『丕緒の鳥』の中でもあまり評判が芳しくない一編です。

個人的にもどうにもすんなりとしない読後感を抱いていたお話ですので、
何故読後感が良くないのかなどを中心にまとめてみようかと。





舞台は傾き始めた柳北国で、物語の語り手は裁判を司る司刑の官である
瑛庚です。

明確な判断材料がないので、正確な時期は分からないのですが、何となく
「帰山」で風漢と利広が出会うよりも少し前の頃だと思われます。
”どうやらもう、止まらない”段階という感じではなく、”不安げになり、憂鬱そう
になる”ぐらいの時期のように感じられたので。



物語の粗筋については割愛することにして、これまでに感じた違和感や
疑問点などについて書いていくことにします。

このお話の最大の問題点は、話の主題が常世の――十二国記の世界観に
そぐわないことであると感じました。
本作で語られていくのは死刑制度の是非についてです。

情状酌量の余地がなく、冤罪の可能性も0に等しい凶悪犯。16件の事件を
起こし、23人もの人を殺めた男、狩獺を死刑に処すべきかどうかを、裁判を
担当する瑛庚らが悩む物語です。

本来であれば当然死刑になっって然るべき事案な訳ですが、柳という国では
現在の劉王自身が死刑を停止して凡そ100年という時間が流れていました。
そして肝心の劉王がどうにも政務を臣下に丸投げしているような状態なので、
死刑を復活させるかどうかを司寇の官が悩まなければならない。

何故瑛庚達は死刑復活を躊躇うのか。
それは柳が傾いているから。
傾いた国においては必然的に人心があれ、犯罪が増加する。
そこで死刑を復活させてしまうと、傾いた国に生殺与奪の権を与えることになる。
かといって、幼い子供を含む、罪の無い人々を殺めた狩獺への民の怒りは
大きく、死刑以外の判決を下せば、今度は民が司法への信頼を失ってしまう。
下手をすると暴動が起こりかねないぐらいに、民の怒りは凄まじい。

つまり、死刑判決を下しても下さなくても、何かが壊れてしまう状態なのです。
そのようなどっちを選んでも不正解な択一問題を提示されていること自体が
読んでいて陰鬱な気分になる原因の一つではあります。


ただ、それ以上に本作において問題になるのは、常世には「法治国家」など
存在しないという事実だと思います。
柳は法治国家として名高い国であり、その名声は他国に響き渡っており、
先に倒れた芳極国は、柳に倣って法治国家を作ろうとしたとのことです。

ですが、ここでの「法治国家」とは、あくまでも常世の制度の枠組みの中での
「法治国家」に過ぎません。
実際、本文中においても明確に述べられています。

  司法の結論を他者が左右することは許されない。これはたとえ大司寇であっても
  例外ではなかった。(中略)――唯一、例外があるとすれば王の宣旨だ。

法治国家であるのなら、例え最高権力者であっても司法の判断を捻じ曲げること
など有り得ないのです。
しかし、常世においては王が絶対的な権力を握っており、王の前ではあらゆる法が
無効化します。勿論、全く制約を受けないという訳ではありませんが、それすらも
勅令を以って法自体を変えてしまえば済む話です。

つまり、柳が「法治国家」足り得るのは、劉王自身が法治という枠組みを許容して
いるからに過ぎず、この先王が豹変してしまえば、司寇の官による努力など
まるで抑止力になり得ないのです。


つまり、瑛庚達は国が傾きつつあることを認識しながら、即ち王が道を失いつつ
あるのを認識しながら、何故か従前通り王が法治という枠組みを存続させ続ける
ことだけは、当然のこととして疑いもしていないのです。

確かに現実問題としては、柳はそういう形で沈んでいくのかもしれません。
劉王が奢侈や非道に走るのではなく、単に無能のようになったかが為に国が
少しずつ傾いていき、やがては倒れるという形で。

ですが、王の様子を直接伺うことも難しい官位の瑛庚達が、どうしてそのような
確信を抱けるのでしょうか。
国が傾いていると思いつつ、「法治」という形が残ることに関しては疑いもしない。
それこそかつての芳極国のようになってしまえば、司法のいかなる努力も無意味な
ものとなり、多くの民が虐殺されていくことになる訳ですが、そのような危惧が
どの文章からも読み取れない。


確かに法治国家と死刑制度という議論をするのである以上、法治国家でなくなる
というような前提は存在してはならないのは当然です。
ですが、常世の世界においては法治国家などという存在は、王の許容によってしか
存在し得ない、吹けば飛ぶような脆い存在です。

つまり、十二国記という世界を舞台に、法治の問題について語ること自体が、
根本的に矛盾を抱える行為である。
そう感じてしまうために、この物語にはどうにも違和感を拭えません。




という感じなので、個人的には内容に対しては、すっきりしない感じが残って
しまった作品なのですが、細かい点を見ていくと興味深い点もあったりするので、
そちらについて触れてみることにします。


この当時の柳には、狩獺のような凶悪犯が増えているそうです。
狩獺自身は元々金品を目当てに犯罪に手を染めたようですが、その後の犯歴を
見るに、生活苦による犯罪という色合いを薄いです。
また、主人に叱責されたことを恨みに思って、同僚達を皆殺しにした使用人。
誘拐される訳でもなく子供が消える事件も多発しているとのこと。

国が傾けば人心は荒むとは良く言いますが、それらの事件は国が傾いたことに
よる困窮が直接の原因とは思えません。
主人に叱責されたからといって、同じ立場にある仲間達を皆殺しにするなど
という発想は、どこか病んだものを感じさせます。


つまり、国が傾き始めると、民の心までもが病み始めるのかもしれません。
ただでさえ妖魔が出始め、天災が多発するようになることで国土が荒廃する
ことで、民の心は荒み始めるのでしょう。
その上に民の心が病むことで、常軌を逸した犯罪が多発するようになる。
確かにこうなってしまうと、王が如何に正道を心がけようとも焼け石に水かも
しれません。


失道に陥った麒麟が快癒した例は殆どない。
これまでに何度か繰り返し言われてきたことなのですが、よく考えると少し
不自然な気がしてなりませんでした。

麒麟が病んだということはそれまでの王の施政は明確に誤っていたという
ことです。だったら今までのあり方を変えることで立ち直った国がそれなりに
ありそうなものなのです。
皆が皆、塙王や梟王のように、故意に誤った道へと突き進もうとした訳では
ないのでしょうから。


ですが、民の心までが病み始めるのなら有り得る話のようにも思えてきます。
妖魔や天災といった外的環境の悪化に加えて、人心という内的環境すらも
悪化することが国が傾き始めることであるのなら、それは恐らく負の螺旋を
なすのでしょう。

つまり、本来であれば上手くいくような政であっても、心を病んだ民に対しては
上手く機能しないために、王が取るべき「正解」の選択肢が減少するがために、

王の失政→麒麟の失道→国土の荒廃・人心の病→更なる王の失政→失道の悪化

という形で、加速度的に国が傾いていくのであれば、それは到底個人の努力では
どうしようもないものかもしれません。



後半は推測に推測を重ねているような形にはなってしまいましたが、取り敢えず
今回の傾き始めた柳国のお話は、十二国記という世界の仕組みを考える上で、
一つの推測材料を与えてくれたという点においては、大きな意味があったと
考えられなくは無いです。話の主旨自体には批判的な意見が少なくない本作
でしたが、そういう訳で個人的には結構楽しめる物語ということになりました。