心筋梗塞 原因

心筋梗塞の原因について。心筋梗塞は、日本人の死亡率でもトップクラスに位置しています。
当然、できることなら心筋梗塞の症状が出る前に予防しておきたいです。
発症率を完全に0%にするというのは難しいかもしれませんが、リスクを軽減させることは十分にできます。
そのためには、まず心筋梗塞になる原因を知っておく必要があるでしょう。
心筋梗塞の原因さえわかれば、それを回避することで予防が可能となります。

まず、心筋梗塞の定義は、「血管による閉塞」「冠動脈の痙攣による閉塞」「血管の乖離、動脈瘤などによる閉塞」といった事由によって、血管が詰まり、血液がそれより先に流れなくなった状態を指します。
つまり、血管の閉塞というのが症状の中心です。
この症状が起こる原因は、血栓を生み出してしまう原因と同義と考えていいでしょう。

血栓ができてしまうメカニズムとしては、血液の中に脂肪などの不純物がまざり、血液がドロドロしてしまう状態が慢性化し、それがプラークとなって、血管の内側に付着するという状態が第1段階となります。
そこからさらにそのプラークが繊維化し、巨大な塊となっていくのが第2段階です。
そして、その巨大化したプラークが血管の閉塞、あるいは剥がれて血管を流れ、ある箇所で詰まってフタをしてしまうという状況が第3段階、そして心筋梗塞の発症ということになります。
つまり、血液に脂肪などの不純物が大量に混じり、ドロドロになってしまうことが心筋梗塞の原因なのです。

心筋梗塞