなれば水面が押されて下がるという仕組み。これで本当に数時間後の天気をズバリ当てられるのか? 早速実験スタート!

自宅のリビングにセッティングして半日、外は快晴で天気が安定しているにもかかわらず、水位が急上昇。しかし調べてみると、これはエアコンのせいであることが判明した。室内でもエアコン近くのような気温変化が大きい場所では正確に測れないので要注意だ。
今度は気温がほぼ一定な環境、オフィスのデスク上で再度実験してみた。

http://www.excite.co.jp/News/bit/E1233914244098.html

EXCITEニュース 速報・コネタ・総合サイトより



的中させることが目的ではありませんからね。
でも楽しそう^^
気圧がわかるだけでも違うのでは?
なんかほしいなあ。


噂の晴雨予報グラスです。









info__news at 17:16|Permalinkclip!

2009年02月09日

KYを防御できますね^^


机の上に工事現場が!? 『USB工事現場』

職場で「○○時までに仕上げなければいけない」という資料を作成するために、パソコンに向かって物凄い勢いでキーボードを打っている時がある。そんな時に「ねえ、ねえ」と声をかけられ、「なんですか?」と返事をしたら、「昨日のテレビがさぁ」みたいな話題だった日にゃ、「ダマってろっっっ!!」と言いたくなるのだが、大人が集まる会社内で、そんな暴言はナカナカ吐けるモンじゃない。

そんな時に、「今、話しかけないでください」と暗に!? 意思表示できるグッズがある。それは、株式会社ウィズから発売される『USB工事現場』。
これは、工事現場のお詫びの看板や警備員をモチーフとしたフィギュアが揃った玩具。これらをパソコンのUSBポートにつなぐと、机の上で看板を光らせたり、警備員を動かしたりして、デスク上を工事現場風にディスプレイすることができるのだ。
この『USB工事現場』、用途に明確な決まりはない。疲れたときや一人で集中したい時、机に「立入禁止」の看板を立てて外部環境を遮断したりするもよし。また、自分の机の上が工事現場風になったサマを眺めて楽しむだけでもよい。


http://www.excite.co.jp/News/bit/E1233715048242.html

EXCITEニュース 速報・コネタ・総合サイトより



これは面白いかも。
確かにブチぎれそうなときありますよね^^
そんな時の必須アイテムになるかも!

これがUSB工事現場です。









info__news at 00:05|Permalinkclip!

2009年02月08日

まずやってみる。リアル社会も同じ。


ゲームでお仕事体験っぽいことをしてみよう

今の仕事に満足?
もしかしたら、今の自分じゃない違う自分がいたかも?

そんな今の仕事や自分を見つめ直したい人は、一度「お仕事体験ソフト」をやってみてほしい。去年発売されたいくつかのお仕事体験ソフトの中から、今回は3つを紹介したい。

●たまごっちのキラキラおみせっち
こうすいやさん、ドレスやさん、とくしゅメークやさんといった10種類のお店が体験できる。


●はたらくヒト
ニュースキャスター、通訳、寿司職人、スタントマン、救急隊員、歯医者など50種類のお仕事が体験できる。


●13歳のハローワークDS
ゲーム版では30種類の職業が体験できる。
学校の先生、パティシエ、ゲームクリエイターと子供の憧れの職業が体験できる仕組みになっている。


http://www.excite.co.jp/News/bit/E1233290253361.html

EXCITEニュース 速報・コネタ・総合サイトより



たまに単純に没頭した時ありませんか?
そんなときにいいかもしれませんね^^
ということで

これがはたらくヒトです。












info__news at 23:01|Permalinkclip!

これでボキャブラ増やしたい^^


大人が共感する『おやじギャグカルタ』で遊んでみた

みなさんの認識では、何歳からが“おやじ”なんでしょうか? 私は現在30歳ですが、心の中はいまだに中学生のつもり……。
しかし、口をつくギャグからは加齢臭が漂う一方、「もう、若くない……」と、肩を落とすこともしばしば。それどころか、最近はそんな“おやじギャグ”の味わい深さが、逆にやみつきになってくる始末。自分が、いよいよ大人になった気分です。

そして、そんな私をつかまえて離さない面白グッズがある。それが、昨年の9月22日から発売されている『おやじギャグカルタ』。このカルタには「課長、かっちょぇぇ〜」、「中年だっちゅうねん」、「お金っておっかね〜」といった、まさにおやじギャグでしかない読み札が用意されている。
そんな、少なくとも私にとっては心強い商品を開発してくれた株式会社ビバリーに、発売後の反響など含め、話を伺った。


http://www.excite.co.jp/News/bit/E1233638491349.html

EXCITEニュース 速報・コネタ・総合サイトより



単純に面白そう^^
間髪、この手のネタが出てくる人を尊敬します^^

これが噂のおやじギャグカルタです。








info__news at 10:31|Permalinkclip!

『女試し。』ゲームでも本気^^


『女試し。』でモテ力をアップさせよう

『女試し。』(おんなだめし)
このネーミングにまず、グッときた。きっと女子なら誰でもちょっとは気になってしまうのではないだろうか。

これは本日、2月7日にバンダイから発売される、主に20代〜30代の大人の女性をターゲットにした新商品で、男性にモテる力=モテ力(りょく)を判定することができる、ユニークな携帯液晶ツール。つまり女として、男ゴコロをどれだけつかめているかを試すゲームというわけだ。

さっそく、企画・発売元のバンダイに、『女試し。』を企画したきっかけを尋ねてみたところ、「恋愛に悩む女性が身近にいる中、恋愛面において幸せな周りの女性たちは、皆、男ゴコロを読むのが上手だと感じました。そこに着目し、男心の把握とモテ指数の間に独自の計算式をつくり、モテ度を算出できるようにしました」と、開発担当者のガールズトイ事業部、小野さん。

なんと、全国の独身男性1000人を対象に行ったアンケート結果をもとに商品化したのだとか。これは信頼できそうだ。

http://www.excite.co.jp/News/bit/E1233564026088.html

EXCITEニュース 速報・コネタ・総合サイトより



たかがゲーム、されどゲームでは?
結構気にしてしまう人がいるのでは?
面白そうですね。

これが噂の女試し。です。








info__news at 01:28|Permalinkclip!

2009年02月05日

ゲーム音楽の印象


テレビでけっこう流れてる、ゲーム音楽

こないだ、フジテレビ系『とくダネ!』を見ていたら、ニュース映像のBGM で、どこかで聞いたことのある音楽が流れてきた。何の音楽だろうと思ったら、高校生のときにやったプレイステーションのゲーム「ゼノギアス」だったことを思い出し、激しく懐かしい気分になった。

気づいている人も多いと思うが、ゲーム音楽はテレビ番組でよく使われているの。耳を澄ませば、ほら、あなたにも聞こえるはず。そんな、テレビ番組でよく使われているゲーム音楽を、筆者の独断で紹介してみたい。

まず、最もよく使われているゲーム音楽は、「スーパーマリオ」だろう。定番ゲームは音楽も定番なのである。もう少しマイナーなところだと、伝説のシューティングゲーム「パロディウスだ!」の音楽が、バラエティ番組を中心によく使われている。また、「がんばれゴエモン」が地方の名産品特集、みたいなコーナーで使われることが多い。三味線のスッチャカスッチャカというメロディーが、日本のノスタルジーを彷彿とさせるのだ。

また、よくゲーム音楽が流れている番組としては、上述の『とくダネ!』もあわせ、以下のようなものがある。

『とくダネ!』:事件関連のシリアスな場面で頻繁にゲーム音楽が登場する。ゼノギアスの他にも、「エースコンバット」「ロックマンゼロ」「キルキディア イスカ」「ワイルドアームズ」などの音楽が使われているもよう。


EXCITEニュース 速報・コネタ・総合サイトより



知らずに口ずさんでいるときありませんか。
印象が強いのでしょうね。


ゲーム音楽最新情報









info__news at 15:25|Permalinkclip!

NewsPaper情報局トップ >  ゲーム