5件。「ゴールドリボン・いのちの授業」の公募を3月1日より開始しています。昨日時点でのお申込数です。主催すること、備えることを思います。

 私(事務局)=参加される方を最優先で考えてください。状況によって、お気遣いなく、いつでもキャンセル・延期してください。
 主催者(学校など)=時期は10月以降。行事日程を組みますが、詳細は状況に応じて打合せさせてください。

 今の状況は、「主催する」とは「備えること」に思います。当面1か月、半年先。誰のために・何のためにを考えることを思います。「いのちの授業」のお申込みに感謝です。ありがとうございます。
0001 (1)