2008年05月27日

文化祭のオススメスポット

今回は文化祭のオススメの催し物についてご紹介します。

私は在学中に6回、卒業後も数回ラサール学園の文化祭には参加していますから、そのなかでも特にイチオシなものについてご紹介いたします。



人気ブログランキングへの投票でラサール学園情報を広めよう!




7日で勉強嫌いを克服!子供のやる気を育てる非常識な勉強法
まず一番に挙げておきたいのは、「中学生の午前の部」です。
これは以前ご紹介しましたが、文化祭当日の午前中は、中学生はヨゼフホール(カフェテリア3、4階)で、合唱コンクールをしたり、演劇をしたりしています。高校生はこの時誰かしらの講演を聞いていてたいして見どころもないのですが、この中学生の午前の部は必見です。

合唱コンクールでは中学生がクラスごとに自分たちで予め決めて練習を重ねた歌を歌い、その上手さを競い合います。選曲も面白いですし、クラスによっては協調性が高くとても歌が上手いクラスもあったりして、なかなか素晴らしいです。また、奇抜な楽器を演奏に取り入れるクラスもあります。

学年劇では、中学生が学年ごとに有志を募り、予め練習を重ねた劇を発表します。これも時々素晴らしい劇があったりして面白いです。

それと、この中学生の午前の部では「職員合唱」もあるので結構見ものです。

私なんか高校生になっても、講演が終わってからわざわざこの合唱を見に行った程ですから、折角文化祭に参加するのにこれを見ないのはあまりに勿体なさ過ぎます!それに、ラサール学園の文化祭はあまり文化的ではなく、午前の部あたりが一番文化的ですから、そういう意味でもこれは見ておくべきです。

ただし、例年でさえヨゼフホールは超満員でムシ暑いですから、この記事をご覧になった方々が詰めかけてさらに酷い状態になっても責任は負いかねます(笑)

次に挙げたいのは、高三の催し物シリーズです。

例年高三は慣習的に次の3つの出し物をどこかのクラスがやることになっています。それは、「プロレス」、「ねるとん」、「食品販売」です。(やらない年もあります)

「プロレス」はその名の通りプロレスをします。例年はグラウンドで行います。

「ねるとん」はラサール高三の(そこそこ)イケメンと、文化祭を訪れた女子高生、またはそれぐらいの年齢の女性をくっつけちゃおうというとてもくだらない企画です。こういう女子高生って、文化祭は日曜日なのにわざわざ制服を着てくる人が結構いるのですが、ハナから「ねるとん」参加希望者なんでしょうか?例年は高三の教室で行います(D組が多いかな?)。

「食品販売」は高三E、F組が行います。例年は高三教室前にテントを建てて焼きそばやかき氷等を販売しています。

次に挙げたいのは、ビューグラーズの演奏です。

ビューグラーズとはラ・サール学園の吹奏楽部のことです。つい3年ほど前まではクラシックばかりやっている正統派な吹奏楽部という感じだったのに、2、3年前にエレキギターやらドラムやらがビューグラーズに参加するようになり、今では金管バンドという感じになっています。
私個人的にはそういうのは好きですが、クラシックを聞きたいという方々や、J−POPを演奏されても何の曲かわからないという方々には正直物足りないかも知れません。
それに、彼らには失礼ですが、ラ・サール学園の金管演奏者のレベルはあまり高くありません。
ご興味のある方は、例年体育館で催される演奏会に参加なさってみてください。

あと他に挙げるとしたら、「新高迷路」ですかね。

「新高迷路」とは、新高が例年慣習的にやることになっている迷路やお化け屋敷の俗称なんですが、新高らしくマジメな造りになってますから、迷路をしたい方はとりあえずここですね。
場所は、新高の教室(高校校舎3階E、F組)です。

最後に、最近がんばってますから、一応クイズ研究会を紹介します。はっきり言って一昨年テレビ番組の某クイズ大会で準優勝したおかげで昨年は人が集まり過ぎていました。今年は昨年の優勝の影響でさらに人が集まると思うので、混雑すると思いますよ。

まあ、とにかくなんといっても一番見逃せないのは中学生の午前の部です。ただし、観覧者が多くなりすぎるのも問題なので、その辺はご配慮をお願いします。

『勉強ギライでも90日間で学年トップ20に入る下克上勉強法』


info_l at 23:28│Comments(0)TrackBack(0)行事 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
livedoor プロフィール