介護用品

介護用品 レンタル

介護用品レンタルの仕組みと利用法については、まず介護保険の被保険者が、介護が必要であるという、主治医の意見書を役所に提出して、介護認定を受けなくてはなりません。そして、介護の必要性が認められた場合には、その程度によって要介護度が決まります。

もし、介護を必要とする人が、介護用品を利用しなければならない場合には、介護用品レンタルを利用することができます。介護用品レンタルの仕組みに関しては、要介護度に関係なく介護用品レンタル価格の9割が介護保険から支給されるので、利用法は利用者が1割の負担ですみます。

ただし、介護保険を利用した、介護用品レンタルの仕組みと利用法では、一年間で10万円が限度となります。次年度はまた10万円分が介護保険から支給されます。実際の介護用品レンタルの仕組みと利用法は、ケアマネージャーが介護用品事業者を提案し、福祉用具貸与の専門相談員が利用者宅を訪れ、応対してくれます。

もし、ケアマネージャーに在宅介護支援を申し込んでいないときも、福祉用具レンタル会社からケアマネージャーを紹介してもらうことができます。福祉用具レンタル会社で介護用品レンタルの仕組みと利用法を聞き、介護保険の申請をすることもできます。

介護用品のすべてが、介護用品レンタルの仕組みと利用法にあてはまるわけではありません。介護に必要でなおかつ介護保険が利用できる介護用具を選ぶために、介護用品レンタルの仕組みと利用法を確かめておかなくてはなりません。

Permalink

介護用品 通販

介護用品の通販について。介護用品を専門に取り扱っているお店は、あちこちにあるわけではありません。介護用品通販とカタログ販売を利用できれば、介護を受けている人も、家族と一緒に介護用具を選ぶことができます。そして、そこからいろいろな家族との会話も弾むことでしょう。また、介護を受けている人が、介護用具を選べない場合でも、介護用品通販とカタログ販売を利用することで、家族みんながお店に出向かずに自宅で必要な介護用品を話し合い、購入できます。

介護用品通販とカタログをケアマネージャーに見せて、意見を伺うこともできます。介護用品は現在、全国にたくさんの種類が発売されていますが、店舗によっては取り扱っていないものもあります。そんな場合、インターネットで介護用品通販とカタログ販売を申し込むことによって、いろんな種類の介護用具を取り寄せることができます。そして何よりも、介護用品通販とカタログ販売によって、一人でも多くの人が介護の方法について、よりよい方法を考え出すことができるでしょう。

もし、これはという介護用品が見つかれば、介護用品通販とカタログだけに頼らずに、実際に大きさなどを目で確かめるためにお店に出向くのも必要かもしれません。少しでも介護を受ける人にとって便利で使いやすく、安全なものを販売者と一緒に考えていくことによって、より良い介護用具が生まれていくとも言えます。そのためには、やはり、介護用品通販とカタログ販売で一人でも多くの人の目に介護用具が触れる必要があるでしょう。

Permalink

介護 手すり

介護の手すりについて。介護用具の中で、代表的なものが手すりです。介護を受ける人が、できるだけ自立して生活できるように生活支援をして行く上で、介護用具の手すりはまず必要です。ベッドから降りて車椅子へ移動するための介護用具は、ベッドの周りに付ける手すりです。また、便器を使う場合にも、立った姿から便座に座る動作の介護用具に手すりは必要です。

介護保険を利用して手すりを貸与してもらう場合には、介護用具の手すりを装着するのに特別な工事を必要としないものとなっています。こうした介護用具の手すりは、トイレの周りに置いて、足が付いているものや、歩行訓練用に廊下に置くだけの手すりなどです。この場合、要介護度によっても変わってきますが、最大で手すりのレンタル費用の9割が介護保険から支給されます。使用者は一割の負担で介護用品の手すりを利用できます。

また、壁や廊下に沿って手すりが必要な場合には、介護保険の住宅改修費で介護用具の手すりを設置してもらうことができます。これには、ケアマネージャーの理由書が必要ですが、工事にかかった費用の20万円までが介護保険から支給されます。ただし、これは20万円のうちの9割が介護保険から支給されるもので、1割の2万円は自己負担金です。

もちろん、住宅改修を介護保険で利用する場合には、手すりが必要であることを申請し、許可が下りなければなりません。地方によっては、住宅改修費の他に、助成金が下りるところもあります。市町村に問い合わせてみると良いでしょう。

Permalink

車椅子 介護用品

介護用品の車椅子には、従来の車椅子だけでなく、トイレット・シャワー用の介護用品車椅子もあります。これらは、車椅子に座って用を足せるように、座るところの座椅子の真ん中が繰りぬかれています。全体的にしっかりしたつくりではありますが、軽量で介護をする側の立場に立った介護用品の車椅子です。

もちろん、トイレだけでなく、簡単に動かせるようになっていて、シャワー用にもなります。自転車の車輪のような大きな車輪ではなく、四つの足にキャスターが付いていて、簡単に動かせます。水に対する耐久性にも優れているので、価格は従来の介護用品車椅子よりもかなり高額になっています。

介護用品の車椅子は、軽さと強度が要求されます。それに乗る人のためとそれを押す、介護をする人の立場に立って考えられています。介護用品車椅子には、アルミ製のものとスチール製のものがあります。さらに、背もたれが折れ曲がるものもあれば、固定のものもあります。介護用品車椅子は、ブレーキにおいても、車椅子に乗る本人が使うブレーキに加え、介助用ブレーキが付いているものもあります。これらの車椅子は、要介護度に合わせたつくりになっているので、介護用品の専門員やケアマネージャーに、どのようなタイプの車椅子がいいか、訪ねてみると良いでしょう。特に、ケアマネージャーは、介護に関するたくさんのケースにかかわって来られているので、介護を受ける人が使う一番適した介護用品を提案してくれるでしょう。

Permalink

介護用品 靴

介護用品の中で、靴は軽量で履きやすいことが条件です。屋内用と屋外用が用意されています。屋内用は、フローリングなどに対応して、摩擦を大きくし滑り止めが工夫されています。色々な会社から、介護用品の靴が販売されているので、用途に合わせて選ぶ必要があります。足に疾患がある人には、介護用品靴は患部が圧迫されないように作られたものでなければなりません。先の開いたものや、足をすべて包み込むものなどいろいろあります。季節に合わせても、保温性からも介護用品靴を選ぶ必要があります。

現在、介護用品靴は、介護用品専門の会社である暮らし生き活き社や、靴専門のメーカーであるアサヒコーポレーションやパンジー社などが作っています。介護用品靴と言っても、滑り止め機能が重視されるものや、クッション性に富んでいるもの、さらに腫れや浮腫みの人に対応した靴の形を重視したものなどがあります。これらの介護用品靴の価格は、だいたい安いものでは4千円程度から7千円程度となっています。実際に百貨店や介護専門の販売店に出向いて購入するのも良いのですが、介護を受ける人と一緒に出かけるのはなかなか大変です。

そこで、介護用品を専門としたネット販売で靴を購入するのがお勧めです。ネット販売では、会員になるとメールマガジンなども配信され、介護用品の新しい情報も入手できます。介護用品専門のネット販売で靴を購入するばあい、サイズが合わない場合には、すぐに交換してもらうことができます。

Permalink

介護用品 杖

介護用品の杖にはいろいろなタイプがあります。まず、一般的な杖(ステッキ)は、折りたたみ式のものと何段階かに伸縮するものや、そうでないまっすぐなものもあります。

介護用品の杖(ステッキ)は、たいてい頑丈で軽いアルミ製のものがほとんどです。価格は、2000円程度のものから一万円を超えるものまでいろいろあります。

介護用品の杖に限らず、一般的に柄の部分はアルマイト塗装がなされていて、傷が付きにくくなっています。介護用品の杖には、この他クラッチといって、脇で支える部分と手で握る部分のハンドグリップがついているものがあります。脇でなく腕で支えるように、アームカフがついているものもあります。アームカフは、腕で支えられるように、リング状になっています。

介護用品のステッキとクラッチは両方杖ですが、クラッチの方が複雑なつくりなのでステッキよりも価格が高くなっています。また、介護用品の杖で一番大切なのは、杖の先についているゴムです。簡単に付けることができるので、定期的に付け替えないと、ゴムのグリップ力が低下して、介護用品の杖としての役目を果たさなくなってしまいます。

これらの杖の先のゴムは、ステッキ用とハンドグリップ用、クラッチ用で分かれています。杖の中には、地面に付く部分が4本足や5本足のものもあります。これらの先のゴムも常に点検しておきたいものです。杖は使う人によって、最適な杖があるはずです。どのような杖が適しているか、ケアマネージャーに相談すると良いでしょう。

Permalink