大天使メタトロンラファエルの姿

2011年06月25日

大天使サンダルフォン

先日、ウリエルからサンダルフォンも
私に会いたがっていると聞きましたので、
メタトロンに引き続き来てもらいました。

昨日の夜に呼んだ時は来てもらえませんでした。

パパ  「大天使サンダルフォン、来てください」

アイ 「もういっぺん、呼んでみて」
パパ  「大天使サンダルフォン、来てください」

アイ  「こんわ」
パパ  「どうしてじゃろ」
パパ  「メタトロン、呼んで訊いてみようや」
パパ  「大天使メタトロン、来てください」
アイ  「来た!」
パパ  「何で、サンダルフォンは来れんのんか、訊いてみて」
アイ  「今日の夜は会議なんと」
アイ  「明日の朝からじゃったら来れると」
パパ  「ほうなん、じゃあ、明日呼ぼうか」
パパ  「メタトロンありがとうございました」

で、今日の朝早く

パパ  「大天使サンダルフォン、来てください!」
アイ  「来た^^」
パパ  「やっと来てくれたね〜^^」
パパ  「何でパパに会いたいって思うたんか訊いて」
アイ  「メタトロンと同じで、天使の世界にある大きな画面(天使の機械のようなもの)で
      パパが凄いブレスレット作ったり、低級霊をいっぱい倒したりしようるけえ、
      会いたいって思うたんと」
パパ  「それはメタトロンと一緒に見ようたん?」
アイ  「ほうなんと」
パパ  「そうそう、サンダルフォンも学校に行ってないんかね〜、
      メタトロンみたいに」
アイ 「行ってないんと」
パパ  「ほうね」
パパ  「サンダルフォンの本当の名前を訊いて」
アイ  「ルナエル・サンダルフォンと」 メモメモ
パパ  「何の天使なん?」
アイ  「光の大天使と」
パパ  「パパさっき、パソコンでサンダルフォンの事、調べてみたんじゃけど、
      天国の歌を司る天使って書いとるけど、それはほんまなん?」
アイ  「あれは、メタトロンの方なんと」
アイ  「でも、人間の前では絶対に歌は歌わんのんと」
パパ  「何でなん?」
アイ  「歌うたら、記憶が無くなるんと」
パパ  「もう一つ、サンダルフォンは天使になる前は、預言者エリアじゃったゆうて
      書いてあるけで、それはほんまなん?」
アイ  「 『何それ???』ってようるよ」
パパ  「ぜんぜん違うってこと?」
アイ  「うん」
パパ  「じゃあ天使になる前に、人間であったことはあるんかね」
アイ  「ないって」
パパ  「ほうなんじゃ〜」
パパ  「これ、ウソばっかり書いとるね〜(笑 」
パパ  「特技は何か訊いて」
アイ  「天使の世界の道具とか機械みたいな物を何でも直せるって」
パパ  「他には?」
アイ  「光で作った物を消せん時、それを消すことが出来るんと」
アイ  「じゃあ、パパの紫の柱、消せるんじゃないん^^」
      前にもお話ししましたが、子どもたちがUFOを見たいと言っていた時、
      私が目印になればと、電柱くらいの紫の光の柱を天まで伸ばして
      作った事があり、それがずっと消えなくなっていたのです
      私たちが光というかエネルギーで作った物を処理できるようで
パパ  「ほんまよ〜、消してもらおうや^^」

玄関から見えるので、3人とも玄関を出て

パパ  「あそこの紫の柱を消してって言うて」

パパ  「どうしょうる?」
アイ  「柱の前で、こうやって、やりょうる」
     手のひらを縦に腰の高さくらいで柱の前に出して
アイ  「凄い@@ 手が燃えようる!」
アイ  「凄い、消えた@@ 」
パパ  「どうなったん?」
アイ  「手からね〜、虹色の炎が出て、サンダルフォンが手を上げたら
      ボアって柱も燃えて、一瞬で消えた!」
パパ  「凄いね〜^^」
パパ  「ありがとうございました」

家の中に入って

パパ  「あと何か、訊きたいことがあったんじゃけど、思い出せんのんよ」
アイ  「今日はずっとお家におるけえ、大丈夫と」
パパ  「ほいじゃあ、パパが思い出すまで、絵を描いとってや」
アイ  「わかった〜」

 大天使サンダルフォン
大天使サンダルフォン

髪_茶色で昔の音楽家ような髪型(モーツァルトのような)
目_オレンジ色
羽_薄紫
服_オレンジ色のワンピース
容姿はやはりメタトロンとそっくりで、
サンダルフォンは薄紫の輪を頭にしていたとのこと

パパ  「思い出したわ」
パパ  「ウリエルが、サンダルフォンは病気とかも治せるってようたんじゃけど
      ほんまなんかね」
アイ  「ほんまと」
パパ  「病気ゆうて、どんな病気が治せるんかね〜」
アイ  「風邪とか、頭痛とか〜、肩こりとか〜、ガンとか重い病気は
      治せんのんと」
パパ  「熱が出たりとかは?」
アイ  「治せると」
パパ  「じゃあ、精神病やチャクラの不調は?」
アイ  「それはダメと」
パパ  「じゃあ、皮膚病とかは? アトピーとか湿疹とか」
アイ  「やったことはないけど、治せるかもと」
アイ  「でもかなりの時間がかかると」
パパ  「な〜んじゃあ、いろいろ出来るじゃん、他に特技あるじゃん」
アイ  「訊かれんかったけえ、言わんかったんと」
パパ  「訊かんと言わんのんね〜>< 」
パパ  「そういやあ、天使って、みんなそんな感じよね〜」
パパ  「訊かんとゆうてくれんし^^」
アイ  「もうええ? 今日一日、家におるってようるけえ、またゆうて」
アイ  「お腹すいたけえ」
パパ  「ごめんごめん、ありがと」
パパ  「サンダルフォンもありがとう^^」

その後、
パソコンでサンダルフォンは、人間の物理現実化を手助けするとありましたが、
それは本当であるか訊ねると、
そんなことはサンダルフォンもメタトロンも出来ないとのことでした。

今サンダルフォンは、家の中を探検というか、
いろいろ何かチェックをしているようです。
何かまた面白いことが訊けましたら、お知らせしますね。

今度はどんな天使が訪問してくれるのでしょうか(笑


下のボタンを押すとランキングが上がります。
ポチっとご協力お願いいたしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ







inlakech at 11:11│Comments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 妖精・精霊・高次存在 

この記事へのコメント

1. Posted by mayu   2011年06月25日 19:18
5 こんにちは。
メタトロンとサンダルフォン、本に書いてあるのと違うのですね〜。
私はいつも息子のことをメタトロンに頼んでいたのですが畑違いだったのかも?!(^^;

記事のup時間が1111で天使のゾロ目ですね♪
2. Posted by Naru   2011年06月26日 06:30
mayuさんおはようございます!

そうなんですよ〜。
メタトロンは、インディゴチルドレンや子どもたちを
特にサポートする天使ではないと言っていました。
でも大天使達は、全般的に知識や能力がありますので、
何かしらのサポートは行ってくれているのだと思います^^

1111、よく気づきましたね@@
目の付け所が違いますね〜^^b

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
大天使メタトロンラファエルの姿