こんにちは\(^o^)/

広報部中村が担当します\(^o^)/

仕事や学校や遊びでなかなか睡眠がとれない方は多いのではないでしょうか?

そこで寝不足とダイエットの関係について
紹介したいと思います


睡眠不足が太るワケ


食欲増進ホルモンが増加!!

睡眠不足になると、食欲を増進させるホルモン「グレリン」が増加、食欲を抑える「レプチン」が減少します。さらに、甘いものやポテトチップス、パンやパスタなどの炭水化物などが欲しくなる傾向に

「グレリン」って?

胃から分泌されるホルモンのひとつで、食欲を増進させ、成長ホルモンの分泌を刺激します。4時間睡眠の人と9時間睡眠の人を比べた時、睡眠が短かったグループのほうが、「グレリン」の濃度が上がり、炭水化物の食欲増加が33〜45%もみられたそうです。

血行不良や代謝の低下

寝ている間は筋肉がゆるみ血液が全身を巡りますが、睡眠不足によりその時間が短いと酸素が運ばれず、冷えや代謝の低下につながります。体の機能が十分に回復されないので、運動機能も衰えます。



夜型は発熱量がダウン

朝型の人と夜型の人で、同じ食事を6時間起きに摂った場合でも、夜型の人のほうが消費カロリーが16Kcal少なかったそう。夜型は副交感神経が優位に働き、体はため込みモードになるため、カロリーを消費しにくいんです。

不規則な睡眠はBMIが5倍以上

睡眠時間が不規則になりがちな人と、規則正しいライフスタイルを送っている人とを比べたとき、BMIが26以上になる確率は5倍以上だそう。BMIは22が最も病気になりにくいとされおり、数字が大きくなると、生活習慣病を発症する確率も必然的に高くなります。

睡眠は長すぎてもダメ!

アメリカの肥満率の調査によると睡眠時間が6時間未満は33%、7〜8時間22%、9時間以上26%という結果がでています。睡眠は長すぎても肥満の原因になるんですね(´Д`;)
また、睡眠時間が短い人は、8時間睡眠の人に比べ、血中のグレリンが14.9%も多く、食欲を抑制するレプチンが15.5%も少ないこともわかっているそうです

睡眠時間は7時間が良いそうなので

きちんと睡眠をとることを意識してみてください

お問い合わせ0120360446