手洗い(手水)浄化と運氣アップ セラピストの手洗い方法災害ボランティア人手不足 (期間限定記事)

2018年07月09日

当たり前の幸せ 豪雨災害から学んだことと異常干支


読む前にクリックいただけましたら幸いですm(_ _)m
☆ 人気ブログランキング ☆
今日も一日、天使たちと共に、
みなさんの幸せをお祈りさせていただきます!


今朝、
変な夢で目が覚めてしまいました。

夢で私はイナンナに、
「明日から、お別れじゃね」と言うと。

イナンナは料理をしながら、少しおどけて
「ほうじゃね^^ 」
と言うのです。

でも、そのおどけた表情は、
引きつっていて、
悲しみを、ぐっとこらえてのものであるのが分かりました。

私は、明日から家族みんなと長期間、
離れ離れになるみたいでした。

私は、
イナンナ、アイ、ナイト、ツキと、
当たり前のように一緒に居れたことが、
どんなに幸せなことであったか、
痛感している場面でした。

その別れる悲しみの感覚に、
目が覚めました。

夢で良かったと、
思いました。

今回、豪雨災害で体験したことから、
いろいろな当たり前のことが、
どんなに幸せなことか、
痛感したからかもしれません。


7月6日、7日。
みなさん知っての通り。
広島をはじめ、
沢山の地域で豪雨となりました。

私たちの島も、そうでした。

 画像の赤丸が私たちの島
2018土砂災害01
 ※クリックすると大きく見れます!

土砂災害02

土砂災害03


私たちは夕方、
島の中心地に買い物に行っていました。

地面の雨の溜まり具合に不安を感じながら。

2018豪雨災害1


お店から家に帰っていると、
アイのLINEのタイムラインに、
道の途中が土砂崩れで通行止めと連絡がありました@@

とりあえず、そこまで行ってみようと。

その場所まで行ってみると、
通行止めは本当のようで、
バケツをひっくり返したような雨の中、
警察官が立っており、
至急どこかに非難するように指示がありました。

傘もささずに外に出ると、
お風呂でシャワーを浴びている時のように、
息が出来ないほどの雨の量でした!

2018豪雨災害2


私は、
この海沿いの道に土砂崩れがあったということは、
どの迂回路も土砂崩れがあり、
車で家まで帰るのはリスキーと判断し、
とりあえず、
近くのフェリー乗り場へ避難することにしました。

 フェリー乗り場へ到着
2018豪雨災害3


今日はもう帰れないかも。
というか、
全ての迂回路が全滅なら、
いつ家に帰れるのか。

氣が付くと、
私の心や感情は落ち着いているのに、
足が震えているのです@@

少し寒いんだろうな。
と、思い込もうとしたのですが、
震えの原因へと、すぐに行き当たりました。

恐怖心が、
胸の辺りから大きく膨れ上がってきているのです。

生まれて初めての、足の振るえでした。

家が大変なことになるかも!!!

それよりも、
イナンナの左半身麻痺や母の身体を良くしてくれた、
家族の命の次くらいに大切な、
ホリスティックボディー波動調整器が心配であるのに氣付きました><

家族とお客様たちの健康を守ってくれる、
ホリスティックボディー波動調整器。

私がいつの日かあの世に行っても、
この機械さえあれば、
イナンナや子供たちが、
自分たちや誰かを助けることが出来る。

そう思うと、
私はいてもたってもいられず。
まだ間に合うなら、
ホリスティックボディー波動調整器だけでも助け出したい!と。

Naru  「Rちゃん、オレ、歩いて帰ってみるわ!」 Rちゃん=イナンナ
イナンナ 「ええ、大丈夫なん? @@」
Naru  「機械の水没が氣になるんよ!」
Naru  「棚の低い所に置いとったけえ」
Naru  「床上浸水したらアウトなんよ><」
Naru  「無理はせんけえ」
イナンナ 「通れるん? 警察おったじゃん!」
Naru  「無理じゃったら、帰ってくるけえ」
イナンナ 「ほいじゃったら、出来たらオムツと水持ってきて!」
イナンナ 「いつになるか分からんけえ><」 帰れるのが
Naru  「分かった!」
Naru  「子供ら頼むわ 」
イナンナ 「氣をつけてね、ホンマ無理せんとってね!」
Naru  「うん 」
Naru  「行ってくるわ!」
みんな  「うん 」

フェリー乗り場から家に向けて出発しました。

 自宅までのルート
7月6日帰宅ルート

7月6日帰宅ルート2


警察官に見つかると、
非難するように注意されるだろうなと思いながら歩いていると、
警察官がいた場所に、一台の一般車両が停車していて、
警察官は、携帯電話で何か確認しているようなのですね。

これはチャンスかもと思った私。

少し上目遣いで話していたので、
もしかすると私が視野に入っていないかもと思い、
警察官の視線に注意しながら、
道の脇をおそるおそる進んでいくと、
なんとか氣づかれずにスルーできました。

警察官は、
その他の通行止め場所でも尋ねられて、
警察署へ確認を取っていたのだと思います。

ちょうど街灯も少なかったので、
私の姿は闇へと消えていったかと思います。

まずは、第一関門突破といったところで、ほっとしました。

山から滝のように川のように流れてくる雨水の中、
30分ほど歩くと、
情報の土砂崩れ場所まで来ました。


 通常の道路の状態
2018豪雨災害5

2018豪雨災害4

私の身長ほど、
土砂が道を塞いでいました!

慎重にこの土砂を乗り越えると、
今度はもの凄い勢いの水が、
ひざの高さの水位で流れていました。

この第二関門も、なんとかクリアして進んでいきました。

必死だったので、
ナイトからLINEが来ているのに氣付きませんでした。

メッセージには、
「生きて帰ってね」と。

さらに20分ほど歩くと、
私の住んでいる町に到着しました。

ここまでたどり着くのに、
1時間くらいはかかったでしょうか。

すると、後ろから来た軽自動車が私の横で停車し、
パワーウインドウを下げて、
私に話しかけてきたのですね。

アイの同級生のお父さんでした。

Kさん 「Naruくんじゃん!」
Kさん 「Naruくんの家の周り、腰までつかっとるらしいよ!」
Naru 「うそーーーー>< 」
Kさん 「わしも家に帰れんけえ、うろちょろしょうるんよ>< 」
Kさん 「氣い付けてね!」
Naru 「ありがと!」

家の近所まで来てみると、
このような光景が!

@@;

周りの家が全部つかっとる@@;

2018豪雨災害6

心臓が、バックンバックンしだしました!

これはヤバイかも><

もう少し近づくと第三関門。
今度は、消防団の人が道路を封鎖していました。

強引に突破しようとしても、止められると思い、
消防団の人が、現場を離れるタイミングを見計らって、
家の裏道を回りました。

家周辺の状況


家の裏まで来ると、
私の股の高さまで水がありまして、
物や木の混じった濁流が、
家の前をもの凄い勢いで流れていました!

これに入れば元ダイバーの私でも、
足を取られて流されて溺れるかも。
それくらいリスクがありました。

もう機械のことしか頭に無く、
家の周りの石垣につかまり、
絶対に死ねない!
と思いながら激流の中を進み、
なんとか、庭の入り口までたどり着きました!

家の玄関に目をやると。

@@

周りの家は全て、
床上浸水して全滅でしたのに、
私の家は、
庭の地面から数センチつかっていて、
ちょっとした床下浸水くらいですんでいたのですね@@

奇跡です!

というのも、
うちの借家の土地は、
周りの土地より70センチほど高く、
家の床は更に数十センチ高かったのですね。

2018豪雨災害7

2018豪雨災害8

ああ、神様仏様天使様!
と手を合わせました。

水位がもう少し高ければ、
うちも床上浸水でした><

この状態で、
逆に避難せずに家にいたら、
家族みんなパニックを起こしていたかと思いました。

避難させるために、
私たちを外に連れ出す天の力が働いたのかと思いました。

家族みんなに、
無事に家に到着したことと、
家はギリギリで大丈夫だったことをメールで伝えると、
奇跡はもう一つ起こっていました。

この日の夕方、
近所のカキ屋さんの奥さんも、
車で買い物に行っていて家に帰れなくなったので、
旦那さん(カキ屋の社長)に、
海から回って船で迎えに来てもらうために、
イナンナたちが避難していたフェリー乗り場まで来たらしいのです。

それで、一緒に乗せて帰ってくれることになったらしいのです@@

ホント、何ていう奇跡とタイミングでしょうか!

私たちは高次存在たちから、
フェリー乗り場に導かれていたのでしょうか@@

船のルート


イナンナたちは、
フェリー乗り場の駐車場に車を置き、
船に乗せてもらいました。

うちの町の港に到着後、
まだまだ水位が高く雨が強かったので、
近くの公民館に避難していました。

町の人たちのほとんどは、
公民館や小学校、保育園へと避難したとのことでした。

2時間ほど避難した24時頃。
雨も弱くなり、
水位もかなり低くなってきました。

イナンナと子供たちが、
もうどうしても家に帰りたいとメールが来ました。

水位は私の膝下くらいまで下がり、
水の流れも勢いが弱まっていましたので、
またまた消防団の目を盗んで、
公民館まで迎えに行くことにしました。

お迎えルート


みんなを迎えにいった帰り道。

更に水位が下がってくれました。

2018豪雨災害9

 小学校は、校舎内がヘドロが溜まっていました。

2018豪雨災害10

私がツキを抱っこし、
泥水の下の道路は、歩道などの段差がありますので、
ナイトが先行して段差を確認し、
アイがイナンナをナビしました。

2018豪雨災害11


家族全員、
何事も無く家に帰ることができました^^b

ですが、断水になってしまい、
シャワーを浴びることも出来ませんでしたので、
服を着替えるだけ着替えて寝ることにしました。

イナンナと私は、
緊張感と降り続く雨に、深く眠ることが出来ませんでした。

午前2時か3時くらいでしたでしょか。
再度、豪雨となりました。

明るくなって外を見てみると。

2018豪雨災害12

2018豪雨災害13

2018豪雨災害14

裏の勝手口から少し浸水したみたいですが、
ドアをかけると床は高くなっていますので、
床上に浸水することはありませんでした。

2018豪雨災害15


私たちの町内は、
停電もしていました。

後から聞いた話ですが。

私がフェリー乗り場から自宅までの道で、
私が通った後の深夜、
電柱が6本も倒れてしまい、
停電になったようでした。

電柱が倒れた場所

電柱が倒れた場所2


こんなに長い距離を電柱が倒れ、
電線が切れてしまったとは@@

命拾いしました^^;
これも奇跡でしょうか。

水も電気も使えませんでしたので、
簡易トイレを、
洗濯物のバスケットとゴミ袋で制作。

2018豪雨災害16

町内放送によると、
やはり島の沢山の場所が、
土砂崩れで通行止めであり、
私たちの町は、孤立してしまいました。

 島の通行止め場所
2018豪雨災害25

ですが、
非常食がいくらかありましたし。

2018豪雨災害17

飲み水も、いくらか確保できました^^b

2018豪雨災害18

断水になっても、
朝までちょろちょろと出ていた水を溜めることができました。

2018豪雨災害19

みんな、
ラジオやスマホで情報収集をしていました。

2018豪雨災害20


2018豪雨災害21

2018豪雨災害22

2018豪雨災害23

2018豪雨災害24

私がいける場所で確認できたのはこれくらいで。

その他の場所では、
車が流されたり、
陥没した所に車が落ちたが、乗車していた人は、助かったようでした^^;

私たちの家は大丈夫でしたので、
昨日は、アイとナイトがお世話になった小学校に、
掃除のお手伝いを行っていました^^

2018豪雨災害26

パパ  「ナイトは、今回も災害ボランティアして、えらいの^^b」
ナイト  ^^

参考記事【小学生災害ボランティア ナイト^^】

2018豪雨災害27

2018豪雨災害28


パパ  「どんなじゃった、ボランティアして?」
ナイト 「う〜ん 」
アイ  「何かスッキリした^^ 」
パパ  「ほうじゃろうが^^ 」

パパ  「何かの役に立ちたい」
パパ  「誰かを助けてあげたいって、思うことも大切じゃけど」
パパ  「自分の心が、清清しいじゃろうが^^」
ナイト 「うん^^ 」

パパ  「人を助けたつもりが、自分の心が救われとるんよ^^」
パパ  「じゃけえ、手助けして、あげとるんじゃないんど」
パパ  「手助けさせてもらったことに、感謝せんといけんのんど^^」
パパ  「そして、ナイトたちがこれくらいですんだことにも感謝」
パパ  「日々沢山の、当たり前の幸せがあることにも感謝じゃ^^」

今日の午前中は、
近くのスーパーになんとか食べ物が入ってきましたので、
食料を確保してきました^^

電気もやっと復活しました^^b

水道は、まだ出たり出なかったりですが、
なんとかうまくいっています。

通行止めだけは、また解除されていませんので、
郵便物や宅配便の荷物が届かない状態でしょうか。

でも、何とか生活できておりますし、
時間が出来た時に、
お仕事もさせてもらっています^^b


この度の豪雨災害の経験から。

親であること。
病気になること。
災害にあうことなど。

当事者でないとわからない、
実感覚や感情、思考。
細かい体験や空気感。
沢山の事を学びました。

そして、
日常にある沢山の当たり前が、
どんなに幸せなことかも氣付かせてくれました。

トイレにいけること。
お風呂に入れること。
歯を磨けること。
何でもいいから食べれること。
ニュースが見れること、スマホが充電できること。
電話が繋がること。
車で移動できること、道が通れること。
パソコンで仕事ができること。
住む家があること。
友人、知人や地域の人たちが、無事であること。
そして、
家族が一緒で笑顔であること。
みんなが無事で生きていること。

どこかにではなく、
沢山の幸せが、
ここにありました。


私の行なっている運勢判断(占星術、統計学、分類学)では、
今年2018年からの3年間は、【異常干支】。

異常干支とは、
今まで、当たり前であった物事が、
当たり前でなくなる時。

いろいろな面で、
今までの常識が常識でなくなり、
急激に変化していくといった感じでしょうか。

みなさんそれぞれに、
その変化や波を、感じておられるかと思います。

この時代の流れに乗るためにも、
天使の女王様が言っておられたように、
健康や災害、仕事、その他のいろいろなことについても、
【備えあれば憂いなし】で、
この先の道を歩んでいただけましたらと思います。


ルナミラ・ラミエルの業務の方は、
発送や受け取りがまだ出来ませんが、
ご注文の方できますので、
引き続き、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

沢山のお気遣いのメールやコメント、LINEをいただきまして、
みなさんに感謝しております^^
ありがとうございましたm(_ _)m

私たち家族は、
みなさんや高次存在たちのおかげで、
元気に過ごしております^^


P.S.
今日は、お風呂に入れます^^b




アースエンジェルを応援してくださっているみなさんにお願いがあります。
1日一回、下のランキングボタンを押していただけましたら幸いです^^
下のボタンを押すとランキングが上がります。
いつもご協力ありがとうございますm(_ _)m

人気ブログランキングへ   精神世界ランキング 






 

 ラミエルブレスレット販売サイト −ルナミラ・ラミエル− http://www.galaxycore.jp/index_ramiel.html

 iPad.iPhone用ラミエルブレスレット販売サイト http://www.galaxycore.jp/index_ramiel_apple.html

 ヒーリング・調査サイト  セラフィム・ウイザードリーhttp://www.galaxycore.jp/index_seraphim.html

 初めてお越しの方はこちらの記事から! http://blog.livedoor.jp/inlakech/archives/51693800.html



inlakech at 11:13│Comments(10)このエントリーをはてなブックマークに追加 いろいろ | 災害

この記事へのコメント

1. Posted by 長野のT   2018年07月09日 23:44
みなさんご無事でよかった(><)
もうお写真拝見しながら私だって震えがきましたよ(><)
そしてやっぱり動いてましたね? しかもそんな夢を見た後だなんて。天使さんにパッポさんがウロウロしないように見張っていてってお願いしてたんですが……(笑←笑えることができるのも幸せですね^^)
でも、イナンナさんの「オムツとお水もお願い!」の声にママの力強さとパッポさんを信じてる気持ちが伝わってきました。さすがです^^
それでも元の生活に戻られるまでは時間が必要だと思います。ウロウロされないよう(重要です)ご家族みなさんが休める時はしっかり休んで乗り越えて下さい! 皆様の安全をお祈りしてます^^
2. Posted by mayu   2018年07月10日 06:49
Naruさん
遅くなりましたが、お見舞い申し上げます。
今回の豪雨災害、大変な被害になってしまいまさしたね。
Nuruさんご一家が無事で本当に良かったです。
それでも、不安な毎日を過ごされていて大変な日々を過ごされていることと思います。
当たり前のことと思っていたことが、そうではないこと。
それは奇跡の連続だということに気付かされますね。
水がでること、電気がつくこと、そして家族が元気でいることに感謝ですね。
改めて実感することとなりました。
まだまだご不便な日々とは思いますが、どうかお体に気をつけてくださいね。
3. Posted by ZIN3033   2018年07月10日 23:11
ご無事で、本当に良かったです!!
ごめんなさい、それ以上の言葉が出てこないですが、ブログ更新感謝します。
4. Posted by Naru   2018年07月11日 20:47
長野のTさんこんばんは!

ご心配をおかけいたしましたm(_ _)m

やっぱり動きました^^;

天使たちにお願をしてくださっていたのですね!
ありがとうございますm(_ _)m

電柱の下敷きにならなくてすみました^^;

ですよね、私が生きて戻ってくると信じてくれていたんでしょうね^^

こちらは、通行止め以外は日常にもどりつつあり、
私の法も、お仕事をほぼ再開いたしました^^

Tさんのお気遣いと愛に感謝いたします☆
5. Posted by Naru   2018年07月11日 20:53
mayuさんこんばんは!

ご心配をおかけいたしましたm(_ _)m

私たちも、本当に貴重な体験をさせていただきました。

大丈夫だろうと思っていても、
状況はいっきに変化したりしますので、
大自然の力をあなどることなく、
早め早めの行動を起こすことが大切だと経験させていただきましたね。

私たちのほうは、ほとんどおちつきまして、
お仕事の方も、再開しております^^

お気遣いと愛に、本当に感謝しておりますm(_ _)m
6. Posted by Naru   2018年07月11日 20:57
ZIN3033さんこんばんは!

いえいえ、ZIN3033さんの愛と思い、
十分にこちらに伝わっております^^

ブレスの方は、完成しております^^b

発送の方は、まだ出来ないようですので、
再開しましたら、
発送させていただきます^^

いつも私たちを応援いただき、
本当に感謝しておりますm(_ _)m
7. Posted by テロン   2018年07月18日 13:29
ご家族の皆さんが無事でよかったです。
安心しました。
復旧はまだ時間が掛かりそうですけど、頑張ってください。
応援しています。
8. Posted by Naru   2018年07月18日 20:14
テロンさんこんばんは!

ご心配をおかけしましたm(_ _)m

私の方は、ほぼ日常生活に戻りまして、
お風呂もトイレもいつものように使用できています^^

応援くださりありがとうございますm(_ _)m

今後ともブログにお付き合いよろしくお願いいたします^^
9. Posted by chii   2018年07月23日 01:36
本当にご無事で良かったです。遅くなって申し訳ありません。この度の豪雨災害のお見舞いを申し上げます。
私は東北地方在住です。津波の被害には合っていませんが、沿岸部からそう遠くはなく、新しくできた高い防波堤やまっさらになってしまった土地を見ているので、震災の記憶は風化していないつもりでいました。
Naruさんの今回の記事を拝見して、最近「ない方にばかり意識がいっている」ことに気が付きました。あたりまえのものなんてないということ、あたりまえに送れているということに感謝する気持ち、こういった思いが薄れていたようです。こんなに幸せなのに、お金がない、時間がない、となっていました。。。
大変な時期に、ブログを更新して頂いてありがとうございました。大事な気持ちに向き合うことができました。
Naruさんとご家族、そしてご自宅、機械がご無事で本当に良かったです。
10. Posted by Naru   2018年07月23日 20:31
chiiさんこんばんは!

いえいえ、ご心配くださりありがとうございますm(_ _)m

私たちもそうです、
喉元過ぎれば熱さを忘れてしまいますね^^;

決してこの体験を忘れず、
日々、いろいろな物事に感謝して過ごしたいですね^^

そして、天使たち高次存在たちが導き守ってくれていることを、
あらためて深く感じました☆

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
手洗い(手水)浄化と運氣アップ セラピストの手洗い方法災害ボランティア人手不足 (期間限定記事)