1: しじみ ★ 2018/06/08(金) 15:49:42.36 ID:CAP_USER
空気中の二酸化炭素を低コストで吸収する新技術を、カナダの企業がこのほど公表した。
二酸化炭素1トンを取り出す費用は100ドル(約1万1000円)以下と、従来の技術の6分の1になるという。

米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏が後押しするカーボン・エンジニアリング社は、
二酸化炭素と再生可能エネルギーから合成液体燃料を生産することが目下の目標だとしている。

新技術に関する専門家によるピアレビュー(査読)を経た論文は、科学誌「ジュール」に掲載された。


no title
【カナダ企業:二酸化炭素を大気から吸収する新技術】の続きを読む

1: しじみ ★ 2018/08/02(木) 14:03:43.75 ID:CAP_USER
■漁業や海洋汚染などによる影響、海域により大きな差

漁業や海洋汚染といった人間による影響がほとんどない「原生の海」は、世界の全海洋の13%(およそ5500万平方キロ)であるとする論文が、7月26日付けの学術誌「Current Biology」に発表された。

no title
【人間の影響を受けていない海はたったの13%!? 】の続きを読む

1: しじみ ★ 2018/08/05(日) 18:34:56.06 ID:CAP_USER
今年の夏は日本各地で過去最高気温を更新するなど記録的な猛暑となっています。
2017年12月に打ち上げられた気候変動観測衛星「しきさい」の観測でも日本の酷暑の様子を捉えました。「しきさい」は近紫外~熱赤外まで幅広い波長の観測を行うことができますが、この中の熱赤外の波長帯の観測によって地表面の熱の状態を知ることができます。

図1 2018年8月1日の10:40頃に観測された地表面温度。図の白色の領域は雲域を示しています(図1~図5共通)。
(雲周辺はまだ雲が取りきれていない可能性があります。)
no title

【気候変動観測衛星「しきさい」が捉えた日本の猛暑】の続きを読む

1: ラテ ★ 2018/07/26(木) 17:03:41.77 ID:CAP_USER
ソニーは26日、犬型家庭用ロボット「aibo(アイボ)」の出荷台数が7月中旬に2万台を達成したと発表した。1月11日に12年ぶりに復活したアイボは人気を集め、4月中旬に1万1111台の出荷を達成していた。足元で愛知県の工場での増産体制が整い希望者全員が予約購入できる体制が整い、今後も出荷台数は増える見通しだ。

【【SONY】アイボが2万台突破【犬型ロボット】 】の続きを読む

1: しじみ ★ 2018/06/26(火) 13:40:25.30 ID:CAP_USER
政府は人工知能(AI)を使った医療機器に関する包括的なルールを整備する。
診療の最終的な責任が医師にあることを規定するほか、安全性などに関する国の審査で求める具体的な要件を示す。
AIの自己学習によって性能が次第に進化していく医療機器の安全性を評価する手法なども整え、
医療の質向上や効率化に大きな役割が期待されるAI医療の早期実用化を後押しする。
【政府、AI医療に包括ルール 「医師に最終責任」】の続きを読む

このページのトップヘ