2016年06月26日

がん教育を「いのち」学ぶ場に〜実践!「いのちの授業」づくりのポイント

 いのちの副教材を活用した「模擬授業セミナー」を、7月9日に開催します。そのプログラムが完成!! 私とあの玉置崇先生(岐阜聖徳学園大学教授)で、大感動&大満足1000%の「いのちの授業」づくりをお届けします!

 まず私が、,い里舛里亮業とは〜大切にしたいこと、△い里舛良教材の思いをお話します。公教育の中で、子どもに「いのち」を語るための根本をみつめます。

 次に、玉置先生が、「いのちの授業」をたっぷり50分実践。参加者の方は、生徒として、教師としてご体験ください。最後に質疑応答です。

 「いのち」を、学びたい、教えたい、伝えたい方は、ぜひご参加ください。7月9日(土)、10:00〜11:30、東桜会館会議室(名古屋市)、無料! こんなプレミアタイムは、めったにありません。みなさんのご参加をお待ちしています。

7 模擬授業セミナー

11セミナー案内





inochib at 18:40|Permalink

2016年06月25日

新連載スタート

 心の生涯学習誌「れいろう」7月号より、新連載「いのちみつめて」がスタートです。いのちをキーワードに、そのとき、その場、その人、そのことに感じたことを、幸せに生きるためのヒントとして綴りたいと思います。

 初回の7月号が手元に届きました。自分の紙面よりも、他の連載紙面をまず読みます。白駒妃登美さん、清水克衛さん、岡田達信さん…。「なるほど」「そうか」と。7月号には、中井俊己さん(小説家)、山田貞二さん(教師)もご登場。ご縁を感じます。

 「れいろう」は、モラロジー研究所が発行する月刊誌です。ご注文はこちらに。ご一読いただければ幸いです。

CIMG0359

CIMG0355



inochib at 06:50|Permalink

2016年06月24日

本日・読売新聞をご一読ください

 本日の読売新聞(全国版・教育面)にて、「いのちの副教材」を紹介いただきました。

 タイトルは、”娘を通して伝えるがん”。副教材制作の思い=「自分や友達ががんになったらどうするか、考えてほしい。命の尊さを実話を通して感じ取ってもらいたい」、その内容、入手方法(無料)、配布状況などです。

 この副教材のメッセージは、感動的で子どもたちの心にきっと届くものです。学校、医療福祉教育、子育てサークルなどで、誰もが「いのちの授業」を実践できるものです。副教材の模擬授業セミナー(7/9名古屋)も開催。本プロジェクトの詳細は公式HPをご覧ください。

 小さな「いのちの思い」が広がりますように!

CIMG0352 - コピー





inochib at 06:32|Permalink

2016年06月23日

人は、人なり

 「本当に凄い人です。Aさんとお会いしませんか」とある人。Aさんのプロフィール。東大卒、弁護士、医師、MBA、経営コンサルタント…。私「。。。。」。

 Aさんは、実に腰が低い、常に微笑み、いのちや働くことを語る一語一語が実に心にしみる。自然に人の輪の中心になっていく。次元の違いを感じます。

 そう、凄いのは「人なり」でした。キャリアで人を思ってしまった、自分の未熟さを大反省。「人は、人なり」。またお会いすることを心待ちにしています。

inochib at 06:29|Permalink

2016年06月21日

いのちの授業 模擬授業セミナーの催事案内!

 中日新聞朝刊・生活面(掲示板)に、いのちの授業の模擬授業セミナー(7/9)の催事案内をいただきました。小児がんの実話をもとにした「いのちの授業の副教材」の使い方や思いなどをお話しします。

 実は、本副教材は、名古屋市では市内110校の全中学校に配布してくれます。きっといのちの教育に役立ち、子どもたちの心に届くものです。

 7月9日(土)10:00〜11:30、東桜会館会議室、無料、いのちの副教材(指導案、DVD、冊子)を謹呈! いのちの教育とは? 授業づくりのポイント、質疑応答など。本副教材の編集メンバーの玉置崇先生も参加。

みんなで、いのちの授業を広げましょう! お待ちしています。

CIMG0350



inochib at 07:29|Permalink

2016年06月19日

豊橋学校いのちの日

 豊橋市、6月18日を「豊橋学校いのちの日」として定めています。2010年同日、野外活動のカッターボート転覆事故により生徒が1名亡くなりました。その事故の風化防止と命の大切さを生徒に伝えるためです。

 樟南中学校は、その事故があった学校です。いのちの授業の後、全校道徳授業、そして亡くなった生徒へのメッセージを書いて空にバルーン飛ばしをします。

 ある事故、ある思いを「いかに、今に生かすか」。その実践こそ、大切な「いのちのバトンタッチ」です。いのちの思いが、みんなの心に引き継がれていくことを祈ります。合掌。

DSC_0161

CIMG0345

inochib at 06:44|Permalink

2016年06月18日

いのちの順番

 「どうして人には生まれる順番があるのに、死ぬ順番は決まっていないのだろうかと強く感じました」。

 看護学校での「いのちの授業」。ある学生の一言です。私たちは、生まれた瞬間に致死率100%。いつ、どこで、どのように…。人知の及ばないことです。しかし、その限られたいのちを、どう生きるかは自分で決められます。

 その学生は次の言葉をつないでくれました。「人間は人と関わらなければ、生きていけません。たくさんの人に感謝を伝えて、感謝される。そんな命を持っていきていきたいと思います」。

 いのち=生きるを思う朝です。


 

inochib at 06:30|Permalink

2016年06月16日

 新宿歌舞伎町 街頭掃除

 本日、5時集合で、新宿歌舞伎町で街頭掃除です。「ひとつ拾えば ひとつだけきれいになる」。最近、すっかりゴミだらけの「心磨き」でした。

 日本を美しくする会のみなさん、ありがとうございました!

1466028761435


inochib at 08:09|Permalink

2016年06月14日

アンビリーバブル ”いのちの再会”

 「これが、景子ちゃんがくれたお守りです」と伊藤敦子さん。その瞬間、21年前のことが時空を超えてよみがえりました。

 伊藤さんは、景子が入院していた大学病院で働きだした看護婦さんでした。新人看護婦さんには、大学病院の小児病棟は実にハードな職場です。看護技術が未熟で失敗を繰り返す。手を尽くしても、たくさんの子どもたちが天国に。重圧、無力感、疲労…。「自分はむいていない。迷惑をかけれない」。いつしか、退職願をバッグに入れて勤務を続けました。

 そんなある日、景子が伊藤さんにプレゼント。「これあげる。お守り。伊藤さん、最近、こわい顔しているよ」と。笑顔の伊藤さんが書かれていた。「私が支えなくてはいけない子どもに心配させている。こんな自分じゃいけない!」。景子の優しさに涙が溢れそうになるのを必死にこらえた。「うん、看護婦さん、頑張るから」と笑顔で応えた。そして、その日から、退職願ではなく「お守り」をポケットに入れて小児病棟に立ったそうです。

 数か月後、景子の死を知らされたとき、全く現実に思えなかった。通夜の日、景子の自宅にお参りに。「景子ちゃん、頑張ったね…。お家に帰れて良かったね。やっぱりお家がいいよね」と感じた。そして、「最後はご自宅で、そんな思いを支えられる人になりたい」。

 今、伊藤さんは、三重県四日市市で在宅看護の看護師として働いています。12月31日は、患者さんの自宅を訪問して、入浴のお世話を毎年しています。「新しい歳を気持ちよく迎えたいじゃないですか。でも、支援サービスが年末はお休みになります。私ができることでと思って、毎年続けています」。そのネームプレートの中に景子のお守りを入れて…。

 この再会は、運命の偶然です。2か月前、私のテレビ番組を視て「景子ちゃん? お父さん?」。そしてメールをもらったのです。「もし景子ちゃんと会えたら、ありがとうと伝えたいです。頑張っているよ!景子ちゃん」とのお言葉に、私も心ウルウル…。

 このアンビリーバブル”いのちの再会”のお思いは、「いのちびと」9月号特集「この人」でお届けいたします。いのちのバトンタッチ、超越した魂を感じる朝です。景子ちゃん、ありがとう…。

CIMG0317

CIMG0321



 

inochib at 07:29|Permalink

2016年06月13日

熱血&心の先生!

 中学校長お二人と、小田原で煮魚定食&コーヒータイム。学校っていいなぁ、としみじみ実感です。

 中野敏治先生(山北中学校)。スクールウォーズ状態の学校に何校も赴任。深夜の夜回りなどで子どもたちを熱血指導。生徒一人ひとりの「ココロ」を大変化させて中野マジックと言われる。原点は、「一教師として何かを変えたかった、あきらめたくなかった」です。その実践は「学校で生まれた”ココロの架け橋”」(ごま書房新書)の本となり、NHKラジオ深夜便にも出演。

 野崎智先生(南足柄中学校)。6時30分に出校。生徒が来る前に、全校15教室の黒板に「心のメッセージ」を綴ります。その日のニュース、自分が感じたこと…。生徒が返事を書いてくれると、全て返事を書く。何と、校長となった4年前から毎日です。出張がある日は、夜、黒板に書くそうです。

 子どもが大好き、教師が大好きな先生。20年、30年後、「あんな校長先生がいたよな」と子どもたちが、きっと思い語る先生ですね。熱血&心の先生に、感謝と大エールの朝です!!

CIMG0315


 
 

inochib at 07:26|Permalink