もろみ酢

もろみ酢 レシピ

もろみ酢のレシピについて。もろみ酢を使ったレシピをご紹介します。
定番のブリ大根にもろみ酢を加えると、サッパリとした味に仕上がります。
酢を加えることで、ブリの魚臭さもおさえられるし、魚が苦手な方にも、食べやすいメニューです。
しかも煮付けは、カロリーが低くヘルシーなメニューなので、ダイエットを気にしている方や、健康を気にしている方にもオススメです。
それに煮つけは食べやすいので、年配の方や小さいお子にもオススメできるメニューです。
簡単で美味しいので、ぜひ作ってみて下さいね。
和食の王道といえるほど美味しいメニューです。
定番レシピに加えて下さいね。

『ブリ大根もろみ酢醤油煮』
(材料:4人分)ブリ 400g、塩 適量、大根 1/2本、もろみ酢(プレーンタイプ) 1/2カップ、酒 1カップ、砂糖 大さじ1と1/2、濃口しょうゆ 1/4カップ、おろししょうが 小さじ1、みつ葉 適量、七味唐辛子 適量
(作り方)1.ブリは一口大に切って塩をふり、15分置いたら熱湯に入れてさっと茹で、水にとってザルに上げます。

2.大根は2センチ幅のいちょう切りにし、下茹でしておきます。

3.鍋にブリと大根を入れ、もろみ酢、酒、砂糖、醤油、おろししょうがを加えて火にかけ、煮たてばアクを除き、落とし蓋をして15分ぐらい煮ます。

4.器にブリと大根を盛りつけます。
三つ葉のざく切りを天盛りにして七味唐辛子をふりかけます。

・お好みでアク抜きをしたゴボウを一緒に煮ても美味しく頂けます。

・ブリの代わりにサバを使っても美味しく作れます。

・お好みで水にさらしたシラガネギを盛り付けても美味しく頂けます。
彩りもキレイで、お洒落なメニューに早変わりです。

もうひとつもろみ酢を使ったレシピをご紹介します。
ボリュームたっぷりの美味しいメニューです。
ぜひ作ってみて下さいね。

『もろみ酢の煮豚』
(材料:2人分)豚肉(ロースかたまり肉) 450g〜500g、卵 2個、玉ねぎ 小1個、ニンニク 2片、しょうが 1片、塩 適量、コショウ 適量、もろみ酢(無糖タイプ) 1カップ、醤油 大さじ4、みりん 大さじ4、酒 大さじ2、黒砂糖 大さじ2、水 1カップ、付け合わせの野菜:ゴーヤ 適量、もやし 適量
(作り方)1.豚肉を半分に切ります。
塩とコショウをまぶします。

2.手で揉んでしっかりと下味をつけます。

3.豚肉は型がくずれないように軽く凧糸でしばります。
玉ねぎは皮をむいて丸ごと、しょうがはスライスします。
ニンニクはつぶしておきます。
煮込みタレを作ります。
器にもろみ酢、醤油、みりん、酒、黒砂糖、水を入れて、よく混ぜ合わせます。

4.鍋を熱して油(分量外)を入れます。
豚肉と玉ねぎとニンニク、生姜を入れます。
表面に焼き色がつくまで焼きます。

5.3のタレを入れて強火で煮ます。
途中、アクをしっかり取り除きます。
肉をひっくり返したりしておきます。
10分ぐらい煮たら、中火にしてフタをします。
さらに20分ぐらい煮込みます。

6.火を止めて10分ぐらいフタを取って冷まします。
煮汁が半分ぐらいに減っているので、お玉で汁から出ている部分に煮汁をかけます。
10分の休憩中に半熟ゆで卵を作ります。

7.皮をむいたゆで卵を鍋に入れて、さらに中火で15分ぐらい煮ます。
15分後、少し冷ましてから肉を取り出し凧糸を切りはずします。
半熟卵は半分に切ります。
お皿に付け合わせのゴーヤともやしをおいて、肉を盛り付けます。
具材を取りだした後、さらに少し煮詰めます。
煮詰まったら肉にまわしかけて出来上がりです。

・煮豚をそのまま食べも美味しいですが、チャーハンやラーメンなどに加えても美味しく頂けます。

Permalink

もろみ酢 飲み方

もろみ酢の飲み方について。「もろみ酢」は普通の酢と違い、酢の独特の刺激臭はなく、フルティーでとても飲みやすいです。
健康飲料なので、特に決まった飲み方はないですが、体調に合わせて1日1杯〜3杯(30ml〜90ml)ぐらいを目安に飲むと良いです。
飲む時間も、薬ではないので特に決まった時間はないですが、胃が弱い方は、食後に飲むことをオススメします。
あとは食事の前や、スポーツの時などに飲むのをオススメします。
特にダイエットを目標としている方は、運動をする30分〜1時間前に飲むと良いです。
何も飲まずに運動した場合と、もろみ酢を飲んだ後に運動した場合とを比べると発汗量が驚くほど違います。
これは、もろみ酢を飲め始めたばかりでもはっきり実感できます。
私自身、汗の違いにビックリしましたが、減量をしたいので、運動する前には必ずもろみ酢を飲むようにしています。
主婦の方の場合は、家事を始める前に飲むとさらに効果が期待できます。

もろみ酢の飲み方としては、そのまま飲んでもよいし、水やお湯で薄めて自分の好みの濃さで飲むと良いです。
水で薄める以外には、「もろみ酢」を焼酎で割ってサワーにしたり、リンゴジュースで割ったり、炭酸水で割ったり、オロナミンCで割ったり、ミルクティーで割ったり、牛乳やヨーグルトで割ったり、スポーツドリンクに混ぜたり、ハチミツを入れたり、レモンやアセロラを加えたり、飲み方はじつに沢山あります。
工夫次第で色々なアレンジをして楽しめます。
自分の好きなアレンジを見つけることがもろみ酢を続けられる秘訣の一つです。
自分にあった美味しい飲み方をみつけて下さいね。

「もろみ酢」は飲む以外にも料理にも使えます。
酢の物や、すし酢やドレッシング、煮魚や煮物など色々な料理に使えます。
もろみ酢を加えることによって、味に深みがまし、より一層美味しさを引き立てるので、調味料の一つとして重宝します。
もろみ酢を飲料として飲む事が苦手な方でも、料理に使えは美味しく、もろみ酢を摂取出来るのでオススメです。
それに家族の健康にも良いので積極的にもろみ酢をとりいれてみて下さいね。

Permalink

シークワーサー もろみ酢

シークワーサー入りのもろみ酢などについて。

・『DHCもろみ酢』720mlで2415円です。
健康食品で有名なDHCがお届けする「もろみ酢」です。
添加物を一切加えず、9種類の必須アミノ酸を全て含み、全部で18種類のアミノ酸を含んでいます。

・『新里酒造・沖縄産もろみ酢(無加糖)』900mlで2625円です。
創業160年の、沖縄最古の蔵元がお届けするもろみ酢です。
添加物は一切使用せず、良質の天然クエン酸を豊富に含んだ「熟成もろみ」を使用しています。
しかも無加糖なので、カロリーが気になる方にも安心して飲んで頂けます。

同じく『新里酒造』がお届けする『沖縄産もろみ酢(黒糖入り)』900mlで2625円です。
黒糖を加えることによって、マイルドで大変飲みやすく仕上がったもろみ酢です。
同じく『新里酒造』がお届けする『もろみ酢ドレッシング(黒糖入り)』220mlで630円です。
もろみ酢と黒糖、シークワーサー等を加えたヘルシーで美味しいドレッシングです。
サラダ以外にも肉料理や魚料理などアレンジ次第で色んな料理に使えます。

・『比嘉酒造のまさひろもろみ酢 黒糖はちみつ入り』900mlで1680円です。
累計150万本の販売実績がある「もろみ酢」です。
蔵元が作っているもろみ酢なので、他のもろみ酢と比べて、鮮度の良いもろみを使用しています。
添加物を加えないために、原料の選別を行い、品質の安定をはかっています。
防腐剤を使用せず、植物由来のユッカ抽出物を使用しています。
黒糖、はちみつが入っているので、適度な甘さがあり美味しく飲めます。

・同じく『比嘉酒造』がお届けする『まさひろもろみ酢 すっきりタイプ』900mlで1260円です。
もろみ酢99%使用し、柑橘系の風味でジュース感覚で美味しく飲めます。
小さいお子様にもオススメのもろみ酢です。

・同じく『比嘉酒造』がお届けする『まさひろもろみ酢L(エル)』700mlで2940円です。
もろみ酢にコエンザイムQ10(細胞の活性化)、α‐リポ酸(糖質の代謝を促進)、L‐カルニチン(脂肪の代謝を促進)の美容成分が含んだ女性にオススメのもろみ酢です。


Permalink

琉球黒麹 もろみ酢

琉球黒麹を使ったもろみ酢などを紹介します。

・『琉球(沖縄)もろみ酢』
焼酎は主に白麹菌を用いて作りますが、泡盛は沖縄独特の黒麹菌を用い、100%米麹だけで発酵させたお酒です。
もろみ酢はこの泡盛からできたお酢です。
黒麹菌からできた「琉球(沖縄)もろみ酢」は、一般の酢と比べて、大量のクエン酸とアミノ酸が含まれています。
気温の高い沖縄だからこそ作れた酢です。

・「石川酒造場」もろみ酢を全量をカメ仕込みで作っています。
カメ仕込みなので大量生産は出来ませんが、品質にはこだわりぬいています。
保存料、防腐剤、添加物、クエン酸粉末は一切使用していません。
「もろみ酢無糖」900mlで3000円です。
「もろみ酢黒糖入り」900mlで3000円です。

・『しそもろみ酢』
「もろみ酢」と「しそ酢」が一緒になったのが『しそもろみ酢』です。
「しそ酢」は、青しそに含まれるロズマリン酸が、糖の消化や脂肪分が腸に吸収されるのを阻害し、αリノレン酸が余分な油を分解します。
「もろみ酢」は、クエン酸とアミノ酸がバランス良く含まれ、ダイエットや健康に効果です。
このふたつの酢が合わさった『しそもろみ酢』は、特にダイエットや、お肌のてかりに効果的です。
テレビ番組で効果はすでに実証されています。

・「もろみ酢.com」500mlで2205円です。

・『紅麹もろみ酢』
紅麹は、酵素の他にVーアミノ酪酸、モナコリン、アセチルコリン等を含んでいます。
紅麹菌は昔から「豆腐よう」作りに使われてきました。
従来のもろみ酢と比べて、紅麹の甘味成分が強く、甘く飲みやすいもろみ酢です。
もちろん、健康にも効果があります。

・「もろみ酢.com」720mlで2100円です。

Permalink

琉球もろみ酢 ダイエット

琉球もろみ酢でのダイエットについて。もろみ酢には、アミノ酸やクエン酸がたくさん含まれているので、健康はもちろんのこと、美容やダイエットにも大きな効果があります。

「もろみ酢」にたくさん含まれているクエン酸によって、クエン酸サイクルが効率よく働くことで、新陳代謝が活発になり体脂肪が分解消費され減量効果が期待できます。
速攻性はありませんが、健康的にダイエットできます。
減量効果を大きくしたい場合は、有酸素運動(ウォーキングなど)の運動前後にもろみ酢を飲むと、脂肪燃焼を効よくさせ、よりダイエット効果が期待できます。
もちろん美肌にも効果があります。
「もろみ酢」は、肌を再生させるアミノ酸や、抗酸化物質のビタミンCやEも含まれているので、美肌やアンチエイジングにも強い味方です。
それにクエン酸もたくさん含まれているので、健康が整うことで、疲れがたまった時にでる吹き出物や、肌の艶が悪くなる、肌あれなども改善されます。
肌の外側からケアーすることも大切ですが、内側からケアーすることも大切です。
思った以上の効果が期待できます。
普段の外側からのお手入れ(化粧水や乳液、美容液、パック、クリームなど)と合わせて、内側からのケアー(もろみ酢やサプリメントの摂取)をすることで、美容の相乗効果が期待できます。
いつまでも若々しく、健康で過ごすためにも、ぜひ「もろみ酢」を飲んでみて下さいね。
もちろん、速攻性はないので、続けることが大切です。

もろみ酢はドリンクタイプのものが一般的に多いですが、ドリンクタイプが苦手な方は、粒タイプのものもあるので、自分に合った方を選んで下さいね。

・「しまのや琉球もろみ酢」1袋485mg×93球入り(約1ヶ月分)で1522円(税込み)。
市販の米酢と比較してアミノ酸が約78倍、クエン酸が約200倍も含まれています。
飲みやすいカプセルタイプなので、ドリンクタイプのもろみ酢が苦手な方にオススメです。
毎月、定期的に購入すれば価格が1365円(税込み)と10%安くなるので、とても経済的です。

Permalink

もろみ酢

もろみ酢について。香酢、大麦黒酢、穀物酢、ハトムギ酢、果実酢、りんご酢、ぶどう酢、バルサミコ酢、柿酢、醸造酢、もろみ酢、合成酢など実にたくさんの酢があります。
その中のひとつ、「もろみ酢」について詳しく紹介します。

沖縄の有名な名産物のひとつに泡盛があります。
その泡盛からアルコール分を除いた「カシジェー」という「もろみ」からとれる天然醸造を「もろみ酢」と言います。
昔は、豚などの家畜に「カシジェー」をエサとして与え「お酢」は体に良いってよく言いますよね。
皆さんも一度はこの言葉を耳にしたことがあると思います。
でも、一言で「酢」といっても、酢はたくさんの種類があります。
例えば、米酢、米黒酢などがあります。
「カシジェー」をエサとして与えて育った豚肉は、品質が良く美味しいということから注目され、その成分は人間の健康にも効果があるということが分かり、「もろみ酢」が注目され始めました。
「もろみ酢」の主な成分は「クエン酸」で、他の一般的な酢の「酢酸」とは違います。

味も「もろみ酢」は、まろやかな甘みとコクのある旨味のある酸味が特徴で、一般的なお酢のすっぱい刺激臭とは違います。
「もろみ酢」は、原料や発酵の違いで分類すると「粕酢」に分類され、独特な香りと褐色の色をしているのが特徴です。
「もろみ酢」は、クエン酸の清涼飲料水のドリンクとして販売されているものが多く、運動する30分〜1時間前に飲むと脂肪が燃焼しやすい状態になり、ダイエットにも効果的です。
ドリンクとして飲む以外にも、普段の料理の中でも「もろみ酢」を使ってみて下さい。
旨味とコクがアップして美味しくなるし、「クエン酸」もたくさん摂取できるのでオススメです。

Permalink