2016年11月

2016年11月27日

SEXとエネルギー交換(循環)

 
読む前にクリックいただけましたら幸いですm(_ _)m
☆ 人気ブログランキング ☆
今日も一日、天使たちと共に、
みなさんの幸せをお祈りさせていただきます!


このお話は一年ほど前に、
エーリカさんから訊いたお話なのですが。

参考記事【エーリカさんの秘密】

お話がお話だけに、
みなさんどなたも、あまりこういったお話をしたり、
記事にされていませんし、
私でさえ躊躇していました^^;

ですが、高次存在たちとのお話をシェアすることを、
このブログを始める前に、
天使たちと約束しましたので、
勇気を持って、みなさんにお話したいと思いますm(_ _)m


みなさんもふと考えたことがあるかと思うのですが、
SEXを行うことに、どのような効果、働きがあるのか、
エーリカさんに訊いてみました時のお話です。

Naru  「娘には訊きにくいことなんで、エーリカさんに訊くんですけども」
Naru  「男女のSEXのことなんですけども」
Naru  「これは、愛のあるSEXと無いSEXでは違うものなんですかね?」
 
エーリカ 「はい」
エーリカ 「違いますね」
 
Naru  「やっぱり、SEXするってことはお互いにとってメリットというかいいことなんですか?」
 
Naru  「とうのが、子供を産む以外にSEXを行うことについてなんですけども」
 
エーリカ 「うん、はい」
エーリカ 「子孫を残す手段の一つとして捉えていらっしゃると思いますが」
エーリカ 「決してそれだけではないと思います」
 
Naru  「身体にどのような影響があるんですかね?」
Naru  「いい影響といいますか、SEXすることによって」
 
エーリカ 「Naruさんがおっしゃっている~、愛のある、性交、というのは~」
エーリカ 「愛のある性交自体、人間の波動を上げていく」
エーリカ 「う~ん、そうですね」
エーリカ 「一度、魂が、宇宙に、帰ると言いますか」
エーリカ 「わかりますか?」
 
Naru  「ああ、宇宙!」
Naru  「オーガズムの時に二人が宇宙に帰ることを体験するためということですか?」
エーリカ 「うん、そうですね、それが一番近いかと思います」
 
Naru  「その宇宙に帰るという体験は、
      お互いの性器を合わせている間ずっと起こるんでしょうか?」
Naru  「それともオーガズムの時だけの体験なんでしょうか? 
      その宇宙に帰るっていうのは」
 
エーリカ 「いいえ、二人が~、交わっている時間ですね」
Naru  「に、宇宙に帰っているんですか?」
エーリカ 「そうですね」
 
Naru  「じゃあ、瞑想に近いものがあるんでしょうか?」
エーリカ 「う~ん、瞑想とは~、またちょっと違いますね」
 
エーリカ 「二人の魂がクリアになるといいますか~」
エーリカ 「わかりますか~? 」
Naru  「ああ~、ちょっとわからないです 」
Naru  「クリアになる??? 」
 
Naru  「私のゼロ・クォンタムのような、再構成ということでしょうか?」
エーリカ 「う~ん、そうですね~、う~ん」
Naru  「物理的に例えるなら、身体が一度バラバラになって、
      また元のようにくっつき、純粋な形に再構成されるということでしょうか?」
Naru  「私のイメージではそういう感じかなと思っただけなんですけども」
エーリカ 「そういう感じでもいいでしょうか」


参考記事【【ゼロ・クォンタム】 フィールド無きフィールド】
 
Naru  「私たちは本当は常にこの肉体をこのままの状態(形)で
      保っているわけではなくて」
Naru  「実際には、毎瞬毎瞬というか、肉体が壊れては造り壊れては造りという、
      一秒間の間に何回もものすごいスピードで
      破壊と再構成を繰り返していると言われていますが」
エーリカ 「うん、あっていますね」
 
Naru  「その感覚を、実感する、う~ん、何て言えばいいかわからないんですけど」
Naru  「難しいんですけども、表現が」
 
エーリカ 「う~ん、伝わりますか? え~~」 
       エーリカさんたちは、言葉を発する前にテレパシーを送っているようで
 
エーリカ 「宇宙のエネルギーを、体内に、入れ込む? 戻す? んん?」 
       私たちの言語に置き換えるのが難しいようで
エーリカ 「そのような感じですね」
Naru  「宇宙のエネルギーを体内に戻す! 」
エーリカ 「はい 」
 
エーリカ 「お二人のエネルギーが~、循環しますね」
Naru  「ちょっと絵を持ってきますんで、見てもらえませんか?」
 
絵を見せて

お借りした絵1
 ※ある画家の絵をお借りしました!
 
Naru  「実際にこんな感じで、エネルギーが見えるんでしょうか?」
Naru  「それとも誇張した感じなんでしょうか?」
 
エーリカ 「これはNaruさんが描かれましたか?」
Naru  「いいえ、違う方が描いたものなんですけども」
 
エーリカ 「う~ん、そうですね~ 」
エーリカ 「うん」
エーリカ 「これに近いですね」
 
Naru  「この絵に描かれているような、放射するエネルギーも出ているんでしょうか?」
エーリカ 「そうですね」
 
Naru  「ここに8の字型のエネルギーの流れも表現されていますが」
Naru  「こういたエネルギーも出来るんですか?」
エーリカ 「そうですね」
 
Naru  「この絵の上から書いてもいいんで」
Naru  「エーリカさん視点で、エネルギーが、どういう風に循環するか、
      書いてもってもいいですか?」
Naru  「このマジックで書けますんで」
Naru  「これでですか?」 マジックを手に取り
Naru  「はい 」
Naru  「こんな感じで流れてますよ~、っていう感じというか状況を描いてもらえますか」
エーリカ 「はい」
 
絵の上からエネルギーの流れを表現する線を描き始め
 
Naru  「それは背骨に沿ってですか?」 男性側の丹田辺りから背骨に沿って描き始め
エーリカ 「そうですね」

お借りした絵2
 
Naru  「そういった大きな流れが一つ出来るということですか? 循環は」
エーリカ 「そうですね」
 
お借りした絵3

Naru  「それが一番大きな、メインの流れになるんでしょうか?」
エーリカ 「う~ん 」
エーリカ 「これは、肉体の、内側ですね~」
Naru  「はい」
エーリカ 「外側も~、ありますね~ 」
 
外側の線を書き始めて
 
Naru  「外側にもそのように、エネルギーが循環すると?」
エーリカ 「そうですね」

お借りした絵4

エーリカ 「とても複雑なんで~、表現しにくいのですが」
Naru  「全部が全部、詳細に書かなくても大丈夫なんで^^ 」
Naru  「大体のエネルギーの流れを教えていただければいいんで」
エーリカ 「はい 」
 
小さな円を描き始めて

お借りした絵5

エーリカ  「あとは~、性器部分ですね」
Naru  「性器の周りも、そういう風に円形で循環すると?」
エーリカ 「そうですね」
Naru  「へえ~ 」
 
エーリカ 「つまりは~」
エーリカ 「触れ合っている部分、全てですね」
 
エーリカ 「手を繋いでいれば~、手からも~、流れます」
 
エーリカ 「肉体が~、触れ合っている部分、全てです」
Naru  「まあ、細かく言えばということですか?」
エーリカ 「そうですね」
 
Naru  「SEXの時に限っては、このようなエネルギーの流れが生まれるってことですか?」
エーリカ 「はい 」
 
エーリカ 「性交自体~、お互いのエネルギー交換になりますので~」
 
Naru  「じゃあ、例えば~」
Naru  「エネルギーを多く持っている者と少ない者がいると思うんですけども」
エーリカ 「うん 」
Naru  「それは、どういう風な循環の仕方になってくるんですか?」
 
Naru  「例えば、私の方が大きくて、イナンナの方が小さい場合は~」
Naru  「大きなエネルギーを、イナンナの方へ分け与えるとか」
 
エーリカ 「そうですね」
エーリカ 「分け与える認識でよいかと思います」
エーリカ 「少ない方の場合は~、与えられる量が少ないので~」
エーリカ 「エネルギーの多い方から~、補充する形になります」
 
エーリカ 「そういう場合はやはり、性交の回数を~、増やした方が良いかと思います」
 
エーリカ 「つまりは~、んん?」
エーリカ 「【病気】という言葉はありますか?」 
       何か私たちが【病気】と思っている概念の捉え方が異なるようで
Naru  「はい 」
Naru  「不調という言い方もしたりしますね」
エーリカ 「ああ、はい、そうそう、それですね」
エーリカ 「不調な時ほど~、性交をするのが良いですね~」
Naru  「不調な時ほど? @@ 」
エーリカ 「はい 」
 
Naru  「じゃあ例えば~、私たちの場合、
       イナンナとどれくらいの頻度で行えばいいんですか?」
Naru  「例えば、週とか月とかで何回といった感じで言うならどれくらいですか?」
エーリカ 「私の認識からいくと~、毎日でも良いかと思います」
Naru  「毎日@@ 」 
 
Naru  「それは~、イナンナと私に限ってですか?」
Naru  「それとも一般的にはどれくらいになりますか?」
エーリカ 「一般的??? 」 一般的の概念がまた伝わらないようで
Naru  「人類は、何億人という数の人がいますが」
Naru  「その全ての人でなくても、平均的に当てはまる人ということでしょうか」
 
エーリカ 「そうですね」
エーリカ 「本来なら~、そういった方々も~、毎日の方が良いですね」
Naru  「一般的にもですか?」
エーリカ 「はい 」
 
エーリカ 「でも~、みなさんにとって~、毎日の認識が薄いですね~」
       アカシックか何かを読んでいるようで
エーリカ 「なぜですか?」

Naru  「毎日の認識が薄い、とは?」
エーリカ 「毎日性交をすることに抵抗しているのですか?」
Naru  「そういった時間を作りにくい社会になっているとは言えますね」
エーリカ 「なるほど 」
 
Naru  「では、最低でも週に何回とかっていうのはありますか?」
エーリカ 「週ですか~ 」 週という時間間隔(感覚)を調べているようで
Naru  「週というのは、太陽が地球を一回りして夜と昼が起こりますよね」
Naru  「これが7回というのが週という時間になります」
エーリカ 「はい 」
Naru  「その中で何回といった感じでしょうか?」
 
エーリカ 「そうですね~」
エーリカ 「少なくとも7回のうち3回はしていただきたいですね」
エーリカ 「う~ん、3回では少ないですね~」 
 
また上の世界とコンタクトというか、アカシックレコードでも読んでいるような風で

参考記事【リビアングラスのパワーとアカシックレコード】
 
Naru  「3回でもですか? @@ 」
エーリカ 「はい 」
エーリカ 「う~ん、3回 う~ん 」
Naru  「3、4回といった感じですかね」
エーリカ 「そうですね」
 
Naru  「私も毎日は難しいかと思うんですが~、無理かと思うんですが~」
Naru  「出来るだけ分け与えてやりたいとは思っているんですが」
エーリカ 「そうですか~、みなさん(特に日本人?)には毎日の認識が無いのですね~」
エーリカ 「そうですか~ 」
 
エーリカ 「毎日が難しいのであれば~」
エーリカ 「うん、抱きしめるとか~」
エーリカ 「手を繋ぐとか~」
エーリカ 「そのような事でもかまいません」
 
Naru  「例えば、SEXを~、100%のエネルギー交換とした場合」
Naru  「抱きしめる、または手を繋ぐっていう場合では、
       どれくらいの効果があるんでしょうか?」
Naru  「何パーセントまでダウンするというか」
 
エーリカ 「そうですね」
エーリカ 「肌を触れ合う、ということ自体がとても大切なので」
エーリカ 「Naruさんのおっしゃる性交が100%であるなら」
エーリカ 「抱きしめるだけで~、80%ですね」
Naru  「最低どれくらいでも、行ったほうがいいっていうのはありますか?」 時間的に
エーリカ 「それは、ありません」
エーリカ 「手を繋ぐだけでもいいですね」
 
Naru  「SEXの時の体位というのは、エネルギーの流れに関係してきますか?」
エーリカ 「体位? 体位と申しますと?」
Naru  「例えば、前から行うとか後から行うとかという方法で
       違いがあるかということですね」
エーリカ 「あ、はい、違いはありませんね」
エーリカ 「長時間、触れ合うことが大切ですね」
エーリカ 「お二人が~、感じる事の方が、大切ですね」
Naru  「体位よりも、感じることが大切?」
エーリカ 「はい 」
エーリカ 「エネルギーが上昇する事の方が大切ですね~」
Naru  「エネルギーの上昇を意識するってことですか?」
エーリカ 「はい、あってます」
 
Naru  「さっきの話で、エネルギーの大きな者から小さい者へ
      分け与える話をしたんですけども」
Naru  「例えば、ある人が100という数値である人が50だったとします」
Naru  「この場合は、分け与えてお互いが同じずつになるってことですか?」
Naru  「それとも、相手が受け取れるエネルギーのキャパシティーだけってことですか?」
エーリカ 「はい、相手が吸収できるだけですね~」
Naru  「その人その人によって違うってことですか?」
エーリカ 「はい、そうですね~」
Naru  「私たちはそれを、容器というかエネルギーのキャパシティーと言っていますが」
Naru  「その容器の大きさ分、キャパの大きさ分っていうイメージでしょうか?」
エーリカ 「そうですね」
 
 
 エーリカさんから聞き逃した事を、
補足としてラファエルに訊いてみました。

参考記事
【ラファエルの姿】
【ラファエル先生の新作画像】
【天術 ラファエルキナンボール】

私たちは、直接肌と肌が接触しなくても、
ある程度はエネルギーの循環が生まれるといいますか、
お互いのエネルギーのやり取りが生まれているのだそうです。
だいたい平均で、1mの範囲を意識してくださいとのことでした。

この距離以内に2人以上の人間が存在すると、
良くも悪くもエネルギーの循環がある程度起こるようです。

参考記事【【ワークフィールド】伸び縮みするエネルギーフィールド】

例えば、電車に乗って座席に座ると、
肩の触れ合った見ず知らずの人や前でつり革を持った人と、
エネルギーのやり取りが起こっているということですね。

それだけでなく、相手があるソートフォームを持っていると、
エネルギーと一緒にソートフォームをいただく場合もあります。

参考記事
【ソートフォーム感染 (2016年6月の月光浴)】
【邪気って移るの@@】

また、相手と直接肌と肌が触れ合うお仕事をしている方は、
経皮吸収によって、ソートフォームや物理的にも毒素をもらったりもします。

相手と愛し合える、好意を持てあう関係にない場合は、
エネルギー的にも物理的にも、
プロテクトを意識していただきたいと思っています。

以前お話しました、
丹田シールドという方法が手軽でいいかもですね^^

参考記事【手軽にプロテクト! 丹田シールド】

 丹田シールド
丹田シールド7

電車の中などで、これを行ってみられてはと思います^^

また、プロテクトが苦手な方は、
何かしらの方法で、エネルギーを補充したり、
またはシールド系ブレスをするのも良いかもですね^^

須佐神社伊勢神宮などのパワースポットに行くことも出来ないし、
その他のエネルギーを吸収する方法を知らないようでしたら、
キナン急速フルチャージブレスもいいかもですね^^

参考記事
【キナン(Kinan)と吸収法】
【エネルギーチャージ 須佐神社】
【神迎祭に行ってきました】
【伊勢神宮へお参り】


良くも悪くも、
日常で起こっています周りとのエネルギー交換について、
意識していただけましたらと思います。

また、
愛を持ってお互いにハグしたり手を握ったりし、
お互いのエネルギー体をクリアにしていただけましたらと思います^^


ツキが生まれてバタバタとしていまして、
なかなか出来なかったのですが。
一カ月ぶりのアースグラウディング。
天気も秋晴れで、久々に気持ち良かったです^^
白濁していたエネルギーが無色透明にクリアになる感じがしますね。

一カ月ぶりのグラウディング


参考記事
【キナンボールとトーニング(倍音)実験】
【キナンボール実験 『ん』と義経】
【キナンスライム】
【キナンボールと言霊】
【チャクラ・オーラと倍音実験】
【情報ボール・オーバーライト】
【キナンボールを使用した防御シールド】
【キナンボール遠隔実験】
【キナンボールとレイキのシンボル】
【小さいおっさん 東京都Tさんのお話】
【Tさんご家族のキナンボール体験談】
【キナン急速フルチャージブレスレット】
【久々の須佐神社^^ リアルパワーチャージ】
【8月東京・長野出張② 諏訪大社】
【出雲にお参り 2016年夏のパワーチャージ】
【出雲神話まつり(花火大会)って知っていました?】
【病気の原因と解決策の講演会へ (また断食しました)】
【心霊スポット・廃墟の憑依の危険性】
【名古屋での霊障調査とナイトのお手伝い】



アースライトワーカーを応援してくださっているみなさんにお願いがあります。
1日一回、下のランキングボタンを押していただけましたら幸いです^^
下のボタンを押すとランキングが上がります。
いつもご協力ありがとうございますm(_ _)m 

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ  精神世界ランキング









 ラミエルブレスレット販売サイト -ルナミラ・ラミエル- http://www.galaxycore.jp/index_ramiel.html

 iPad.iPhone用ラミエルブレスレット販売サイト http://www.galaxycore.jp/index_ramiel_apple.html

 ヒーリング・調査サイト -ルナミラ・ラミエル-http://www.galaxycore.jp/index_seraphim.html

 初めてお越しの方はこちらの記事から! http://blog.livedoor.jp/inlakech/archives/51693800.html 




スマホですでにLINEをされている方は、
よろしけらば下の【友だち追加】ボタンを押していただき、
友だち登録をお願いいたします。

友だち追加

詳しい方法またはパソコンでの友だち追加はこちら!




このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年11月22日

赤ちゃんは超能力者 テレパシー


今朝の東北の地震はびっくりまししたね@@
前回ほどの被害がありませんで、
本当に本当に本当に良かったです!


まず、みなさんにご紹介のタイミングを逃した、
新たな霊的存在の家族を簡単に紹介しておきます^^ 

名前はショウ君。
イナンナのチャネリングによって現れる存在です。

歳は分からないのですが、
ナイトが4年生の時に、
 ナイトのことをお兄ちゃんと呼んでおり、
身長はナイトよりも少し低いくらいだと言うので、
小学3年生くらいなのではと思っています。

好きなものは、
歴史で特に織田信長。
好きな食べ物は、味噌ラーメンとメンマ(笑

そんなショウ君が、
ツキが生まれてこの間、
久々に現れて来た時のお話です。

ショウ君 「お父さん久しぶり!」
パパ    「あ! ショウ君@@  」
パパ    「久々じゃね~^^ 」

ショウ君 ???
ショウ君 「このテーブル、温かいね~、どしたん?」
パパ   「【こたつ】っていうんよ!」
パパ   「テーブルの下に、暖める機械が付いとるんよ^^」
ショウ君 「ふ~~ん 」
パパ   「コタツ初めて?」
ショウ君 「うん」

ショウ君 「みそラーメンある? 」
パパ    「みそラーメンは無いね~^^; 」
ナイト   「尾道ラーメンならあるよ^^ 」

パパ   「これ! 」 冷蔵庫から出してパッケージを見せる
ショウ君 「んんラーメン? 」 【尾道】の漢字が読めないようで
パパ   「ん? ショウ君、漢字読めん?」
ショウ君 「うん 」
パパ   「ひらがなとカタカナは読めるんよ? ^^ 」
ショウ君 「うん 」

ショウ君 「おのみちラーメンって何? 」
パパ    「醤油ラーメンみたいなの 」
ショウ君 「みそラーメンじゃないならいい」
パパ   「おのみちラーメン美味しんよ~^^」
ショウ君 「じゃあ、メンマある?」
パパ   「メンマも無いね~^^; 」
ショウ君 「じゃあいい」
パパ   「おのみちラーメン美味しいのに~^^ 」
パパ   「いっぺん食べてみんちゃいや~^^ 」
ショウ君 「全部食べれんかもしれんもん」
パパ   「全部食べれんでもええよね~ 」
パパ   「食べれんかったらパパが食べてあげるけえ、氣にしんちゃんな^^b 」
ショウ君 「ホンマに~? 」
パパ   「ホンマよ~ね~^^  」
パパ   「パパが食べんでも、ナイトが食べたがっとるわ(笑 」 夜に小腹がすいているようで
ナイト  ^^
ショウ君 「じゃあ食べてみる 」
パパ   「じゃあ、ちょっとだけ待っといてね」
パパ   「今から作るけえ」

5分ほどで尾道ラーメンを作って

パパ   「ハイどうぞ!」
ショウ君 「いただきます!」

行儀良く「いただきます」が言えるのは、
以前、あちらの世界の食事の時に言わなくて、
エーリカさんに注意された事があるらしいのですね。

パパ   「どう? ^^ 」

ショウ君 「お父さんの作るラーメン、麺が硬目じゃけえ美味しよね^^ 」
       前に出て来た時に味噌ラーメンを作ってあげまして
パパ   「ほうね^^ 」
パパ   「おのみちラーメンも美味しかろ~^^ 」

ショウ君はあっという間にラーメンを食べ終えて

ナイト   「ショウ君、スープ飲んでもええ?」 実はナイトの尾道ラーメンでした^^;
ショウ君 「ええよ 」

パパ   「ショウ君、みかんもあるけえみかん食べんさい^^ 」
ショウ君 「みかんて何?」
パパ   「目の前にあるオレンジ色の丸いの」 
パパ   「ナイト、ミカンの皮、剥いじゃらんけえ」
ナイト   「うん」

ナイトがみかんの皮を剥いて渡し、
ショウ君はそれを口に入れ

ショウ君 ゴクン!
ショウ君 「味がない」 丸飲みしたようで^^;
パパ   「飲んじゃあいけんよ~(笑 」
パパ   「カミカミせんと~^^; 」 

ナイトが再びみかんを渡してショウ君が口に入れて少しして

ショウ君 「なんか、味が無くなってきた」 ガムみたいに噛んでたようで^^;
ショウ君 「最初は甘くて美味しかったけど」
パパ   「ゴックンせんと~^^; 」
ショウ君 「いつするん?」
パパ   「甘い汁が無くなってくるかな~ってタイミングでゴックンしんちゃい」

3回目からは、上手に食べれるようになりました^^

ツキはおしっこをしたのか、ぐずりだして

ショウ君 「赤ちゃんかわいいね^^ 」 ツキに氣付いて
ショウ君 「星と蒼、久しぶり^^ 」 ツキに手を振りながら
         参考記事【生まれる前のわが子の魂 星と蒼】
パパ   「分かるんじゃ@@ 」 赤ちゃんが星と蒼であることを
ナイト   「赤ちゃんに、ツキって名前付けたんよ^^」
ショウ君 「お母さん探しとるよ」
パパ   「ショウ君分かるん? @@ 」
ショウ君 「お父さん、聞こえんのん? 」
パパ   「何が? 」
ショウ君 「お母さんどこ? お母さんどこ?ってようるじゃん^^; 」
パパ   「星と蒼が? 」  
ショウ君 「うん 」
アイ    「ショウ君凄いね~@@ 」
パパ   「分からんのんか? 」
アイ   「そこまでは^^; 」

アイ   「お姉ちゃんが抱っこしてあげよう^^ 」

アイがツキを抱っこしたのですが、
まだちょっぴりぐずっていまして。

ショウ君 「お姉ちゃんでまあいいか!ってようるよ」
アイ      「なんなんそれ~、ショック~^^; 」
パパ   笑

ぐずるのを紛らわそうと、
アイがミルクを少しだけ作って与えようとすると

ショウ君 「お姉ちゃん、ビンの蓋がしっかり閉まってないってようるよ 」 ツキが
アイ    「ええ^^; 」
ショウ君 「お母さんが前に同じことして、服がビショビショになったけえ、
       氣をつけてだって」
アイ    「ああ^^; 」
パパ   「ツキはお腹すいとるんかね?」
ショウ君 「ちょっと前に、白湯とおっぱい飲んだけど、
       まだ飲みたいかなって 」

アイはツキにミルクを与え始めて

パパ   「パパが抱っこしたら泣き止むのは何でなんか訊いてみて」
       パパのことが大好きという答えを期待して
ショウ君 「お父さんの体温が温かくて気持ちがええんと」
パパ   OTL ちょっぴりショック^^;
アイ   笑

パパ   「ツキはおっぱいあげた後でもママが添い寝せんと寝んし、
       ようぐずるんじゃけど、なんでなんか訊いてみて」

ショウ君 「星と蒼は、前(前世)のお母さんの時に、すぐに別れたんと」

ショウ君 「じゃけえ、今度はいっぱい甘えたいんと」

ショウ君 「おっぱいくわえとったら、お母さんって感じがして嬉しいのと」

ショウ君 「お母さんのことが大好きなんと」

ショウ君 「ここに生まれて来て良かったってようる」
パパ   「ほうね^^」

そんな会話をしていると、
ツキが天井を凝視し始めまして。

パパ   「どしたん? 何か見ようるよ!」
ショウ君 「ああ、あれ!」
ショウ君 「エーリカさんとお話しようる^^ 」
パパ   「エーリカさんが見えるん? 」 ツキに
ショウ君 「うん 」
ショウ君 「 エーリカさんが『いい子にしてますか?』って星と蒼にようる」
パパ   「ツキはどう言うたん?」
ショウ君 「 『いい子にしてると思う』ってようる」
アイ    「思うんね(笑 」
パパ   「エーリカさん、ここに出て来とるん? @@」
ショウ君 「出て来てはないけど、あっちの世界におるのが見える」
パパ   「え! エーリカさん、帰ってきたん?」 イナンナの魂の展開フィールド
ショウ君 「帰ってきてないよ。 あっちの(もっと上の)世界におる」
ショウ君 「ツキ?(名前の確認で) ツキがまだちっちゃいけえ、あっちで見守っとるんと」

 赤ちゃんの魂の展開フィールドとインナーセルフヘルパー
赤ちゃんのアステルフィールド


パパ   「いつ帰ってくるん?」
ショウ君 「もうすぐ帰って来るって」 時間感覚が全く違うのでいつのことやら^^;
パパ   「ツキはショウ君のことも見えとるん?」
ショウ君 「見えとるよ」
パパ   「じゃあ、天使や妖精たちは?」
ショウ君 「見えとるよ 」
ショウ君 「ええ、お父さん見えんのん? @@」
パパ   「ショウ君も見えるん?」
ショウ君 「すぐそこにおるじゃん^^; 」 そう言われても^^;
パパ   「妖精も?」
ショウ君 「うん 」
パパ   「パパは見えんけど、お姉ちゃん(アイ)には見えとる」
パパ   「ツキは、大人になっても天使たちが見えるんかね?」

ショウ君 「見えるって! そう決めて生まれて来とるけえ」
アイ    「じゃあ私、もういらんね^^b」
パパ   「アイはアイの役割があるんよ^^; 」 
       もう少しパパのスピ訓練に付き合ってという想いで^^;
アイ   ^^;

パパ   「星と蒼は赤ちゃんの身体に入っとるじゃん」
ショウ君 「うん」
パパ   「星と蒼はもう一つになっとるん?」
ショウ君 「どういうこと?」
パパ   「星と蒼は合体しとる?」
ショウ君 「してないよ」

パパ   「星と蒼の声って、どういうふうに聞こえるん?」
ショウ君 「どう言えばええんじゃろ^^;」
ショウ君 「分かるって感じ?」
パパ   「実際、声が聞こえるわけじゃないんよ?」
ショウ君 「うん」
パパ   「テレパシーってことよ@@ 」
ショウ君 「そうゆうもん^^ 」 私のイメージ(テレパシー)が伝わったようで
パパ   「じゃあ、赤ちゃんはみんなテレパシー使うんよ?」
ショウ君 「うん」
パパ   「じゃあ、いつも赤ちゃんはして欲しいこととかを伝えようるのに、
       お母さんやお父さんには聞こえとらんってことよ?」
ショウ君 「ほうじゃね」
パパ   「ほうね~@@ 」
パパ   「こんな顔して、しっかりと意思を伝えてきようるんじゃね~^^ 」

IMG_1220

パパ   「ショウ君は、あっちの世界で何回も星と蒼に会ったことがあるんじゃろ?」
ショウ君 「うん 」
パパ   「星と蒼って何歳くらい?」
ショウ君 「歳はわからん」
パパ   「じゃあ、ショウ君よりも大きい?小さい?」
ショウ君 「小さい 」
パパ   「じゃあ、これくらの小さい子がおるじゃん、それよりかは?」
       手で幼稚園児くらいの背の高さを示して
ショウ君 「ちょっと大きいかね 」
パパ   「小学校1、2年生くらいか~ 」
パパ   「ほいじゃあ、身体は赤ちゃんでも、言葉はショウ君くらいの男の子よ?」
ショウ君 「うん 」
パパ   「へ~~@@ 」

パパ   「ツキに訊いて欲しいことがあるんじゃけど」
ショウ君 「何?」
パパ   「ツキがパパにして欲しいことは何か訊いてみて」
ショウ君 「いっぱいあるって」
パパ   「じゃあ、一番して欲しいことは?」
ショウ君 「抱っこだって」
パパ   「けっこうしてあげとるんじゃけどね~^^; 」
ショウ君 「もっとして欲しいって」
パパ   「ほうね^^; 」
ショウ君 「あとね~、お父さん、こうやって抱っこする時あるじゃん 」

  肩に抱いて赤ちゃんのゲップを出す抱き方
IMG_1232

パパ   「ああ 」
ショウ君 「その抱っこ、すごく好きなんじゃけど、長く抱っこする時には
       首の筋肉が疲れてくるけえ、もう少し(時間を)短くしてって」
パパ   「ほうね^^; 」
ショウ君 「たいへんだって言(よ)うるよ 」
パパ   「何が?」
ショウ君 「からだを思うように動かせんけえ、歯がゆいんだって」
パパ   「ほうね^^ 」

ショウ君にいろいろ訊いていると、
ツキがまたぐずり出しまして。

ショウ君 「またお母さんどこ~? って探しようるよ」
ショウ君 「ぼく、そろそろ帰るわ! 」
パパ   「ええんよショウ君、久々に出て来たんじゃけえ^^ 」

ツキは本格的に泣き始めて

ショウ君 「でもお母さんどこおかあさんどこって、すっごい言(よ)うるもん^^; 」
パパ   「ほうね^^; 」
パパ   「じゃあ、またみそラーメン、食べにきんちゃい^^b 」
ショウ君 「メンマもね^^ 」
パパ   「うん分った^^ 」

アイとナイト 「ショウ君またね~^^ 」
パパ   「またおいでね~^^ 」
ショウ君 「またね~^^ 」

ショウ君は、エーテルフィールドとアストラルフィールドの間の世界に帰って行きました。

参考記事【フロックソウル 赤ちゃんと魂の誕生のひみつ】

エーテルフィールドとアストラルフィールドの間の世界と言うと長いので、
次回から省略して、
【アステルフィールド】(アステル次元)と呼ぶことにしますね^^

赤ちゃんって、テレパシーで私たちにいろいろ語りかけていたのですね^^

でも、「あ、しっこしたんだな!」「お腹すいたんだな」「眠いんだな」って、
ホント分るようになりましたね^^b

赤ちゃんは、あんなにかわいい姿でも、
中身はとっても賢い存在だったのですね^^

アイやナイトの時もだったのですが、
ツキにも、もっともっといろいろなベビーサインを試してみたいと思っています。



P.S.
先週から、博多、小倉(北九州)、東京へと出張に行っておりまして、
昨日帰って来ました。

博多駅前の陥没現場はもう復旧していましたね@@

博多の陥没現場

 北九州小倉駅前
小倉駅前

沢山の注文とお問い合せをいただきましてありがとうございます^^
これから順次お返事していきますので、
今しばらくお待ちいただけましたらと思いますm(_ _)m




アースライトワーカーを応援してくださっているみなさんにお願いがあります。
1日一回、下のランキングボタンを押していただけましたら幸いです^^
下のボタンを押すとランキングが上がります。
いつもご協力ありがとうございますm(_ _)m

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 精神世界ランキング









 ラミエルブレスレット販売サイト -ルナミラ・ラミエル- http://www.galaxycore.jp/index_ramiel.html

 iPad.iPhone用ラミエルブレスレット販売サイト http://www.galaxycore.jp/index_ramiel_apple.html

 ヒーリング・調査サイト  セラフィム・ウイザードリーhttp://www.galaxycore.jp/index_seraphim.html

 初めてお越しの方はこちらの記事から! http://blog.livedoor.jp/inlakech/archives/51693800.html




このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年11月14日

月光浴日の天気予報と2016年11月の月光浴


月光浴日お知らせ

2016年11月の月光浴日をお知らせします。

満月は、11月14日 22時53分前後です。
ベストは、14日の晩に月光浴を開始すればよいかと思います。

2016年12月の満月(月光浴日)は、
12月14日 9時7分前後となっております。
こちらは12月13日の晩がベストですね。

大天使ラミエルから教えてもらった月光浴方法はこちら!
http://blog.livedoor.jp/inlakech/archives/51927141.html

月光浴、お忘れの無いようにお願いいたしますm(_ _)m


話は変わりまして

みなさんは、月光浴日の天気予報はどのようにされていますか^^

この寒い時期になると月の軌道が高くなり、
今まで窓際で行えていたのが、
軒に隠れてしまって、
月光が当たらなくなりますよね^^;

私の場合は、
駐車場にある車を月光が当たる向きにかえて、
車内に全ての浄化皿を置いて2日に分けて月光浴をしています。

一度に済ませたい時は、
庭にレジャーシートを張って、
その上に置き、
浄化皿の上にサランラップを被せて行っています。
(少ない場合、透明のビニール傘を固定して被せるのもいいかもです)

みなさんの中にもやむを得ず、
外に出して月光浴をされる方もいるかと思います。

ですが、事前に天気予報をチェックするのを忘れて月光浴をし、
朝起きてみると、
浄化皿が、さざれのお茶漬け状態になっていたことはありませんか^^;

濡れていてもパワーダウンは大丈夫なのですが、
ホワイトセージのいいおダシが出ていますよね(笑

私も失敗した事がありまして、
これを綺麗にしたり乾かすのに1日仕事だった経験があります^^;

それでこんな失敗をしないためには、
しっかりと事前に天気予報をチェックする必要があります。

ということで、
私がチェックしている天気予報サイトをご紹介しますね^^b

GPV気象予報 http://weather-gpv.info/

GPV天気予報

緑色の〇で囲んだ所でエリアを選択し、その下の【雨量・雲量】というテキストを押しますと、
雨の降るエリアが雨量によって色づけされます。
白色~灰色の部分は雲になります。

赤丸のボタンを押していくごとに、何時間後かの雨量が確認できます。

GPV天気予報2


今日は月光浴日でもあり、68年に一度の(ウルトラ)スーパームーンということで、
全国の0時の雨量を見てみましょうか。
(14日14時に確認時)

 道北 
GPV道北天気

 道南
GPV道南天気

 北東北
GPV北東北天気

 南東北
GPV南東北天気

 関東
GPV関東天気予報

 中部
GPV中部天気

 近畿
GPV近畿天気

 中四国
GPV中四国天気

 九州
GPV九州天気

 全国
GPV全国天気

GPV気象予報で確認しますと、
北海道、北東北、長崎県辺りで、
もしかするとタイミングがよければスーパームーンが見れるかもですね^^

このGPV気象予報で、
今後の月光浴日の天気を確認されてみてはと思います。



P.S.
只今ご注文いただいていますブレスレット全て、
月光浴を行ってお届けしますね^^b
(未使用ビーズも全て月光浴をおこなっています)




アースライトワーカーを応援してくださっているみなさんにお願いがあります。
1日一回、下のランキングボタンを押していただけましたら幸いです^^
下のボタンを押すとランキングが上がります。
いつもご協力ありがとうございますm(_ _)m

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 精神世界ランキング









 ラミエルブレスレット販売サイト -ルナミラ・ラミエル- http://www.galaxycore.jp/index_ramiel.html

 iPad.iPhone用ラミエルブレスレット販売サイト http://www.galaxycore.jp/index_ramiel_apple.html

 ヒーリング・調査サイト  セラフィム・ウイザードリーhttp://www.galaxycore.jp/index_seraphim.html

 初めてお越しの方はこちらの記事から! http://blog.livedoor.jp/inlakech/archives/51693800.html




このエントリーをはてなブックマークに追加
inlakech at 15:03|PermalinkComments(0)