現在、12月上旬に発売予定の本を、モニターの方にアンケート中です。出版モニターとは、最近の出版方式の一つとして、出版前に、原稿イメージにした本を、一般読者の方に読んでもらい、内容・表紙・タイトルなどのアンケート結果に基づき、再編集して出版するものです。

 もちろん、良い本に仕上げるためではありますが、相応の費用と時間がかかります。出版社の判断として、その意味があると判断された本だけがモニターとなっています。私の原稿は、良書として出版したいとのありがたいお声をいただきました。

 全国で約100名ほどの方にモニターをお願いしています。いのちをバトンタッチする会の会員の方や知人、モニター会社専属の方などです。2週間ほどの時間で、本をよんでもらい、アンケートに答えていただいています。

 出版社のご担当の方から、連絡をいただいております。モニターの方々のアンケートが、他の本と比べて真剣に書かれていると、編集者の方も大感激でした。

 今週末に、モニター結果などを打ち合わせて、再編集です。今週も愛知→奈良→京都と移動しますが、皆さんからいただいたお心に、全力でお返ししたいと気合を入れています!