映画史上、重要な映画監督の巨匠・名匠と代表作一覧(案) 前編

  • author: inmymemory
  • 2011年04月24日

リストを作り始めてからもうすぐ1年になるが、一向に終わりそうもない。
「もしもの事があったら、この下書きをアップしておいてね」
いつも細君に言い残してきたが、この場で、途中のものをアップしておく。
 
http://d.hatena.ne.jp/inmymemory/20071215/1197648610」を書いて以来、時々記事に加筆・修正してきたが、2年半も経ってしまったので、新しく記事を書くことにした。改定にあたって、その評価を不動のものにした作品名も併載し((オムニバス作品を除く))名作ガイドとしても参考になるようにし、見易くするために国籍別に分けた。以前の記事では個人的に好きな映画ジャンルである「スクリューボール・コメディ」「ソフィスティケイテッド・コメディ」「ロマンティック・コメディ」「ラブ・サスペンス」「メロドラマ」「ヌーヴェルヴァーグ」「ミュージカル」「アヴァンギャルド」を中心にリストアップしていたが、今回は苦手な「西部劇」「アクション」「バイオレンス」「フィルム・ノワール」「戦争」「スポーツ」「カルト」「ドキュメンタリー」も取り入れ、より公平性を持たせるようにした(アニメ映画は[http://d.hatena.ne.jp/inmymemory/20071105/1194281673:title=「アニメ映画傑作選」]を参照)。いずれも一定水準を保った作品を連続して発表し、名実共に確固たる地位を築いた職人監督、映像作家の名匠や巨匠を選んだ。中には、シャブロルやソダーバーグのように低迷してから復活した監督もリストアップしたが、クロード・オータン=ララやロジェ・ヴァディムのように作品によって出来不出来が甚だしかったり((デ・パルマのようなカルト作家は人によって評価が分かれるのでリストアップした))、ウィリアム・フリードキン、ジョナサン・デミ、ケヴィン・コスナー、マイケル・ラドフォードのようにずっと低迷している監督や、アンリ・コルピ、ロベルト・ベニーニのように1作だけが大傑作という監督は除外した。

【フランス】
-ジャン・ルノワール「女優ナナ(1926)」「マッチ売りの少女(1928)」「素晴らしき放浪者(1932)」「どん底(1936)」「大いなる幻影(1937)」「ラ・マルセイエーズ(1938)」「獣人(1938)」「ゲームの規則(1939)」「ピクニック(1946)」「河(1951)」「黄金の馬車(1953)」「フレンチ・カンカン(1954)」「恋多き女(1956)」「草の上の昼食(1959)」「捕えられた伍長(1961)」
-ジャン・コクトー「詩人の血(1930)」「美女と野獣(1946)」「双頭の鷲(1947)」「オルフェ(1949)」「オルフェの遺言-私に何故と問い給うな-(1960)」「悲恋(1943)」「ブローニュの森の貴婦人たち(1944)」「恐るべき親達(1948)」「サント・ソスピール荘(1952)」
-ルネ・クレール「巴里の屋根の下(1930)」「ル・ミリオン(1931)」「自由を我等に(1931)」「巴里祭(1932)」「最後の億萬長者(1934)」「幽霊西へ行く(1935)」「奥様は魔女(1942)」「そして誰もいなくなった(1945)」「沈黙は金(1946)」「悪魔の美しさ(1949)」「夜の騎士道(1955)」「リラの門(1957)」
-ジュリアン・デュヴィヴィエ 「望鄕(1937)」「舞踏会の手帖(1937)」「モンパルナスの夜(1933)」「最後の億萬長者(1934)」「アンナ・カレニナ(1948)」「巴里の空の下セーヌは流れる(1951)」「わが青春のマリアンヌ(1955)」「殺人狂想曲(1957)」「悪魔のようなあなた(1967)」
-ルネ・クレマン「鉄路の闘い(1945)」「鉄格子の彼方(1950)」「禁じられた遊び(1952)」「しのび逢い(1954)」「居酒屋(1956)」「太陽がいっぱい(1960)」「生きる歓び(1960)」「雨の訪問者(1970)」
-マルセル・カルネ 「霧の波止場(1938)」「北ホテル(1938)」「悪魔が夜来る(1942)」「天井桟敷の人々(1945)」「愛人ジュリエット(1950)」「嘆きのテレーズ(1952)」
-ジャック・フェデー「ミモザ館(1934)」「女だけの都(1935)」
-ジャン・ヴィゴ「新学期・操行ゼロ(1933)」「アタラント号(1934)」
-ロベール・ブレッソン「ブローニュの森の貴婦人たち(1944)」「田舎司祭の日記(1951)」「抵抗(レジスタンス)-死刑囚の手記より-(1956)」「スリ(掏摸)(1960)」「バルタザールどこへ行く(1966)」「少女ムシェット(1967)」「白夜(1971)」「たぶん悪魔が(1977)」「ラルジャン(1983)」
-ジャック・ベッケル「幸福の設計(1946)」「エドワールとキャロリーヌ(1951)」「肉体の冠(1951)」「現金(げんなま)に手を出すな(1954)」「モンパルナスの灯(1958)」「穴(1960)」
-ジャン=ピエール・メルヴィル「海の沈黙(1947)」「恐るべき子供たち(1950)」「賭博師ボブ(1955)」「マンハッタンの二人の男(1958)」「いぬ(1963)」「サムライ(1967)」「影の軍隊(1969)」「仁義(1970)」
-アンリ=ジョルジュ・クルーゾー「犯罪河岸(1947)」「情婦マノン(1948)」「恐怖の報酬(1953)」「悪魔のような女(1955)」「ピカソ-天才の秘密(1956)」
-アンドレ・カイヤット「裁きは終りぬ(1950)」「洪水の前(1954)」「眼には眼を(1957)」「ラインの仮橋(1960)」
-アルベール・ラモリス「白い馬(1952)」「赤い風船(1956)」「素晴らしい風船旅行(1960)」
-アンリ・ヴェルヌイユ「過去をもつ愛情(1954)」「ヘッドライト(1955)」「冬の猿(1962)」「地下室のメロディー(1963)」「シシリアン(1969)」「エスピオナージ(1973)」
-アラン・レネ「夜と霧(1955)」「二十四時間の情事/ヒロシマモナムール(1959)」「去年マリエンバートで(1960)」「ミュリエル(1963)」「戦争は終った(1965)」「薔薇のスタビスキー(1973)」「プロビデンス(1977)」「アメリカの伯父さん(1980)」「スモーキング/ノースモーキング(1995)」「恋するシャンソン(1997)」
-ジャック・タチ「ぼくの伯父さんの休暇(1952)」「ぼくの伯父さん(1958)」「トラフィック(1971)」
-ジャック=イヴ・クストー「沈黙の世界(1956)」「太陽のとどかぬ世界(1964)」「世界の果てへの旅(1975)」
-クロード・シャブロル「美しきセルジュ(1957)」「いとこ同志(1959)」「主婦マリーがしたこと(1988)」「ココアをありがとう(2000)」
-フランソワ・トリュフォー「大人は判ってくれない(1959)」「突然炎のごとく(1961)」「柔らかい肌(1963)」「華氏451(1966)」「夜霧の恋人たち(1968)」「黒衣の花嫁(1968)」「恋のエチュード(1971)」「映画に愛をこめてアメリカの夜(1974)」「アデルの恋の物語(1975)」「終電車(1980)」「隣の女(1981)」
-ジャン=リュック・ゴダール「勝手にしやがれ(1959)」「女は女である(1961)」「女と男のいる舗道(1962)」「軽蔑(1963)」「カラビニエ(1963)」「男性・女性(1965)」「気狂いピエロ(1965)」「アルファヴィル(1965)」「中国女(1967)」「勝手に逃げろ/人生(1980)」「パッション(1982)」「カルメンという名の女(1983)」「ゴダールの探偵(1982)」「右側に気をつけろ(1987)」「ゴダールのリア王(1987)」「アリア(1987)」「ヌーヴェルヴァーグ(1990)」「愛の世紀(2001)」
-ルイ・マル「死刑台のエレベーター(1957)」「恋人たち(1958)」「地下鉄のザジ(1960)」「鬼火(1963)」「パリの大泥棒(1966)」「好奇心(1971)」「ルシアンの青春(1973)」「プリティ・ベビー(1978)」「アトランティック・シティ(1980)」「さよなら子供たち(1987)」「ダメージ(1992)」
-ジャック・ロジエ「アデュー・フィリピーヌ(1962)」「オルエットの方へ(1970)」「メーヌ・オセアン(1986)」「フィフィ・マルタンガル(2001)」
-ジャック・ドゥミ「ローラ(1961)」「シェルブールの雨傘(1963)」「ロシュフォールの恋人たち(1967)」
-アニエス・ヴァルダ「5時から7時までのクレオ(1961)」「幸福(しあわせ)(1964)」「冬の旅(1985)」「ジャック・ドゥミの少年期(1991)」
-ロベール・アンリコ「ふくろうの河(1961)」「美しき人生(1963)」「冒険者たち(1967)」「若草の萌えるころ(1968)」「ラムの大通り(1971)」「追想(1975)」
-エリック・ロメール「獅子座(1959)」「モード家の一夜(1969)」「クレールの膝(1970)」「O侯爵夫人(1975)」「飛行士の妻(1980)」「海辺のポーリーヌ(1983)」「緑の光線(1986)」「レネットとミラベル/四つの冒険(1986)」「友だちの恋人(1987)」「冬物語(1991)」「木と市長と文化会館/または七つの偶然(1992)」「恋の秋(1998)」「我が至上の愛~アストレとセラドン~(2007)」
-ジャック・ロジエ「アデュー・フィリピーヌ(1962)」「オルエットの方へ(1970)」「メーヌ・オセアン(1985)」
-ジャック・リヴェット「修道女(1966)」「セリーヌとジュリーは舟でゆく(1974)」「北の橋(1981)」「彼女たちの舞台(1989)」「美しき諍い女(いさかいめ)(1991)」「ジャンヌ・ダルク(1994)」「恋ごころ(2001)」
-クロード・ルルーシュ「男と女(1966)」「パリのめぐり逢い(1967)」「白い恋人たち/グルノーブルの13日(1968)」「男と女の詩(1973)」「マイ・ラブ(1974)」「愛よもう一度(1976)」「愛と哀しみのボレロ(1981)」
-ストローブ=ユイレ(ジャン=マリー・ストローブ&ダニエル・ユイレ)「アンナ・マグダレーナ・バッハの日記(1968)」「オトン(1969)」「歴史の授業(1972)」「モーゼとアロン(1974)」「雲から抵抗へ(1978)」「アメリカ(階級関係)(1984)」「エンペドクレスの死(1986)」「黒い罪(1988)」「アンティゴネー(1992)」「今日から明日へ(1996)」「シチリア!(1998)」「あの彼らの出会い(2006)」「魔女、彼女たちのあいだ(2009)」
-コスタ=ガヴラス「戒厳令(1972)」「ミッシング(1982)」「ミュージックボックス(1989)」
-ベルトラン・タヴェルニエ「祭よ始まれ(1974)」「田舎の日曜日(1984)」「ラウンド・ミッドナイト(1986)」「ひとりぼっちの狩人たち(1995)」
-ジャン=ジャック・アノー「ブラック・アンド・ホワイト・イン・カラー(1977)」「人類創世(1981)」「薔薇の名前(1986)」「子熊物語(1988)」「愛人/ラマン(1992)」
-ジャック・ドワイヨン「頭の中の指(1974)」「ラ・ピラート(1984)」「家族生活(1984)」「イザベルの誘惑(1985)」「恋する女(1987)」「15才の少女(1988)」「女の復讐(1989)」「ピストルと少年(1990)」「ポネット(1996)」
-フィリップ・ガレル「孤高(1974)」「秘密の子供(1979)」「自由、夜(1983)」「ギターはもう聞こえない(1991)」「夜風の匂い(1999)」「白と黒の恋人たち(2001)」「恋人たちの失われた革命(2005)」
-ジャン=ジャック・ベネックス「ディーバ(1981)」「溝の中の月(1982)」「ベティ・ブルー/愛と激情の日々(1986)」「ロザリンとライオン(1989)」
-リュック・ベッソン「グラン・ブルー/グレート・ブルー完全版(1988)」「ニキータ(1990)」「アトランティス(1991)」「レオン(1994)」「フィフス・エレメント(1997)」「ジャンヌ・ダルク(1999)」
-レオス・カラックス「ボーイ・ミーツ・ガール(1983)」「汚れた血(1986)」「ポンヌフの恋人(1991)」「ポーラX(1999)」
-パトリス・ルコント「仕立て屋の恋(1989)」「髪結いの亭主(1990)」「リディキュール(1995)」「橋の上の娘(1999)」「列車に乗った男(2002)」「歓楽通り(2002)」
-ジャン=ピエール・ジュネ「デリカテッセン(1991)」「ロスト・チルドレン(1995)」「エイリアン4(1997)」「アメリ(2001)」「ロング・エンゲージメント(2004)」
-アルノー・デプレシャン「魂を救え!(1992)」「そして僕は恋をする(1996)」「エスター・カーン/めざめの時(2000)」「キングス&クイーン(2004)」「クリスマス・ストーリー(2008)」
-ストローブ=ユイレ(ジャン=マリー・ストローブ&ダニエル・ユイレ)「アンナ・マグダレーナ・バッハの日記(1967)」「モーゼとアロン(1974)」「アメリカ(階級関係)(1983)」「セザンヌ(1989)」「今日から明日へ(1996)」「シチリア!(1998)」「労働者たち、農民たち(2000)」

【イタリア】
-ロベルト・ロッセリーニ「無防備都市(1945)」「戦火のかなた(1946)」「ドイツ零年(1948)」「ストロンボリ/神の土地(1949)」「神の道化師、フランチェスコ(1950)」「ヨーロッパ一九五一年(1952)」「イタリア旅行(1953)」「ロベレ将軍(1959)」「ローマで夜だった(1960)」
-ヴィットリオ・デ・シーカ「靴みがき(1946)」「自転車泥棒(1948)」「ミラノの奇蹟(1951)」「ウンベルトD(1951)」「終着駅(1953)」「ふたりの女(1960)」「昨日・今日・明日(1963)」「紳士泥棒/大ゴールデン作戦(1966)」「ひまわり(1970)」「悲しみの青春(1971)」
-ピエル・パオロ・パゾリーニ「マンマ・ローマ(1962)」「奇跡の丘(1964)」「大きな鳥と小さな鳥(1966)」「アポロンの地獄(1967)」「テオレマ(1968)」「豚小屋(1969)」「女王メディア(1969)」「デカメロン(1970)」「カンタベリー物語(1971)」「アラビアンナイト(1974)」「ソドムの市(1975)」
-フランチェスコ・ロージ「挑戦(1958)」「シシリーの黒い霧(1962)」「黒い砂漠(1972)」「予告された殺人の記録(1987)」「遙かなる帰郷(1996)」
-ヴァレリオ・ズルリーニ「激しい季節(1959)」「鞄を持った女(1961)」「家族日誌(1962)」「タタール人の砂漠(1975)」
-セルジオ・レオーネ「夕陽のガンマン(1965)」「続・夕陽のガンマン(1966)」「ウエスタン(1968)」「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ(1984)」
-ルキノ・ヴィスコンティ「郵便配達は二度ベルを鳴らす(1942)」「揺れる大地(1948)」「夏の嵐(1954)」「白夜(1957)」「若者のすべて(1960)」「山猫(1963)」「異邦人(1968)」「地獄に堕ちた勇者ども(1969)」「ベニスに死す(1971)」「ルードウィヒ/神々の黄昏(1972)」「家族の肖像(1974)」「イノセント(1975)」
-フェデリコ・フェリーニ「青春群像(1953)」「道(1954)」「甘い生活(1959)」「カビリアの夜(1957)」「81/2(1963)」「魂のジュリエッタ(1964)」「サテリコン(1969)」「フェリーニの道化師(1970)」「フェリーニのローマ(1972)」「フェリーニのアマルコルド(1974)」「カサノバ(1976)」「オーケストラ・リハーサル(1978)」「インテルビスタ(1987)」
-ミケランジェロ・アントニオーニ「さすらい(1957)」「情事(1960)」「夜(1961)」「太陽はひとりぼっち(1962)」「赤い砂漠(1964)」「欲望(1966)」「ある女の存在証明(1982)」「愛のめぐりあい(1995)」
-ベルナルド・ベルトルッチ「暗殺のオペラ(1969)」「暗殺の森(1970)」「ラストタンゴ・イン・パリ(1972)」「1900年(1976)」「ラストエンペラー(1987)」「シェルタリング・スカイ(1990)」
-ピエトロ・ジェルミ「越境者(1950)」「鉄道員(1956)」「刑事(1959)」「イタリア式離婚狂想曲(1961)」「誘惑されて棄てられて(1963)」「蜜がいっぱい(1965)」
-タヴィアーニ兄弟(パオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ)「父/パードレ・パドローネ(1977)」「サン★ロレンツォの夜(1982)」「カオス・シチリア物語(1984)」「グッドモーニング・バビロン!(1987)」「太陽は夜も輝く(1990)」「復活(2001)」
-エルマンノ・オルミ「婚約者たち(1963)」「木靴の樹(1978)」「偽りの晩餐(1987)」「聖なる酔っぱらいの伝説(1988)」「ジョヴァンニ(2001)」
-フランコ・ゼフィレッリ「じゃじゃ馬ならし(1967)」「ロミオとジュリエット(1968)」「ブラザー・サン
シスター・ムーン(1972)」「チャンプ(1979)」「オテロ(1986)」「トスカニーニ(1988)」「ハムレット(1990)」
-エットーレ・スコラ「醜い奴、汚い奴、悪い奴」「ル・バル」「あんなに愛しあったのに(1974)」
-ナンニ・モレッティ「監督ミケーレの黄金の夢(1981)」「ジュリオの当惑(とまどい)(1985)」「親愛なる日記(1994)」「息子の部屋(2001)」
-ジュゼッペ・トルナトーレ「ニュー・シネマ・パラダイス(1989)」「みんな元気(1990)」「夜ごとの夢/イタリア幻想譚(1991)」「記憶の扉(1994)」「海の上のピアニスト(1999)」「マレーナ(2000)」

【ドイツ】
-フリッツ・ラング「ドクトル・マブゼ」「ニーベルンゲン」「メトロポリス」「M」「激怒」「暗黒街の弾痕」「死刑執行人もまた死す」
-F・W・ムルナウ「吸血鬼ノスフェラトゥ(1922)」「タルテュッフ(1925)」「サンライズ(1927)」「タブウ(1931)」
-エルンスト・ルビッチ「山猫リュシュカ(1921)」「結婚哲学(1924)」「ウィンダミア夫人の扇(1925)」「ラヴ・パレイド(1929)」「極楽特急(1932)」「生活の設計(1933)」「メリィ・ウィドウ(1934)」「天使(1937)」「青髭八人目の妻(1938)」「ニノチカ(1939)」「桃色(ピンク)の店(1940)」「生きるべきか死ぬべきか(1942)」「天国は待ってくれる(1943)」「小間使(1946)」
-レニ・リーフェンシュタール「青の光(1931)」「民族の祭典(1938)」「美の祭典(1938)」
-ウィリアム・ディターレ「真夏の夜の夢(1935)」「科学者の道(1936)」「ゾラの生涯(1937)」「ノートルダムの傴僂男(1939)」「恋の十日間(1944)」「ジェニーの肖像(1947)」「旅愁(1950)」
-マックス・オフュルス「風雲児(1947)」「忘れじの面影(1948)」「輪舞(1950)」「快楽(1952)」「たそがれの女心(1953)」「歴史は女で作られる(1956)」
-ダグラス・サーク「心のともしび(1954)」「天はすべて許し給う(1955)」「風と共に散る(1956)」「間奏曲(1957)」「翼に賭ける命(1957)」「愛する時と死する時(1958)」「悲しみは空の彼方に(1959)」
-ヴェルナー・ネケス「ジュム・ジュム(1967)」「ユリシーズ(1982)」「フィルム・ビフォー・フィルム(1985)」
-ヴェルナー・ヘルツォーク「小人の饗宴(1970)」「カスパー・ハウザーの謎(1974)」「ノスフェラトゥ(1978)」「ヴォイツェク(1978)」「フィッツカラルド(1982)」「アギーレ/神の怒り(1972)」「緑のアリが夢見るところ(1984)」
-フォルカー・シュレンドルフ「テルレスの青春(1966)」「カタリーナ・ブルームの失われた名誉(1975)」「ブリキの太鼓(1979)」「侍女の物語(1990)」「魔王(1996)」
-マルガレーテ・フォン・トロッタ「カタリーナ・ブルームの失われた名誉(1975)」「鉛の時代(1981)」「ローザ・ルクセンブルグ(1985)」「三人姉妹(1988)」
-ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー「マリア・ブラウンの結婚(1979)」「リリー・マルレーン(1981)」「ベロニカ・フォスのあこがれ(1982)」
-ウォルフガング・ペーターゼン「U・ボート(1981)」「ネバーエンディング・ストーリー(1984)」「ザ・シークレット・サービス(1993)」「アウトブレイク(1995)」
-ヴィム・ヴェンダース「ことの次第(1981)」「パリ、テキサス(1984)」「ベルリン・天使の詩(1987)」「時の翼にのって/ファラウェイ・ソー・クロース!(1993)」「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ(1999)」
-トム・ティクヴァ「ラン・ローラ・ラン(1998)」「パフューム ある人殺しの物語(2006)」

【イギリス】
-チャールズ・チャップリン「黄金狂時代(1925)」「街の灯(1931)」「モダン・タイムス(1936)」「独裁者(1940)」「ライムライト(1952)」
-マイケル・パウエル&エメリック・プレスバーガー「黒水仙」「赤い靴」「天国への階段」「ホフマン物語」「戦艦シュペー号の最後」
-キャロル・リード「邪魔者は殺せ」「第三の男」「落ちた偶像」「文化果つるところ」「文なし横丁の人々」「オリバー!」「鍵」
-アルフレッド・ヒッチコック 「バルカン超特急(1938)」「レベッカ(1940)」「海外特派員(1940)」「スミス夫妻(1941)」「裏窓(1954)」「ハリーの災難(1955)」「知りすぎていた男(1956)」「めまい(1958)」「北北西に進路を取れ(1959)」「サイコ(1960)」「鳥(1963)」
-デヴィッド・リーン 「逢びき(1945)」「大いなる遺産(1946)」「旅情(1955)」「戦場にかける橋(1957)」「アラビアのロレンス(1962)」「ドクトル・ジバゴ(1965)」
-ケン・ラッセル「恋する女たち(1969)」「恋人たちの曲/悲愴(1970)」「ボーイフレンド(1971)」「マーラー(1974)」「Tommy/トミー
(1975)」「バレンチノ(1977)」「アルタード・ステーツ/未知への挑戦(1979)」「サロメ(1987)」「アリア
(1987)」「レインボウ(1989)」「ボンデージ(1991)」
-ローレンス・オリヴィエ「ヘンリィ五世(1945)」「ハムレット(1948)」「リチャード三世(1955)」
-ピーター・ブルック「三文オペラ(1952)」「雨のしのび逢い(1960)」「マルキ・ド・サドの演出のもとにシャラントン精神病院患者たちによって演じられたジャン=ポール・マラーの迫害と暗殺(1967)」
-トニー・リチャードソン「蜜の味(1961)」「長距離ランナーの孤独(1962)」「トム・ジョーンズの華麗な冒険(1963)」「マドモアゼル(1966)」「ホテル・ニューハンプシャー(1984)」
-リチャード・アッテンボロー「素晴らしき戦争(1969)」「遠すぎた橋(1977)」「ガンジー(1982)」「コーラスライン(1985)」「遠い夜明け(1987)」「永遠(とわ)の愛に生きて(1993)」
-アラン・パーカー「ミッドナイト・エクスプレス(1978)」
-テリー・ギリアム「12モンキーズ(1995)」
-リンゼイ・アンダーソン「If もしも.... 」「八月の鯨」
-デレク・ジャーマン「ジュビリー」「テンペスト」「カラヴァッジオ」「アリア」「ラスト・オブ・イングランド」「ザ・ガーデン」「エドワードⅡ」「BLUE」
-マイク・リー「ネイキッド(1993)」「秘密と嘘(1996)」「ヴェラ・ドレイク(2004)」
-ケン・ローチ「ケス(1969)」「リフ・ラフ(1991)」レイニング・ストーンズ(1993)」「大地と自由(1995)」「麦の穂をゆらす風(2006)」
-リドリー・スコット
-ピーター・グリーナウェイ「ZOO(1985)」「建築家の腹(1987)」「数に溺れて(1988)」「コックと泥棒、その妻と愛人(1989)」「ベイビー・オブ・マコン(1993)」「81/2の女たち(1999)」
-アンソニー・ミンゲラ「愛しい人が眠るまで(1991)」「最高の恋人(1993)」「イングリッシュ・ペイシェント(1996)」「リプリー(1999)」「コールドマウンテン(2003)」
-サム・メンデス「アメリカン・ビューティー(1999)」「ロード・トゥ・パーディション(2002)」「ジャーヘッド(2005)」「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで(2008)」
-クリストファー・ノーラン「フォロウィング(1998)」「メメント(2000)」「インソムニア(2002)」「バットマンビギンズ(2005)」「プレステージ(2006)」「ダークナイト(2008)」

【スペイン】
-ルイス・ブニュエル「ビリディアナ」
-ビクトル・エリセ「ミツバチのささやき(1973)」「エル・スール(1982)」「マルメロの陽光(1992)」
-ペドロ・アルモドバル「神経衰弱ぎりぎりの女たち(1987)」「ハイヒール(1991)」「オール・アバウト・マイ・マザー(1998)」「トーク・トゥ・ハー(2002)」「バッド・エデュケーション(2004)」「ボルベール<帰郷>(2006)」「抱擁のかけら(2009)」

【オーストリア】
-エリッヒ・フォン・シュトロハイム「アルプス颪(1919)」「愚なる妻(1921)」「グリード(1924)」「メリー・ウイドー(1925)」「結婚行進曲(1928)」
-オットー・プレミンジャー「黄金の腕(1955)」「或る殺人(1959)」「悲しみよこんにちは(1957)」「栄光への脱出(1960)」
-ミヒャエル・ハネケ「ピアニスト(2001)」「隠された記憶(2005)」「白いリボン(2009)」

【ベルギー】
-ダルデンヌ兄弟(ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ)「イゴールの約束(1997)」「ロゼッタ(1999)」「ある子供(2005)」「ロルナの祈り(2008)」

【デンマーク】
-カール・テオドア・ドライヤー「ミカエル(1924)」「あるじ(1925)」「裁かるゝジャンヌ(1927)」「吸血鬼(ヴァンパイア)(1930)」「奇跡(1954)」
-ビレ・アウグスト「ペレ(1988)」「愛の風景(1992)」「愛と精霊の家(1993)」
-ラース・フォン・トリアー「ヨーロッパ(1991)」「奇跡の海(1996)」「ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000)」

【スイス】
-ダニエル・シュミット「今宵かぎりは…(1972)」「季節のはざまで(1992)」

【チェコスロヴァキア】
-ミロス・フォアマン「カッコーの巣の上で(1975)」「アマデウス(1984)」「ラリー・フリント(1996)」「マン・オン・ザ・ムーン(1999)」

【ポルトガル】
-マノエル・デ・オリヴェイラ「アブラハム渓谷(1993)」「階段通りの人々(1994)」「カニバイシュ(1988)」「メフィストの誘い(1995)」「クレーヴの奥方(1999)」「家路(2001)」「家宝(2002)」
-ペドロ・コスタ「血(1989)」「ヴァンダの部屋(2000)」「あなたの微笑みはどこに隠れたの?(2001)」「コロッサル・ユース(2006)」

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲