いのちの授業 鈴木中人

「いのちの授業」の出逢いや思いを綴ります。公式サイトhttps://inochi-baton.com/

2014年11月

 プルデンシャル生命保険会社の疋田恭史様より、「いのちの授業」にご寄付をいただきました。同社では、役員が自分の報酬から寄付をすると、会社からも上乗せ寄付する制度があるそうです。役員たる者、自ら社会に貢献しようとの思いです。

 社会活動は、お金がなければ続きません。美しい言葉だけではできません。これは現実です。活動をする者にとっては、本当にありがたいことです。大切に活かします。

 そして、寄付する人も、幸せになれると実感しています。お金は大切です、欲もある。だからこそ、他人のために身銭をきる。その行動ができる、続けることは非常に難しいものです。

 でも不思議なことに、1000円でも、2000円でも寄付を続けると、感じること・大切に思うこと・ご縁も変わってきます。行動してこそ得られるものです。

 寸志とは、金額のことではありません。「寸」を続けることで、自分の「志」が立ち、根っこが張っていく。そんな気がします。年末助け合いの季節。自分の「寸志」とはを、みつめる朝です。

CIMG8471




 

 

 山間部のある中学校で「いのちの授業」。全校生徒は84名。日本の社会を実感です。

 全てが「純朴」です。玄関には、体験学習で収穫したお米や栗がおかれています。生徒も先生も、眼差しは純情キラキラ。生徒代表の挨拶も、本当に自然体。日本の原風景でしょうか。

 一方で、1幼稚園・1小学校・1中学校で育つ子どもは、人間関係が濃密になります。一度関係がこじれると難しくなる。全校児童10名程度の小学校から中学に入学すると、人の多さにびっくり・馴染めないことも。「こんな田舎は早く出たい」と思う・・・。その奥の中学校では、全校生徒は40数名とのこと。

 人口減少、消滅自治体・・・。このキラキラ生徒が親となるとき、故郷はどうなっているのだろう。未来予想図を思う朝です。

CIMG8466

CIMG8465


 

 今、あるものを制作・企画中。いのちのプロジェクト・その気任后今後の「いのちの活動」の柱にと願うもので、ある印刷物になります。ほぼ固まりつつある原石をみながら思います。

 見た感じ、触った感じ、そして読んだ感じ…。この「感じ」が、本当に大切だなぁと。

 同様な印刷物を手にしながら感じます。素人っぽいけど、作り手のぬくもりが感じられるもの。パッと見はプロの仕上がりでも、何となく事務的・コマーシャル的?なもの。「この感じ」は、何が違うのかなぁ???。

 しばらくは、悶々と修行させていただきます!!。



 

 

 

 

 実は、1週間程前、足のふくらはぎを肉離れ。かなりの痛みも少し和らいできました。その身になって実感したことがあります。

1.最初は左足。それかばって歩くうちに、さらに右足も痛み。そして腰も。もともとの五十肩も。人間の体は、バランスが大切です。

2.歩行速度がほぼ1/3。スクランブル交差点が全力でギリギリ、段差がキツ〜イ。ある人によると、80歳ぐらいの状況とのこと。20数年後の行動範囲は、今の確実に20%以下ですね。

3.とはいえ、仕事はできます。日々、いかに「口先と指先」ばかりか。

今日は勤労感謝の振替日。勤労できる健康に、まずは感謝の朝です。





 山梨県のある中学校で「いのちの授業」。講演が始まって10分。体育館の後から、一人の生徒が入ってきて、保護者席に座ります。茶髪です。隣に先生が座ると、一言二言。そして、最後まで、ずっとうつむいていました。

 「あの生徒は、教室に入れないのです。今日も、保健室にいるか、帰ると言っていました。気になったのでしょうか、『私も行く』と言ってくれたようです。しかも最後まで聴いてくれるとは。嬉しいです」と、校長先生。

 みんな、純な心があります。話を聴いてくれたこと。そして、そんな「いのちをみつめる場」をつくってくれた先生たちに感謝です。



 

 たくさんの誕生日メッセージを賜りまして、本当にありがとうございます! 誕生日の夜は? はい、写真の通り、やっぱり男酒です!!

 もちろん仕事ですよ。この方は、印刷会社社長の白井さんです。全国を営業に駆け回り、名古屋で一泊してもらったのです。力持ちで優しい、私の同志です。(そちらの業界の方ではございません)

 実は、今、いくつかの「いのちのプロジェクト」を思案中で、その相談です。新たな「いのちの活動」の誕生日となりそうです。近々、お披露目させていただきます。改めてみなさんとのご縁に感謝の朝です。

CIMG8446


 

 講演後、大阪の知人たちと一献。大阪パワースポットに元気満タン!

 まずは、ビリケンさん。世界生まれの黄金色のお姿。足の裏をかくと願いが叶うそうです。なんで通路にあるの?次は、立ち食いたこ焼き屋さん。22時近くというのに行列で満杯。東京なら、立ち食いソバですね。そして、大阪弁の掛け合いの大嵐!

 でも、全て馴染んでるぅ〜。ついつい食い倒れ。やったるでぇ〜の朝です!!

CIMG8443

CIMG8444

 

 バレエを鑑賞。会場にはバレエをレッスン中の子どもたちもたくさん来場。みんな同じ空気があるのです。背筋が伸びる、笑顔がいっぱい、立ち振る舞いがテキパキ…。

 このイメージは、子どもに共通して感じます。野球、サッカー、バスケット、柔道…。そんな感じの姿・空気を醸し出しています。いつもいる「場」が人をつくることを実感。

 では、私の「いつも場」は? 最近、すっかり締まりなくなっている自分を反省中です。

 ほろ酔い気分、最終電車で帰宅。自宅は、地下鉄延伸の終着駅です。爆睡しても大丈夫。ふと目が覚めると、電車のドアがオープン。到〜着と、電車降りてホームを歩きながら、ふと感じます。

 「風景が違う?」「あれ、電車が行っちゃう」。そうです。一つ手前の駅で降りていました…。

 終着駅だから大丈夫ではありません。方向は正しくとも、行動が間違っていれば目的は達成できません。てなことを反省しながら寒空の見上げると、星がキラキラ、綺麗やったぁ〜。と、変にポジティブな朝です。

 感じたら分かる? 考えたら分かる? 行動したら分かる?。全部したら、分かってなかったことが分かった?だから、人生は面白い? 生きることは大変? 

 でも、一つだけ分かりました。課題がたくさん出てくるのは、目標に近づいているからですね。まずは一つと思う朝です。

 

 

↑このページのトップヘ