2002年度のデータだが、日本の食料自給率はカロリーベースで約40%。世界の農産物貿易額の1割を占める食料輸入大国だ。1960年には食料自給率が79%あった。


その一方で、期限切れ食品等の廃棄、飲食店や家庭における調理ロスや食べ残しといった、生産・消費の各段階における「食料ロス(食料廃棄)」が非常に多い。国民一人一日当りに供給される食料は約2650キロ・カロリー(農水省資料)。そのうち実際に摂取されるのは約1950キロ・カロリー(厚生省資料)。この差の約700キロ・カロリーにもなり、食料を25%以上を廃棄しているのだ。


このように、日本ではあまった食糧を大量に捨てている。現在、日本では1人1日平均159gの食べ残しがある。スーパーやコンビニの賞味期限切れや売れ残りなどの残飯量は年間700万トンにもなり、世界食糧援助総量の70%に匹敵するほどなのだ。特にロスの大きいものが結婚披露宴で、出される食事の4分の1は無駄になり廃棄されている。一般家庭でも7.7%(うち食べ残し2.9%、廃棄4.8%)の食品を廃棄している(全体としては、コンビニなどの企業の食料廃棄率が圧倒的に高くなっている)。


現在の農業は、石油無しには成り立たない。作物などの輸送はもちろんのこと、冬でのトマトを食べるために、ハウス栽培用に灯油を必要としているからだ、石油の9割以上を輸入している日本では、生産と輸送に必要な石油を計算に入れると、食料自給率は1割程度だとも言われている。

世界では、毎年、約1300万人の人が餓死している。これは、「日本国際飢餓対策機構」のデータによるもので、別の調査機関によると、「アフリカだけで年間に約1900万人の人が餓死しているという報告もある。