生きる幸せをみつめる、定期購読誌「いのちびと」11月号を発行いたしました。それぞれの道で、一途に生きる人の「いのちのメッセージ」がいっぱいです。いのちのバトンを、ぜひお読みください。定期購読はこちらに。

・いのちの言葉〜私がやる 鈴木中人

・この人から「医師として、政治家として、『いのち』を守る」
薬師寺道代 前参議院議員・医師・自民党愛知二区支部長

・心に響く「いのちの話」
「会社は何のためにあるのか? 社長は何のためにいるのか? 喜びを分かち合える会社に!」
磯貝暢宏(螳覲製作所取締役社長)
「子どもを信じる!九九回裏切られてもいい 百回目を信じればいい」
波佐間清 前下関市教育長・下関市社会福祉協議会会長

・いのちの便り〜「先生の感想文」「多文化共生の時代」

・私の思い〜「大人の仕事は 元気にいることです」
矢島雅美
・いのち いきいきコーナー
中野敏治(全国教育交流会代表)

30号表紙 (1)
P6-1
P9