心筋梗塞 検査

心筋梗塞の検査について。心臓病と呼ばれる、心筋梗塞などの病気全般に対する検査として最もよく知られているのは、やはり「心電図検査」でしょう。
心臓の状態を確認する上で、心電図検査は最も有効であり、且つ高い確実性を持つ検査方法です。
よって、心臓に何らかの症状が生じている人は、この心電図検査を受けることになります。

心電図検査は、心臓のメカニズムを利用した検査です。
元々心臓という器官は、洞結節という部分で発生する電気信号を心筋に伝達させることで拍動しています。
そのため、その電気信号を検査することで正常かどうかを判断できるのです。

心電図検査の際には、まず安静時の心電図をとります。
通常時には症状が出ていない場合でも、まずこれを基本的な心電図として比較対象とするために、ベッドで横になっている状態の心電図をとります。
この検査自体は3分程度で終了します。

ただ、これだけでは異常はわかりません。
狭心症のように、ある一定の条件下でしか発作が起きない場合は、安静時には心電図は正常であることが多いためです。
そのため、この検査を終えて安静時心電図に問題がない場合は、ホルダー心電計を使用します。
ホルダー心電計は身体に付けられる携帯用心電計で、これをつけたまま24時間、いつも通りの生活を行い、日常のどんな場面で心電図に異常が生じるかを検査します。
この検査によって、心筋梗塞の症状が現れた際の心電図はもちろん、自覚症状が薄かったり、全くなかったりする状態で心臓に異常が生じているケースも発見できます。