明けましておめでとうございます!本年もよろしくお願いいたします。

コロナさんの影響で今まで味わったことのないお正月を迎えましたね〜。

今起こっているこの事実をしっかり受け止めて、新たな気持ちで望んでいきたいと思います。
P1011434

元旦は店にこもって年賀状に専念しておりました。誰も居ないお店はボクの

オフィスになりります。薪ストーブを焚いて、とても贅沢な空間です。
P1041435

2021年、薪ストーブの初火入れは、年末の強風で落ちた枯れ枝を拾い

焚きつけにしました。枯れ枝を拾いながら、里山ではこうして枯れ枝や、落ち葉を集め、

焚きつけにしたり堆肥を作ったりしてたんだろうな〜と。自然に溶け込んだ暮らしの風景は

美しく、無駄なくシンプルにデザイン化されているのだな〜。イノチが巡る暮らし方。
P1041437

P1041438

そんな気持ちがふつふつと湧いてきた年末の大掃除の後、ネットで見つけた本が元旦に

届いた。流石Amazon!今となってはこの便利さと、アナログとを融合させた暮らし方がいい!

人は自分の本質を持ってこの世に誕生するのですが、この本質というジグソーパズルは

誕生と同時にいったんバラバラにされます。そして成長と共にいろんな事を体験しながら

一つ一つピースを埋めていってるような気がします。今回この本のサブタイトルの

”あるものを活かす、自給する「小さな暮らし」へ”というワードがピタリとパズルにはまりました。

20代の時にこのピースを一度発見し、それによって動き出しているのですが、その時はまだ

パズルにはまっていなかったのだ〜という感覚を今 感じています。笑

イノチが巡る暮らし方。イノチが巡るレストラ。をもっと丁寧にやっていこう!と決意した新年です。
P1011433

初日の出は拝めなかったけど、窓から差し込む夕陽も美しかった〜。

LOVE&PEACE




IMG_8382

昨日、虹が出て仕事納めでした〜。パーフェクト!
PC301427

大掃除も終わり2020年も無事にゴールができました。

今年はコロナさんの影響で、今までの普通が普通じゃない年になりましたが

皆さんはどんな事を感じながら大晦日を過ごされているでしょうか?

ボクは人とのココロのつながりの大切さが身に染みた年になりました。

沢山の方々に応援して頂いただいたおかげで、こうしてお正月を迎えれています。

ほんとにいつも関わって頂く皆さまにココロから感謝致します。ありがとうございました!

そしてもう一つは、生きる力!氣力!の大切さです。20代の時に掴んだこの感覚が蘇って来ました。

お店をやりだしてから、長い長〜い間、やり繰りに重きを置いてきていたので、2021年からは

この感覚をもっと丁寧に具現化していこうと思います。ゴールと共に次のスタートラインの輪郭が

ハッキリしました!
PC311431

それでは皆さまよいお年をお迎えください。 感謝

LOVE&PEACE





PC241422

クリスマスディナーも今日で最終日。やっぱりクリスマスはいいな〜

毎日聴いても聞き飽きないクリスマスソング。ボクはいつからこんなにクリスマスが好きに

なってしまったのか?今頃になって自分分析をしております。笑

やはり子どもの頃の体験が大きく、楽しかった記憶の灯火が、ココロの奥底でゆらゆらと灯

続いているのでしょう。
PC211408

ツリーの飾り付け、そしてクリスマスに母親が買ってきてくれたアイスのケーキに大きな板チョコ。

中でも一番印象に残っているいるのは、小6の時に友人に誘われて行った日曜学校かな〜。

何のことかまったくわからず、ただお話を聞いた後におやつを食べれるよ〜の一言で

ついていったと思います。笑 古い民家で数人の子供達が集っていて、イエスさまのお話しを聞き

最後に讃美歌を歌って終了。その後に待ちに待ったおやつタイムだったような、淡い記憶です。笑
PC211409

今思えばキリスト教への友人の勧誘だったんですが(笑)、子どもだからそこに策はなく、ただ

いつもと違う場で遊んでいたのでしょう。そしてクリスマスイブの夜、初めて体験した聖夜というのが

今も焼き付いています。幻想的な蠟燭の灯りの中、讃美歌のオルガンのメロディーが、子供心に

神聖な気持ちになったような気がします。(宗教的なことはまったく覚えていませんが)

その後ボク達は聖歌隊になって、ご近所の一人暮らしのじいちゃん、ばあちゃんの家や、小さな

個人病院などを讃美歌を歌いに回り、とても喜んでもった記憶があります。ぼんやりとですが、

ココロのどこかにしっかり焼き付いているんでしょうね〜。

そして、世界中の子供達にプレゼントを届けるサンタクロースになりたい!と思った事もあります。笑 

やはりこの辺りがクリスマス大好き人間を決定づけたようです。笑
PC211404

PC211403

PC231410

PC231413

PC211407

イヌイットでもサンタさん達がクリスマスディナーの準備に大忙しです!

LOVE&PEACE










PB271272

彫刻家の友人の個展が終わり、出展していた中で一番大きな作品の置き場がないので、

引き取ってくれないか?ということで寄贈していただいたのが「わだつみの言葉」という作品。

先住民の間で伝承されている創世神話の主人公のワタリガラスをモチーフにした作品です。
PB281286

PB281280

ボクがワタリガラスを知ったのは、大好きな写真家、故星野道夫のエッセイ「森と氷河と鯨」を

読んだのがきっかけでした。
PB281281

ワタリガラスは言った。

「人々のために苦しむのだ。この世を救うために炎を持ち帰るのだ」やがて若者の顔は

炎に包まれ始めたが、ついに戻ってくると、その炎を地上へ、崖へ、川の中へ投げ入れた。

その時、すべての動物たち、鳥たち、魚たちは魂を得て動き出し、森の木々も伸びていった・・・

「森と氷河と鯨」より抜粋
PB281276

ボクはこの作品を見た時、鳥肌が立ちました。今、コロナ禍にあって、今までの古い価値観

というサナギから、新しいイノチが吹き込まれた社会が動き出した!というインスピレーションを

受け取ったからです。このタイミングでやって来てくれたワタリガラスさんに、友人に感謝です!

そして次の日大きな虹が出て、その感覚が確信へと変わりました。パーフェクトなのだ。

LOVE&PEACE






PA261171

前回に引き続き、農家の富士原さんのお話し。今年はウンカの大発生で被害が出ていて

お隣の田圃でも農薬をかけてはりましたが、何故か富士原さんの田圃は被害は最小限でなおかつ

例年になく豊作だったのでした。富士原さん自身もビックリされてましたが、今年は肥料を撒かず

植物のヘアリーベッチ(緑肥)を蒔き、それをすき込み田植えをされたそうです。富士原さんの区画は

このヘアリーベッチ栽培が盛んなエリアで、春にはキレイな紫色の花が田圃一面に咲き誇るので、

移動養蜂家の方がミツバチの巣箱を置きに来るそうです。
PA261172

さて何故こうい嬉しい結果になったのか?「わしもわからん」と富士原さん。笑 「わからんのが

おもしろい!」とボク。笑 農業というのは自然が相手だけに、自然の微妙な変化を感じとる感性が

大切なような気がします。ボクが尊敬する農家さん曰く、「野菜の成長に意識を向けるか、野菜が

育つ土(微生物)に意識を向けるか、天と地ほどのの違いがある」。言わば人間目線か、自然目線かの

違いですね。また、ある農家さんは、「野菜は毎日宇宙を見ている」と。カッコイイ言葉でしょう。笑

地球も自転しながら太陽の周りを回り、その太陽系も銀河の中を飛び回っている。なので、土の中も

日々変化を繰り返し、その変化をいち早くキャッチしているのが、身近な草や植物のような気がします。

富士原さん現在84歳!体力は衰えても探求心と観察力は衰えていませんな〜。お話を聞くのが

とても愉しく勉強になります。富士原さん曰く「みんな表面ばかり見て、会社の言いなりになって

高い高い農薬を買わされて、アホやでー!」。(この播州地方は言葉がキツイので悪しからずです)笑
PA261175

さて、5年前くらいから店のあちこちで白蟻さんの被害が発覚し、その都度補修メンテナンスをやって

ます。暇があればあちこちチェックしていますが、今回も気になる箇所があったので板をめくって見ると

居ました居ました〜。”気になる” という直感は大事やね〜笑 塗料を塗り、板を張替えて一先ず

やれやれです。白蟻さんに食べて下さいと言わんばかりの建て方なので致し方無いけど、うまく

お付き合いしたいものです。笑
PA281176

PA241161

秋が深まってきました〜。

LOVE&PEACE









P1050507

いつも美味しい野菜を提供して頂いている、ご近所の農家の富士原さんご夫婦。

今年は例年になくお米が豊作ということで、稲刈りをされている田圃に立ち寄りました。

この辺りでは今年、ウンカの大発生で被害が大きいと話は聞いていましたが、富士原さんとこの

田圃は被害なしで豊作!いったいどういうことなのだ???この話は後日で、今回はその田圃で

立ち話をしている時に富士原さんが突然、「世の中には悪い事をする奴がおるで〜これ見て!」と
PA221156

折れて道に転る看板を見せてくれました。富士原さんの田圃は道に面しているので、犬の散歩を

する人が多く、この看板を立てているのですが、折れた箇所を見るとノコギリのようなもので半分切られ、

そしてボキィと折られたような感じ?富士原さんは嫌がらせをされたとご立腹な感じでしたが、横で作業を

手伝っていた息子さんが、その看板の支柱の切り口を見て、「これはノコギリちゃうで〜

切り口が丸いで〜」と。
PA221158

確かに丸い 笑 そして、3人で検証です。笑 これはどうも草刈り機の刃の後ではないか?

支柱の木もだいぶん朽ちているので、勢いよく草刈り機が当たればこれくらいの切り込みも入るかな?

その後何かが当たって折れたのかな?等々。富士原さんはしばらく体調を崩されていたので、田圃の

草刈りは娘婿さんが刈ってくれてたということも分かり、ご立腹だったお腹も徐々に凹んできました。笑

ボク達の日常でもこういう事が多々あります。本当のことは分からないのに自分の妄想で悪く取って

しまいイライラ。笑 またその時のココロの状態でもとらえ方が大きく異なりますからね〜。

秋の田圃での学びでした。(富士原さんは普段はとても優しい方ですからね〜笑)

LOVE&PEACE

PA141147

PA141149

10月13日、14日は地元のお祭りでしたが、コロナさんの影響で中止。ボクの地区では提灯だけ

上げら、宮では関係者だけで神事は執り行われたそうです。季節の風物詩が中止になり、人間社会は

淡々と日々が過ぎていく感じですが、季節は移ろいこの時季になると金木犀がしっかり香ってきます。

2020は自然のリズムに目を向ける、意識する、よいきっかけの年になっていると思います。
PA051118

さて、今まで書いてこなかったけど、祈りの世界、シャーマニズム。店名に選んだイヌイットや

ネイティブアメリカンなど世界中に点在する先住民。日本ではアイヌ民族や沖縄諸島に残る

神話や自然崇拝。ボクはこういう世界がたまらなく好きなんですね〜。

日本も昔の人達は、山の神、川の神、火の神など、すべてのものに神が宿る八百万の神として

お祀りし、神さまと共に暮らしがあり、すべてのものがおぎないあい、循環してたんでしょうね。

現在、有名な神社は活気がありますが、どこに行ってもお祀りされている氏神さまは、なんとも

さみし気な空気感があります。その土地に住まわせてもらっていること、その土地の恵みを頂いて

いることなど、感謝の意識が薄れていることがそんな空気感を生み出しているのでしょう。

昨日、のりふと農園ののりふとさんと話していて共感したのが、人の顕在意識(目に見える世界)

は5%で潜在意識(目に見えない世界)が95%を占めていて、今の物質社会は顕在意識の

価値観で成り立ってしまっていると。人には見えないココロの世界があります、感じるココロが

あります。潜在意識にその人の本質(神さま)があり、本来無意識に自由に自分を生きることに

よって、無意識に自然とも共鳴できるのだと感じています。今まではこの二つの意識が分離された

時代でしたが、もう統合の時代になっているそうです。だからボクも自然とこういうことを書きたいと

思ったのは、潜在意識の方からアプローチされているのかもしれませんね〜。笑 

先月、数年前からお世話になっているヒーラーの杏さんと、今、杏さんと共にヒーリングをされている

みのるさん、そして草の芽のふみちゃんの4人で福岡へ神社を巡る旅に行って来ました。

杏さん曰く、志賀海神社(しかうみ)に、この4人のご縁が深いということで生まれた旅でした。

ボクにはわからない感覚ですが(笑)、新しい感覚のステキな旅になり、その後いろんな事が次へと

繋がるおもしろい展開が生まれています。流れに委ね、潜在意識と顕在意識がスムーズに流れる

ことを大切にしたいと思います。
P9211052

P9211068

P9221088

P9211076

P9211081

LOVE&PEACE
PA131146

ツバメ達は南へ旅立っちゃいましたね〜。また来年の春やね〜。




DSC_5818

中秋の名月の1日、ようやく種蒔き&草刈りが終わってホッとです。
PA031116

2日の満月もすばらしかったですね〜🌕お月さまが原子、金星が電子のよう。
P9261112

こんなキレイな空を眺めたりしていると、つくづく世の中のシステムと言いますか

誰かの都合のいいように決められた、常識や価値観、こうでなければいけないという

縛りが、いつの間にか社会のルールみたいになっちゃてるな〜と。

言葉では十人十色と言っても、世の中のルールは十人一色です。笑

ボクも随分長くそんな目に見えないルールに、自分で自分を縛ってきました。

自分を縛っている事に気づかないほど大きな圧でした。笑

2020年。その人がその人らしく在るために。本質を生きるです!

つづく

LOVE&PEACE






P9251108

P9251110

P9251105

P9251111

この夏が暑かったせいか、早くもクルミが落ちだしました。割ってみると

実は小粒ながらもしっかり詰まっていたので、さっそく拓とナナちゃんが拾ってくれました。

これから料理やおやつに登場しますよ〜。お楽しみに!
P9161036

さて、先日友人がDVDを貸してくれました。西表島で伝統の織りを継承されている

染織家 石垣昭子さんとご主人の石垣金星さんの日常を映したドキュメンタリーです。

西表島の自然を敬い、その土地にしっかり足を着け、淡々と作業をし淡々と暮らす

お二人の姿、言葉に、シフトダウンさせてもらった感じです。夏がバタバタと忙しかったので

金星さんの歌と三線のリズムが、ゆっくりゆっくり自然のリズムにいざなってくれました。

昭子さんが繭や植物から糸を紡ぎ、島に自生する植物から染料をとり、そして機を織る。

そんな作業工程がこれまた三線のリズムと言いますか自然のリズムなんですね〜。

映像の中でココロに響く明子さんの言葉がありました。

「本来の仕事は見えない力、見えないプロセスによって出来上がってくる」

「織るのは目に見える世界。機(はた)に糸を掛けてしまったら、もう完成に近い」

「大事なのは機に乗せる前。糸を作り、染料を採り、植物を探すというような見えない世界が

いくつもいくつもあり、逆にそっちのほうが本来の仕事。それによっていいものが生まれる。」

そうなのだ〜そうなのだ〜 ふむふむとうなずいてしまいました。

秋のココロの収穫です。 暮らしが仕事、仕事が暮らし。自然のリズムで。
P9251101

金星さんのCDも貸して頂いて、心地よくブログを書くことができました。

迫田さんありがとうございました。そして、北斗さんいつも見てくれてありがとう!笑

LOVE&PEACE

なんと前回のブログの最後が7月31日。

タイトルが「MOVE」。その言葉の如く、灼熱の太陽の下、動きだしました。
P8190953

P8200955

P9070983

6月・7月が動きたくても動けなかったので、8月はその反動と言わんばかりに

動き回っておりました。笑 動ける事ってほんとにありがたいです。
P9070980

P9070975

8月は一滴も雨が降らずで、9月に入って台風10号が近づく6日にようやくゲリラ豪雨。

そして7日、台風の風がまだ残る中、空は晴天!その時何かが終わり、次の日から何かが

はじまる。そんな感覚を受けたのでした!

これからはより、LOVE&PEACEで生きていくのだ宣言のような9月8日でした。
DSC_5818

今は遅れてしまった種蒔きに勤しんでおります。

LOVE&PEACE


続きを読む

↑このページのトップヘ