2011年01月23日

ブログを引っ越しました。


突然ですがブログをお引っ越ししました。
お約束のアメブロです。

http://ameblo.jp/innerrise53  

お手数お掛け致しますが
もしRSS設定などされている方がいましたら
よろしくお願いいたします。 

 

innerrise53 at 11:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お知らせです 

2011年01月21日

〈正式販売開始〉1日で出来る!経営計画策定セミナーDVD


12月4日に行ったセミナーの完全収録DVDが出来ました。
少しブログ等でお知らせさせて頂いていましたが
やっと正式販売が出来るようになりましたので是非ご覧下さい。

経営計画策定

【詳細・お申込みはこちら】
http://www.innerrise53.com/dvd/

原理原則をお伝えしていますが、その中に今までの価値観とは
かなり違う考え方もたくさん含まれています。

「本当なの?」

と思われる方もいるかも知れませんが、本当です。
なぜなら天野さんも私もその考え方でクライアントさんを支援し
ほとんどの会社の業績が向上しているからです。

当たり前ですが「売り逃げ」的にDVDをお分けするつもりはありませんので
内容についてのご質問や疑問などありましたら遠慮無くメール下さい。
tomita@innerrise53.com

ただ、当たり前ですが実践してことで結果がついてきますし
そういう意図でのセミナーです。
「今年こそ!」という方にお役に立てると思います。

現在の価格は初回プレス限定版です。
売れ行き好調でも価格の据え置き等は出来ませんので
検討されている方はお早めにご購入ください。


 
【詳細・お申込みはこちら】
http://www.innerrise53.com/dvd/  


 

innerrise53 at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お知らせです 

2011年01月18日

セミナーの映像をYouTubeアップしました

昨年12月4日に天野さんと行ったセミナーの映像を
ちょこっとYouTubeにアップしてみました。



詳しいレポートはこちらをご覧下さいね。
http://honkiki.com/2010/11/post-60.html  
 

個人的に映像を見た感想は…痩せよう(笑) 

 

innerrise53 at 10:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お知らせです 

2011年01月11日

1月の経営研究会は「経営理念」です


6回目となる経営研究会。
1月26日(水)のテーマは「経営理念の心柱と志」です。

先日、ある経営者の方とお話しをしたときにも
「経営理念って大事ですよね」
という話になりました。
しかし、経営理念がないと経営できないのかと言えば
そんなことはありません。

むしろ中小企業は経営理念とか考えずに、目の前の仕事を
しっかりとやることが大事だと言う人もいます。

お客様に共感してもらうには経営理念が必須だという話も 
本などに書いてありますが、それは疑問です。 
集客目的で経営理念を考えるなんて本末転倒です。

それでは経営理念とは何でしょうか。
なぜ私たちは理念が必要だと思うのでしょうか。

古今東西、たくさんの方がこのテーマで語っていますが
今回はインナーライズ流の「経営理念とは何か」という
お話しをさせて頂ければと思います。 

ポイントは「心柱」と「志」です。

実は弊社には明文化された「経営理念」はありません。
それはなぜか?
明文化しないところに、弊社の理念があります。


是非みなさんで「経営理念とは何か」について学びたいと思います。
1月26日(水)19時〜弊社オフィスでお待ちしています。
http://www.innerrise53.com/keiei/ 




 

innerrise53 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)経営研究会 

2010年12月30日

祓いと禊ぎ


今年は本当に病気と怪我が多い年でした。
いったいいくつの病名をもらったでしょうか(笑)
命に別状がある病気ではありませんでしたが
毎回、入院しようかどうしようか悩む症状でした。

11月後半からも体調を崩してしまい、つい先週くらいまでは
年末年始は病院で過ごした方が良いかも、という話も出ていました。
しかしお陰様で年末が近づくにつれ、体調も回復してきました。 

正直言いまして、今年ほど心身共に厳しい年はありませんでした。
身体が壊れるといろいろ影響が出まして、自社の経営判断はボロボロでした(笑)
自信を持って展開したことが、成果「0」だったり。
お客様へのアドバイスは例年以上に良い結果を出せたのと対照的です。

こうした一年を真摯に振り返ると、明らかに
心身の「祓い」と「禊ぎ」が必要だったと言う事がわかります。


感じているのは、余計なモノを背負う余裕は無くなっていくということです。
これは利己的に生きるという意味ではなく、それぞれがそれぞれの領分を全うし
自立して生きていくべき時代に入ったという事です。 

会社でも自社でやるべき事をはっきりと見極めて、あとは手放す必要があります。
やりたいことを見極める前に、やらないことを決めて手放すということを
今こそ徹底すべき時代のように感じます。

弊社も、今年やったことの9割は当初の目論見に遠く及びませんでした。 
しかし、1割は想像以上に支持を頂きました。 
これらを真摯に振り返ると、弊社にとって余計なこととは何かが見えてきます。
仕事をやった気になっているだけだったことが、たくさんあるのです。

世の中には、ポジティブな面を取り上げてそれを伸ばしていく方がよいと
言われる方もいますが、なにがポジティブなのか区別が難しい。
だって、何を持ってポジティブとするかは結局自分の判断。
自信を持って判断するためにも、起こったことをそのまま見つめる時間が必要です。

来年度について考える時期ですが、まずは何をするかの前に何を辞めるか。
厳しい決断もしなければならないと思いますが、そこは真摯に取り組みます。


大晦日から元日にかけて、「祓い」と「禊ぎ」に出向こうと思います。
今年に真摯に向き合い、新年を真摯に迎えるために。 
でも寒そうだな〜(笑) 
 
 

innerrise53 at 00:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ひとりごと