2006年12月04日

新説「母親の小言」VOL.2

さてさて間髪いれずに登場のしゅーとです。
前回あんなシバリを入れてしまったがために
非常に書きにくくて仕方ありません。

というか共著のじゃっきーさんはどうしたんでしょう?
おそらく日々の業務に終われ・・・
そっとしておいてあげましょう。
冬が去ればいずれひょっこり顔を出すでしょう。


それでは今日も行かせていただきます。

3、ちゃんと車に気をつけていくのよ!
4、他の子のことはわかったから。あなたはどうなの?

------------------------------------------------------------------
3、横断歩道渡るときは右見て左見て、ちゃんと車に気をつけていくのよ!

法律は常に弱いものを守ってくれるわけでもなければ、
何もしない人を保護するべきものでもないです。

法律が真に弱いもののために作られているわけでないから
弱者の痛みはなくなりません。

これは一種の極論ですが、
法律は実際守ってくれないことの方が多いですよね?

青信号でも事故は起こります。

で、事故後に処理してくれますが、事故で失ったものは取り戻せません。
何かを失った後に、法律が登場し、現実を定義するだけです。

で、ここまでの偏った意見はあくまでも次の言葉のためです。

まず自分で自分を守りましょう。ルールを把握しましょう。

別に、法律を悪とする気は毛頭ありません。
考え方にもよりますし、上の例でも事故を起こした人が法律を守ってないから・・・
みたいな議論もあるでしょう。
上の例で言いたいことは法律にコーティングされた社会でも
法律を逸脱した行為は行われるし、
その法律そのものも全ての人が絶対的に得をするものではないですよと。

社会やルールがどうであるかということは、自ら知らなければならないものです。
勝手な希望論的な社会形成をあなたの頭の中でしても、
現実は現実です。

あなたはあなた自身の人生を送っているのですから、
自分の生きている世界のルールくらい
自分を守れる程度に知っておきましょう。


4、他の子のことはわかったから。あなたはどうなの?

「○○さんは何とかで、△△は何とかで・・・」
「他の人のことはよーくわかったから。で、あなたはどうだったの?」
みたいな会話ありますよね。
私も私生活の中で同じことを言いたい衝動にかられることが多々あります。
夢や希望ばかりが成長し、自分自身が成長していないような人と
お話しているときに良くありがちな気がします。

他の人自慢。

「いや、その人達がすごいのはよくわかったけど、あなたとはまるで関係ないよね?」
みたいな感じです。
むしろそういった人のフィルターを通すことで、すごい人がすごくなく
見えることもあります。

無駄なフィルターですよね。

たまに私のことを「すごい」と言ってくださる方々もいらっしゃいますが、
ありがたいのですがこう問いたい。

「何がすごいの?」

これに答えられるでしょうか?
正しい「ものさし」をもっていなければ正しい「長さ」は測れません。
正しい「視点」をもっていなければ正しい「価値」は測れません。

例えばスープが売りのラーメンに対し
「このラーメンの麺がおいしいね!」
といっても
「いや、それ市販の麺なんですが。うちの売りは3日煮込んだスーp・・・」
みたいな感じですよね。

ちょっと話はそれましたが、
他人を語るなら自分自身をもっと磨いてからね。
他人がすごくてもあなたがすごいわけじゃないでしょ?
ってことです。
私にも言えますけどね。


------------------------------------------------------------------
いやー、だいぶ書きにくいですね。
次回どうしましょ?
というかあといくつあるんだろう・・・

しゅーとでした。

  
Posted by innocent_idea at 18:29Comments(1)TrackBack(0)作 しゅーと

2006年12月01日

新説「母親の小言」VOL.1

約1年ぶりに投稿。
何の脈略も無く登場。
そんな体も心もゲリラなしゅーとです。

お久しぶりです。
さて、最近の私、

工場にいます・・・


なぜでしょう?
まあ人生って色々あるなってことでしょう。

それは置いておきましょう。
1年も経つとBLOG自体の投稿フォームが変わっててびっくりです。
このBLOGを始めたのは日本にいたころですので、今から2年くらい前のことです。
そのころは「無駄な」時間を過ごしながら、酒飲んだり、
ここに書いてあったようなことを語らい「無駄な」ディスカッションをしたり、酒飲んだり、
BLOG書いたり、酒飲んだりしていました。
その中で色々なものを得て、色々考え、成長してきたと思っています。

こちらで生活し始めて、思考がスローダウンしてきた私にとって
あのときのように頭を使うのはとても難しいことです。

というのが、BLOGを書いてない理由でした。
別に飽き性だからとかではないです、決して。


で、最近よく学生と会って、色々なことを伝える中で、
自分が言った事をほぼ忘れてしまっている気がします。
ですので、備忘録的に書かせていただこうかなというのが本日の主題であります。
どうせならということで、ちょっとひねってみました。
何を?=タイトル参照。
わからない人は・・・直接聞くなり、メールするなり、コメント欄とかに書くなりしてください。
結局昔から言われ続けてきたことの中に真理を発見できるんですね。

いくつかあるので、今日はこの二つ
1、お肉ばっかり食べてちゃダメですよ。魚も食べましょう。
2、他の子はちゃんとやってるのにどうしてあなたは・・・

------------------------------------------------------------------
1、お肉ばっかり食べてちゃダメですよ。魚も食べましょう。

みんな理想や夢を掲げるのは素晴らしいことだと思います。
が、目の前の現実なくして、理想や夢はかなわないでしょう。
森羅万象なんでも流れの中に存在します。
私が言った言葉は「相対的・社会的な私」が意味を確立させるのであって、
個としての私の言葉なんて、本当に小さなものでしょう。
簡単に言うと「同じ言葉」を「違う人」が言えば、「違う意味になる」ってことです。
で、流れ無しに「点」で物事を判断したり言葉を吐いたりしちゃだめですよ。
理想や夢のためには目の前からそこへと繋がる「線」を描き、それをたどっていく努力が必要です。
そのためにはつまらないことや単純なことやいやなこともかっこ悪いこともたくさんあるかもしれません。
でも牛乳や魚や大豆や野菜が体にいいように、
きっと役に立つ時がきます。
というか「肉」ばっかり食べている人は栄養が偏ったなデブが多いですね。
というか(努力もせずに現実も見ずに)「夢や希望」ばっかり(かっこつけて)語ってる人は・・・・以下略

中身の無い言葉から形骸化された夢や希望をただ並べるだけになっちゃいけませんよってことです。


2、他の子はちゃんとやってるのにどうしてあなたは・・・

「変わってる」って言われたいから「変わってる」?

変わってること=個性 って言う考え方を否定は別にしません。
肯定もしませんが。
でも「個性的」って言われたい=「変わってる」って言われたい
から「変わる」の?
本末転倒ですよね?それって演技ですよね?
「変わってる」人のフリをしているだけですよね。
そういった人は中身がすっからかんなことが透けて見えちゃってます。
演技してるのがわかります。
のでちょっと恥ずかしいですよ。
「○○レンジャー」ごっこしてるだけに見えます。
人間が小さく見えちゃいます。
残念!本当に個性的で面白い人はそんなことありませんから!

頑張ってください。
演技磨くより自分磨きましょう。
個性なんて後からついてきます。相対的なものですから。
これくらい考えたらわかりますよね?

というか演技するしかない人は演技しててもらってかまわないんですが、
「人に迷惑かけちゃいけません」
「個性」は人に迷惑かける道具でもなければ、人を傷つけるものでもないと思います。

------------------------------------------------------------------

さて今日はこれくらいにしておきましょう。
っていうか書くこといっぱいあるじゃん・・・

ということでまた近日中に書きます。

しゅーとでした。  
Posted by innocent_idea at 12:46Comments(0)TrackBack(0)作 しゅーと

2006年01月03日

明けまして一言

明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします!
もうちょっと頑張って続けていこうかと思ってる
しゅーとです。

私は去年から海外に住み始めるようになり
その社会に適応して生きてまいりました。
おかげさまでこちらにも友人が大分増え、
楽しい毎日を送っておりました。

が、それが故に思考することをサボってました。
それ故にシュールなことを書いてなかった、
というか書けなかったんですね。
要は「いい顔」して生きてきたんでしょうね。
すんごい馬鹿になった一年だなーと
振り返って思わざるを得ない状況であります。
こんなのことのために来たわけじゃないのに・・・
反省します。

ということで本日はまず身近なところから
心を鬼にして斬ります!


以前にも書きましたが、
「事実とは概念によって経験的世界から切り取った現実の
一部でしかない。
人は生まれてから多くの経験を蓄積し、概念を作り上げていく。
そしてその個々の概念をもって物事を捉えている。」
これ覚えてますか?

これをもって言うなれば
私がメッセージを伝えたい人達には
経験上の統計的結論=唯一無二の真理
という式が成り立っています。

統計上の99%はそうであったとしても
残りの1%がそうでない限り、
そしてその1%という確立が存在する限り
100回に1回例外は発生するということ。


それならばその1%に対し何故思考しないのですか?
常識や伝聞で、A=αという式が成り立ったならば
A≠αという命題に対し、興味を抱かないのでしょうか?
そもそも思いつきもしないのでしょう。

世の中のシステムはこれに気づいてどれくらい経つでしょうか?
「リスクヘッジ」という言葉が生まれた時期が
それの始まりに近いのかもしれませんね。
古くはロイズの船保険の話に始まり・・・

ある意味自慰的なその主観の先に何を求めるのですか?
それで満たされるのは自身だけですよー。

難しい言葉の並ぶ哲学書を読むより先にやるべきことは
あるんじゃないですか??

どんなに難しい知識を得ようとも、
その自慢の知識が身勝手な主観の上に繰り広げられた論理に
付随している間は、何の意味も持たないすし!

人は本を読むより先に社会を築いたのではないでしょうか?


私は普段から10あるうちの5くらいしかしゃべりません、平均。
失礼ながら、相手のレベルを考えて
そのレベルを変えて話します。
世の中には10全部出してもかなわないような人もいれば
逆に必要以上しゃべっても何の意味もない人。
いろんな人がいます。
「馬鹿の壁」とはよく言ったもので
どうにもならない壁ってありますよね。
どんなに論理的根拠に基づいて明確に示そうが
論理そのものに全く思考が及ばない人、
経験論が全ての人、
イメージだけでしかわからない人、
身勝手な主観が全ての人、
すぐに思考が「妥協」する人
そういう人の中に多少壁を感じることがあります。。。
そして全くもって自分の意見を伝える気になりません。
感情的対立を誘発してしまいかねないですし。

共著のじゃっきーとはよく飲みながら
かなりのレベルで話させていただいてました。
あの時は非常に楽しかったです。
多くの意見の対立はありましたが、
答えの出ない問題も多々ありましたが、
それでも有効な時間でした。


こちらで生活し始めて、
普段は3程度。
良くても5程度。
これくらい抑えてしゃべってます。
それに慣れた自分が怖くてしょうがない今日この頃。
どんどん馬鹿になっていくーーー。

と、せめて癒しが欲しいしゅーとでした。


しゅーと  
Posted by innocent_idea at 00:53Comments(0)TrackBack(0)その他

2005年12月25日

コラム 〜コトノハ〜

めずらしく昼間から起きてます、しゅーとです。
リアルと妄想の狭間で
1ミリたりともクリスマスを満喫してません、私。

クリスチャンでもないので・・・
リクルート活動していた去年が懐かしいです。
することないので一筆書かせていただきます。
まあ、よく意味がわかりませんが、本日は世界で最も「愛の告白」が多い日でしょう。
すべての状況においてというわけではないですがその時に使うものがあります!

!お金!

めんどくさくなくていいかもですが、嘘です。

たぶん言葉でしょう。
メール等でも言葉使ってますし。
つまり「告白」という言葉が、既に言葉で伝えること一般的としてますよね。
せっかくなので今日は言葉について考えてみます。

1番言いたいことは「言葉って大切ですよね」ってことです、ちなみに。
ジグソーパズルのようにばらばらな世界を、繋ぎとめ
はっきりと形を提示してくれているのは「言葉」において他ならない気すらします。

一手段としての「言葉」。
つまり相手に何かを伝えようとするときに皆さんも使われるその「言葉」。
でも、自分の言いたいことが伝わりきらない
なんてことも少なくないでしょう。

いきなりですが本日は視点を変えて考えて見ましょう。
○○語と呼ばれる言語は世の中に無数にありますが、
元々言葉ってどこからどんな風に生まれたんでしょう?
最初は「ウホウホ」「ウホ!」みたいな会話が成り立っていたんですかね・・・
想像つきませんね。

日本語において「言葉」という言葉は元々「言(こと)」+「端(は)」の複合語。
それ以前は「言」一語だったらしいのですが
「事」も「言」と同じ意味を音で近い意味を持つので
それの重要度によって「端」という文字を補い差別化を図ったと思われます。
その後、「コトの葉」という形になり
(「葉」はたくさんの意味で広がりを意味したのでしょうかね?)
現在の「言葉」という言葉に至ったと私は考えます。

我々の使う日本語。
基本的に日本人同士なら日本語を用いてコミュニケーションをとることが
可能ですよね。
ですが、この日本語、おもしろい起源論が種々あるようです。
あくまでも一説ですが、一つ書いて見ましょう。

「阿加陀麻波袁佐閇比迦禮杼斯良多麻能岐美何餘曾比斯多布斗久阿理祁理」
これは古事記の一文です。
そのまま読むと
「あかだまはおさへひかれどしらたまのきみがよそひしたふとくありけり」
皆さんが学校で習ったであろう古文風にすると
「赤玉は 緒さへ光れど 白玉の君が装し 貴くありけり」
となります。
これが現在の国学者の見解です。
まあぱっと見、よくありがちな詩のようですね。
古事記自体こういったものの連続なのですが、
これに対しある説があります。
「アカ ダマユ サエ ヒガ レジ シ ラジ ダマ キン ガ ユ グシ タブ トク アルケル」
これは上のものをほぼ原型をとどめたままカタカナにしたものなのですが、
これが実はある言語で意味の通じる言葉となるのです。
その言語とは・・・

「シュメール語」。
そしてその意味は
「私の愛した夫よ、宮中の僧侶は(あなたが)病気だから祈祷すると、布施をせがみます。
私の大君よ、もっとたび重ねて消息を聞かせてください。手紙をいただくのを、心待ちにいたしております。」
となるのです。

シュメール語から日本語への訳は少し改善すべき点もありますが、
それよりもなぜこのようなことが起こるのか?
シュメール語訳のほうがよっぽど意味らしい意味を持っていますし。
ある発見においては、日本のペトログリフからシュメールの神性を象徴する「七枝樹」が見えることから、
古代シュメールと古代日本の文化的交流を仮定しているようです。

つまり全ての文明の始まりであり、突如現れた高度な文明、シュメール文明が
何らかの手段によって(彼らの航海術は優れていたという。よって船で?)日本へアプローチしたのでしょうかね?
これに関する詳しい言及はめんどいのでしませーん。
「あてつけ」だったら面白いね。

このように、言語は状況や解釈の仕方によって全く異なる意味を持つことがあります。
これはヴィドゲンシュタインの言う言語ゲーム(シュプラッハ・シュピール)においても
深く追求されてます。
内容主義的意味概念から機能主義的意味概念への転換を本質とした論理ですね。

愛の告白もよーく考えてしてみるのもいいかもしれないですね。


私の言語が私の世界の限界を意味する。
私の思考の向こう側、語りえない世界、
宇宙である。
これを神と呼ぶのでしょうか?

「地に駆逐なく意味道身らの血」
自らが自らに一番疑問視する問題。
なんてね。

最近あまりシュールなことを言わなくなったしゅーとでした。

P.S ついでに古事記の真似?して
メタメッセージを入れてみました。
文章と言う名の森に、既成概念でカモフラージュされた
異なる言の葉。
いくつかありますが、あなたはわかりますか?

途中でめんどくなったので手抜きですが。。。
すいません。

しゅーと  
Posted by innocent_idea at 19:38Comments(1)TrackBack(0)コラム

2005年12月13日

拝啓 天才博士と馬鹿氏 〜恋愛ver〜

こんにちは!
こたつで熱燗、そんな季節ですね。
こたつに入ると2秒で眠くなるしゅーとです。

さて、このようにBLOGを書かせていただくようになって今回で何度目でしょうか。
雨の日も、風の日も、くじけず頑張ってきました。
あまりの辛さが故に挫折しそうになったときもありました。
嘘です。


で、このBLOGを始めるずっと前から抱いている一つの問い、
今年ももうすぐ終わりということもあり、
これに関して少しばかり書いてみようかと思います。
クリスマス前ということもあり、ちょっと恋愛verで行きます。

「天才博士と馬鹿氏」
とタイトルにもありますが、
「天才」と「馬鹿」

これについてのことであります。

「天才」と「馬鹿」が完全に反対の概念であるかどうかに関しては
諸所考察すべき点はありますが
ここでは、対極の概念として書かせていただきたいと思います。


「天才が幸せか、馬鹿が幸せか」

問うべきはこれです。

そもそも
天才とは何か
馬鹿とは何か

この定義を確立せねばこの問題はどーにもなりません。

が、ここではもっと簡単に考えましょう。

この二つを以下のように置き換えるのはいかがでしょうか?
よく考える人
考え事をしない人

これなら少しわかりやすいですよね。

「よく考える人」はそれが故に、
納得の行く道を自ら探せる
アカウンタビリティーを果たせる
人より前に行くことを意図的に狙える

等のクオリティの高さを追求していくことができます。

が、その反面
疑う
落ち込む

等のマイナス面も現れることが少なくないでしょう。


例えばみなさんご興味がお有りであろう
「恋愛」
においては、

相手のことや自分の立場を考えるが故に
アクションが起こせない。

ということが起こりえるのではないでしょうか。
極論ですが。


ここで逆の立場である
「考え事をしない人」
の場合は
「好きだ!いっちゃえー!」
で、済むわけです。
これも極論ですが。


みなさんはどちらのタイプに属し、どちらのタイプでありたいでしょう?

大半の人はこういうでしょう。

「私は前者だが、後者のタイプが羨ましい。そうなれる人はいいな」


前者の人にとって、自分の思うままを相手にぶつけるという行為は
自己のみのことならず、他者を巻き込んでの自己表現であるが故
それが一方的かつ相手にとって有益でないものであった場合
自分のとった行動が社会的にそして自分的に
恥ずべき、無益な行動であったと考えてしまうこともあるものである。

長々とあえて一文で書きましたが簡単に言うとこういった感じでしょうか。


私の主観を書きます。
その考えは間違ったものではないと思います。
人間が社会的動物である限り
社会という一つのルールの上に生きていく限り
エゴが全てではないと思います。
そういった相対的価値判断は
「思いやり」
へと繋がっていくものでしょう。
しかしそれが周囲に理解されないときも少なくないでしょうが。


ここで私がこのようなまとめをしてもなーにも意味ありませーん!
フォローする気もありませーん!

本当に言いたいことは
優等生になってもしょうがないじゃん!
馬鹿ができる天才になればいいんじゃない?
馬鹿なことができて、頭で他者とのバランスや自己の位置などを
調整すればいいんじゃない?


思いやりのある馬鹿になりましょう!
そして本当はできる子でいましょう!

天才博士と馬鹿氏は二重人格である必要は無い。
それぞれのいいところをそれぞれがあるが故に高められる人であればいい。

どうもこの世の中は1か0か、という極端な答えばかり求められて困ります。
数字の上で1+1=2に決まってます。
が、これが2じゃなくて・・・とかそんなくだらん事に振り回されるのではなく
そもそも別にそんな表現をする必要がないだけだということに気づきましょう!


今日もあまりシュールじゃないですが、
クリスマス前に悩む老若男女に向けて
少子化に歯止めをかけるべく提言させていただきました。

しゅーと

  
Posted by innocent_idea at 05:25Comments(1)TrackBack(1)拝啓 ○○様

2005年11月29日

拝啓 井の中の蛙様

お久しぶりです!
明け方の肌寒さについつい二度寝をしてしまいそうになる季節に
なってしまいましたね。
どーも!基本的に午後起床なので全く問題ないしゅーとです。


さて、久しぶりに書かせていただくわけですが
本日のお題は
「井の中の蛙」

はい。
みなさんもご存知ですよね、この言葉。

”狭い世界の中で生きているため、それ以外の広さを知らない。
転じて、経験や見聞が非常に乏しいため、大局的な判断に欠ける人のたとえ”

ちなみにBY荘子だった気がします。

今、私は海外で生活しているのですが、
ここに留学生としてやってくる日本人の若者も少なくありません。
また、私自身、語学修習のために学校に行っていた事もあり、
普段から色々な学生と会ってます。

絶対数として数千人程度でしょう。
それが故に彼らの多くは
「上」
の人間になれるのです。

例えばスポーツならば、
そのスポーツのためにわざわざこの国に留学してくる人はいません。
もちろんそういった理由で来ている人も多少はいるかもしれませんが
彼らは全く別の生活をしているでしょう。

簡単に言うならば、
「サッカー部でない人たちが集まって誰が一番サッカーが上手なのかを決める」
様な事が日常茶飯事なのです。

この国での狭い日本人社会では
そういったことばかりなので
ついつい自分がとても「上」の人間であるように感じてしまうようです。

残念!!
勘違いでーす!!


もし彼らが日本に帰ったとしたら
「田舎の村で一番だったのに、いざ東京に出てきたら
夢が見なくなってしまったミュージシャン」
のようになってしまいますよー!

確かに環境が悪いのかもしれません。

でも環境のせいだけにするのはよくないですね。
結局自分自身の問題です。


ということで残念な人達はどうすればよいのでしょうか・・・


ここで朗報!!
上記の諺には続きがあります。

「井の中の蛙大海を知らず、されど空の深さを知る」

これは諺が日本に渡った後に書き加えられたものだと言われています。

「空の深さを知る」ことへの強い気持ちがあれば
そこで得るものはあるでしょう。

ただ単に見聞を広めて広い世界を知っても浅知恵をつけるだけかもしれません。
狭い1つの世界にいてもその中で深く考察し、
洞察力を身に付けることが出来ればいいのではないでしょうか。


今日はまじめに書いてみました。

しゅーと

  
Posted by innocent_idea at 06:46Comments(1)TrackBack(0)拝啓 ○○様

2005年11月26日

コラム 〜ロゴスの重要性〜

いきなりですが、私はロゴス(言葉)は本来的に
ディアロゴス(対話)的な本性を持っていると思ってます。

フッサールの様ですが。。。

自ら魂の内でこのディアロゴスを行うことがディアノイア(思考)
という説はこれが前提ですし。

これらを踏まえると
「ロゴスの重要性」と言うのは変かもしれませんが
大切に使うことって必要だってことを改めて考えさせられます。

常に全ての人々がこれの立場に立って
社会を形成していたなら
もっといい社会になっていたかもしれません。

相手を思いやることって、自らそれを受け止めてみて
その内で考えることで生まれるのではないでしょうか。

もちろんその価値観とかっていうのは
個々により異なるのは当然です。

理想は
相手の心情をコピーしたマインドとディアロゴスで
ディアノイア及びシュミレーションを行い
それの結果をもってロゴスに表す。

こんな感じですかね。

余裕があるときはなるべくこうしているつもりです。
意図のないことは言わないですし。

でもメタメッセージやジョークの場合はそれをよりカオスへと導いています。
とある掲示板での
「嘘を嘘と見抜けない人は・・・」
っていうのはまさに真髄だと思います。
メタメッセージをメタメッセージ、ジョークをジョークだと捉えられなければ
面倒なことになっちゃいますよね。

まあ相手がどのレベルで考えるかということを含めて
コピーしなきゃいけないわけなんですが、
はっきりいって無理な時もあるでしょう。


で、要は何が言いたいか。
・・・

天邪鬼でごめんなさい。

しゅーと  
Posted by innocent_idea at 20:00Comments(0)TrackBack(0)コラム

2005年11月12日

「わがまま」と「ワがまま」

どうもご無沙汰いたしております。
じゃっきーです。
ほんとひさびさの登場で、ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、
しがないサラリーマンをしておりますので、ひとつよろしくお願いします。

さて、久々の登場で今回は「わがまま」と「ワがまま」について
考えてみたいと思います。

まずは、いかにも世間の素人物書き(私もですが・・・)にありがちな
凡庸な出だしで始めましょう。

広辞苑によると「わがまま」とは

1.自分の思うままにすること。自分の思い通りになること。
2.相手や周囲の事情をかえりみず、自分勝手にすること。きまま。ほしいまま。
  みがって。

とあります。
普通、友達との会話で「アイツほんとわがままだよな」なんて言うときは、
ほとんど2の意味で使われるんじゃないでしょうか?

でも、ちょっと発音を変えてみてください。
「わがまま」の「わ」にアクセントを置いて発音してみましょう。
そうするとあら不思議、あっという間に1の意味に早変わりしませんか?
以後、こちらを「ワがまま」と表記させていただきます。

ここで、質問です。
はたして「ワがまま」って悪いことでしょうか??
私はそうは思いません。
自分の思うままに生きられたら、人生最高じゃないでしょうか。
みなさん、どんどん「ワがまま」になりましょう!!

とは言うものの、世間に「ワがまま」を普及させる道のりは険しそうです。
巷には「わがまま」な奴らがはびこっていて、こいつらのせいで
「わがまま」と「ワがまま」が混同されていますからね。

私の周りを見渡しても多いですよー、「わがまま」な方。
特に、私の周囲だとある程度金のある個人事業主のおっちゃんに多く見られます。
なんでなんでしょう??
取引先なんかから「いやぁ、社長さすがですね〜」なんて言われて、
裸の王様になってるんですかね。
言動や振る舞いも尊大な方が多いですし、何が偉いんだか全くもって
理解できません。
しかも、すぐ人生訓を語り始めたり、「女ってもんはな・・・」なんて得意げに
講釈を垂れるんですよね。
しかし私は言いたい、「周りが気を使ってるっていい加減気づけよ!」って。

そんなわけで「わがまま」な奴らを撲滅しましょう・・・じゃなくて
人生「ワがまま」に生きていけたら楽しいですね。

もっと書きたいこともありますが、今日はこのへんで。
以上、じゃっきーでした。  
Posted by innocent_idea at 01:51Comments(2)TrackBack(0)その他

2005年10月03日

困ったことに・・・

私事で申し訳ないのですが
困ったことがあります。


MIXIのコミュニティに私のファンクラブとやらが
ありました・・・・


プライバシーどこの騒ぎではありません。
昼ごはんに何食べたとかも書いてあるときも・・・・


とまあここまではたいした問題ではないのですが

私はお酒が好きであります。
しかし、私のいる国の人たちはもっとお酒が好きなようです。
半端ない量を飲まされるときも少なくありません。

その後粗相をしでかしてしまったり醜態を晒す事が
無きにしも非ずと。


で、そのファンクラブには
そんな写真とかまでアップされちゃってるようです。

困っちゃいました・・・・

これからどうしましょう・・・・

しかも非公開になってしまったので
会員にならなければ内容が見れなくなってしまいました。

自分のファンクラブの会員に自分がなるというのも
おかしな話でして・・・・
つまり私自身内容がわかりませーんということです。

困っちゃいました・・・・




若いときはちょっとくらい茶目っ気があってもいいよね・・・


今日はシュールでないどころか私事ばかりの
しゅーと でした。

P.S 11月1週目にお世話になった先輩の結婚式があるため
日本に帰るかもしれません。
暇な人遊んでちょ。早いうちメールくれたら多分対応できるのでよろしくお願いします。
メールするの忘れそうなんでこの場で報告させていただきました。  
Posted by innocent_idea at 06:52Comments(0)TrackBack(0)その他

2005年07月04日

7月4日に生まれて

みなさん、本当にお久しぶりです。
しゅーとです。
私事で申し訳ないのですが
実は本日誕生日を迎えました。
私の友達のアメリカ君も誕生日です。

ある友人からの誕生日プレゼントは

地元人との飲み会

でありました。
言葉の勉強になりました。
日本語とこの国の言葉とたまーに英語そしてなぜかスペイン語が
飛び交う素敵な会でありました。

お祝いしてくださったみなさん、ありがとうございます!

で、まあ誕生日に関しては二十数回こなしてきたわけで
自称中級者であります。
森羅万象、「自称中級者」が最も中途半端ですが・・。。


それはよいとして、
新しい節目を迎えた今思うことがいくつかあります。


そろそろ「毒」抜けてもいいんじゃない?

というのも、
私、今までここに様々なことを書かせていただいてきたのですが、
最近毒気が抜けているような気がしております。
今まで若さが故に世の様々なことに対し、
シニカルな目を向けていた私ですが
今日また一歩大人の階段を上ったことにより
そこから見る景色の違いにふと気づいた気がします。
こうやって人は大人になっていくのでしょうか?

本屋で絵本コーナーにいる丸の内OLさんに苦言を呈していたあの頃。
合コン、バイト、サークルが全ての大学生に物申していたあの頃。
新卒サラリーマンの研修にたいして嘲笑していたあの頃。

今ではすっかり昔のことのように思えます。
じゃっきーに乗せられて始めたこのブログ。
みなさんにいやな思いをさせてしまったかもしれません。
これまでの若気の至りを反省して、一言申させていただきます。





絵本よんだってバイトばっかりしてたって自分は見つかりませーん!
それでみつかる自分なら、寝る前ちょっと考えたら答え出そうですね!
ある意味楽でいいですね!
目の前狭いですよー!!
大人ってなんですかー?
歳とることが大人ですか?
社会という大義名分をかざして押し付けることの最終目標は
年功序列&終身雇用という最強タッグですかー?
もっと自分を客観的に評価したほうがいいですよー!

シンデレラな思い込み。
排他的な脳内シュミレーション。
近視眼的な生活。
古き慣習に守られてる自分。


日本って平和ですねっ!
それでも生きていけるんだっ!
日本ばんざーい!ばんざーい!
みんなが井の中の蛙!
ばんざーい!
ぬるま湯に浸ってると後が怖いぞ!っと。



本日誕生日で、改心したしゅーとより
テンション高めにいかせていただきました。

何も考えない人って楽でいいな・・・・
ある意味うらやましい。

しゅーと


  
Posted by innocent_idea at 07:04Comments(2)TrackBack(0)その他

2005年05月27日

拝啓 大人になりつつある人へ

過ごしやすい季節が続く中、
時が流れ行くことをただ憂いている
「行く川の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず」
「Panta rei」
とはよく言ったもので心にしみる言葉だと私は思っております。

皆様の中にもそんな方もいらっしゃるのではないでしょうか?
よい季節ですね。

アルコール代が月2桁のしゅーとです。


本日はこんな天気の中、今の自分とこれまでの自分
ちょっと振り返り懐かしさに浸っておりました。30秒ほど。


「大人の階段のーぼるー・・・」

という歌がありますが、
昨今大人の階段というのは少し変わってきたように思えるのは私だけでしょうか?

大学に入ることが当たり前の時代。
大学に入っても努力しなくてもいい。
社会人になっても中学校に逆戻り教育

てきとーに生きていればどうにかなる。
そんな気にもさせてくれます、この環境。

いかがでしょう?

もちろん皆さん様々な形で、大人になっていくでしょう。
しかし、自らの足で歩み、自らの眼で見つめ、自らの力を・・・
といった生き方があまり必要とされなくなってきてはいませんか?

もちろんその供給側もビジネスであり
よりよいサービスを提供することでそういったものが出来上がってきたのだと思います。


しかし、社会人になっても親頼りに暮らしているOL。
未だに親に「勉強しなさい」と言われている大学生。
自分が勝手に遊びでお金を使ったのに、親に「お小遣いちょうだい」の短大生。
いつ自立できるのでしょう?

大人になることがよいという前提が正しいか否かという問題は別として
今の世の中でどれだけの人が・・・・


便利な世の中には色々な罠があることも。

エスカレーターで上った「大人への道」には何が見えるでしょうか?


P.S 私が今いる国では、省エネのためなのか
エスカレーターが動いてないところもよくあります。
不満です。

しゅーと


  
Posted by innocent_idea at 11:24Comments(3)TrackBack(0)拝啓 ○○様

2005年05月26日

素朴な疑問 テレビって本物?

こんにちは。
しゅーとです。
「反日感情」という単語がまた頻繁にテレビから流される
日々が続いておりますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?


私はここに政治的な問題を書く気は毛頭ないのですが、
一言言わせていただきたいことがありキボードをたたかせていただきました。


何でもかんでも「反日感情」という言葉で括り
やれ靖国だの、やれ歴史教科書だのと様々なことが取り上げられております。


昨日も日本の国旗に落書きされている様子が流されておりました。
これは自衛隊派遣に結び付けられていたわけですが、
事実が事実としてあり、それが正確に伝わるなら私に不満はありません。

ただ、それが一マスコミ、ないしは一アナウンサーによって
勝手な解釈をされ、報道されていることに疑問を抱かずにはいられません。

例えばその国旗の事件に関して言うなれば
「自衛隊派遣に反対する日本人が現地人にお金を払ってやらせた」
という仮定を覆せる何かはあるのでしょうか?

これが証明されないまま一方的に報道されていることはおかしくないですか?
どうして多くの人に直接的に影響を与えるマスコミが
そのように逆から考えて論証してみたりしないのでしょう?
事実がはっきりしないなら、それを恣意的に解釈して報道することが
許されるのでしょうか?

最近マスコミが政治的主観を多分に含む報道をしすぎるのではないでしょうか?
マスコミュニケーションならぬマスブレインウォッシングまたは
マスコントロールですね。
それがいいのか悪いのかは別の問題ですが。


アナウンサーってそういった場で発言するほどの識者なんですか?
それともアイドルなんですか?
見分け方がわかりません。



あっそうですか、歳と顔ですか・・・。


ある国では偽物がこれでもか!というくらい出回っております。
先日その国で偽物電器街を発見しました。
びっくりしました。中身と外が違うのですから・・・


みなさんのテレビは本物ですか?


しゅーと


  
Posted by innocent_idea at 01:50Comments(0)TrackBack(0)その他

2005年05月24日

改心宣言

こんにちは。
家の隣のマンション工事がうるさくて・・・というエクスキューズのもと
毎晩のみ続けている廃人ことしゅーとです。


さて私事ですが、今大変欲しくて仕方がないものがあります。
まあメカなのですが。
日本はもちろん私の住む国にも売っていないので
香港までちょっと買い物に行くことになりそうです。
もちろん自費でしょう・・・経費でませんね、たぶん。

私はデジタル製品が大好きです。
もう愛しきっております。

「機械は裏切らない」

これが私の口癖でした。

しかしただ買いに行くだけでよいならもう今頃
そのメカをいじり倒していることでしょう。

問題が一つあるのです。


「もうすぐ新しいのが出る・・・」

これです。これ。
私は非常に新しいモノ好きなのです。
特にデジタル製品に関してはなおさらです。
これによって買うタイミングに頭を悩ませております。

しかし私とは対照的に古いものが大好きな人も少なくないでしょう。
私もウイスキーを買うときには
12よりも17が欲しいと思ってしまいます。

というわけで新しいものがいい!とか古いものがいい!とかいう
絶対的価値観はあまり意味を成さないわけで
人によってはもちろん、モノによっても
それぞれ異なった答えになるでしょう。

もしこれがどちらか一つを選ばなければならないのなら
聖書の文を勝手に変えつつ引用させていただくと

「この世界には二種類の人類が存在する
 一つ目は古きを求める者
 二つ目が新しきを求める者     」

という感じになるでしょう。

あなたはどちらを選びますか?
多くの人はどちらも選ぶこととなるでしょう。
それは温故知新という言葉も表すとおり
古いものと新しいもの、両方とも必要であることを意味しているのです。

過去があるから今があり
今は未来を導く・・・


長々と駄文を書かせていただきましたが
結局は何が言いたいかというと・・・・


昔、浮気がばれたときに口からでた言葉を急に思い出したので
書いてみました。
詭弁以外の何物でもありません。

失礼いたしました。

あれから数年。
改心しました・・・


今後ともよろしくお願いします。

しゅーと  
Posted by innocent_idea at 02:42Comments(0)TrackBack(0)その他

2005年05月22日

改名宣言

こんにちは。
本日は改名宣言をさせていただきます。

とはいっても、細○数子に
「アンタ名前変えないと、地獄に落ちるわよ」
と言われたわけではありません。

たまたま先日の記事で、Blogを会社に発見されて、
いろいろまずいことになっている社員の経験が
出ていたため、僕も防衛策に出ようと思った次第です。

偉そうなこと書いてるわりにはチキンでスイマセン。。
まぁ、僕も給料貰って生活している身なので、そこのところは
ご勘弁いただければと思います。

新しい名前ですが、「じゃっきー」としたいと思います。
自分の天邪鬼な性格から取らせていただきました。

今後ともよろしくお願いします。

じゃっきー  
Posted by innocent_idea at 12:10Comments(0)TrackBack(0)その他

2005年05月15日

素朴な疑問:自由ってなに!?

「拘束の欠如をもっぱら楽しむのではなく、
理性的な自己決定能力を働かせることこそ、
人間らしい自由である。」


冒頭から何やら堅くなってしまいすみません。
これは私の言葉ではなく、丸山真男の言葉です。

確かに、いろいろと考えさせられる言葉です。
世の中には、拘束の欠如=自由と考えている方も多いようです。
しかしそれでは、何事も「マジウゼーッ」で済ませてしまう
センター街にいるギャル男や女子高生の皆さんと
なんら変わりはありません。
こうした自由のことを、政治学者のバーリンは、
「消極的自由」と表現しています。

そうは言っても、自由を求める初期の段階において、「拘束の欠如」
を求めてしまうのは致し方ないことだと思います。
例えば、異常に校則の厳しい学校などは、やはり窮屈ですからね。

しかし、いつまで経っても「拘束の欠如」という自由しか
追い求めないのであれば、幼稚であると言わざるをえません。

そこで、「自由」を別の角度からも見てみましょう。
それは、丸山の言う理性的な自己決定能力を働かせる
という自由です。
バーリンはそれを「積極的自由」と呼んでいます。
なにやら小難しくなってきましたが、簡単に言うと、
自分の支配者は自分であるということです。

例えば、若い野球選手が練習をサボりたいという誘惑を克服して、
メジャーリーグに入りたいという自分の夢の実現のために
トレーニングに励むなら、自分のことを自分で決めている
という点において、その人は自由であると言えるでしょう。

もう少し突っ込んで自由について考えてみたい方は、
ミルの『自由論』やバーリンの『自由論』(1969)を
参照してみるのもよろしいかと存じます。

以上を踏まえた上で、私の感じる疑問を述べたいと思います。

世の中には、拘束されており、かつ自己決定能力も働かせることが
できない状況にいるにもかかわらず、その状況を自由と感じ、
楽しんでいる方が、かなりいらっしゃいます。
私が思うにお勤めされている社会人の方にも多いようです。

どうしてなんでしょうか??

給料とステータスさえ高ければ、自由なのでしょうか?
ずいぶんと自由のハードルも下がったものですね。
一つ言ってもいいですか?
でもそれって会社の思うツボですよ。

働いている間は、給料の使い道なんて、飲みに行くとかブランド物を
買うとかしかないんじゃないですか。
あとはまぁ、定年を迎えてから、老いた体で今までの分まで思う存分
遊んでください。

拘束の欠如を求めているセンター街の女子高生のほうがまだ、
社会人の皆さんより、自由に関して敏感かもしれませんね。

じゃっきー  
Posted by innocent_idea at 15:46Comments(0)TrackBack(0)その他

2005年05月14日

拝啓 馬鹿へ

どうも。
連日登場のしゅーとです。

ここに書かせていただくようになり大分経ちました。
時々思うのですが、省略しすぎて
後々見たときに「穴だらけ」
に見えることが多々あるのですが、
それはblogというものを考慮したうえでご勘弁いただければと思います。

で、本日はなかなかセンセーショナルな題目ですが
「馬鹿」に一言言わせていただこうかと思っている今日この頃です。

みなさんの周りにもいらっしゃいませんか?
「馬鹿」

馬鹿な上司、馬鹿な同僚、馬鹿な友達、馬鹿な彼女。
たくさんいらっしゃるかと思います。

で、ここで私が馬鹿かどうかということはおいておきましょう。
そして散々連呼している「馬鹿」ですが
定義が難しいですね。
もちろん辞書にもあるでしょう。
しかし、私が言いたいのはそういった文字だけで解決されるようなものではなく、
もうたまらないくらいの馬鹿の話です。
とはいってもここでは文字で表現せざるを得ないのですが・・・


馬鹿な馬鹿はまだいいです。
自らを馬鹿と知ることで生きる道があるでしょう。
受身であれば、教えればどうにかなる気もします。
これは「馬鹿とはさみは使いよう」という
古くからの言葉に表されるものではないでしょうか。


世の中には手におえない馬鹿がいます。
それは
「高学歴の馬鹿」
これです。これ。

もうたまりませんね。
私も何度もお会いしたことがあります。

自らの「学歴」という名のプライドが優先され、
本来あるべき判断を歪めてしまう。
時には感情的な反発で、自らの地位を守ろうとし
幼稚で矛盾だらけの意見を押し付ける。


もうまいってしまいます。
あまりの幼稚さに一瞬何を話していたのかさえ忘れてしまいます。
これが上司なら無視できないので困りますよね。
放置プレイで解決する間柄ならよいのですが・・・

意見を言う気もなくなってしまいます。

ただ高学歴が多いだけの会社の方は苦労されるのではないでしょうか・・・
ユーザーあっての会社ですよ、と。


わかっていただきたいことは
勉強ができることと頭がいいことはイコールではないということです。
勉強ができるだけの馬鹿は・・・・
もっと勉強したほうがいいかと思います。いろんな意味で。
えりーとこーすを進まれてきた方注意してください。
世の中いろんなことがありますから。
あなた方の頭の中だけですべてがわかるような世の中なら
東大生の多くは大金持ちか権力者、人生の成功者となるでしょう。

もちろん東大生の中にもすばらしい方はたくさんいらっしゃいます。
私がお会いした中でも大勢いらっしゃいました。
個人的な話ですが、特に将来外務省を背負って立つであろう彼には
様々なことを学ばせていただきました。


試験だらけの世の中ですが、試験はあくまでも「門」であり
「家」あっての門なのではないでしょうか?
家を決めるときに門だけで決める人はいないですよね?

この意味を考えていただければと思います。

しゅーと
  
Posted by innocent_idea at 02:48Comments(0)TrackBack(0)拝啓 ○○様

2005年05月13日

コラム 〜新宿の父〜

みなさんこんにちは。
久しぶりに登場のしゅーとです。


最近時期も時期だけに
新社会人の苦悩をご覧いただいているわけですがいかがでしょうか?

同じ立場からご覧になっている方はもちろん
これから新社会人になる方もご覧になっているとお聞きしております。


先行き不安ですよね・・・・


ということで本日は私から一つ意見を言わせていただこうかと思いまして
書き込んだ次第であります。

「社会人」という概念に疑問をお持ちの皆さんに少しでもお力になれればと思います。

疑問を持ちながらも当面「社会人」として、
これから生活していかなければならないみなさんの眼前に広がるいくつかの道を
その先も含めて考えて見ましょう。

もちろん「社会人」という言葉の概念が異なる場所(会社)もあるでしょう。
入るのが難しい会社、学歴の高い人ばかりの会社、様々な会社があると思います。
しかし、ここでその上下を述べるつもりは毛頭なく、
またそれによって一つのものさしで概念の質をはかるつもりもありません。

こういった事実が(えりーと会社でも)あることを前提に、擬似的に普遍的な概念とし、
それをもって、大まかに提示します。
これはあくまでも「ゲーム」です。


ここでみなさんのこれからの選択肢を挙げます。
1、割り切って適応する
2、疑問を抱きながらも、偽り生き続ける
3、問題児とみなされ生き続ける
4、ドロップアウト
こんなもんでしょうか。もちろん他にもありますがここでは省略させていただきます。


さて、直感でどれを選ばれますか?
というかここでの本質は「これ以外に大した選択肢はない・・・」という悲しいことでは
ないことをさりげなくフォローとして言わせていただきます。
残念!実際は無意味なフォローですが。


それはさておき、
まず「1、割り切って適応する」を選ばれた方へ

ある意味一番幸せかもしれません。
最初は疑問も少なからずその影を心に落とし辛い日々もあるかもしれません。
しかし、もし他の選択肢を選んだ時のあなたがその姿を見ていたら
「気楽でいいな・・・」と感じるのではないでしょうか?
「思考の停止は死を意味する」という誰かの言葉は忘れて
いつか何も疑問も持たず楽しく過ごせる時がくるでしょう。
「ばかが幸せか、天才が幸せか」
この議論はまた別のところでやるとしましょう。


次に「2、疑問を抱きながらも、偽り生き続ける」

これが一番多いのかもしれません。
世の中、疑問を感じずに生きている人が少なからずいる中で
偽ることでうまくそういった人たちとやっていく、
こういった方は多いのではないでしょうか?
そして同時に、残念ながらこれからも多くの場合
そうであることの裏返しでもあるわけですが・・・
他人には「気楽でいいな・・・」と思われ、自らは苦悩し・・・

鬱に気をつけてください。
特に痩せ型の人は躁鬱病になりやすい、という
体系から見た心理学の一学説もあるのでご注意を。


「3、問題児とみなされ生き続ける」

これはこれで生きづらいですね。
それをばねに競争力等に生きれば良いのですが
なかなか難しいものです。
「環境も実力のうち」
こういった言葉を前に苦しむ日が来ないことを祈ります。


「4、ドロップアウト」

ドロップアウトというかスピンアウトというか・・・・
そこだけが特殊ではないということが多々ありますので
ご注意ください。
他の場所に行っても同じ思いをしてしまったら・・・・


と、以上簡単ながらみなさんの行く先を
かすかな光で照らしてみました。
どうでしょう?
明るい未来に乾杯!ぬるいビールで。


一生学生で生きていけたらいいんですけどね・・・・

しゅーと  
Posted by innocent_idea at 02:14Comments(0)TrackBack(0)コラム

2005年05月12日

〜日本一短い新えりーと社会人からの手紙 その2〜

題  社会人たるもの
-------------------------------------------------------------------

本日は久々に幼稚園的な発言があって
懐かしい思いがこみ上げてまいりました。

曰く
「大きな声できちんと挨拶して、さすが○○の社員だと思われるようにしましょう」

・・・・・・・・・・


またGW明けで生活態度が堕落してるので、
お向かいさんの部屋同士で整理整頓と戸締まりのチェックをすることになりました。
さすが社会人!

・・・・・・・・・・

最近日本ではメンタルヘルスに良いチョコレートが発売されました。

なんでも、脳内伝達物質のGABAというアミノ酸が通常の25倍含まれており、
よりリラックスできるそうです。

僕が朝一にセブンイレブンまで買いに走ったのは言うまでもありません。。


じゃっきー

-------------------------------------------------------------------  
Posted by innocent_idea at 00:18Comments(0)TrackBack(0)その他

2005年05月06日

新社会人の感じたこと

ほんっとお久しぶりです。
社会人のじゃっきーです。

今日はタイトルにもある「社会人」という言葉について
考えてみたいと思います。


社会人になってつくづく痛感したのですが、
「社会人」というのは極めて便利な言葉ですね。
ただし、われわれにとってではなく、使用者側にとってですが。

簡単に言うと、社会人という名の下になんでも正当化
されてしまうわけです。

例えば、
「社会人になったんだから時間は守りましょう」
「社会人として挨拶は大きな声でしよう」
ってな具合です。
ここでふと疑問なんですが、時間を守ることや大きな声での挨拶と、
社会人とのあいだにはどのような相関関係があるのでしょう?
社会人でなければ、時間を守らず挨拶もしなくてよいのでしょうか?
逆に、社会人じゃないと時間を守ったり、大きな声で挨拶したりが
できないのでしょうか?
当然そんなことはないですよね。
いやはや、なんともレベルの低い話です。
幼稚園の年中さんでも知っていることですね。

さらにイタい例を2つ
「勤務時間外でも社会人として節度ある行動を」
「社会人としてふさわしいマナーを身につけよう」
はい、イタいですね。
小さいころに
「お兄(姉)ちゃんなんだからしっかりしなさい!」
と言われるのとなんだか似ています。

しかし、社会人ってそんなに偉いのでしょうか?
今なにかと注目を集めている○R△日本で不適切な行動を
とっていた社員たちも、立派な「社会人」ですよ。
それなら、僕たちも何か起こってもボーリングを続けても
よいのでしょうか。


このように考えると、お題目のように「社会人として・・・」
と唱えることの空虚さがお分かりになると思います。
そのようなことを何回唱えても伝わるメッセージはただ一つ、
「私の思考は停止していてただのバカです」ということだけです。
だって、中身が無いですから。
きついようですが。

さらに、僕たちは勤務時間外は一個人としての側面をも有している
わけです。
それにもかかわらず、「社会人として節度ある行動」をしなければ
ならないのというのは、精神的に檻の中にいるも同然です。
なんと大きなお世話なのでしょう。
全てが「社会人」の名の下に押し付けられるのは頂けません。


巷では「社会人」という言葉が独り歩きしています。
みなさんもこの言葉を聴いたときにはご注意を!
蛇足ながら、「大人」という言葉も同じような使われ方をする傾向が
あるので、マークしておいたほうがよいかもしれません。
使用者の方々は「お気に入り」に入れるのをお忘れなく!


                      じゃっきー@新社会人  
Posted by innocent_idea at 21:05Comments(0)TrackBack(0)その他

2005年04月15日

〜日本一短い新えりーと社会人からの手紙 その1〜

題 本日の注意事項
--------------------------------------------------------------------
あいさつは大きな声でしましょう。
テキストには名前を書きましょう。

丸の内第三小学校でも誉めすぎだったようです。
一昔前の幼稚園ですね、ここは。

しかも、集合時間に遅れないように、
近くの部屋どうしの5人組で責任をとりあって一緒に教室に行くことになりました。
戦時中の隣組ですか?
それが社会人の自覚を高めるようです。
遅れた奴はみんなの前にさらされて恥をかくってほうがよっぽど自覚が高まると思うのですが。

ほんと友人と室内電話で話さないとやってられません。

盗聴されてても、もういいです。。

じゃっきー

-------------------------------------------------------------------  
Posted by innocent_idea at 12:51Comments(0)TrackBack(0)その他