現在制作中のゲームです。
完成時に内容を書き換える予定ですが、先に記事を作成しておきます。
※2018/09/23 新たな情報を追記しました!

リアリティ×マインズ
040

■紹介動画

■ダウンロード
完成後、ふりーむ!様へ公開予定
ブラウザプレイ用のデータは作成しません。

■テーマ
波及する意志のRPG

■公開日
2018年11月頃公開予定

■制作ツール
RPGツクールMV

■プレイ時間
本編のみだと4~5時間程度
サブイベントを含めると本編+1~2時間程度(予定)

■エンディング数
2種類(NORMAL/TRUE)

■ストーリー
王都の兵士になるため日々剣術を磨く男、アストレイク。
いつものように親友と森の中で特訓をしていると、そこで一人の少女に出会ったのだが…
突然襲撃され、彼は意識を手放してしまう。しばらくして目を覚ますと……

なんと少女の姿になっていた!?

■世界観
この世界は「シエルカント・アース」と呼ばれている。
王都シエルカントでは毎年決まった時期に新人兵士の採用試験を行っているが、兵士でも倒すのに苦労する魔物が増えてきているため、志願者は減ってきているという。
またこの世界には、ごく一部の人間にしか見えない特殊な"何か"が散在しているらしい……?

■システム
ごく普通のRPGですが、レベルは上がりません。
・戦闘…ターン制
・戦闘難易度…普通
・エンカウント…シンボルエンカウント制
・戦闘中のみボイスを導入しています。オプションからオンオフの切り替えが可能です。
・難易度は3種類から選択できます。こちらもオプションからいつでも変更が可能です。
・仲間と連携することで戦闘が有利になります。連携は、特定のスキルを使用することで発生します。
・連携を一定回数発生させるごとにSPを獲得します。SPはスキルを覚えていくのに必要なものです。本作品はレベルが上がりませんが、SPを使用することでキャラクターを自由に強化させることができます。スキルツリーシステムを採用しています。
・サブイベントが多いです。ストーリーの関係上期間限定がほとんどですが、ヒント表示システムを使うことで楽に回収が可能です。

■注意
本作は、流血表現はありませんが一部暴力的なシーンがあります。
また同性愛表現に見えてしまうシーンもあるかもしれません。
苦手な方は、プレイをお控えください。

■登場人物
rm01
アストレイク CV:折原 幸平 様【HPTwitter
冷静で常に前向きな男。王都の兵士になることを目指している。

「仕方ない、やるか」

「…怪我は無いか?」

「行くぞ!」


rm08
アストレイク(入れ替わり) CV:幸野 綺華 様【HPTwitter

「仕方ない、やるか」

「…怪我は無いか?」

「行くぞ!」

rm02
シルヴァーナ CV:幸野 綺華 様【HPTwitter
強い魔力を持つ魔術師の少女。内気で人と交流するのが苦手。

「戦うのですね…」

「少しはお役に立てたでしょうか?」

「分かりました!」


rm09
シルヴァーナ(入れ替わり) CV:折原 幸平 様【HPTwitter

「戦うのですね…」

「少しはお役に立てたでしょうか?」

「分かりました!」


rm03
ユーディル CV:藤城 ハク 様【HPTwitter
明るく優しい性格の男。アストレイクの親友で、同じく兵士を目指している。

「手加減しないよ!」

「やりすぎちゃったかな?」

「今だよ!」


rm04
クヴェナ CV:猪芝 佳 様【HPTwitter
明るい性格の魔術師の女。シルヴァーナと行動を共にしている。

「さ~て戦いますか!」

「楽勝楽勝~!」

「オッケー!」


rm05
レフィアン CV:小音 様【HPTwitter
王都で兵士をしている女。その割に戦うのが苦手でよく焦る。

「待ってよ、まだ心の準備が…!」

「怪我してない?大丈夫?」

「頑張る!」


rm06
ラシエド CV:あさみな 様【Twitter
王都で兵士をしている男。たまに冗談で怖いことを言う。

「邪魔をするとは、いい度胸だ」

「暇つぶしにはなったかな」

「構えて!」


rm07
リギットフェルン CV:鴻 文人 様【HPTwitter
怪しい雰囲気が漂う男。この世界について何か知っているようだが…。

「さぁ、始めようか。」

「耐えきって見せてよ!」


■スクリーンショット
085
本作は、初めに本編とサブストーリーを選択することができる。

078
いつも通り特訓をしていた二人だったが……。

086
どうしてこんなことに!?

087
戦闘では、スキルの組み合わせによって様々な連携スキルを繰り出すことができる。

■リンク用バナー
banner
保存してお使いください。

■最後に
(ゲーム公開後に追記します。)