IMG_4381

暑かー!
夏は暑い!仕方がない〜 しっかり汗をかきましょう!
IMG_4380

豪雨の後、快晴の空は美しすぎます。でも同じ空の下で災害に遭われた地域ではそんなことを
感じるゆとりはないでしょうね。何かできることは?と考えています。
IMG_4375

さて、2ヵ月ぶりの川そうじが終わりました。、この川もかなり増水してましたが、すっかり水もひき、
浅瀬には長靴で入れました。冬の川と違って生き物の多さに興奮します!大きなナマズが足元を
スルスル〜と通り抜け、たくさんのメダカに足長エビも発見!あの濁流の中、何処に居たのだろう?
あれだけの生き物の姿を見ると、川底に埋もれているビニールや空き缶をほじくり出したくなるもんです。笑
IMG_4377

来月は13日のお盆休みなので、子供達が来てくれたらうれしいな〜!
いい汗かこう!

LOVE&PEACE

IMG_4367

自然の脅威を確認する出来事が増えてきました。
さて、今日でイヌイットは26歳になりました!忘れることのできない記念日になりそうです。
この辺りも昼前に避難勧告がでたので、ランチタイムの途中で閉店し、臨時休業にしました。
IMG_4361

毎月おそうじしている川も、かなり増水しています。
IMG_4366

雨の風景を見ながらしばしテラスで一服。あちらこちらで多大な被害が出ているのは
分かってはいるものの、ツバメが飛び交う姿にすっ〜と深い呼吸をしている自分があり、
カマキリを発見して、スッとココロが通る瞬間がありました。
自然はいろんな形でメッセージを送ってくれます。
IMG_4364

LOVE&PEACE

IMG_4339

変わらないようで毎日が新しい。日々、何が起こるかわからない暮らしのライブです!
もし一日の台本があり、その通りに過ごすとなると、それはそれはつまらない一日だと思います。
嬉しいこと、悲しいこと、新たな出会いや、ハプニングまでもが日々ライブと思えば愉しいもんです。
ライブを愉しむにはココロは 0 がいい!
IMG_4325

先日のKeijuさんのライブで、そんなことを思いながらここちいい時間を過ごしました。
IMG_4328

IMG_4335

星野道夫さんの言葉で、「結果が、最初の思惑通りにならなくても、そこで過ごした時間は確実に
存在する。そして、最後に意味を持つのは、結果ではなく、過ごしてしまった、かけがえのない
その時間である」
IMG_4342

夏野菜や草のパワフルな成長と共に、虫達も日に日に成長しています。2ミリほどだったカマキリが
1センチくらいになってた。
IMG_4318

今日で6月も終わりです。今月もいろいろあったな〜日々が奇跡の連続だ〜。
拓の季節のデザートも終盤にさしかかりましたよ〜。真剣な眼差しがいい!
IMG_4336

食卓にはいよいよバジルが登場しましたよ〜!

LOVE&PEACE




IMG_4274

この月曜日は台風5号の影響がどうかな〜?ということで、川そうじはお休みにしました。
が、しっかり午前中は晴れましたね〜。笑 午後からは雨が降り出したのでこの日は割り切って
ゆっくり休ませてもらいました。
IMG_4277

IMG_4278

田圃には水が入り、お隣の西口さんとこも田植えが始まりました。親子三代で微笑ましい
光景です。

LOVE&PEACE

IMG_4242

「もうすぐ梅雨入りですよ〜」と、この前カッパさん達が来店!何やらカッパ会議。笑
IMG_4236

IMG_4235

梅雨までに〜と、地元水利組合の有志の方々からジャガイモを分けていただきました。
IMG_4246

IMG_4248

イヌイットでは今年もユスラウメが鈴なり!完熟した実はしっかり摘んで後は鳥さん達におすそ分けです。
IMG_4250



昨年はさっぱりだった桑の実は今年は豊作です。拓がジャムを作ってくれましたよ〜!結構な量だと
思っていたけど、煮詰めると一ビンづつしか取れませんでした。
IMG_4253

梅雨にふさわしい爽やかな酸味です!デザートのソースとして登場すると思います。
初夏だけのたのしみですね〜。
IMG_4267

地場の野菜も充実してきました。のりふと農園からはズッキーニが登場!初物はいつもワクワクします。
渋谷農園からは玉ねぎ、ニンジン、キャベツにインゲン豆。砥堀農園からはスナップエンドウ。
富士原さんからはブロッコリーにゴボウ。ようやく賑わってきて盛り付けるのがたのしいです!
IMG_4269

IMG_4264

梅雨までに〜と、シロアリ対策もとりあえず完了。レンガで簡単な基礎を置き、その上に枕木を敷き
薪を積み直しました。店の周りの至る所に木の端材を置いているので、暇ができたら片付けています。


季節の移ろいに並走中!

LOVE&PEACE

お出しを学びたい!と、拓の一言で動き出した今回の企画。
大阪で昆布屋を営んでおられる土居こんぶ三代目の土居成吉さんの講演と
子供の頃から土居こんぶのお出しで育ったという、お出し料理研究家のChieさんは、イヌイットにある
食材で献立を考えていただきました。そしてChieさんのサポートをしているのが、ボクと拓の共通の
友人であるミッチャンです。今回はミッチャンの計らいで。イヌイットでは拓が中心になって準備し、
当日は進行役も務めてくれました。ほんまに頼もしいです!
IMG_4193

IMG_4200

どの分野でもそうですが、専門職では維持、継承できても、圧倒的に多い一般家庭では便利、簡単、安い
がまんえんし、本来の自然なものが少なくなってきました。時代は留まることなく常に変化し、古き良き
ものが無くなりつつあります。でも食はイノチを繋ぐものです。だから土居さんは昆布屋のミッションと
して” お出し ” の大切さを一人でも多くの人に知ってもらいたいという思いで、高砂まで来ていただき
ました。
IMG_4202

そんな土居さんの思いをChieさんがお出し料理教室を通して発信されてます。 先ずはいりこと昆布で
” 世界一簡単で栄養のあるだしのとりかた ” を実演!純粋に ” うまい ” です!そして今回は
イヌイットで開催ということで、お味噌汁ではなく、新玉ねぎのスープにお揚げさんのクルトンを乗せて
いただきましたが、これがまたやさしい味で、何杯でもいけちゃいそうでした〜うまかったな〜。
そして下の写真は普段と違うイヌイットのキッチン。なんか面白かったな〜
IMG_4206

IMG_4210

IMG_4205

IMG_4207

IMG_4212

IMG_4232

Chieさんが栄養バランスを考えて作ってくれた料理、イヌイット編です! とにかくやさしい
味付けなのですっ〜と体が受け入れてくれるおいしさでした。食後、今回の献立の栄養素が
細かく数字化されたプリントで土居さんから説明を受けました。
IMG_4231

ボクは感覚人間なので、数字は大の苦手。あまりの数字の多さに目が回るのです。笑
でも説明を聞くうちに、ボクが今まで思っていた疑問が解けてきたのです。この飽食の時代に
なぜ日本人はミネラル不足の人が多いのか?そうなんですキーは いりこ、海藻 だったのです。
土居さん曰く、約60年前まではどこの家庭でも煮干しなので出しをとり、味噌汁や煮物を作って食べ、
海藻類も常食していたとのこと。

日本の水は軟水。軟水はヨーロッパの硬水と違って、かなりミネラル分が少ないことが、これまた
数字を見れば明らかでした。海に囲まれた日本は様々な海藻や魚が採れ、先人達は海から
ミネラルを補い、この風土に合った食文化を築いてきたんですものね〜。お出しは元氣の元です!
またお豆腐にミネラルが多いのが以外でしたが、そうなんです にがり が入っているからなんです。
今はにがりの代わりの添加物で固めているお豆腐が多いので、天然にがりの入ったお豆腐を是非
チョイスしてね!
今回ボクは初めて栄養素を数字で見て新たな発見もあり、知らない事を学ぶ楽しみも味わいました。
かと言って、数字を気にしながらご飯を食べていては美味しくないと思うので、何事もバランスかな。
人間も自然の一部なので、まずは五感、ココロのセンサーを研ぎ澄ませ、何を見た時、何を食べた時、
何を聞いた時、自分の体やココロが喜んでいるのかに意識を向けることを大切にしたいと思います。

美味しいお出しをすすった瞬間、「はっ〜〜〜」と自然と出てくるため息。これこそ体もココロも
喜んでる瞬間であり、自然のものを、自然のものが、受け取る瞬間なんだと思っています。

IMG_4214

ありがとうございました!

LOVE&PEACE

IMG_4187

IMG_4190

日曜日は朝から村の水路の掃除に参加してきました。空気がドライで風が冷たくここち良かったな〜。
6月に入ったらこの池から水が放たれ、イヌイット周辺では田植えが始まります。
IMG_4194

IMG_4199

IMG_4192

月曜日はお出しの勉強会を開催しました。(詳しくは後日に!)
この日も快晴!ドライな空気がいいな〜 前日に陰干ししていたニンジンもいい感じ。

薪ストーブ、ペレットストーブの掃除は 今 しかない!
IMG_4218
そして昨日、ストーブ&煙突掃除決行!この冬の労をねぎらいながらキレイに灰を掃除しました。
梅雨までにできてよかった〜。気になることがまた一つ片付いてホッとです。こんな日々の繰り返しで
季節は巡るな〜。
IMG_4221

IMG_4223

LOVE&PEACE


IMG_4166

ハリイカの季節です!近隣の漁師さん、ナオくんが大量のハリイカを届けてくれました!
絞めたて鮮度抜群です。ハリイカは墨イカと言われるぐらい、大きな墨袋があるので、
今だけ イカ墨パスタ をお出ししています!おいしいよ〜お口真っ黒になるけどね。笑
IMG_4165

昨夜はいつも来ていただくファミリーがオーダーしていただいて、食べ終わったお皿を
娘さんが、僕たちの所まで持って来てくれました。
IMG_4168

めっちゃ嬉しかったー! ありがとう! ナオくんもいつもありがとう!

LOVE&PEACE

IMG_4154

ようやく今年の薪割りが終了!と思いきや、大工のたけちゃんが村の公園の桜を伐採したので〜
と、軽トラ一杯分の桜の木を届けてくれました!薪はいくらあってもいいのでほんまに助かります。
たけちゃんおおきにですー!ありがとう!
IMG_4151

大小様々な薪を積み上げると、それだけでアートです。また、周りを見渡せばアートだらけ。
食べるのが、崩すのが、もったいないぐらい美しいのだ〜。
IMG_4153

IMG_4160

IMG_4145

IMG_4162

IMG_4156

草だらけの中にタイムが群生しています。
IMG_4159

植物を見ているとココロなごみますな〜。

LOVE&PEACE

IMG_4128

栗の芽に産卵されたクリタマ蜂の卵は、新芽と共に成長し、この果肉のようなものは
”虫えい”と言うのだそうです。今年も鈴なりになった”虫えい”に、途方に暮れていた時に
以前イヌイットでアルバイトをしてくれていたシンゴちゃんのご両親がランチに来ていただきました。
ボク達はシンゴパパ、シンゴママと呼んでいます。シンゴパパは以前、兵庫県の農業試験場で
果樹の害虫の研究をされていたので、なんとなく尋ねてみると、ななななんとー!クリタマ蜂を
専門で研究されていたというではありませんか!舞い上がってしまいました〜笑 食事されてから
帰宅され、再度、資料を持って来ていただきました。しばしクリタマ蜂についての勉強会です。
IMG_4121

IMG_4125

クリタマ蜂は1940年代に、中国に駐屯していた旧日本兵が、栗の苗木を持ち帰ったのが発端だ
そうです。今では北海道から九州までほぼ全国に分布。被害が大きくなり始めたのが1980年代。
研究の結果、クリタマ蜂の天敵はこれまたチュウゴクオナガ蜂と分かり、1979年に中国から輸入
したそうです。兵庫県にこのチュウゴクオナガ蜂を放飼したのがシンゴパパなのだそうです!スゴ!
シンゴパパによると、”虫えい”の中にチュウゴクオナガ蜂が卵を産み付けその幼虫が、クリタマ蜂の
幼虫を食べて成長するそうです。すごいな〜。シンゴパパはここ阿弥陀町の栗の木も調査し、
チュウゴクオナガ蜂を確認したとのこと。なので少し時間がかかるけどチュウゴクオナガ蜂が繁殖
してくるので、”虫えい”はそのままでいいよ〜とアドバイスをいただきました。昨年は虫えいを
むしり取って焼却したのですが、そうするとどちらも殺してしまう事になっちゃいますものね〜。
なので今年はこのまま見守る事にし、ちょっとホッとしました〜。しかしいい勉強になりました。
シンゴパパありがとうございます!
IMG_4129

せっかくなのでもう一つ、田圃の畔に生える黄色い花を付けるセリの葉に似た植物。ボクは
ずっと田ゼリだと思い込んでいたのですが、シンゴパパからそれは”キツネノボタン”だよ と教えて
いただきました。キツネノボタンは毒性があるので食べれません! やばかった〜笑。
シンゴパパはわざわざ田ゼリも摘んで持って来てくれました。感謝ですー!勉強ですー!

LOVE&PEACE

↑このページのトップヘ