0617c1d4.jpg

 このブログは、メールマガジン「成功するビジネスリーダーに送る名言、迷言、銘言」と関連しています。

今回は、<082号>と関連しています。

メールマガジンのバックナンバーは、こちらからご覧いただけます。

http://blog.mag2.com/m/log/0000162973

 

 前回は、個人的な資金の獲得の目的について書きました。
そして、外国為替マネージメントについて知識を求めるために、勉強を始めたことをお知らせしました。

では、何で貿易をやっているわけでもないのに為替の知識を得たいのか、ということについて考えていることを少し書いてみたいと思います。

 

 自分で会社を起こしてみて、利益を残すということにどれほどの意識を注いできたのか振り返ってみると、智恵がなかったなあ、という情けない過去が見えてきています。
利益を出す計算はできていました。

しかし、利益を出す戦略が乏しかったのです。

以前こんな考えをしていた自分がいます。
ただ、金儲けをするのなら、「金貸し」をやればいい。それでは、面白くもなんともない。
しかしですよ、それは単純に「資金繰り」に苦労していた自分が、金貸しは高い利息をとって、何もしないで利益を出している。
そんな、「あこぎな商売」なんか、できるか。
という、へんちくりんな、思い込みがあっただけのことで、汗を流したり・物をつくったり、何か付加価値を生み出す仕事をしなくては、存在価値が無いし、自分のやるビジネスでは無い。

なぁ〜んて、実に ”思い上がった” 考え方をしていたのです。
これは、裏を返せば、金融業者に対して、うらやんでいたのだろうと思うのです。

考えてみれば、金融業は難しいです。そして、お金を必要としている人や企業はたくさんありますが、貸して、返済してもらい、利息もつけてもらうには、つまりそれで利益を出してゆくには、それ相当のノウハウや知識が無ければできません。

こんな風に考えるようになったのは、自分が利益をだすということについて強烈な意思を持たなくてはダメだ。と思うようになってからです。

利益が残らない、立派なビジネスや立派な事業は、存在していないのです。
それは、ボランティアであり、非営利団体のすることです。

というあたり前の、ことに目覚めた、というお粗末な自分を見出した、ということですね。

で、何で為替なの?

通貨というのは、文字通りお金です。

しかし、この通貨を取引する。ということに、なんだろう? どういうことなんだろう?という素朴な疑問をもっていました。
そして同時に、自分の中に ”お金に対してきれいでいたい” という思いがありました。しかし、これは先に書いたように、偽善者たる自分の表れであることを知りました。

では、お金に汚くなって、「銭ゲバ」のような生き方を目指すのかというと、そうではありません。

経済活動の中でなくてはならない、通貨=金銭、すなわちお金について、興味を持ち始めたのです。

もっと、お金について詳しく知りたい。

という思いが強くなってきたのです。

お金をたくさん貯めたい、というのではありません。必要な額はほしいですけど。
それより、お金について、その本質を知りたいと思ったのです。

それで、お金でお金を売ったり買ったりする、為替について知りたくなったのです。

 

 

 

 このブログは、メールマガジン「成功するビジネスリーダーに送る名言、迷言、銘言」と関連しています。

今回は、<082号>と関連しています。

メールマガジンのバックナンバーは、こちらからご覧いただけます。

http://blog.mag2.com/m/log/0000162973