2017年06月11日

嬉野のブランド 島田ビワ 販売開始

松阪市嬉野の島田町生産のブランド「島田ビワ」

本日から販売開始。3年ぶりの販売です。

島田ビワ生産の島田自治会兄弟市。
早速、販売開始時間にのぞいてみました。
しかし、ときすでに遅く完売していました。
聞けば、購入に殺到した車輌が道路なで溢れた為、交通障害発生を懸念して少し早めて販売開始。僅か30分足らずで箱入133個、袋入91袋全てが完売。

今日から約一週間、ブランドとしての品質を保持しながら提供される。

一箱も残らず、写真におさめることもできませんでした。
明日こそは!

 ポッチとね!→ も一つこちらもポッチとね!

Posted by info_matsusaka at 09:13

2015年07月14日

市民寄贈の民俗資料の利活用

旧中郷小学校の講堂
嬉野町時代から市民が日常的に使っていた農機具や工具など、市民からの寄贈で長年ストックされたままで陽の目を見ることなく、当該講堂に眠ったまま。

本日は、そんな民俗資料の休眠場所を拝見しました。
一つには、超老朽化した講堂であるため雨漏りが無いかの確認と今一つは、民具に傷みは無いか…。

7年前に、議会一般質問で寄贈して下さった市民の心を思うならば、せめて有効に利活用できるような取り組みが必要ではないか…等…

その後、状況に変化が見られない事から、前回の委員会で指摘…

その事から、庁内でプロジェクトチームを立ち上げていただきました。
問題は、これらの資料をキッチリと整理しデータベース化する過程で、保管する場所の確保です。

さて……(@_@)

 ポッチとね!→ も一つこちらもポッチとね!

  
Posted by info_matsusaka at 19:21

2015年06月12日

嬉野人権教育研究会総会と講演会

昨夜は、嬉野人権教育研究会総会に参加させていただき、ご挨拶をさせて頂きました。

挨拶に引用するため、一昨年の冬、北海道の白老町にあるアイヌ民俗博物館(http://www.ainu-museum.or.jp)を視察した折の報告書(http://www.city.matsusaka.mie.jp/www/contents/1354001768581/files/241115koumei.pdf)を参考資料として事前配布して頂き、ご挨拶させていただきました。

松阪市人権のまちづくり条例に基づく同研究会の活動は、本庁・各振興局管内ではダントツの啓発活動を展開して頂いていること、頼もしくもあります。その取り組みの数々の事業の結果が、管内の人権意識高揚に貢献していただいています。
人権という大変重いテーマでの取り組みです。西尾会長はじめ、役員の皆様にはこの一年、大変お世話になりますが宜しくお願い致します。

総会終了後、辻製油㍿の辻保彦会長より、「企業ににおける人権について」と「地域と共生する健康科学」をテーマにご講演を頂きました。
会社として、現在5名の障がい者を雇用し、健全者と同等の条件で勤務していただいていることなどの紹介がありました。
昭和22年創業以来、当時多数の同業者がある中で、何故ここまで発展させ生き残れたか…。
国内唯一のレシチン製造をはじめ、オンチーワンの製品開発に取り組んだ成果だと。他社の取り組まないことの挑戦し、「完成したものほど、つまらないものはない」と新しいものづくりへの挑戦があったから…と。

 ポッチとね!→ も一つこちらもポッチとね!

  
Posted by info_matsusaka at 06:20

2013年12月01日

ユネスコ世界遺産登録基準

世界遺産に登録されると、その遺産の価値は世界レベルで認められるだけでなく種々の効果を生み出す。
県内では熊野古道、最近では富士山。


以下サイトより引用
http://www.heiwa-ga-ichiban.jp/sekai/sub/tourokukijyun.html

世界遺産への登録基準
登録基準(i)〜(vi)の1つ以上を満たして登録された物件は文化遺産に、(vii)〜(x)の1つ以上を満たして登録された物件は自然遺産に、双方の基準それぞれ1つ以上を満たして登録された物件は複合遺産になります。

--------------------------------------------------------------------------------
(i) [人類の創造的傑作]
  人類の創造的才能を表す傑作である。
 
(ii) [価値観の交流]
  建築、科学技術、記念碑、都市計画、景観設計の発展に重要な影響を与えた、ある期間にわたる価値観の交流又はある文化圏内での価値観の交流を示すものである。
 
(iii) [文化的伝統、文明の伝承]
  現存するか消滅しているかにかかわらず、ある文化的伝統又は文明の存在を伝承する物証として無二の存在(少なくとも稀有な存在)である。 

(iv) [歴史上の建築物、科学技術、景観]
  歴史上の重要な段階を物語る建築物、その集合体、科学技術の集合体、あるいは景観を代表する顕著な見本である。 

(v) [伝統的居住形態、土地利用形態、人類と環境とのふれあい]
  あるひとつの文化(または複数の文化)を特徴づけるような伝統的居住形態若しくは陸上・海上の土地利用形態を代表する顕著な見本である。又は、人類と環境とのふれあいを代表する顕著な見本である(特に不可逆的な変化によりその存在が危ぶまれているもの)。 

(vi)[出来事、伝統、思想、信仰、芸術的作品、文学的作品との関連]
  顕著な普遍的価値を有する出来事(行事)、生きた伝統、思想、信仰、芸術的作品、あるいは文学的作品と直接または実質的関連がある(この基準は他の基準とあわせて用いられることが望ましい)。  

(vii) [自然現象、自然景観]
  最上級の自然現象、又は類まれな自然美・美的価値を有する地域を包含する。 

(viii) [地形形成の歴史、地形・地質]
生命進化の記録や、地形形成における重要な進行中の地質学的過程、あるいは重要な地形学的又は自然地理学的特徴といった、地球の歴史の主要な段階を代表する顕著な見本である。 

(ix) [特異な生態系]
  陸上・淡水域・沿岸・海洋の生態系や動植物群集の進化、発展において、重要な進行中の生態学的過程又は生物学的過程を代表する顕著な見本である。 

(x) [生物多様性、絶滅危惧種の生息地]
  学術上又は保全上顕著な普遍的価値を有する絶滅の恐れのある種の生息地など、生物多様性の生息域内保全にとって最も重要な自然生息地を包含する。


 ポッチとね!→
も一つこちらもポッチとね!

  
Posted by info_matsusaka at 17:24

2013年10月03日

古代米

いいぞ♪
上田ファーム♪

image

 ポッチとね!→
も一つこちらもポッチとね!

  
Posted by info_matsusaka at 12:51

2012年02月06日

鳥獣対策 サル防護柵の抜け穴

画期的な気付きです。

サル用防護柵に盲点、つかむ柱に電流流したら…
                 (2012年2月5日 読売新聞)

 全国でサルが農作物を食い荒らす被害が相次ぐ中、三重県農業研究所(松阪市)がサルの侵入を防ぐ「防護柵」を改良し、支柱に電気を流して乗り越えられないようにした。

 防護柵の最上部に水平に張られた電線には電流が流れていたが、サルは電流が流れていない支柱をつかんでいるという盲点に研究員が気づいた。県内7か所の農家に協力してもらって半年間、実験したところ、被害が確認されなかったという。

 農林水産省によると、サルによる2010年度の農作物の被害は、8500トン、19億円で、前年度より400トン、2億円増えた。対策としては、田畑や果樹園を防護柵で覆うことが一般的だが、農家からは「高い柵でも電気が流れていないところを見つけて乗り越えてしまう」との声があり、研究所で対策を検討してきた。

 研究所主任研究員の山端直人さん(42)が監視カメラの映像を解析した結果、サルは支柱をつかみながら上り、高さ2メートル以上の柵を跳び越えていることに気づいた。山端さんによると、大半のメーカーは、支柱に電気を流すと地面に漏電することから、電気を流してこなかった。山端さんは柵の支柱にアルミテープやアルミ線を巻いて電気が流れるように改良した。鈴鹿、四日市市、大紀町など計7か所の農家に協力してもらい、市町や県農業改良普及センターと共同で昨年7月から実験を行った。

 家庭菜園に柵を設置している鈴鹿市西庄内町の女性(83)は、「収穫できなかった大豆、キャベツ、ハクサイが食べられずに済んだ」と話す。大紀町の農家では、これまで収穫のなかったハクサイが1・7トン収穫できた。研究所ではサルの被害が大きい津市美杉町や伊賀市でも実験を行う予定だ。
 ポッチとね!→
も一つこちらもポッチとね!

  
Posted by info_matsusaka at 07:30

2009年08月24日

松阪牛 肥育牧場訪問

松阪牛1
午前、広域衛生組合議会ブロック会議が開催され参加。
その後、松阪牛を飼育されている牧場を訪問させていただきました。
現場では色んなご苦労があるようです。

同牧場で肥育されている大半は宮崎産黒毛和牛ですが、数等但馬系の黒毛和種を肥育している。
松阪牛の定義は大そう厳格で、また子牛から出荷までの一連の管理を「松阪牛個体識別管理システム」として、BSE問題や産地偽装への対処のため、2002年から対応している。
松阪牛なかなか可愛いものです。
当牧場は、以前は乳牛を飼育していたとのことで、長くて3年もすれば飼育した牛との別れは、忍びないという。

 ポッチとね!→
も一つこちらもポッチとね!

  
Posted by info_matsusaka at 23:19

2009年06月30日

地場野菜 地物一番 産直情報

地場野菜 会長本日の朝の挨拶運動終了後、A・COOPに出品する産直会員農家さんの出品作業を拝見させていただきました。

嬉野の野菜は何故美味しいかご存じですか?
答えは、生産者の愛情がたっぷり注がれているからです。さらに妥協を許さない手の入れよう。

簡単明瞭、されど当を得ている。
人も野菜も育て方は同じ。手塩にかけるだけ、野菜も美味しくなろうと応えてくれる。そんな地場産品が今日も店先に並んだ。

産直会員は100名を超え、出品物も豊富になり、どの季節にも旬がいただける。

持ち込みから値札付け、陳列までそれぞれの会員さんが、早朝からにぎやかに動き回っています。産直会会長さんはじめみなさんが明るく迎えてくださいます。

まぁ一度、来てみなはれ。

地場野菜 花地場野菜 3地場野菜 4





 ポッチとね!→
も一つこちらもポッチとね!

  
Posted by info_matsusaka at 22:05

2008年11月30日

松阪牛 共進会開催

ベルファーム 共進会ベルファームやや強めの風の中、第59回目の松阪肉牛共進会が開催された。
会場は松阪農業公園ベルファーム。

ベルファーム 共進会1






ベルファーム 共進会2沢山の方で賑わっていました。
今回は50頭が出品されました。
運悪く、カメラのバッテリー切れでアウトでした。
 ポッチとね!→
も一つこちらもポッチとね!

  
Posted by info_matsusaka at 23:04

2007年11月26日

公務が優先! 商工会の合併調印式

広域衛生組合の月例監査が行われた。

長々と質問したたため、何時もより長時間の監査となってしまった。
すみませんね。
少しでも年間経費削減の手法模索のための質問とより良く捉えてください。


因みに、本日は嬉野・三雲商工会の合併調印式が、嬉野図書館2階にて行われた。
残念ながら、監査のため参加できませんでしたが、お祝いを申し上げます。

更なるご発展を祈念申し上げます。 ポッチとね!→
も一つこちらもポッチとね!

  
Posted by info_matsusaka at 11:54

2007年10月17日

「食べて!知って!松阪牛」 

食べて!知って!松阪牛食べて!知って!松阪牛蟷綾展松阪食肉公社主催の
「食べて!知って!松阪牛」に参加させていただきました。

世界的なブランドである松阪肉の安全性のPRを目的に開催され、一般市民に向け公募の結果、50名に対し251名の応募があり、抽選会が行われるほどの人気であった。

食べて!知って!松阪牛番号松阪牛は、優れた資質、行き届いた飼養管理によって日本一の肉牛として認められ、味のすばらしさは肉の芸術品として全国、世界から賞賛されています。

その松阪牛は個体識別番号で牛個体の出生から履歴までを管理されています。
左の松阪牛シールの管理番号を個体識別管理システムに入力しますと、出生地、生年月日、移動履歴さらには牛のお祖父さんの名前まで判明します。牛の写真までも見ることが可能。
安心のトレーサビリティーシステムです。

食べて!知って!松阪牛食べ比べ食べ比べ。

画像の肉目印ステックの色
赤色ステック:特産松阪牛
白色ステック:国産牛
緑色ステック:黒毛和牛
青色ステック:輸入牛

試食させていただきましたが、味・香り・軟らかさ全てにおいて松阪牛に勝るものはなし。
 ポッチとね!→
も一つこちらもポッチとね!

  
Posted by info_matsusaka at 22:14

2007年10月01日

2つのシステムがスタート 「緊急地震速報システム」・「日本郵政G」

10月1日からスタートするシステムが2つある。

一つは、「緊急地震速報システム
2006年8月1日より試験的・限定的な発表が行われてきたが、本日09:00より一般向け速報の提供スタートした。

このシステムは、地震による初期微動でのP波と呼ばれる小さな揺れ(縦波)と主要動でのS波と呼ばれる大きな揺れ(横波)が同時に発生することを利用し、もともとP波とS波とは伝搬速度が異なり、P波は毎秒約7km、S波は毎秒約4kmの速さで伝わる。
伝播速度の速いP波を、全国約1,000箇所に設置されている地震計から常時リアルタイムで気象庁に集め、これを解析・処理して同庁から発表される緊急地震速報は、気象業務支援センターを経由して利用者へ配信するシステム。

・気象庁  緊急地震速報について

      一般向け緊急地震速報の利用の心得


JP NETWORK更にもう一つのシステムスタートは「郵政民営化」である。

明治以来130年余り続いた官営郵政は、本日から「日本郵政グループ」に生まれ変わり、その幕を閉じ、社員24万人を擁する新たな超巨大グループが誕生することになった。

郵便事業会社
郵便局会社
ゆうちょ銀行
かんぽ生命保険 という4つのグループ形態を取る。

日本郵政株式会社のWebサイトのURLは以下に変更された。
http://www.japanpost.jp/

 ポッチとね!→
も一つこちらもポッチとね!

  
Posted by info_matsusaka at 10:24

2007年05月11日

「かりゆしウエア」着用を指示 安倍首相

琉球新報によると
11日午前の閣僚懇談会で安倍晋三首相は、6月1日から夏季軽装「クールビズ」期間が始まるのに合わせ、当日の閣議で沖縄のかりゆしウエアを着用するよう全閣僚に指示した。

閣議後に行われる閣僚懇で塩崎恭久官房長官がクールビズの開始に触れたのに対し、高市早苗沖縄担当相が「かりゆしウエアの普及は地球温暖化防止への寄与に加え、沖縄の地域特性や優位性を生かした産業振興にも非常に重要だ。各閣僚に率先して着てもらい、服装の選択肢の1つに加えてほしい」と提案。
安倍首相が「6月1日は、かりゆしウエアを着用するように」と述べた。

因みに
かりゆしウェアとアロハシャツの違いは

---起源---
かりゆしウェア
最初は1970年に沖縄県観光連盟が「おきなわシャツ」として発売したものの普及しませんでした。その後、デザインの限定を緩和することで、分かれていた名称が「かりゆしウェア」に統一され、2000年の沖縄サミットを契機として広く着られるようになりました。

アロハシャツ
アロハシャツは、ハワイに渡った日本の移民が着物を仕立て直してシャツにしたものが起源とされます。1930年代には日系人や中国系の仕立屋によって盛んに作られ、1935年には最初の「アロハシャツ」名の広告が日系人経営のムサシヤから出されました。

---絵柄---
かりゆしウェア
県産品であり、沖縄らしさを表現したものと定義されている。一般には、アロハよりおとなしい絵柄という印象をもたれています。

アロハシャツ
日本から輸入された生地が使われたため、和柄が多く見られました。やがて洋柄化が進み、1940年ごろまでには、アロハと言えば、ヤシなどのトロピカルなモチーフのものを指すようになりました。


日本人が作った!?アロハシャツ
1868年頃からハワイには多くの日本人が移民していましたが、1900〜20年代頃に、日系移民が自分たちの着用していた着物をシャツとして作り直して着用しはじめたのがアロハシャツの起源ではないかといわれています。1930年代には日系人や中国系の仕立て屋によってさかんに作られるようになり、1935年には最初の「アロハシャツ」名の広告が日系人経営のムサシヤから出されました。

「かりゆしウェア」の歴史
1970年  社団法人沖縄観光連盟(会長:宮里定三)が、アロハシャツに負けない、沖縄らしいウェアを作ることを目的に、「おきなわシャツ」を一般公募し、発売。
1972年  本土復帰により売上拡大が期待されたが、販売不振。しかし、1975年の若夏国体にてホテル組合が在庫を購入、売上が伸び始める。
1975年  海洋博覧会に粗悪品のアロハシャツが大量入荷し、「おきなわシャツ」にも悪影響を与える。
1990年  「めんそーれ沖縄県民運動推進協議会」の運動目標の一つの沖縄らしいウェアの推奨として、着用が奨励される。
1991年  ウェアの名称を一旦は「かりゆしウェア」として制定。
1995年  沖縄県が美ら島沖縄観光立県を宣言。トロピカルリゾート演出の意識調査を実施。絵柄、素材、デザイン、価格、着用期間などについての調査結果を参考に「トロピカルウェア」を販売。
1999年  沖縄県ホテル旅館生活衛生同業組合が2000年の「九州・沖縄サミット」に向け「トロピカルウェア」普及運動を展開。大手企業、金融機関、一般企業が「トロピカルフライデー」を実施し、徐々に普及し始める。
2000年  6月、サミットに向け再度ウェアの名称を検討し「かりゆしウェア」に統一。社団法人沖縄県工業連合会が「かりゆし」の商標登録を行う。7月、サミットにおいて各国首脳が着用したことで、以後急速に普及。 (内閣府沖縄振興局HPより)

松阪市も「松阪木綿ウェア」でクールビズを!
 ポッチとね!→
も一つこちらもポッチとね!

  
Posted by info_matsusaka at 22:20

研修制度見廃止 実習とする 厚労省

厚労省は昨秋、制度の見直しのために有識者による研究会を発足させた。
研究会中間報告案を。 (朝日新聞より)

安い賃金で外国人を働かせる不正が横行している研修・技能実習制度について、厚生労働省は10日、労働関係法令が適用されない研修制度を廃止し、受け入れ企業と雇用契約を結び、最低賃金などが保証される実習制度に一本化する方針を固めた。

通常の労働者と同じように労働基準法や最低賃金法などが適用できるようにすることで、手当の未払いや違法残業などの不正行為に一定の歯止めをかける狙い。

現行制度では、入国1年目は研修生として学び、その後2年間は企業との雇用関係のもと、「労働者」扱いで技能実習をする。研修生には研修手当などが支払われるが、報告案では「実質的に低賃金労働者として扱われ、(実際には禁じられている)残業までさせられている」と指摘。
中小零細企業などでは「組織的な労務管理体制が不十分で、『労働』とならないよう『研修』の性格を担保するのは困難」とし、「最初から雇用関係のもとで3年間の実習とし、労働関係法令の適用を図る」と明記した。

また、劣悪な労働環境を改善するため、都道府県別の高卒初任給平均額などを参考に、適正な賃金を示すガイドラインを設定。受け入れの窓口役となる団体が、申請外の企業で働かせたり、中間搾取をしたりするケースもあることから、不正行為をした場合に新規受け入れをできなくする停止期間を現行の3年から5年以上に延ばす。団体の新設要件も厳しくし、新たに受け入れ企業への監理責任も負わせる。

 ■制度解説・FAQ

三重県内でも縫製業・弱電業・農業等、多種業種で外国人研修生を受け入れています。
もはや、外国からの労働力を確保しなければ中小零細企業の運営は難しくなっている現状があり、実習制度を活用しなければならなりません。
制度の悪用にて迷惑を被るのは、やはり真面目に制度に沿って対応している業者の方だと思います。一方、外国人そのものが国内に研修生として入国し、その後、姿をくらますという逃亡も後を絶ちません。そのため最近ではこの制度を導入する過程の事務手続きが煩雑になり、且つ厳しくなっているのも事実です。

いずれにしろ、国内の若手労働力が確保できない背景があり、本来の制度趣旨とは食い違いがあるが柔軟に活用しなければならない現状があります。

 ポッチとね!→
も一つこちらもポッチとね!

  
Posted by info_matsusaka at 17:34

2007年05月10日

「タコ箱」漁オーナーに応募殺到  留萌

これは面白い5,000円の夢を・・・ チャンスは5回

ミズダコ漁で使う「タコ箱」のオーナーになりませんか。

北海道留萌支庁水産課が、1箱5000円で50口募集したところ、2日間で約4000件の応募が全国から殺到。
募集枠を100口に増やした。

漁は6月上旬から2か月間、日本海にタコ箱を沈め、期間中に5回引き揚げる。

タコが入っていれば、浜で茹でて宅配してもらえる。
タコが箱に入っている確率は1回につき5〜20%程度といわれ、オーナー冥利(みょうり)につきるかどうかはまさに運次第だ。

ミズダコは標準的なもので重さ8キロ前後。値段は地元のスーパーでもキロ当たり約2000円という。

募集は27日午前10時まで。

「タコ箱漁オーナー2007」募集開始のお知らせ

○募集数:100名(箱)
○応募資格:日本在住の方
○応募方法:ホームページより お申込みページへ
 ポッチとね!→
も一つこちらもポッチとね!

  
Posted by info_matsusaka at 23:51

2007年05月03日

ダイキョーニシカワ(株)  「松阪中核工業団地」への進出が決定

ダイキョーニシカワ株式会社が松阪中核工業団地への進出を決定。

立地協定締結式
日時:平成19年5月9日(水曜日)午前11時〜


進出企業(ダイキョーニシカワ株式会社)の概要

本 社 〒731-4311 広島県安芸郡坂町北新地1 丁目4-31
代表者 代表取締役社長 井上 等
設立 :平成19年4月1日
ジー・ピー・ダイキョー蝓∪樟邁柔蝓▲瀬ぅョーニシカワ蠅裡骸匚臺擦砲茲蝓⊃契献瀬ぅョーニシカワ蠅発足。

資本金 4億4,350万円
上場の有無 非上場
年間売上高 1,080億円
従業員 2,100人
業種 :自動車部品・合成樹脂製品の製造及び設計・開発

進出計画の概要
進出計画 :工場の新設
進出場所 :松阪中核工業団地(觧核槎紛叛彙蓮¬明僉В検ぃ毅械亜ィ毅賢)
      松阪市広陽町18番地
事業概要 :自動車用樹脂製品の製造等
雇用者数 :46名
操業開始 :平成19年6月(予定)


ダイキョーニシカワ株式会社
 ポッチとね!→
も一つこちらもポッチとね!

  
Posted by info_matsusaka at 00:36
   次のページへ
このページの上へ▲