皆さんこんにちは✨😃本日は広報部の今泉が担当させていただきます😄

秋がきたー!と思っていたらもうどんどん寒くなってきて最近気温の変化についていけません💨(笑)
ただ寒い時期のお風呂ってとても気持ちいいですよねー✨✨✨
皆さん毎日お湯に浸かってますか?
今回はストレス解消になる適度な温度や適切な入浴方法をご紹介いたします❕

♨温熱効果
・微温浴(34度〜38度)
毛細血管への刺激が少なく、筋肉の疲れを解き放ってくれます。
副交感神経が働き、リラックスへと導いてくれます。

・中温浴(38度〜42度)
筋肉の疲れを解き放ち、血液循環が良くなり体の芯から温まります。
副交感神経の働きが一番活発になる温度です。

・高温浴(42度〜)
交感神経が刺激されて新陳代謝が促されるので
眠気を一掃してくれます。また、疲労物質の乳酸を減らし、疲労回復に効果的です。

♨浮力効果
お風呂に入ると筋肉や関節の負担が軽減され、
緊張が解き放たれ体が軽くなることにより副交感神経が優位になるので、リラックスしてストレス解消になります。

♨水圧効果
湯船に入っていると体に水圧がかかり、
胴回りで3〜6cm、ふくらはぎで1cmも
縮みます。この水圧によって足に溜まって
いた血液は押し戻され心臓の働きを活発に
して全身の血液循環を良くします。
血液循環を良くすることにより、肩こり・
腰痛・冷え・むくみの解消にもなります。

♨半身浴
お風呂は肩まで浸かるのが通常とされていますが半身浴をすることでリラックス効果が出ると
されています。
熱めのお湯だと交感神経を刺激し、心臓の鼓動が早くなり、リラックスどころではなくなってしまいますので、39度以下のぬるま湯にしましょう。
更に肩までお湯に浸かってしまうと水圧で心臓に負担がかかるため、温める部分は半身で十分です。


 


🛀入浴法
■発汗入浴法
1.40度以上のお湯に浸かって5分程度体を温める
2.お湯から出て髪を洗う
3.その後5分程度お湯に浸かる
4.お湯から出てリンスをする(必要な方は)
5.5分程度お湯に浸かる
6.お湯から出て体を洗う
7.5分程度お湯に浸かる

この方法で入浴するとたくさん汗をかいてリフレッシュできます✨
入浴後はしっかり水分補給をしましょうね!

参考にしてみてください✨

イーネオランジェ 0120-360-446