ベランダ ガーデニング

ベランダのガーデニングについて。ガーデニングは、マンションのベランダのような狭い空間でも楽しめます。ベランダガーデニングをはじめる際は、まずベランダの広さや、風通しや日当たりなどの自然条件、排水口の位置、建物の管理上の制限などの環境を確認します。その上で、イメージや、どんな植物をどの場所で育てるかを考えていきます。

ベランダガーデニングの植物は立体的に配置することで、日当たりと通気性を確保できます。ハンキングバスケットやスタンドで高さを出したり、棚を活用したりするとよいでしょう。また、ベランダではコンクリートの床や壁からの照り返しが強く、夏は高温になりやすいので、床に直接鉢を置くのではなく、パネルやレンガを敷くとよいでしょう。ベランダでのガーデニングでは特に、ご近所に迷惑をかけないよう注意する必要があります。 排水口を詰まらせないよう鉢の下に受け皿を置き、匂いの強い肥料は避けましょう。非難通路を塞がないようにすることも必要です。限られた空間に様々な要素を詰め込むと、まとまりのない印象になるので、花の種類やコンテナの数は必要以上に増やさないようにします。

ベランダでのガーデニングにおいて室内から見て手前側に葉や花の大きい植物を、奥の方に葉や花の細かい植物を置くと、空間に奥行きを持たせることができます。また、室内とベランダとを一つの空間としてとらえ、イメージや素材感を揃えると、つながりやまとまりのある空間を演出することができます。家族で寛げる、お気に入りの空間を作ってみて下さい。


ガーデニング