ガーデニング

ガーデニング 雑貨

ガーデニングの雑貨について。実際にガーデニングをするときに必要な道具以外に重要なのが、植物を彩る様々な雑貨です。花や草木の中に雑貨というアクセントを加えることで、ガーデニングをより楽しむことができます。

ガーデニング道具と同様、ガーデニング雑貨もその種類を挙げるときりがありません。ピックや人形などの飾り物、園芸用の名札であるプラントマーカー、バスケットなどの小物もあれば、気になる部分の目隠しとなるパーテーションやウッドフェンス、花台、さらにはテーブル、ベンチといった大物も、雑貨として括ることができます。お店や通信販売でも様々な雑貨が取り扱われており、気に入ったものを手に入れることができますが、大物・小物を問わず、身の回りにあるものに手を加えて、手作りを楽しむ方も多いようです。

ガーデニングでは、庭が出来上がったときの嬉しさも魅力ですが、お金をかけず、工夫と手間暇をかけて庭を作り上げていく過程の楽しさもまた魅力。雑貨はその楽しみを気軽に、手軽に味わうことができるのです。廃材や道に落ちている小枝、100円ショップで手に入るトレーや缶、家にある空き箱や空き容器、さらに古タイヤなども、材料となります。色を塗ったり、ワイヤーや紐など他のものと組み合わせたりして手を加えると、まるで印象の違う雑貨に変身してしまうのです。


Permalink

ガーデニング 寄せ植え

ガーデニングの寄せ植えについて。ガーデニングにおいて花や緑・低木などを組み合わせて植え込むのが寄せ植えです。寄せ植えは初心者にも取り組みやすく、一方で知れば知るほど奥が深いです。日当たりや温度など育つ条件が同じ植物を組み合わせるのが基本ですが、草姿や育ち方の違うものを上手に組み合わせることで変化が生まれます。

植物の育つ形は、大きく分けて、上に伸びるもの・横に伸びるもの・這う、または垂れ下がるもの―の3タイプがあります。ガーデニングの寄せ植えではこれらを組み合わせて立体的な変化をつけるのです。色の組み合わせも大きなポイントです。淡い色で揃えたり、1色あるいは同系色の濃淡でまとめると、優しいイメージに仕上がり、失敗がありません。

カラーサークルでほぼ反対側にある色(補色)を組み合わせると、個性的ではっきりとした印象にまとまります。鉢植えの場合、鉢にある程度の深さまで土を入れたら、まずはポットのまま草花を並べ、いろいろな角度から背の高低や色のバランスを見ます。花が完全に終わったり、株が大きくなりすぎて見栄えが悪くなってきたりしたら、部分的に植え替えて全体のバランスを整えます。スペースのある庭の場合、細かな葉や花を「点」、美しいラインを描く植物やフェンスを「線」、大きな葉や植木鉢・背景を「面」と捉え、何が足りないかを検証します。「線」や「面」を感じさせる植物を積極的に配置すると、ダイナミックな強弱やリズム感が生まれて、遠くから眺めても絵になる景色を作ることができますよ。

Permalink

ガーデニング用品

ガーデニング用品について。ガーデニング用品には色々な種類があります。ガーデニングを始める時に最低限必要なのは、シャベル・じょうろ・はさみの3点です。さらに土入れ、鉢・プランター・コンテナなどの容器、剪定ばさみなどはあると便利な道具です。

ガーデニング用品の身に着けるものについては、園芸用グローブやエプロンなどの基本的なものに加えて、ガーデンシューズ、帽子、長靴が便利です。身に着けるものは、一つあれば済むというものでもありません。用途に応じて、また洗い替え用に何種類か用意しておくと便利です。そしてガーデニングは外での作業が中心なので虫除け・日焼け対策も重要です。UVカット素材のアームカバーや長手袋、首の後ろまで覆うようなツバ広の帽子なども、持っていると便利です。

ガーデニング用品の材質やサイズ、デザイン、値段は、ピンからキリまであります。ただ気に入ったものを選べばよいという訳ではなく、はさみなら重さや握り具合などの使いやすさ、作りの頑丈さをみることが大事ですし、鉢やプランターは庭の雰囲気に合ったデザイン・素材のものを選ぶことが大事です。ガーデニングが発達してきた国々では、職人さんの作った道具が何十年と使われ続けることが珍しくありません。機能と美しさを追求し、丹精込めて作られた道具は、作品として圧倒的な存在感があります。そんなガーデニング用品に出会い、使うことができたら幸せです。


Permalink

芝 ガーデニング

芝のガーデニングについて。芝のガーデニングとは、色々な場所や方法で芝生をガーデニングに取り入れる、園芸の楽しみ方の一つです。芝の種類や植える場所の工夫次第で、わずかのスペースでも楽しむことができます。

芝のガーデニングには、夏の日差しの照り返しや冬の寒さを和らげ、過ごしやすい環境を提供してくれるという利点があります。見た目にも美しいだけでなく、芝の根が雑草を生えにくくする、埃を立てにくくする、雨や雪で地面がぐしゃぐしゃになるのを防ぐ―などの効果も期待できます。

芝ガーデニングを成功させるには、まず芝苗選びが重要です。芝と言っても、日本芝と西洋芝があり、各々に多くの種類があります。日本芝は、夏の高温多湿に強く、冬は枯れ色になります。切ったマット状の芝生を貼って植えるのが基本です。西洋芝は種を蒔いて栽培します。基本的に寒冷地向けで、生育が早く、頻繁な芝刈りを必要とします。病気にも弱く、初心者には管理が難しいといえるでしょう。芝の手入れにかけられるエネルギーと、その地域の気候に合った芝を選ぶことがポイントになります。

芝を植える場所は、日当たりと水はけのよい所を選びます。日光が当たらない場所では、芝の良好な生育は望めませんし、水はけが悪いと根腐れを起こして枯れてしまいます。もし水はけが悪い場合は、排水設備を設けるなどの工夫が必要です。芝生を長く丈夫に保つために、定期的に肥料を撒く、土に空気を入れる、芝刈り―などの管理も必要となります。

Permalink

植木 ガーデニング

植木のガーデニングについて。ガーデニングで植木をする場合、まず庭の状態を把握しましょう。よく日が当たるのは何時頃か、日陰になるのはいつか、水はけはどうか―などを確認しておくと、環境に合った植物を選ぶことができますし、植木のお手入れ自体も最小限で済みます。庭木は、草花のように簡単に植え替えられません。ただ花が可愛いから、実がなるからとやみくもに樹を植えると、後でとんでもないことになります。幼木のうちは自分一人で手入れできても、大きな樹になるとそうはいきませんし、樹自身にも大ダメージです。

植木のガーデニングでは庭の環境とともに、植物の特性をよく理解しておく必要があります。樹を選ぶ際は、最終的にどれくらいの高さになるかも確認しましょう。一般的な庭には低木(1〜3m)から中高木(5〜12m)で充分でしょう。また、樹によっては横に広がるタイプもあります。隣家とのトラブルにならないよう、植える場所を選ぶことも大事です。

植木のガーデニングで欠かせないのが、庭木の手入れです。庭木の場合はその庭に合わせた大きさでいてもらう必要がありますし、花木などは古い枝を切って新しい枝に更新することで良い花を咲かせることができます。また、樹形を乱す枝や採光・通風の妨げになる枝、樹勢を衰えさせるような枝を取り除き、形を整えることで、病害虫を予防し、強風による枝折れを防ぐこともできるのです。もちろん、庭がない場合でも、ベランダや室内にコンテナを置いて植木を楽しむことができます。

Permalink

ベランダ ガーデニング

ベランダのガーデニングについて。ガーデニングは、マンションのベランダのような狭い空間でも楽しめます。ベランダガーデニングをはじめる際は、まずベランダの広さや、風通しや日当たりなどの自然条件、排水口の位置、建物の管理上の制限などの環境を確認します。その上で、イメージや、どんな植物をどの場所で育てるかを考えていきます。

ベランダガーデニングの植物は立体的に配置することで、日当たりと通気性を確保できます。ハンキングバスケットやスタンドで高さを出したり、棚を活用したりするとよいでしょう。また、ベランダではコンクリートの床や壁からの照り返しが強く、夏は高温になりやすいので、床に直接鉢を置くのではなく、パネルやレンガを敷くとよいでしょう。ベランダでのガーデニングでは特に、ご近所に迷惑をかけないよう注意する必要があります。 排水口を詰まらせないよう鉢の下に受け皿を置き、匂いの強い肥料は避けましょう。非難通路を塞がないようにすることも必要です。限られた空間に様々な要素を詰め込むと、まとまりのない印象になるので、花の種類やコンテナの数は必要以上に増やさないようにします。

ベランダでのガーデニングにおいて室内から見て手前側に葉や花の大きい植物を、奥の方に葉や花の細かい植物を置くと、空間に奥行きを持たせることができます。また、室内とベランダとを一つの空間としてとらえ、イメージや素材感を揃えると、つながりやまとまりのある空間を演出することができます。家族で寛げる、お気に入りの空間を作ってみて下さい。


Permalink