2010年02月

2010年02月28日

妖精 ブラウニー

子供が、奇妙なものが見えると訴えてきたことがありませんでしょうか。

またこの子は、妄想か嘘でもついてるのだろうと思うのが普通でしょう。
私も一時はそうでしたから^^

もし子供がこのような妖精が見えると言いましたら信じてあげてください。

ブラウニー


これは、ブラウニーと呼ばれる妖精です。
日本の座敷わらしみたいなものでしょうか。

体長は10cm~数十cm
茶色いボロを身にまとっています。

アイが保育園の頃、
このブラウニーがいろいろ精霊のことについて教えてくれたようなのですが、
理解できなかったようです(笑

最近うちに来なくなりましたが
元気にしてるのでしょうか^^






inlakech at 18:20|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 妖精・妖怪 

2010年02月26日

低級霊と耳鳴り

私たち家族はそれぞれの能力で、低級霊が近くにいれば分かります。

ナイト _ホログラフィーのように見え、会話も出来ます。霊の音(耳鳴り)も。
アイ _ナイトと同じく見えますし会話も出来ますが、最近は自ら遮断。
嫁さん _かなりのボリュームで音(耳鳴り)が聞こえ、ひどい時は頭痛などを伴います。
私   _かすかな音(耳鳴り)で聞こえます。

低級霊が近くにいればどのような音がするかというと、
ちょうどスズメバチのように
ブ~~~ン  ブ~~ン   と低い音がします。
これは私、嫁さん、ナイトに共通して同じように聞こえます。

ナイトとアイは全く同じように見え、姿もいろいろのようです。
ほとんどが人間の原型を残しておらず、妖怪のようです。

1年ほど前、私が調子をこいてナイトの能力でナビをしてもらい
光の剣(エネルギーの剣)を出して破壊したことがあるのですが、
その後、仕返しに10体以上もやってきました。
ホントきりがなく疲れた覚えがあります。
下手に相手をするものではない教訓を得、
最近は無視か大天使ミカエルに退治してもらっています。
こんな感じに、

嫁さん  「なんか玄関の方から耳鳴りがするね」
私     「アイ、なんかおるか見てきて?」
アイ  「うん」
アイ  「赤い目が光っとった」
私     「ナイト、お化けがおるか見てきて?」
ナイト  「真っ黒でね、赤い目のお化けがおる」
ナイト  「あっちに行け!」 
低級霊  「いやだね」
ナイト  「いやだねって言うた~」 
私     「ナイト、大天使ミカエルにやっつけてもろうて」
ナイト  「大天使ミカエル来てください!」
ナイト  「来た!」 瞬時に
私     「外におるお化けをやっつけてくださいって頼んで」
ナイト  「外のお化けをやっつけてください!」
ナイト  「やっつけた!」 瞬殺
私     「大天使ミカエルありがとうございましたは?」
みんな  「大天使ミカエルありがとうございました!」
ミカエル 「どういたしまして」
ナイト  「どういたしましてって言うた~」
私     「大天使ミカエルまだおる?」
ナイト  「もう帰った」

こんなやりとりは、私たち家族の日常です。
最近、低級霊はほとんど来なくなりましたが。

この時見た低級霊をアイが書いていますのでアップします。

悪霊


破壊された低級霊は、より力の強い低級霊などのイタズラによって
縫い合わされて再生されたりもするとカウンセラーSさんから教えていただきました。

アイが書いた、再生された低級霊の絵です。
低級霊1

カウンセラーSさんも、こういう低級霊をよく見たと言っていました。

Sさん  「ほん~とっ、あの人たちは暇だから」
Sさん  「何もないところで歩行者をこかせて笑ったりとか」
アイ    「前にね、シッポのあるお化けが、このシッポはこかすためにあるって言ってた」
私    「物理的に働きかけることができるんじゃね~」


私たち家族は
この物理世界と目に見えない世界がオーバーラップされた世界に
生活しています。

それが日常です。
そして、みなさんの日常にもなりえるのです。
私たちがそうでしたように。



inlakech at 10:38|PermalinkComments(9) このエントリーをはてなブックマークに追加  

2010年02月25日

ナイト 家族最強の霊視能力

息子の名は、ナイト(仮名)。
保育園年少の4歳です。

新たな世界の平和輝きとなるように名づけました。

アイ(仮名)と嫁さん、本人によると、
ナイトのオーラの色は赤色。

物心ついた頃から、霊、低級霊、妖怪、光の存在、エネルギーなど、
私たちが肉眼では見えない存在や物が、
それはもう、バンバンに。 (笑

最初の頃は、妄想か嘘をついているのではと、鎌を掛けたり、
アイに本当かどうか確認してもらったりしましたが
本当に当たり前のように見えていました。

ナイトは天使を絵や画像でも知りませんでしたが、
初めて大天使が見えた時のこと、

パパ    「ナイト、大天使ラファエル、来てくださいって言ってごらん」
ナイト  「大天使ラファエル  来てください!」
ナイト  「来た!」 瞬時に
パパ    「どんな風に見える?」
ナイト  「羽がはえとる」
パパ    「何色?」
ナイト  「緑色の服着とる」
パパ    「髪はどんな?」
ナイト  「パパみたい」

天使には本当に羽があるのですね。
その時に見えた姿に一番近い画像をご紹介します。
大天使ラファエルは、実際はこんな感じらしいのです。


ArchangelRaphael




inlakech at 15:54|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 家族 

アイ インディゴチルドレンの娘 

インディゴチルドレンをご存知でしょうか。

オーラがインディゴ(藍色)色のバイブレーションを放っていることからその名が付き、
新世紀・新時代を迎え入れる、その準備のために特別な使命を持った天からの使者です。

私の娘の名は、アイ(仮名)。 クリスマス生まれです。
草のような人にも花のような人にも分け隔てない母のように
宇宙の全ては一つと知る光となって欲しいと名づけました。

アイは今、小学校1年生になります。
アイが、透視や霊が見えたりすることに気付いたのは2歳の時でした。
6歳の時に受けたカウンセリングで、アイの背後の存在から、
アイが天から使わされたインディゴチルドレンであると知らされました。
4年前このブログで、もしかしたらこの子はクリスタルチルドレンかもと
書いたのですが、インディゴチルドレンの方でしたね。
私以外の嫁さん、息子、アイはオーラが見えるのですが、
嫁さんと息子は、アイのオーラの色はやはりインディゴブルーであるといいます。

ここで娘について紹介したのは、
今後、このブログで語る登場人物の説明といったところでしょうか。
アイの周りで起きた出来事などは、後ほど詳しくお話しすることにして、
次は、息子について紹介したいと思います。


10438411



inlakech at 15:10|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 家族 

2010年02月24日

アースエンジェル -ブログ復帰-

4年3ヶ月ぶりにブログを更新します。

今振り返れば、
あっという間のような
長い道草のような。

子供二人をもうけ、日々の生活というか
物理世界にどっぷりとつかり
スピリチュアルな物事を感じたり考えたりする余裕がありませんでした。

しかし
私の好き嫌い、信じる信じないなど関係なく
その世界、道へと引き戻されたというか
目に見えない世界が日常の一部となってしまったのです。

天使  精霊  妖怪  低級霊 ・ ・ ・

みなさんは、そういったものを信じていますか?
以前の私は、信じていなかったというか興味がありませんでした。

私たち家族全員にとって
それらを信じるとか信じないとか、誰かに信じて欲しいとか
そういった次元の話ではないのです。

私はこのブログで今まで体験したこと、これから日々起こる出来事を
みなさんと共有したいと考え、復帰いたしました。


これから私が語ることは私たち家族の

日常であり現実なのです。



20060501_166217



inlakech at 21:08|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 今日