2011年07月21日

大天使ルフィー

これは19日の話しです。
この日、広島は台風で学校も休校となりました。


お昼のこと

パパ  「今日は台風の気圧のせいなんかね〜、
      この胃の周りがムカムカゆうか圧迫感ゆうか、
      なんか気分がようないね〜」
パパ  「ママはどんな?」
ママ   「私も圧迫感を感じるね〜」
パパ  「やっぱりね〜」
パパ  「昨日は飲んでないのにね〜って、思ようたんよ」
パパ  「近くには、低級霊、おらんみたいじゃしね〜」
パパ  「何かね」

そらから15時頃

アイ  「パパ! 女王様がそこにおる!」
パパ  「どこ?」
アイ  「ここ!」 アイの勉強机の上の方に
パパ  「またなんかあったんかね〜!」
アイ  「え@@ ルシファーが来たんと@@」
パパ  「ええ@ ほんまに〜?@@」
アイ  「またあの、サタンがおった所におるんと!」
パパ  「たいぎいね〜、まとめて来てくれたらええのに〜(笑」
      【たいぎい】とは、広島弁で【面倒】や【疲れた】などの意味です
パパ  「しかも台風よ」
パパ  「まあ、倒しに行こうか」
ママ   「大丈夫〜?」
パパ  「大丈夫おもや〜、大丈夫よ^^」
パパ  「風もだいぶ、弱くなったけえねえ〜」
パパ  「アイ、ナイト、行こうか」
二人  「うん」
パパ  「サンダルフォンは、どうしょうるん?」
アイ  「寝とる」
パパ  「まあ、寝かしてあげとこうか^^」

車に乗って、前回サタンがいた場所に向かいました。

パパ  「ルシファー見える?」 車を降りて
アイ  「見えんけど、青い光が上がりょうる」
パパ  「行ってみよう」

浜辺へのスロープを下りて

アイ  「ナイト、そこいっちゃあいけん、ルシファーがおるんじゃけえ><」
パパ  「どこら辺なん?」
アイ  「もうすぐそこにおる!」 スロープを下りきった所に
パパ  「ルシファー、どうしょうるん?」
アイ  「瞑想みたいに座って、目をつむって、手を合わせとる」 仏様のように
パパ  「お前は、なんしょ〜るんか?」
アイ  「『黙れ!』ってようるよ」 訊かれて素直に応える悪魔がいるわけないですね(笑
パパ  「何しに来たんか?」
ルシファー 「・・・・・・」
パパ  「何で悪魔なんかになったんよ?」
アイ  「何も言わんよ」
アイ  「パパ〜、ルシファーね、ナルイエルにそっくり」 こそこそと小さな声で
パパ  「ほうなん@@」
パパ  「女王様に、どういうことなんか、訊いて」
アイ  「なんで似とるんか、女王様にもわからんのんと」
パパ  「ナルイエルは知っとるんか?」
アイ  「知っとるって」
パパ  「やっと応えたね〜」
パパ  「ナルイエルとどういう関係じゃったんよ?」
アイ  「昔の事は記憶が無くなったって」
パパ  「お前のこと、倒しにきたんじゃけど、ええか?」 
     同意を求めたわけではないのですが(笑
アイ  「 『お好きにどうぞ』ってようる」
アイ  「 『倒してくれたら楽になる』ってようる」
パパ  「ほいじゃあ、倒させてもらうわ」

サタンの時と同様、瞳術を使用して

パパ  「どう?」
アイ  「ぜんぜん効いてないよ」
パパ  「やっぱり、ちゃんと文字を書かんといけんのんじゃね〜」

再び、目蓋の裏にしっかりと呪文を書き、瞳術を発動させる

アイ  「キラキラになって消えたよ!」
パパ  「今度は1発じゃったね〜、あ、2発か^^」
パパ  「ルシファーもサタンもあっけなかったね〜」
アイ  「それは、女王様があげたパワーが凄いけえと」
アイ  「それじゃないと、絶対にサタンとルシファーは倒せんと」
パパ  「じゃあ、女王様が倒せばえかったのに^^」
アイ  「女王様のパワーじゃあ、足りんかったんと」
パパ  「ほうね」
アイ  「パパ〜、ルシファー笑ようたよ」
パパ  「何を笑ようたん?」
アイ  「悪い笑いじゃなくてね、何か、懐かしくて思い出しょうるような笑い方」
パパ  「ほうね」
パパ  「これでルシファーももう復活せんか、女王様に訊いて」
アイ  「復活すると」
パパ  「え@@ 復活するん?」
アイ  「あ、復活ゆうか、生まれ変わると」
パパ  「じゃあ、もうルシファーはこの世界に現れんのんじゃね?」
アイ  「うん」
パパ  「帰ろうか」

この世にもう、ルシファーもサタンも存在しなくなりました^^b
このパラレルワールド(パラレルリアリティー)だけでしょうけど。

それから家に帰って、アイにルシファーの絵を描いてもらいました。

 ルシファー
ルシファーの絵

ルシファーからは、青い光が出ており、
目が格子の模様のような、昆虫の複眼のような感じだったとのことです。
アイが言うには、ぜんぜん悪そうな感じではなかったらしいです。
翼は無いとのことです。


そして、夜8時くらいのとこ。

アイ  「パパ〜、怖い〜><」
パパ  「どしたん?」
アイ  「またあの霊が玄関におった><」 トイレから帰ってくる途中
パパ  「パパが着いていってあげるけえ、行ってみよう」

玄関へ行き

パパ  「おる?」
アイ  「おる、そこに」 玄関の扉の前に
パパ  「お前は何しに来よるんかって、ゆうてみて」
アイ  「私に用があるんだって」
パパ  「何の用よって、ゆうて」
アイ  「私を殺すためと><」
パパ  「殺せんじゃろ〜、パパがおるんじゃけえ(笑 」
アイ  「パパ、怖い>< 」
パパ  「不幸光線で倒すよ^^」

不幸光線を放ち

アイ  「消えた」
アイ  「でも、消え方が違う!」
パパ  「どう違うん?」
アイ  「キラキラとか何も無しで、パッ! っと消えたもん」
パパ  「ほうね」

数分して

アイ  「パパ〜><」
パパ  「どしたんよ?」
アイ  「また来た〜><」
パパ  「どこ〜」
アイ  「こんどは、網戸から覗きょうる><」
パパ  「ほん〜まに、どうなっとん」
パパ  「まって、また倒すけえ」

2回目の不幸光線を放つ

アイ  「また、パッ!っていうか、スッ!って消えた」
パパ  「何か変じゃね〜」
     低級霊たちだと、消える前にマンガの【北斗の拳】のように、
     身体がぐしゃぐしゃになったり、ポキポキ折れて消えたり、
     光の粒子や、砂の粒子状になって消えるのですが

また数分後

アイ  「また玄関の方に感じる〜><」
パパ  「またね〜、行ってみよう(怒 」

玄関まで行き

パパ  「剣で倒してみるわ」

胸の前で両手の拳をくっつけて、
その間から、ライトセーバーのような光の剣が出るのを想像しながら
拳を離す

パパ  「どう、出た?」
アイ  「紫の剣が出た」
パパ  「これでやってみるわ」

霊の正確な位置を教えてもらい、そこに剣を突き刺し

アイ  「ダメじゃ、通り抜けるだけじゃ><」
パパ  「ほうね」
パパ  「じゃあ、瞳術つこうてみようか、悪魔かもしれんし」

目蓋の裏に呪文を書き、霊をにらみつけて瞳術を発動させる

アイ  「した? 何にもならんよ?」
パパ  「ダメじゃ、効かんわ><」
アイ  「ラファエルが来た!」
パパ  「ほうね、ちょうどえかった、訊いてみよう」
パパ  「この霊は、いったい何なんか訊いて」
アイ  「生霊と」
アイ  「生霊って、何なん?」
パパ  「死んだ人の霊じゃなくて、生きとる人のネガティブなエネルギーが
      霊になってくるやつよね〜」
パパ  「誰の生霊じゃろ」
パパ  「誰の生霊か、わからんか訊いてみて」
アイ  「ようわからんけど、私の同級生じゃないかって」
パパ  「同級生?」
パパ  「この霊はどんな姿しとるん?」
アイ  「顔はのっぺらぼうみたいじゃけど、白いワンピーきとって、
      裸足で、顔にキズがある」
パパ  「まあ、とりあえず、不幸光線で倒しとくわ」

不幸光線で生霊をとりあえず消して

パパ  「アイのこと悪く思うとる子はおらんのん?」
アイ  「わから〜ん」
パパ  「ちょいラファエルに、アイの学校の写真見てもらおうや」
アイ  「うん」

机の中からアルバムを持ってきて

パパ  「そういや〜、アイ、1年生の時、Bちゃんに仲間外れにされようたじゃん」
アイ  「まって、Bちゃんの写真ね」
アイ  「あった!」
パパ  「ラファエルにこの子の波動とさっきの生霊の波動を比べてみてって言うて」
アイ  「この子じゃないって」
パパ  「ほうね〜、誰かね〜???」
パパ  「一年生の頃からあの生霊、出ようたんじゃろ?」
アイ  「うん」
パパ  「じゃあ、Aちゃんの写った写真出して」
アイ  「これ」
アイ  「あああ! 霊が写っとる〜><」 ある集合写真に
パパ  「どこ〜」
アイ  「ここ見て〜」
アイ  「ここが頭で、これが髪で、ここが身体」
パパ  「パパにはぜんぜん見えんよ」
ママ   「見して見して〜」
ママ   「ほんまじゃ〜@@ 見える見える」
パパ  「ほんまに〜?」
ママ   「見えるじゃん! これが頭で、これが身体よ〜ね〜」
パパ  「ぜんぜんわからん」
ナイト 「僕にも見して〜」
パパ  「ナイトはダメよ、今、調子が悪いんじゃけえ、見えんよ」
パパ  「見えんじゃろ」
ナイト 「うん」
パパ  「ほら、ママとアイにしか見えんのんよ」
パパ  「ラファエルに訊いてみて」
アイ  「Aちゃんの波動と一緒と@@」
パパ  「Aちゃんじゃったんね〜@@」
アイ  「この霊がね、私のことが羨ましいし、一番幸せそうじゃけえ、
      私のことが憎いって、ラファエルがようる><」
アイ  「そういやあ、Aちゃんの顔にもキズがあるよ!」
パパ  「ほうね@@ 」
パパ  「お姉ちゃんと、ケンカでもするんかね〜」
アイ  「Aちゃん、お父さんによく怒られるってようたよ」

どうしたものかと考えていると

アイ  「ルシファーが来た!」
パパ  「ええルシファーになっとる?」
アイ  「うん」
パパ  「まあ、ルシファーのことは、あとで訊こうか」
パパ  「どうして来たんか訊いて」
アイ  「私たちの話を聞いとってね、そんな霊がおるか捜してくれたんと」
アイ  「〇〇って家の前に、生霊が立って、ぼ〜っとしとったと><」
パパ  「もう間違いないね〜」
パパ  「ルシファーに、生霊にはどうしたらええんか訊いてみて」
アイ  「生霊にはどうもできんと」
パパ  「ほうなん、倒せんのん?」
アイ  「パパが倒しても、何回でも出てくるんと」
パパ  「なんかええ方法ないんかね〜」
アイ  「Aちゃんに話しをして、納得してもらうしかないんと」
アイ  「わかってもらわんと、何回でも生霊が出るんと」
パパ  「さすが元悪魔じゃね〜(笑 」
パパ  「ごめん、その前は天使か^^」
パパ  「わかってもらうゆうて、難しいじゃろうね〜><」
パパ  「もう、ほっときゃあええよ」
アイ  「でも、出たら怖いもん><」
パパ  「パパがおるけえ、大丈夫よ」
パパ  「何回でも倒してあげるよ〜ね〜、めんどくさいけど」
アイ  「気がはれるまで、しょうがないよ」
パパ  「バリアーも張っとってあげるけえ」
アイ  「見えるんが怖いんじゃけ〜><」
パパ  「近づいてきたら、ルシファーに倒してもらおう」
パパ  「ルシファーにええか訊いて」
アイ  「いいって」
パパ  「っていうか、ルシファーも生まれ変わったんじゃね〜^^」
パパ  「ルシファーは、悪魔になる前はホンマにルシフェルじゃたん?」
アイ  「ほうと」
パパ  「あ、もう天使にもどったんか、じゃあルシフェルじゃね」
パパ  「何で悪魔なんかになったん?」
アイ  「ほとんど記憶がないんと」
パパ  「ナルイエルたちと学校にいったことは覚えとるん?」
アイ  「ちいとなら覚えとると」
パパ  「ほうね〜」
パパ  「サタンは名前変えたんじゃけど、ルシフェルもかえんか訊いて」
アイ  「かえとうないと」
パパ  「本当の名前はかえんでもええけえ、
      ルシフェルもニックネームで呼ぶことにせんか、訊いて」
パパ  「ルシファーもルシフェルもイメージが悪いけえ」
アイ  「わかったって^^」
パパ  「ルシフェルじゃけえ、ルシエルとかは?」
アイ  「サティーのような名前がええんと」
パパ  「じゃあ、ルシーとかルフィーとかは?」
アイ  「それでいいって」
パパ  「どっちがええん?どっちかというと」
アイ  「ルフィーと^^」
アイ  「ワンピースみたいじゃね(笑 」
パパ  「なんでワンピースみたいなん?」
アイ  「ワンピースの主人公、ルフィーじゃもん^^」
パパ  「ほうね、ほいじゃったらええ名前じゃん^^」
パパ  「じゃあ、みんなに名前を変えたことを知らせといけんね」
アイ  「ラファエルが他の天使たちに伝言まわしとこうかってようる」
パパ  「お願いするわ」
パパ  「じゃあパパもみんなに知らせるわ」
パパ  「じゃあ、今晩はルフィー、生霊頼むね」
アイ  「わかったって」
パパ  「ラフェエルありがとう」

ということで、
ルシファー(ルシフェル)は、大天使ルフィーへと生まれ変わりました^^
みなさんよろしくです^^b

 大天使ルフィー
大天使ルフィーの絵

翼はまだパワーが弱いので、片方の翼しかないらしいです。
ほんと、この絵ですとナルイエルにそっくりですね。
アイが言うには、双子にように似ているとのことです。
このナルイエルとルフィーとの関係はまだなぞです。


昨日の記事のコメントに【希望するブレス】で、
ハイアーセルフと繋がりやすくなるブレスを希望される方が多かったので、
たちまちそれだけをラミエルに訊いてみました。
その効果がある人とない人があるので、
ブレスを販売するのは難しいと言われました。

ですので、
他の方法としてはやはり、
自分のオーラの色と同じ色のパワーストーンを額に当てて瞑想を行うと、
普通の方だと1年くらいで繋がりやすくなるとのことです。
1年って、長いような短いような。

あと、ハイアーセルフといえばナオミンゴさんでしょうか。
精度の高いリーディングと、
アイもかなり似ているというハイアーの絵を描いてくれます。
ナオミンゴさんのリーディングアートはお勧めです^^b

ナオミンゴさんのリーディングアートサイト 【melt】
http://meltdivine.web.fc2.com/


下のボタンを押すとランキングが上がります。
ポチっとご協力お願いいたしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界 






inlakech at 12:14│Comments(10)  

この記事へのコメント

1. Posted by パリス   2011年07月21日 17:09
Naruさんこんにちは^^
いつもハラハラドキドキ、何かの物語を読んでいるような錯覚に陥ってしまいます。今更ながらこんな世界があるんだなあ〜って^^;
そして幼い子が生霊を飛ばさなければならないほどの環境に置かれているという現実に涙、涙ですT-T
Yちゃんが暗いトンネルから抜け出ることが出来ますように、、、
希望ブレスですが「恐れの感情やブロックを解き放つブレス」 はどうでしょうか?もしかしたらヒーリングブレスと被ってるかもしれませんね。
2. Posted by Naru   2011年07月21日 20:19
パリスさんこんばんは!

そうですね。
客観的に見ると、
私たち家族は、とんでもない体験をしていますよね。
最初の頃は、何かゲームの世界か、
夢でもみているのかと思うほどでした。
私のような、何もスピリチュアルな能力に縁の無い者が、
ある日突然こんなことになるのですから。

生霊。
こんなにもやっかいであるとは思いませんでしたね><
私的には、一番エネルギーを消費しますね。
Yちゃんのような子どもがあれだけの生霊をつくりだすとは、
それもそうとうのエネルギーなのでしょうね。
そのエネルギーをいい物に使えたら、
どんなに幸せになれるのでしょうかね。

希望ブレスのご提案ありがとうございます。
おそらくこれに特化したブレスも可能性がありますので、
ラミエルに訊いてみますね^^
3. Posted by 悠生   2011年07月21日 23:17
こんな時間にこんばんは!(仕事中にお邪魔です^^)

今回も切なくて切なくて、感情移入しやすい私には映画でも見ている気分になってしまいます(><)

『倒してくれたら楽になる』とか『懐かしくて思い出しょうるような笑い方』とか…天使さんだった時の名残のような気がして仕方な
いです……。
でもルフィーさんですね^^
おめでとうございます! 本当にこちらまで嬉しいです。
よかったね、よかったねって、天使さん相手に拍手です☆

生霊のお話も怖いですね…
Yちゃんも含めてそんな子供達がたくさんいるかもしれないと思う
と、やりきれないです…どの子も幸せになってほしい…。
でも、身近にもたくさんいるんですよね。
もう大丈夫だよって抱きしめてあげたい……(><)

それから…私は時々優しいフリしてるのが本当の自分じゃないか
って思ってしまうんですね。
あとはどんな時でも誰に対してでも優しくなりたいです。
実はかなり短気です。特にマナー違反の方とかに。
でも、いつも穏やかで笑顔の方っていらっしゃるじゃないですか。
あんなふうになりたいです^^

あ、でもブレスに頼るのではなくてサポートという形ですね☆
瞑想も大事ですものね^^
優しさ運ブレス、よろしくお願いしますね!
その前に次はナンバー5を購入してしまうと思われますが^^
4. Posted by Erika   2011年07月22日 00:01
ルフィー、おめでとう!元に戻れたうえに早速 Naruさんたちのお手伝いもできてよかったですね。ルフィーはネガティブなエネルギーの解消法の分析とかも昔の経験を活かして、できるのではないでしょうか?

そんな小さい子が生霊を作り出すなんてよっぽど辛い環境にいるのでしょうね。いちごちゃんも大変ですよね。でも、自分が辛いからって他の人を不幸にして、それで満足できるとは思えない。それはきっと
ルフィーが誰よりもわかっていると思うから、いちごちゃんもくるしんでるその子もルフィーもみんなが幸せになれるような結末になることをお祈りしています。

ブレスですが、パリスさんの恐れとは心配などのブロックを克服する
やつ賛成!あとライトワーカーの仕事がしやすくなるブレス(その人の使命によって効力の表れ方が違う)どうでしょう?
5. Posted by Naru   2011年07月22日 15:23
悠生さんこんにちは!

お仕事って、何かの夜勤ですか@@
大変ですね〜<

アセンションを前にしてっていう言い方がいいのですかね、
ボスたちがいなくなって前進しやすくなればいいですね^^

結構、モラルの無い方は今少なくないですね。
まあ、私たち家族は笑い飛ばしていますね^^
車で危ない追い越しなどでは、
「よっぽどはよ〜トレイに行きたいんじゃろ〜(笑 」とか、
スーパーのレジで割り込むおばあちゃんには、
「韓流ドラマに間に合わせんといけんのんじゃろ〜(笑」など^^

自分の事をそのように客観視しているということは
よいことだと思いますね^^
自分が本当に望むのであれば、
遅かれ早かれそうなりますよ^^b

全く短気には見えませんが@@

マルチパワーブレスも復活しそうなので、
いろいろとご検討くださいm(_ _)m
6. Posted by Naru   2011年07月22日 15:35
Erikaさんこんにちは!

ルフィーになって、
名前などは覚えているようですが、
自分がどんな事ができるのか、わかっていませんでしたね。
徐々に思い出すのかもですね。

そうですね。
Yちゃん、いちごが家にいない時でうちに来て、
「ここにいちゃ、いけませんか?」って言うんですね。
そういうのは、いろんなリスクを伴いますので、
よそのうちでも、そんなことを言ったらダメよって
教えてあげましたが><
ほんと、みんなが幸せになってもらいたいですね。

ブレスのご提案、ありがとうございますm(_ _)m
7. Posted by フラクタル林檎   2011年07月22日 21:31
5 Naruさん凄すぎ!
ちょっと気になりました。
ルシファーの罪は消えてしまったのですか?(・・;)
8. Posted by Naru   2011年07月23日 19:07
フラクタル林檎さんこんばんは!

そうですね〜。
ルシファーは死に、復活ではなく、
ルフィーとして生まれ変わりました。
私の再構成能力によるものらしいです。
人間の言い方で言う、転生しても罪は魂に責任があるのなら、
私も幾度と行われた転生の中で、
罪を犯した魂かもしれませんね。
私が申し上げれる立場ではありませんね。
申し訳ありませんm(_ _)m
9. Posted by milk   2012年11月27日 01:55
こんにちは☆
milkと申します(*^^*)♪大天使ルフィーさん、大天使サティさん☆復活出来てとても良かった(*^^*)♪
そこで、Naruさんにお願いといいますか…ブログにあります他の大天使さん同様に、復活してお仲間になった大天使サティさんと大天使ルフィーさんのイラストページがあればと☆
私は、大天使さんや天使さんの姿は見る事出来ませんが、Naruさんのブログにありますイラストの大天使さんをスマホの壁紙にさせて頂いてます☆
ルフィーさんやサティさんも是非、イラストで姿を拝見出来たら天使の姿を見れない方々も喜ばれると思います☆
宜しくお願いします♪♪
10. Posted by Naru   2012年11月27日 22:12
milkさんこんばんは!
はじめましてm(_ _)m

天使たちの画像を壁紙にしてくださっているとのことで、
ありがとうございますm(_ _)m

ルフィーとサティーの画像も作りたいですね^^
ラファエルの男性バージョンやサンダルフォンなど、
その他のリクエストも多く、どれもこれも作ってみたいですね〜^^;

ルフィーはナルイエルと双子のようにそっくりです!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字