お母さんのおっぱいからダウンロードアイ、ナイト、ツキは母乳?粉ミルク?(記事のお礼メール)

2019年08月31日

ショッピングモールでアイが出会った霊的存在たち


読む前にクリックいただけましたら幸いですm(_ _)m
☆ 人気ブログランキング ☆
今日も一日、天使たちと共に、
みなさんの幸せをお祈りさせていただきます!


明後日、月曜日から、
子供たちも学校が始まりますね。

夏休み、過ぎるのが早かったです。

これはこの間、広島市内のショッピングモールで、
映画を観に行った時のお話です。

ショッピングモールで映画


映画の上映時間までかなり時間がありましたので、
私がアイに訪ねたことがきっかけでした。

フロアのキッズスペースで、ツキを遊ばせている時。

パパ 「ここに霊とか、おる?」 何となく訊いてみて
アイ 「ここにはおらん 」
パパ 「じゃあ、ここから見える範囲内でおるか?」
アイ 「いや、おらんわ~ 」
パパ 「おらんもんなんじゃの~ 」

パパ 「まあ、みんなご飯食べたりショッピングしたり楽しみにきとるけえ」
パパ 「ネガティブな存在、近寄らんのんかもの~^^ 」
アイ 「あっちの方、行ってみるわ 」 

アイの見える範囲内には、霊的存在たちが見当たらなかったので、
暇つぶしに捜しに行ってみるとのことでした。

15分ほどしてアイがキッズスペースに帰ってきまして。

アイ 「パパ~!」
パパ 「どしたんや」
アイ 「一人だけおった~~きもいの>< 」
パパ 「え、こんな広いのに、たった一人か? 」
アイ 「いや、何人かはおったけど」
アイ 「人間に馴染んどったんよ~ 」
パパ 「馴染む?」
アイ 「普通に歩いとったり~」
アイ 「服とかバッグとか見たりしよった」
パパ 「霊がか?」
アイ 「うん 」
パパ 「自分が死んだの、分かってないんかもの~^^; 」
アイ 「う~ん^^: 」
パパ 「その霊は、悪うないんか?」
アイ 「うん 」
アイ 「普通の人間みたいに馴染んどった」
アイ 「普通の人が突然その霊が見えたとしても、霊って氣付くかんかもしれん^^;」
パパ 「霊もショッピング、楽しむんか~^^; 」

アイ 「でも、めっちゃ、きもかったもん、あの女の人>< 」
パパ 「どういう風に?」
アイ 「何かね~ 」
アイ 「女の人が、ベンチに座って、歩きょうる人、じ~っと見ようたんよ~ 」
パパ 「そんだけか? ^^; 」
アイ 「いや、めっちゃきもかったんじゃけ~^^; 」
パパ 「ネガティブな存在なんか?」
アイ 「多分、そうじゃと思う」
アイ 「だって、顔が暗いし怖いし、ニヤ~って、人を見ようるんじゃもん 」
パパ 「あんまり怖さが伝わってこんのんじゃけど^^; 」
アイ 「どう言やあええんか、分からんのんじゃけど^^; 」
アイ 「とにかく、きもかった!」
パパ 「何で、人を見ようたん?」
アイ 「わからんけど、歩きょうる人らを見て、ただニヤ~ってしょうた^^; 」
パパ 「ただ、通行人を観察しよったって感じか?」
アイ 「何考えとるんか、分からん感じじゃった」
アイ 「あ、そうそう!」
アイ 「その女の人が座っとったベンチは、誰も座らんのんよ@@ 」

イナンナ 「それってどこ?」
アイ 「本屋さんの横に、アイアンマンのポスターがあったろ」
アイ 「あそこに、いっぱいベンチがあるじゃん!」
イナンナ 「ああ、あったあった!」
アイ 「あんなにベンチがあるのに、あの霊の所は誰も座らんのんよ@@ 」
イナンナ 「そうそう、あそこ、何か、いや~な感じがしたんよ~^^; 」
パパ 「ほうなん@@ 」
イナンナ 「何かあそこだけ、思うたわ~ 」
パパ 「みんな、何か嫌~な感じを感じたんかもの~@@ 」
パパ 「人って、意外と危険を感じれるもんなんかもの」

パパ 「ショッピングモールは、家族連れが多いけえの」
パパ 「子供産んだお母さんたちって、結構、霊が分かったりするらしい」
パパ 「赤ちゃんを産んでから見えるようになったって人が、ようけおるんよ」
パパ 「知り合いに」
アイ 「ほうなん?」
パパ 「うん 」
パパ 「もう見えすぎて、これをどうにかして欲しいってようたわ^^; 」

   あとで描いてもらった女の人の霊
IMG_20190831_0004


パパ 「そうそう、思い出したわ!」
パパ 「ある知り合いのお母さんがおるんじゃけど」
パパ 「そのお母さんが、コンビニでアイスを選びょうたんと」
パパ 「ほしたら、くっ付きそうなくらい、えっらい近くにおじさんが来たんと」
パパ 「近いな~って思いながらも、振り向かずにアイスを選びょうたら」
パパ 「そのおじさん、ホンマ近すぎてうっとおしかったけえ、振り向いたんと」
パパ 「ほしたら、ぎゃっ!って」
パパ 「そのおじさん、霊じゃって!」
パパ 「本当に人がおったんは、その霊を挟んで反対側におったんと」
パパ 「その霊も、普通にアイスを選びょうたらしい^^; 」
アイ 「ふ~ん^^; 」
パパ 「じゃけえ、子供が生まれてから霊が見えるの、どうにかしたいってようたんよ~」

パパ 「他は、おらんかったん?」
アイ 「他はおらんかったけど」
アイ 「羽(翼)が生えとった女の子がおった^^ 」
パパ 「ほうなん^^ 」
パパ 「何歳くらいの子?」
アイ 「う~ん、一年生くらいかね~ 」
アイ 「羽が片方しか生えてなかった」
パパ 「片方だけ? @@ 」

IMG_20190831_0006


パパ 「その子、アースエンジェルなんよ? 」
アイ 「じゃろうね^^ 」
パパ 「その子、何しようたん?」
アイ 「普通に歩きょうた」
パパ 「そんだけ?」
アイ 「うん 」

パパ 「他には、変わった人おったか?」
アイ 「ああ、天使が付いとった男の子がおった! 」
パパ 「ほうなん@@ 」

IMG_20190831_0005

パパ 「どんな天使じゃったん? 大天使か?」
アイ 「いや」
アイ 「男の子と、おんなじくらいの天使じゃった」
パパ 「男の子は、何歳くらいじゃったんど?」
アイ 「その男の子も、一年生くらいじゃった」
パパ 「その男の子には、羽はなかったんか?」
アイ 「うん、その子には無かった」

パパ 「天使が、男の子を護ってくれとるんじゃろうの~^^ 」

パパ 「まあ、ショッピングモールは霊があんまりおらんってことよ^^ 」
アイ  ^^

霊たちって、
普通に私たちの生活に馴染んでいるのですね。

アイスを選んだり、
ウインドーショッピングしたり。

こういった存在たちは、
自分が死んでしまったことを知らないで、
私たちの中で生活しているのでしょうね。

そういった霊たち、
ほとんどの場合、私たちに危害を加えたりすることはないようですので、
ご安心ください^^

またアイが面白いものを見ましたら、
お話しますね^^

だからどうしたのってお話でしたが。
楽しんでいただけましたらと思います^^

子供たちが夏休みの間の出来事でした。




アースライトワーカーを応援してくださっているみなさんにお願いがあります。
1日一回、下のランキングボタンを押していただけましたら幸いです^^
下のボタンを押すとランキングが上がります。
いつもご協力ありがとうございますm(_ _)m 

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ  精神世界ランキング









 ラミエルブレスレット販売サイト -ルナミラ・ラミエル- http://www.galaxycore.jp/index_ramiel.html

 iPad.iPhone用ラミエルブレスレット販売サイト http://www.galaxycore.jp/index_ramiel_apple.html

 ヒーリング・調査サイト -ルナミラ・ラミエル-http://www.galaxycore.jp/index_seraphim.html

 初めてお越しの方はこちらの記事から! http://blog.livedoor.jp/inlakech/archives/51693800.html 




スマホですでにLINEをされている方は、
よろしけらば下の【友だち追加】ボタンを押していただき、
友だち登録をお願いいたします。

友だち追加

詳しい方法またはパソコンでの友だち追加はこちら!



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
お母さんのおっぱいからダウンロードアイ、ナイト、ツキは母乳?粉ミルク?(記事のお礼メール)