【ユウト】 目に見えない世界の友人エネルギーチャージ 須佐神社

2010年03月25日

死神 骸骨の霊

この事を語るのは、
正直かなりためたっていました。
しかし、
美しいことばかりを語るのではなく、
陽と陰、正と負を大きな幅で経験する
私の使命の一つと思っています。

この先を読み進んでいくにあたって
約束をして欲しいのです。

自分の周りに好きな色で光のマユのようなシールドを
イメージしてください。
想像するだけで大丈夫です^^
そして、これから語ることは
みなさんの現実ではありませんので怖れないでください。
シリアスな雰囲気になってきていますが(笑

準備は出来ましたか?


この話しは、私が低次元の谷底へと落ちてしまった頃の
私たち家族に起こった話しです。
私たちの住んでいる地域は、
海があり山があり景色のいい所なのですが、
歴史的背景を見ると、良くない場所なのです。
住宅の裏の山の頂上は、
明治時代、呉軍港へのソ連のバルチック艦隊入航を阻止するため、
砲台が造られました。
その時に沢山の朝鮮人が奴隷として連れてこられ働かされていたそうです。
(これはつい最近知った事です)
そして、広島に原爆が投下された時には、
沢山のご遺体がすぐ近くの海岸に打ちあげられたそうです。
そういった関係で住宅の周辺はもう、
霊などの動物園的な感じになっているのですね(笑
娘のアイが1歳の時にここへ越してきて、
その1年後、息子のナイトが生まれ、
ナイトの能力に気付いた頃は、
低級霊などのお祭り騒ぎ状態の中に住宅があることに気付きました(笑
私はその頃、プロダイバー(潜水士)をしていたのですが、
仕事が激減し、ほとんど失業状態となったのをきっかけに
怖れが悪循環となって、自律神経失調症からパニック障害となり、
落ちるところまで落ちました\(^▽^@) アハハ
低次元へも^^
さ~ら~に、
この頃、ナイトとアイは、
頻繁に骸骨の霊が部屋の中に来ていると言うようになりました。
(※複数の霊が重なると骸骨の霊となるらしいのです)
そしてある日、事件が起こったのです。
お昼に子供たちは仲良く絵本を読んでいたのですが、
急に二人ともある壁を凝視して固まって何も言わないのです。
私は子供たちの様子がいつもの低級霊などを見た時の反応と違うので
何かヤバイ! そう感じたのです。
やっと口が開けるようになった子供たち。

私     「何が見えるん?」
ナイト  「黒いトンネルがある」
アイ    「黒いトンネルから死神が出てきた!」
私     「どうして死神って分かるん?」
アイ    「自分で死神って言ってた」
       (子供たちは死神という言葉すら知りませんでした)
私     「どんな姿なん?」
アイ    「骸骨がね、マントみたいなの着とる」
ナイト  「パパ! 骸骨が、こっちへおいでって言うとる・・・・」
二人    「パパ怖いー!」
私     「アイ、死神の絵を描いてみて」



その時の絵がこれです。
死神1



この絵を見たとき、
今の自分たちには手におえないと直感し、
すぐに広島市内にいる友人のカウンセラーSさんに電話し、
起こっている事を話しました。

Sさん   「それはヤバイね~!」
Sさん   「親戚か誰か、自分で命を絶った人おる?」
嫁さん  「私にはいないと思うんですけど」
嫁さん  「パパ~、親戚で誰か自殺した人おる~?」
私     「う~ん、おらんと思うんじゃけどね~」
Sさん   「それと最近、近所で亡くなった人おらん?」
嫁さん  「え!!! います!」
Sさん   (小さい声でぼそぼそっと)「ヤバイね」
Sさん   「ちょっと部屋から出てくれんかね」
      嫁さんは言われた通り外に出る
Sさん   「死神に会話を聞かれたらだいなしじゃけんね」
Sさん   「その二人の霊が関係して死神が来とるんよね~」
Sさん   「わかった、今日の夜そっちに行くね、9時に」
嫁さん  「今日ですか? 」
Sさん   「ほんと、早い方がええけんね~」
嫁さん  「わかりました。お願いします」
       ・
       ・
       ・
      電話を切った後
嫁さん  「誰か自殺した人、おったっけ~?」
私     「・・・・・」
私     「おるじゃん! あっこで自殺したじゃん!」
      嫁さんは鳥肌が立って言葉が出ていませんでした。


夜9時にSさんに来てもらい、
黒いトンネルをふさぎ、死神も退治してもらいました。
(退治の様子は省略します)

Sさんにアイが書いた絵を見せて
Sさん  「そうそう、こんな感じ」
Sさん  「このマントみたいなの何かわかる?」
Sさん  「これはね~、人間の皮なんよ」
嫁さん  「ええ><」
Sさん  「それからね~、霊が複数重なると、骸骨のようになるんよ!」
Sさん  「子供たちが危なかったから、ほんと早く知らせてもらってよかった」
Sさん  「子供たちは少しの間、死神の残像みたいなものが見えるかもしれないけど」
Sさん  「それは、退治した後のカスのようなものだから」

子供たちはそのように、2、3日そのカスのようなものが見えていました。
黒いトンネルは子供たちに尋ねると、
扉でふさがっているといい、カスがなくなるのと同時に消えました。



どうしてそのような場所に
いまだに住んでいるのですかと、質問が聞こえますが(笑
もう、低次元の底から這い上がってまいりましたし、
私は自分をいじめて鍛えるのが好きなのかもしれませんね^^
子供たちも、たくましく育っています^^
私の能力についてはまたいつかお話ししますが、
家族は私の能力を信頼してくれていますし、
今では大天使ミカエル、大天使ラファエルたちも付いています。
怖いどころか、結構楽しんでいるのかもです^^
嫁さんだけは、30後半のせいなのか、
「イライラする!」らしいです(笑
真面目な話しに戻りますが、
私たち家族の痛み、全ての経験は、
みなさんに教えと癒しにつながると信じています。


骸骨の霊や死神が見えた時には、
ちゃんとした方にご相談ください。
子供たちがこのようなおかしな事を言った時には、
信じれなくても、万が一と思い、
最善をつくしてください。


私たち家族のこの経験が、何かの参考になればと思います。



inlakech at 13:29│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【ユウト】 目に見えない世界の友人エネルギーチャージ 須佐神社