変形膝関節症 原因

変形膝関節症の原因について。数ある膝の痛みの中のひとつに、膝の病気というケースがありますが、その中でも一番多くの高齢者が抱えている病気は、恐らく「変形性膝関節症」です。
そして同時に、この変形性膝関節症は高齢化社会が進む中で毎年患者数を増やしている病気でもあります。
このままだと、国民病と呼ばれるような病気となり、誰もが痛みを抱える事態になってしまいかねません。

ただ、現時点では変形性膝関節症に対する劇的な治療効果や予防効果を発揮する方法が、なかなか確立できていません。
というのも、変形性膝関節症は、今のところはっきりした原因がわかっていないのです。

変形性膝関節症は、関節軟骨がすり減ることで起こる病気です。
ただ、加齢による自然磨耗だけでは、病気にまで発展するケースはそう多くありません。
その為、詳しい原因が不明といわれています。
外傷による二次性の要因はある程度はっきりしていますが、一次性の要因は、現時点では解明されていないのが現状なのです。

一応、仮説はいくつか確立されています。
例えば、軟骨気質の変異です。
こういった現象は、主にホルモンの変調によって起こる為、その方面での原因が仮説として挙げられています。
関節軟骨中の成分がバランスを崩し、新しい別の関節軟骨を体が作る事で、膝が痛んでいるというメカニズムのようですね。
また、成分が過剰生産されるケースや、酵素の暴走なども考えられています。

この他にも、関節軟骨と隣接している骨の損傷や、血液循環の不順などが原因と見られていますが、どれも決定打に欠けているのが現状です。

膝の痛み