がん保険 見直し

がん 発症

がんの発症について。医療保険やがん保険は入り口が甘く出口は厳しいと言われます。
がん保険に限らず、どんな保険に入るときでも選び方にいくつか注意する点があります。
ここで言う選び方の注意点とは、「入口は甘く出口は厳しい」つまり保険に入るときは簡単に加入できるのに、いざ保険金が必要な時になってもなかなか支払われないケースが意外と多いということです。

病気をして入院したのにいざ保険を使おうとしたら条件に合っていなくて保険金が支払われなかった、という経験をしたことのある人も少なくないでしょう。
病気になって治療、入院した際に保険を使おうとすると、いつ発症したのかが問題にされますが、とくにがんの場合は厳しく調査されます。
例えば医療保険に加入して1年後に5mmの大きさの胃がんが見つかったとします。
加入後90日間の制限期間も過ぎているし、各給付金はもちろん支払われるだろう、とほとんどの人が思いますよね。
しかし、一般的にがん細胞が5mmの大きさになるには5年かかるとされているので、この人は加入時にすでにがんが発症していたと解釈されるわけです。
本来なら健康な人しかがん保険に入れず、保険契約以降に発症したがんが給付の対象となります。

つまり、がんの発症時期を詳しく調査して医学的根拠に基づいて契約前に発症していたとなれば、入院給付金等保険金が支払われない場合もあるのです。
もちろん、自覚症状もなく健康状態に問題なしと言うことで加入できたわけですから、1年後に5mmのがんが見つかった場合にはよほど悪質な告知義務違反でない限り保険金を支払うという保険会社が大半なのですが、中には支払いを渋るところもあるようなのです。

この辺りは「せっかく毎月保険料を払ってきたのに使えなかった」というトラブルのもとになることも多い話なので、事前によく確認しておく必要がありそうです。


Permalink

がん保険 医療保険

がん保険と医療保険について。保険にもその対象や目的によっていろいろな種類がありますが、ここでは病気やケガをした時に保険金が支払われる医療保険と、保障の対象をがんに限定したがん保険の違いについてお話したいと思います。
まず医療保険は、病気やケガを治療する目的で入院や手術をしたときに保障してくれる保険です。
ケガには災害・事故によるものも含まれます。
もちろん、がんになってしまい入院や手術が必要な場合も保障してもらえます。
それに対し、がん保険はがんの治療を目的とした入院や手術をした場合に保障してもらえる保険で、保障の対象はがんに限定されます。
その分、幅広く保障される医療保険に対して保険料が安く抑えられているわけです。

これら医療保険の選び方としては、まず幅広く病気や災害時の保障をしてくれる医療保険に加入し、さらにがんが心配な場合は保障の上乗せというかたちでがん保険にも加入するとよいでしょう。
がん保険を契約するにあたって注意したいのは、がん保険は加入して最初の90日間は免責期間といってこの間にがんに罹っても保険金は支払われないことです。

がん保険と言うと少し前まではアヒルのCMでおなじみアメリカンファミリー生命が主力でしたが、現在はいろいろな保険会社からも発売されています。
それぞれに特色がありますので、何社か見比べてそれぞれの特徴を見極めてください。

Permalink

がん診断給付金

がん診断給付金について。がん保険の特徴として挙げられるのは、入院給付金の期間に制限がないことともう一つ、他の医療保険にはない「がん診断給付金」が受けられることです。
がんと診断されると100万円単位の大金が支給されるので、これから治療を始める人にはとても助かります。
しかし、がんと診断されてもこの給付金が出ない場合もあるのです。
「がん診断給付金」と「がん治療給付金」の違いです。
がん保険の選び方のポイントとして、この名称の違いについてもよく確認をしておいてください。

「がん診断給付金」は私たちが一般的に認識しているように、がんと診断確定されたら入院をしなくても給付金が支払われます。
それに対し「がん治療給付金」はがんと診断確定され、治療のために入院した場合に支払われます。
つまり、診断確定されただけでは給付金が支払われないものもあるのだ、ということを知っておく必要があるのです。

中には「がん診断給付金」としながらも、「がん治療給付金」の支払い方法を適用している保険もあるようです。
これでは混乱を招きます。
契約する前に、診断給付金の名称を確認し、どのような場合に支払われるのかまではっきりさせておけば、後になって「話が違う」ということも避けられるでしょう。

がん保険は他の医療保険と違ってがんに特化されているだけあり、がんに罹った場合は手厚い保障が受けられます。
しかし、がん保険もいくつかの保険会社から発売されていますから、それぞれの違いを見極めて、いざという時に有効に使うためにも選び方は慎重に行なう必要があります。


Permalink

がん 遺伝

がんは遺伝するのでしょうか。よく親戚や家族ががんに罹ったのをきっかけに自分もがん保険に加入した、という話を聞きますが、やはりがんは遺伝性のある病気なのでしょうか。
がんは遺伝子の異常が原因で起こる病気です。
しかし親から子どもへと遺伝する病気ではありません。
中には網膜芽細胞腫という赤ちゃんの目にできるがんなど遺伝性のあるものもありますが、ごく少数です。
しかし証明はまだされていないものの、がんに罹りやすい体質というものがあって、それが遺伝するという可能性は否定できません。

がんは遺伝よりも生活環境の要因でがんを発生させることの方が可能性として高いと考えられています。
タバコやストレス、肥満、運動不足、その他様々な有害物質など、がんを引き起こす原因と考えられていることをできるだけ避けて生活することでがんは予防できるかもしれません。
がんは生活習慣病のひとつと言われていますが、毎日の生活習慣を見直し、なるべく保険のお世話にならない将来にしていきたいものです。

医療の発展はすばらしいものがある、とは言っても、やはり日本人の死亡原因のトップを常に走っている「がん」は未だ怖い病気です。
しかし高度先進医療により、がんの治療もとても進んできました。
「がんは治る病気」となった今、高騰する治療費を補うためのがん保険に加入する人も増えてきました。
現在ではいろいろな保険会社からがん保険が発売され、選び方にも迷う時代です。
がん保険なんて必要ない、と思っていた人でも「今の医療保険にがん特約をつけておこうか」と、何らかの形で万が一襲ってくるかもしれないがんに備えています。


Permalink

がん 高度先進医療

がんの高度先進医療について。健康で長生きしたい、そう願う人々に応えるかのように、医療技術は進歩し最先端の治療法や新しい薬の開発も進み、昔は治らないとされていた病気でも今では治療可能なものとなってきています。
がんもそのひとつで、例えば肝臓がん患者数で見てみると、治療後5年の生存率が80年代ではおよそ22%だったものが90年代にはおよそ45%にまで上昇しているようです。
手術などで必要となってくる入院日数も、平均65日だったものから平均30日へと半減しているそうです。
医療の進歩とはすばらしくありがたいものです。

しかし医療技術が高度になってくると逆に心配になるのが治療費の高騰です。
公的保険が受けられない高度先進医療の部分では、自己負担が大変高額になります。
そのため、各保険会社が競うようにがん保険の商品を発売し、がん保険に加入する人も増えてきています。
商品によっては免疫療法や放射線による治療法など自己負担が高額になる治療に対して給付金を支払ってくれるものがあります。
例えば放射線の一種である粒子線をがんに照射する方法では、エネルギーを最大にする時点を調節できるため、がん以外の正常な組織を傷つけることなくがんを狙い撃ちできます。
このような治療では1回につき300万円以上がかかるようです。
もし自分ががんに罹ってしまったら、どんなに高額な治療法でも試してみたいというのが本当の気持ちでしょう。
お金がないために治るかもしれない高度先進医療が受けられないなんて、そんなもどかしいことはありません。

命が助かって一安心した後に、膨大な治療費がのしかかってきて苦しむことのないように、高度先進医療もカバーしてくれるがん保険は選び方のひとつの目安になるでしょう。
ただし、それぞれの保険によって保障対象となっている高度先進医療が異なり、給付金額も違いますので確認が必要です。

高度先進医療が必要になる可能性はそんなに高くないかもしれません。
そのため高度医療が必要にならないことを願って予防医学に努めるのもひとつの選び方かもしれません。
しかし自分の身にふりかかったら、というリスクを考え保険で備えるか、あるいはその医療費をまかなえるだけの貯蓄をするか、よく考えて選択してください。

Permalink

がん保険 上皮内がん

がん保険と上皮内がんについて。上皮内がんとは上皮内新生物のことを言い、がん細胞が粘膜の一部にとどまっていると診断されたがんのことで、上皮細胞と間質細胞の境界膜を破って侵入していないので切除すれば治ります。
つまり転移の可能性がまだない状態なので、いわゆる悪性腫瘍とは区別されます。
そのため、数あるがん保険の中でも上皮内がんの場合は診断給付金が減額されるものもあります。

がん保険で、がんと上皮内がんを区別している商品では、上皮内がんの場合に支払われる診断給付金ががんの場合の10分の1まで減額されるものがあります。
しかし、いくら「上皮内がんは、あくまでもがんではない」という理屈を言われても、保険会社によってはがんの場合と区別せずに診断給付金を出すところもあるのですから簡単に納得はできないかもしれませんね。
それに上皮内がんは切除すれば治るものであっても、医師からがんであると説明を受けた不安に対しての保障は同じようにしてもらいたい気もします。

そんな点でも各保険会社のがん保険を比較してみてください。

病気やけがをした際の治療費等を保障する医療保険に対し、対象をがんのみに絞ったものががん保険で、多くの保険会社からそれぞれに特徴を持たせたがん保険が発売されています。
現在ではがんは「治らない病気」ではなくなり、様々な治療法も研究されています。
がんで亡くなる人が減る反面、治療にかかる費用は膨大となってきており、がん保険の必要性を感じて加入する人も増えているようです。

以前はアメリカンファミリー保険の独壇場であったがん保険も、今はいろいろな保険会社から出ているため、どれが自分に合っているのか選び方にも悩んでしまいます。

Permalink

がん保険 必要性

がん保険の必要性について。最近の不景気に家計を圧迫され、あれこれ気をもんでいる主婦の方も多いことでしょう。
保険の見直しを考えている人も少なくないと思います。
今まで入っていた医療保険の特約を削る人、がん保険の加入を考えていたけど見送ることにした人、毎月の保険料の負担を少なくするために保険の選び方も慎重にせざるを得ません。
しかし医療保険を解約して保険料の負担を一切なくしてしまう、という人はさすがにいないでしょう。
医療保険やがん保険になぜそこまで必要性があるのか、その背景には医療費の自己負担が増えてきていることが挙げられます。

公的医療制度でサラリーマンが病院の窓口で支払う医療費がゼロだった時代が遠い昔のようです。
それが2割負担から3割負担へと、いつの間にか値上げされてきています。
これくらいの負担は仕方ないか、と思える程度の値上げがいろいろな項目ごとに少しずつ、しかし確実に行なわれてきました。

しかしいくら医療費の自己負担が値上がりしたからと言って「払えないから治療しません」とは言えない場合がほとんどです。
また、がん治療を中心に次々と開発される高度先進医療もまた医療費の自己負担を大きくさせる要因のひとつと言えるでしょう。
それに対して生まれてきたのががん保険という商品です。
このように医療費が増大する現実を受けて、私たちは医療保険、がん保険に入るのか、あるいは貯蓄でなんとか病気に備えるのか、はたまた絶対病気はしないぞという意気込みで予防医学に努めるのか、いずれにしても自己防衛していくしかありません。

備えあれば憂いなし、と言うように、やはり将来必要になるかもしれない医療費をなんらかの形で補うために、保険に入っておくのが賢明な考えかもしれません。
ただ自分にとってマイナスの結果とならないように、毎月の支払い額やいざという時の保障内容も確認し、「とりあえず医療保険に入っておこう」という保険の選び方だけはしないように気をつけてください。


Permalink