youtubeで動画投稿を行う上で守るべきものがあります。

それがyoutubeの規約です。

特に動画投稿する際に気をつけるべきなのは版権もの。

今回はその対策と対処をお話しします。

1.使わない

まずはこれ。最低限のことです。

絶対に使ってはいけません。

人が使っていて安全そうでも使ってはいけません。

使っている人が対策のプロで誰もまねできないものだったり、使ってる人が収益化する気がなくアカウントを捨てていたり、

今は大丈夫でも将来的にだめになるものだったりとリスクが多すぎます。

また版権曲のカバーやカラオケバージョンでも著作権侵害にかかることはよくありますので使わないのが安定です。

また最近はフリーと思われていそうなボーカロイド曲も規制の対象であることがあるのでこちらも使わないのが無難です。

2.録画・撮影・録音環境に気を配る

いくら素材を使わなくても音を入れる段階の時に版権がかかっている曲や絵が入ってしまうことがあります。

なるべく録画する部屋やデスクトップ内に物を置かないようにして、周りのテレビなどに気を使いましょう。

テレビの素材は版権ものの宝庫です。

少しでも音や絵が入っていただけでアカウントごと消されてしまうなんてザラです。

ジャニーズや巨人などがその一例です。

3.youtube内で調べる

ほかの収益化しているyoutuberが使っている素材は基本的に使ってもよいものを使われています。

そういった成功例を参考にして使っていくのもよいでしょう。