2016年08月23日

新学期を控えて 子どもの“SOS”を見逃すな

公明新聞:2016年8月23日(火)付

夏休みも残りわずかとなった。新学期を心待ちにする子どもは多いだろうが、学校再開に不安や悩みを抱えている子どももいるのではないか。

内閣府の自殺対策白書によると、過去約40年間の18歳以下の自殺者数を日付別で見た場合、新学期初日の「9月1日」が突出して多く、「8月31日」や「9月2日」が続く。1年で最も長い夏休みを過ごす中で学校生活を再開することへの心身の準備が間に合わず、その大きなストレスによって日ごろから抱いていた悩みが増幅され、自分を追い込んでしまうのであろう。悲痛な事態を招かないよう地域社会でも目配りをしていきたい。

なぜ子どもは自殺に至るのか。白書の分析によると、家族からのしつけや叱責、親子関係の不和など家庭生活が原因となることが多い。いじめや成績不振など学校生活に関する悩みも大きい。親にも友人にも相談できずに命を絶たざるを得なかった状況を思うと、胸が締め付けられる。

こうした不幸を食い止めるためには、まず、子どもが発する「サイン」に気付くことが大切だ。家庭で見せる表情や態度の変化を見逃さないことが第一だろう。家族の前では自殺の予兆を見せないものの、SNSなどネット上でほのめかすケースもある。親の目が届かないところだけに、友人の協力も欠かせない。

その上で大切なことは、悩みを抱えた子どもが自ら相談したり、SOSを発信できる環境づくりではないか。白書では、学校や地域、家庭の連携強化と同時に、精神保健の専門家による講演やスクールカウンセラーの活用を進め、相談までの心理的なハードルを下げる工夫を促している。

家族や友人には相談しづらい子どももいるだろう。日ごろから「周りの信頼できる大人に相談する大切さ」だけでも伝えたい。文科省やNPO法人が開設している無料電話相談の存在を知らせる努力も必要だろう。

最後に、今悩んでいる皆さんに呼び掛けたい。

まず、助けを求めてください。親や友人以外にも親戚、先生、近隣住民など話を聞いてくれる人はいます。悩みの全てでなくSOSだけでもいい。何よりも尊いあなたの命を大切にしてほしいのです。

 ポッチとね!→
も一つこちらもポッチとね!

Posted by info_matsusaka at 21:53公明党 

2016年08月22日

東日本大震災を忘れないプロジェクト

ど根性ひまわり6世便り
松阪市街中のケーキ屋さん「Kien Apfel」さんの敷地でパワー全開です。
頼もしくも可愛く咲き誇っています。
まさに入店のお客様をお迎え姿勢で、歓迎モードです❣️
元気に育ててくれてありがとう❣️
これぞ看板娘ならぬ、看板ひまわりですね❣️
何処にも笑顔を振りまき、希望のおもてなし!
がんばれ❣️石巻❣️

 ポッチとね!→ も一つこちらもポッチとね!

Posted by info_matsusaka at 23:41

2020 See you in TOKYO

2020へ期待高まる!トーキョーショー
NHK
http://sports.nhk.or.jp/video/element/video=30468.html
to

 ポッチとね!→
も一つこちらもポッチとね!

Posted by info_matsusaka at 23:02イベント 

管理者の瑕疵割合は?

横断歩道表示が消えている状況下で、横断に係る事故が発生した場合、事故責任に横断歩道管理者はどのような責任が発生するのか?

道路交通法第38条第1項
(車両側の義務)
車両等は、横断歩道・自転車横断帯に接近する場合には、原則として、横断歩道・自転車横断帯の直前(停止線がある場合はその位置。以下直前等。)で停止できるような速度で進行しなければならない。

信号のない道路で、仮に横断歩道表示が消えて運転者から横断歩道と認識出来ない場合で、歩行者は、たとえ消えかかっているとしても、そこに横断歩道がある事を以前から認識し横断中に跳ねられた場合…運転手・歩行者それぞれの過失割合はどうなるのか?
また、横断歩道を設定し適正に管理の義務を持つ管理者の責任度合いはどうなるのか?
色々と追求していくと面白いd(^_^o)

 ポッチとね!→ も一つこちらもポッチとね!

Posted by info_matsusaka at 13:55デイリー通信 | 調査

2016年08月21日

ど根性ひまわり6世便り

東日本大震災を忘れないプロジェクト
ど根性ひまわり6世のお便り

紀北町紀伊長島区の大西議員に託した6世くん。見事に育ち、ゆうに3メートルを超えています。私の頭のはるか上!
その花の大きさは尋常じゃないぞ!
よくぞここまで育てていただき、感謝です❣️

 ポッチとね!→ も一つこちらもポッチとね!

Posted by info_matsusaka at 23:25災害対策 | デイリー通信

42号線 事故



とてもいいお天気でした。
紀北町からの帰り、交通事故現場に遭遇。
正面衝突のようでした。
相手も乗用車でしたが、どちらかがセンターラインオーバーの様子。
くれぐれも事故には注意を!

 ポッチとね!→ も一つこちらもポッチとね!

Posted by info_matsusaka at 23:07

公明党三重県本部夏季研修会開催


本日は、公明党三重県本部の夏季研修会が紀北町にあるホテル季の座にて開催。
冒頭、地元の尾上町長からのご挨拶を頂きました。
これには、里見参議院議員・伊藤衆議院議員・荒木元参議院議員・新妻参議院議員・浜田参議院議員・中川衆議院議員・魚住参議院議員と東海ブロック選出の国会議員が大挙してご参加頂きました。
とても充実した研修を終え、帰りには日頃からお世話になっている支援者のお店に立ち寄りコーヒータイム!

 ポッチとね!→ も一つこちらもポッチとね!

Posted by info_matsusaka at 23:05公明党 | 研修

2016年08月20日

ど根性ひまわり6世 ⇨ 7世誕生!

東日本大震災を忘れないプロジェクト

ど根性ひまわり7世の初収穫です。
太陽のエネルギーをしっかり取り込み、備長炭の如く黒々と育成した7世たち。

一粒ひと粒が未来への希望を託されてこの世に誕生してくれました。

さぁ〜 来年の春には新たな芽吹きので、夏には大輪の希望の花を咲かせていただきたい❣️

 ポッチとね!→ も一つこちらもポッチとね!

Posted by info_matsusaka at 21:32

農業用水路で魚の閉じ込め

農業用水の引き込みを遮断
本日、用水路の水が止まりました。所々にある沈砂池に沢山の小魚が取り残されてしまいます。

これだけ暑い日が続けば、救出してあげない限り、1週間もすれば酸欠のためほとんどの魚が死滅します。
この水系だけでも何千もの小魚の命が失われるものと思われます。
さて…(≧∇≦)

しかし近直、台風接近による雨で状況改善があるものと期待します。


 ポッチとね!→ も一つこちらもポッチとね!

Posted by info_matsusaka at 21:26水生生物 | 生命尊厳

2016年08月19日

ソーラーによるwifi環境整備

臨時議会終了後、明和町の視察に出向きました。
斎宮への観光客の利便性を図り、集客力をアップする。
wifi環境の整備は災害時の対策にもなります。

 ポッチとね!→ も一つこちらもポッチとね!

Posted by info_matsusaka at 21:38調査 | 災害対策

2016年08月18日

土性沙羅選手金メダル おめでとうございます!

松阪市は、Rio2016における女子レスリング69キロ級決勝で、土性沙羅選手の金メダル受賞を祝し、市役所に垂れ幕を掲げました。

本日は臨時議会開催中で、昼休みのタイミングを見計らい掲揚式を行い、竹上市長の音頭のもと、参加者全員でバンザイの三唱でお祝いしました❣️
おめでとう❣️土性沙羅選手❣️

 ポッチとね!→ も一つこちらもポッチとね!

Posted by info_matsusaka at 21:42トピックス | お知らせ!

2016年08月17日

木村沙織   負けの言い訳

木村沙織「4年間ありがとう」 女子バレー、メダル逃す

朝日新聞デジタル
2016年8月17日06時42分
http://digital.asahi.com/articles/ASJ8K1SD4J8KUTQP002.html?rm=273

 リオデジャネイロ五輪のバレーボール女子は16日、日本が準々決勝で米国に0―3のストレートで敗れ、準決勝進出を逃して、メダルが消えた。ロンドン五輪の銅メダル以上の結果を求めた日本の挑戦は、世界ランク1位の米国に阻まれた。五輪での初優勝をうかがう米国と、世界ランク5位の日本との実力差がそのまま出たストレート負けだ。

 二度と立つことがないリオのコート。日本の選手たちの最後の円陣は1分以上ほどけなかったが、ただただ、沈黙の時間が流れた。「悔しさでみんな言葉にならなかった」と荒木絵里香。主将の木村沙織は「4年間、ありがとう」とだけ、最後に言った。

 ログイン前の続き第3セット。米国のラーソンのサーブが、リベロ佐藤あり紗を襲う。サービスエースを許し、13―20。日本のコートに焦燥感が漂った。同じコースを狙われた次のサーブを、今度は木村が横に動いてカバーした。

 「このセットを落としたら終わってしまう。気持ちを込めてプレーした」と木村。かすれ声でトスを再三呼びこんだ。レフトからの渾身(こんしん)の強打などで、日本は7連続得点。20―20に追いついたこのセット終盤の意地だけが、見せ場だった。

 この4年間、ミドルブロッカーを1人に減らし、スパイカーを4人にする「MB1」や、6人が自由自在に攻撃参加する「ハイブリッド6」などの戦術を試してきた。追い求めたのは「日本のオリジナル」のはずだった。しかし、セッターの負担が増え、攻撃陣に混乱も見え、軌道修正を迫られた。リオのコートにいたのは、守備重視とはいえ、迫力に欠けるオーソドックスなチームだった。

 「絶対に自分が何とかしてやるっていう、強い気持ちの選手がコートに何人いたか。そういう選手がロンドンの時に比べると、少なかった」。記者会見後、記者に囲まれた木村の敗戦の弁が、いまの日本の限界を物語っていた。(原田亜紀夫)

 ポッチとね!→
も一つこちらもポッチとね!

Posted by info_matsusaka at 22:30デイリー通信 

議会一般質問用事前調査依頼

9月議会に向けての事前調査表を教育委員会にお願いしました。

担当課の負担にならないよ、エクセルで且つ、関数対応しました。
項目が多岐にわたるため、応分の負担として分担するための配慮ですo(^_-)O

 ポッチとね!→ も一つこちらもポッチとね!

Posted by info_matsusaka at 16:41一般質問 | 活動日誌

2016年08月16日

低所得者向け住宅 空き家を活用できる仕組み探れ

公明新聞:2016年8月16日(火)付

日本は諸外国と比べて住宅費の負担が重いとされる。低所得者や年金生活者は、なおさらそう感じるのではないか。子育て中の世帯も、住宅費の負担感は重くならざるを得ない。こうした人たちが負担感をあまり感じないで住める住宅を確保するにはどうしたらよいだろうか。

国土交通省の有識者委員会は7月、既存の空き家や空き室を活用し、低所得者や高齢者、子育て世帯などに安く貸し出す民間賃貸住宅制度の創設を求める中間報告を公表した。住宅のセーフティーネット(安全網)機能を強化する意味で、提言に注目したい。

現在、低家賃の公営住宅は不足している。2014年の入居応募倍率は全国で5.8倍、東京都に限ると22.8倍に上り、希望しても入居できない世帯が多い。地方自治体は老朽化施設の建て替えを優先せざるを得ず、新設に思い切った対策を取れていない。

このため、報告書は全国に約820万戸ある空き家と空き室を活用し、入居希望の多い公営住宅の役割を補完するよう求めている。人口減少社会の日本では、将来的に世帯数が減って空き家・空き室は今以上に増えるだろうから、これらを有効に活用することは至当な判断といえよう。

ただ、乗り越えるべき課題もある。民間賃貸住宅の約2割の住宅は1980年以前に建築され、耐震性に問題がある恐れがある。高齢者の孤独死や家賃滞納などのリスク(危険性)を恐れ、賃貸人が入居を拒む事例もある。空き家・空き室の活用で多くの人が住めるようになっても、安全性に問題があったり、実際に入居できないようでは困る。

また、所有者を特定できない空き家の対策もさらに進めていく必要がある。

空き家の活用に向け、公明党は物件情報を公開する「空き家バンク」制度導入などを提案しているが、報告書も一定の基準を満たす物件を所有者が自治体に登録して貸し出す制度や耐震改修への支援、家賃の一部補助を提案しており、検討に値する内容だろう。

希望者が円滑に入居できる安全な住宅を確保する仕組みづくりは、とても重要だ。有識者委は年度内に最終報告をまとめるが、そうした点を十分に議論してほしい。

 ポッチとね!→
も一つこちらもポッチとね!

Posted by info_matsusaka at 14:00公明党