皆さんこんにちは🎵本日は広報部の今泉が担当させていただきます✨😌✨

秋といえば食欲の秋で食べ物が本当に美味しい季節ですね🍁

いつもより食欲が増してついつい食べ過ぎてしまいますが、どうしてもその後の反動が気になっちゃいますよね🐷💨

今回は食べながらでもダイエットに効果的な食事の仕方やコツをご紹介いたします💡

・起きたら1時間以内に朝食を食べること
朝起きて日の光を浴び、1時間以内に朝食を取ることで、脳内と各器官との連携が取れるようになり、各器官の働きを最大限引き出すことができます。各器官が働くためにはエネルギーが必要となり、その必要量が上昇するわけですから、エネルギー消費量も上昇します。

・噛む回数を増やすこと
早く食べると満腹感が現れる前にたくさんの量を食べてしまうので過食気味になります。
一度口に入れたら最低でも30回は噛む。噛むと唾液が出る。唾液には抗菌物質が含まれているため、食道や胃内の細菌や真菌の繁殖さえ抑えることができます。ですから、消化管の調子がよくなり、口臭の予防にもなります。

・「ながら食べ」をやめること
脳は目で見たもの、鼻で匂いをかいだもの、舌や歯で味わったものから、満腹感や食事による快楽を得ます。
テレビや映画を見ながら、何かをしながらの食事だと、お腹は膨らんでも、目や鼻、舌、歯から入ってくる情報が少ない分、脳が感じる満腹感が半減してしまいます。

・少ない量を回数多く食べましょう
1日のカロリーの総摂取量が同じであれば、一度の食事に片寄ってカロリーを摂取すると体脂肪として効率よく蓄えられます。
多い回数に分けてカロリーを摂取する方が、体脂肪がつきにくいのです。

・ストレスを感じたときは量を少なめに
ストレスを感じているときは、身を守るためにエネルギーを使うので消化機能が低下するそうです。ストレスは食事で発散せずに、消化しやすいものを食べましょう。スープやおかゆがお勧めだそうです。

・食事の前にフルーツを先にたべましょう
フルーツを先に食べることにより、フルーツの酵素によって後から食べたものが消化されやすくなります。食事の10分から30分前までに食べ終わっているのが理想です。

・たんぱく質と炭水化物を一緒に食べましょう
炭水化物とタンパク質を一緒に食べると血糖値が安定しやすく、インスリンとグルカゴンのバランスが良い状態で保たれ、脂肪の分解は邪魔せず筋肉には必要な栄養は継続的に運ぶことができるため、ダイエット中でも代謝を下げにくく、効率よく体脂肪が落とすことができます。

効率の良い食事の仕方をマスターして健康的な身体を作っていきましょう🌛☀🌛☀🌛☀

イーネオランジェ 0120-360-446