NewsPaper情報局トップ >  レジャー

スポンサードリンク

レジャー

2008年08月12日

N700系にまだ乗っていません(泣)


新幹線の禁煙車両の配置について


タバコ税増税の動きが本格化しはじめている。
これは財源の確保と社会保障費の確保、健康への配慮など様々な要因から現実みを帯びてきている。また世界的な流れも分煙、禁煙へと向かっているようだ。

ところで筆者は非喫煙者なのだが、新幹線に乗る時いつも疑問に思っていたことがあった。自分が座席を選ぶ際には当然禁煙車両を選ぶのだけど、一つ納得のいかないことがある。それは禁煙車両と喫煙車両の配置についてである。
たとえば、700系の「のぞみ」だと自由席は大体1〜3号車で、そのうち禁煙車両は1、2号車で、3号車は喫煙可能となっている。禁煙車両に座っていると、車列の中ほどにある自動販売機などに買い物に行く時など、必然的に3号車を通らなければならない。これは非喫煙者には結構な苦痛だ。
自分がいつもやっている方法は、3号車に入る手前で息を止めてなるべく早歩きで通り過ぎる。でも、運の悪い時には通路に人がいて途中で息が続かなくなることもある。
素朴な疑問なのだが、いったいなぜこのような車両配置になっているのだろう? もし喫煙可能な車両が1号車で禁煙車両が2、3号車ならこんなことはないのに。というわけで、このことについてJR東海に聞いてみた。

するとこんな回答をいただいた。
JR東海広報(以下広報)「お飲み物でしたら、販売員が車両を巡回しておりますのでそちらをご利用されてはいかがでしょうか?」

ん〜、でも自動販売機の方が種類が豊富なんだけどね。
じゃあ……筆者「車掌室も車列の中ほどでしたよね。車掌さんに用がある時は、どうすれば?」
広報「車掌も巡回しておりますし、また常に車掌室にいるとは限りませんので」

ん〜、急な用事ができた時はどうするのだろう?
説明は分からないではないが、やはり車両配置を換えてくれたほうがすっきりするんだけどね。などと考えていたら、
広報「最新のN700系の車両は全席禁煙席となっております」
筆者「えっ、そうなんですか!」(し、知らなかった)
広報「その代わり、喫煙ルームが6個所設置されておりますので、そちらでお吸いになれます」

聞くと、この喫煙ルームは強力な喚起装置と光触媒を使った空気清浄機を備えており、室外への煙の流出を極力抑えるように設計されているという。また「のぞみ」は、このN700系の車両に随時変更されるとのこと。なるほど、そうなれば筆者が不都合に感じていたことは解消される。全席禁煙としながらも、一定数の喫煙者の為に配慮を示して、航空機への顧客の流出を抑えようということだろうか。
実際、その「喫煙ルーム」を見てみたが、ドアはタッチ式の自動ドアで、室内には小窓も設けられている。なるほど狭いながらも圧迫感も最小限に抑えられているようだ。これなら喫煙者もそう肩身が狭い思いをしなくてもよさそうだがいかがだろうか?


EXCITEニュース 速報・コネタ・総合サイトより




JR東日本の特急はほぼ全面禁煙になりました。
喫煙者の方はイライラしてしまうときもあるでしょうね。
もしかすると車も禁煙になったりして。。。。
それはないか。

レギンス 動画

info__news at 11:32|Permalinkclip!

2008年07月23日

地下探検、「首都圏外郭放水路」へ


地下探検、「首都圏外郭放水路」へ行ってきた


梅雨も明けて夏本番。暑さも本格的になってくると、「外に行きたくなくい」なんて人も多いかと思う。そこでこんな提案。
暑い日差しを避け、地下に行くというのはどうだろう? 
以前にもコネタで紹介された地下施設見学だが、今回は埼玉県春日部市にある「首都圏外郭放水路」の見学会に参加した。

首都圏外郭放水路とは、中川・綾瀬川周辺における浸水被害解消のために作られた地下放水路である。見学会では、着工から完成まで13年もの歳月がかかったという巨大地下施設の中に潜入することができるのだ。

見学会は、首都圏外郭放水路の説明からスタート。

ある一定量まで増水した川の水を「立坑」と呼ばれる施設に取り込む。「立坑」に入った水はトンネルを通り「調圧水槽」という巨大な水槽に貯められる。貯まった水はポンプにより、江戸川へと排水される。

というのが、首都圏外郭放水路の簡単なしくみ。ちなみに今回見学できる施設は水を貯めておく「調圧水槽」だそうだ。

一通り説明を受けたら、いよいよ「調圧水槽」への入り口へ向かう。

広いグラウンドにポツンと建っている小屋が「調圧水槽」への入り口。シンプルすぎる入り口がなんだか怪しい……。なにやら、ダンジョンへ向かう勇者様ご一行のような気分で入り口に入る。螺旋状の階段を降りはじめて間もなく、辺りがヒンヤリしてきた。次第に霧のようなモヤがかかり、雰囲気はますますダンジョンっぽくなってきたぞ……。

突如、目の前が開け、地下施設の全貌が姿を表す。

うおぉぉ……。

その圧倒的な迫力に、思わずしりもちをつきそうになった。
幅78m・長さ177m・内空高18mという空間に、ニョキニョキ生えている59本の柱。なんという、コンクリートジャンゴー……。
この日は施設全体に霧のようなモヤがかかっており、それがまた、なんとも言えない雰囲気を演出していた。柱の陰からモンスターが出てきてもおかしくねえぞ、コレ……。

「調圧水槽」からは「立坑」も見ることができた。近づくことはできなかったが、遠くからでもその存在感は圧巻。空からの光がさして、なんとも渋い。う〜ん、ご立派。

とにかく、その大きさといい、雰囲気といい、今まで体感したことのないような独特の世界だった。映画やCMの撮影なども行われているらしいが、確かにセットとしては魅力的かもしれない。
人知れず浸水被害から住民を守っている首都圏外郭放水路は、すべてが桁違いのスケール! ヒンヤリとした地下空間で、壮大な世界を体感してみてはどうだろうか。

 

EXCITEニュース 速報・コネタ・総合サイトより




楽しそうですね。首都圏外郭放水路。
暑い夏には最適な場所ですね。

夏休みの宿題にもいいかもしれませんね。


info__news at 17:31|Permalinkclip!

2008年07月05日

凍らせて飲む「氷冷緑茶」


夏のレジャーのお供に、凍らせて飲む「氷冷緑茶」

夏の暑い日には、ひんやりした冷たい飲み物が欲しくなる。もちろん街中なら、自動販売機やコンビニで冷たいドリンクは簡単に手に入るけど、夏は山や海など自分で飲み物を持参したい場所に行く機会も多い。

そんな夏にうってつけの商品を見つけた。伊藤園が4月28日に発売した「冷凍ボトル 氷冷緑茶」だ。なんでもこの商品、「凍らせたものを溶かしながら飲むことを想定して設計された」飲み物なのだとか。でもペットボトルを凍らせることは、すでに多くの人がやっているはず。いったいどこが違うの?

伊藤園の広報担当によれば、まず味に工夫があるという。
「極めて冷たい飲料を摂取すると、人間は渋みや雑みを強く感じる傾向がありますが、食物繊維を加えることで、ほどよい渋みで、さっぱりおいしくお飲みいただけるようになりました」
ちなみにどれくらい溶かして飲むのがベスト?
「溶かし加減によってそれぞれに楽しみ方があると思いますので、お好みに応じてお飲みいただきたいと思います。製品としては、冷凍状態から溶けたばかりの冷たい状態でおいしさが引き立つよう設計しております」
ためしに私もキンキンに凍らせた氷冷緑茶を少し溶かした状態で飲んでみた。なるほど、通常の緑茶より渋みを強めに感じるものの、決して強すぎる渋みではなく、むしろ適度な刺激になってバランスのよい味に仕上がっている。

また、お茶は凍らせると膨張するという性質に対応するため、
「500ml充填することが可能な通常のペットボトルを使用していますが、内容量を490mlと10ml少なくしました」
というほか、パッケージに「冷凍ボトル」と記載したり、水色のキャップを取り付けたりと、冷凍販売が可能であることが見た目にも分かりやすくなっている。

同社では「冷凍ボトル カチ割りレモン」も同時に販売。レモン果汁のすっきりとしたおいしさが特長だ。糖分を含む飲料を溶かしながら飲むと、溶け始めは甘みが強くなるため、
「溶かしながら飲むのに最適なおいしさを実現するため、甘みを抑え、甘みとレモン果汁の酸味のバランスを調整しました」
こちらはスポーツのあとにピッタリかも。

いずれも夏の季節限定販売。行楽やスポーツなど、出番は多そうだ。ちなみに溶ける過程でペットボトルに水滴がつくので、カバンのなかに入れるときはご注意を。


EXCITEニュース 速報・コネタ・総合サイトより



これからの季節には必需品ですね。
以前テレビでやっていましたが、ペットボトルを凍らす場合は斜めにするいいらしいですよ。濃度が一定になるので、最後まで味が変わらないとか。
一回お試しを。

info__news at 00:53|Permalinkclip!

NewsPaper情報局トップ >  レジャー